000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

我が家の庭の生き物たち (都内の小さな庭で)

PR

カテゴリ

カレンダー

バックナンバー

2017.09
2017.08
2017.07
2017.06
2017.05
2017.04
2017.03
2017.02
2017.01
2016.12

キーワードサーチ

▼キーワード検索

コメント新着

三宅修次@ Re:アッツザクラ(05/17) 2017,9,17日 朝日新聞朝刊14版30面に戦…
kisaji@ Re:ヒメマルカツオブシムシ(07/07) この1枚目の画像が、今まで沢山みてきた…
アーチャーン@ Re[1]:ベッコウガガンボ(雌)(06/26) snowrun29さん >語呂が良いなって思いま…
アーチャーン@ Re[1]:ベッコウガガンボ(雌)(06/26) ukon6624さん >ベッコウガガンボはまだお…
snowrun29@ Re:ベッコウガガンボ(雌)(06/26) 語呂が良いなって思いましたが 唱歌・広瀬…
ukon6624@ Re:ベッコウガガンボ(雌)(06/26) ベッコウガガンボはまだお目にかかったこ…
アーチャーン@ Re[1]:ベッコウガガンボ(雌)(06/26) snowrun29さん >>呼べど答えず探せど見…
2010.05.29
XML


 昨日、ギボウシの葉に大きな「バッタ」が留まっているのを見つけた。クビキリギス(Euconocephalus varius = E. thunbergi)の褐色型(緑色型は此方)、成虫である。クビキリギスと言えば、秋に成虫になる虫の筈だが・・・???。

 そう云えば、クビキリギスは成虫で越冬する。一寸調べてみると、越冬成虫は7月位まで見られるとのこと。このクビキリギス、右の前肢が無いが、これは厳しい冬を乗り越えて来た名誉の負傷と云うところであろう。



クビキリギス(褐色型)1


ギボウシの葉上にいたクビキリギスの越冬成虫.褐色型

右の前肢が欠けている.名誉の負傷と言うべきか

(写真クリックで拡大表示)

(2010/05/28)

 先日、「虫探検広場」の5月19日(2010年)の投稿記事に、9月に捕まえたオンブバッタを飼育したところ、まだ生きている、と云うのがあった。オンブバッタは卵越冬である。だから、成虫は初冬にはあの世へ行ってしまうのが本来なのだが、条件が良ければ随分と生き延びることが出来るらしい。クビキリギスは、本来オンブバッタよりも長生きの出来る成虫越冬である。条件が良ければもっともっと生き延びるのかも知れない。


クビキリギス(褐色型)2


自然光で撮ったクビキリギス.翅の部分は少し暗い

(写真クリックで拡大表示)

(2010/05/28)

 クビキリギスはキリギリス科(Tettigoniidae)に属し、九州大学の日本産昆虫目録、東京都本土部昆虫目録、北隆館の大圖鑑などを見ると、クビキリギスとなって居る(保育社の昆虫図鑑下巻ではクビキリギス)。冒頭で、「バッタ」と「」に入れたのは、バッタ(バッタ科)では無いからである(クビキリギスをバッタなどと呼ぶと三枝先生のお叱りを受ける)。しかし、私はどうもこの連中(直翅目)が好きではないので、皆引っくるめて「バッタ」と呼んでしまう傾向がある。


クビキリギス(褐色型)3


同じく自然光で撮影.少しピーカンに過ぎた

(写真クリックで拡大表示)

(2010/05/28)

 昨日は非常に天気が良かったし、被写体は大きいので、自然光でも撮影してみた。2番目と3番目がそれだが、自然光だけで虫を撮るのは、私としては極めて稀なことである。背面からのは、丁度撮影者(私)の陰になってしまうので、仕方なくストロボを使った。接写の方は、レンズが100mmだから、ストロボを使わなければ撮影出来ない。

 自然光の方が緑色が自然に写る。しかし、頭部や胸背の陽の当たるところは白っぽくなっているのに対し、陽光にほぼ並行する翅の部分は暗くなり、光ムラを生じてしまった。こう云う時は、ストロボを銀レフ的に使って、横から少し光を足してやる必要があると言える。


クビキリギス(褐色型)4


クビキリギスは口が赤いのが特徴

(写真クリックで拡大表示)

(2010/05/28)

 クビキリギスの大きな特徴は、上の写真の様に、「口が赤い」ことである。しかし、上の写真には赤い部分の他にも何やら色々とややこしい構造が見える。

 以前から「バッタ」の口器はどうなっているのか少し気になっていた。其処で、北隆館の図鑑にバッタ(本当のバッタ)の頭部の模式図を参考に、これらの「ややこしい構造」が何かを調べてみた(バッタ科とキリギリス科で基本的な違いが無いと仮定)。

 下の写真で、1:赤いのは大顎(大腮)、2:上唇、3:小顎(小腮)、4:??、5:小顎鬚(小腮鬚)、6:下唇鬚、となる(7は前肢の取れた傷口)。小顎鬚は非常に長く、クネクネと続いている。4はどうも良く分からない。位置的には下唇なのだが、これは写真では上から下へ延びる構造である。4の構造は逆に下から上に牙の様に飛び出している様に見える。下唇鬚は多分間違っていないと思う。この下唇鬚が下唇から分岐する所が見えれば下唇の位置が良く分かるのだが、丁度その部分が小腮鬚の影になって良く見えないのである。


クビキリギス(褐色型)5


口器の各部を調べてみた.番号に付いては本文参照

(写真クリックで拡大表示)

(2010/05/28)

 今日は、ガガンボの美麗種を見つけてしまった。ガガンボにもこんな美形が居るのか、と云う位綺麗な虫である。乞う御期待!!








最終更新日  2010.05.29 21:19:30
コメント(8) | コメントを書く
[昆虫(バッタ、コオロギ、キリギリス)] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.