1781011 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

我が家の庭の生き物たち (都内の小さな庭で)

PR

カテゴリ

カレンダー

バックナンバー

2017.07
2017.06
2017.05
2017.04
2017.03
2017.02
2017.01
2016.12
2016.11
2016.10

キーワードサーチ

▼キーワード検索

コメント新着

kisaji@ Re:ヒメマルカツオブシムシ(07/07) この1枚目の画像が、今まで沢山みてきた…
アーチャーン@ Re[1]:ベッコウガガンボ(雌)(06/26) snowrun29さん >語呂が良いなって思いま…
アーチャーン@ Re[1]:ベッコウガガンボ(雌)(06/26) ukon6624さん >ベッコウガガンボはまだお…
snowrun29@ Re:ベッコウガガンボ(雌)(06/26) 語呂が良いなって思いましたが 唱歌・広瀬…
ukon6624@ Re:ベッコウガガンボ(雌)(06/26) ベッコウガガンボはまだお目にかかったこ…
アーチャーン@ Re[1]:ベッコウガガンボ(雌)(06/26) snowrun29さん >>呼べど答えず探せど見…
アーチャーン@ Re[1]:ベッコウガガンボ(雌)(06/26) Mitch29さん >旅順港外、広瀬中佐の心境…
2008.12.11
XML


 今日は、「出し惜しみ」をしていた虫の写真を出すことにする。シマバエ科のHomoneura属の1種と思われるハエである。11月の中頃に我が家の庭に2日余り逗留していた。

 肉眼的には殆ど真っ赤に見えたが、写真にしてみると少し茶色を帯びている。尤も、赤~褐色~緑間の色調変化は、モニターの色調整で微妙に違って見えるので、読者諸氏のモニターでどの様な色に映っているかは知り得ない(尚、ここに掲載している写真は最大限圧縮してあるので、原画よりも彩度がやや低下し、緑が少し赤味を帯びる。また、このWeblogの設定では写真の周囲を薄い緑色にしているので、補色の関係で更に赤っぽく見える)。


シマバエ科Homoneura属の1種1
シマバエ科のHomoneura属の1種?

(2008/11/16)



 一見したところ、以前掲載した「ショウジョウバエ属の1種」と似ている。しかし、当然のことながら、種々の点でショウジョウバエとは異なる。先ず、大きさがまるで違う。このシマバエ科のハエは体長約4.5mm、翅端まで6mmだが、ショウジョウバエの方はずっと小さく体長約2.5mm、約1/2である。ハエと言うのは面白い虫で、体長が10倍近く違っても体の形は殆ど変わらないことが屡々ある。

シマバエ科Homoneura属の1種2
この程度に剛毛がハッキリ見えると検索が出来る

(2008/11/15)



 決定的に違うのが、頭部や胸部に生えている剛毛の配置である。これが非常に重要で、双翅目の科の検索は、主にこの剛毛配列と翅脈の走り方を参照して行われる。

 このハエの様に翅を重ねて留まる種類の場合、翅の先端近くの翅脈は見えても、検索で重要となる基部に近い部分の翅脈は殆ど見えない。それ故、私の様な写真しか撮らない者は、剛毛の配置を中心に科の検索を行うことになる。


シマバエ科Homoneura属の1種3
頭部の諸剛毛の有無を始め、前腿節下面の剛毛列、脛節端の剛毛

胸部側面の剛毛などによりシマバエ科と判断される

(2008/11/16)



 しかし、毛の有無だけでは不安が残る。そこで、このハエの場合も双翅目のBBS「一寸のハエにも五分の大和魂」に御伺いを立ててみた。やはり、翅脈が問題となった。しかし、アノニモミイア氏が助け船を出して下さり、学術論文ではないので、シマバエ科のハエとすることと相成った。

 Homoneura属への検索は、(株)エコリスが載せている「日本のシマバエ科 属への検索試案」に従った。このページは、前書きに拠れば、「環境省目録発行後,日本産シマバエ科の属数は倍以上に増加した」ので作成されたそうで、Homoneura属には33種が属すと記されている。しかし、「一寸のハエにも五分の大和魂」に参加されている市毛氏のお話では、Homoneura属は既に40種以上記録されているそうで、シマバエ科の検索は現時点ではかなり困難とのこと。まァ、これも学術論文ではないとの理由で、「Homoneura属の1種?」としたのである。

シマバエ科Homoneura属の1種4
身繕い中.動き回らないので写真が撮り易い

(2008/11/16)



 どうもハエの話となると、最近はこう言う無味乾燥な検索の話が主になってしまう。何とも困ったものであるが、ハエと言う虫は一寸見ただけでは全く所属の分からない虫なのである。シマバエ科にはこの写真の様なハエもいれば、まるでミバエ(例えばツマホシケブカミバエ)の様な翅に複雑な斑紋を持つHomoneura属の近縁種もいる。更にシマバエ科の未記載種Steganopsis sp.に至っては、遠目には甲虫かカスミカメムシと間違えるような外見をしている。

 同属の近縁種とはまるで外観が異なるが、別科或いは別属の遠縁の種にはよく似ている、と言うことがハエの世界では屡々起こるのである。全く厄介な連中だが、容易に分からないが故に、また面白いとも言える。

シマバエ科Homoneura属の1種5
手を擦っているハエ

(2008/11/16)



 我が家は、東京都23区内のある私鉄駅前商店街から僅か150mの場所にある。庭の広さは猫の額の如し。その狭い庭にやって来る虫は、当然多くはない。大きな目立つ種類は最早紹介し尽くしてしまった感がある。

 しかし、ハエ類だけはまだ掲載していない種類が沢山ある。種類が容易に分からないから敬遠しているのである。来年はそう言うややこしい連中を相手に奮闘することになるのだろうか。








最終更新日  2008.12.11 18:16:50
コメント(9) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.