2002600 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

ザビ神父の証言

PR

フリーページ

購入履歴

【送料無料】【ポイント10倍】春のフォトライフ応援 定番写真プリントサイズ 写真現…
仕上がり良し。仕事も早く、すぐに届く。 しかも、プリントした写真に添えられた 一言コメントが嬉しい。[>>]
万田酵素 ペースト 分包 万田酵素 ペースト 分包タイプ 150g(2.5g×60包)あす楽…
万田酵素は、私とワイフの元気の素。 毎日愛用していると、疲れ知らずです。 暮にウッカリして、正月の3…[>>]
>> お買い物履歴一覧を見る
2018.04.26
XML
カテゴリ:日本経済
クロニクル 内務省に失業防止委員会設置

1930(昭和5)年4月26日

88年前、昭和前期の記録です。満州事変のおよそ1年5ヶ月前のことです。

この日、政府は内務省に大きな社会問題となってきた失業問題を検討する委員会、その名も失業防止委員会を設置しました。内務省というのは、戦後解体されましたが、戦前の内閣制度の下では、最も力が強く、内務官僚は官僚の中の官僚と呼ばれていました。それぐらい権限の大きい役所でした。

そうした役所に失業を防止する委員会を立ち上げなければならなかったのですから、当時の失業問題がいかに深刻であったかが、分かります。昭和2年春からの金融恐慌。それに追い討ちをかけるように、4年の秋には米国が恐慌状態に入り、その余波を受けた世界は、世界恐慌の状態に入ってきていました。

日本は、ダブルパンチを受けた形となり、企業倒産や生産の縮小による失業の増大が深刻化していたのです。

当時の大学は、数も少なく、大学生は押しも押されもしない、社会的エリート予備軍だった(今とは、全く違いますね)のですが、その大学生すら卒業しても職につけない状態が広がってきていたのです。彼等は自嘲的に「大学は出たけれど…」とつぶやき合い、それが当時の流行語として今に残っています。

しかし、失業防止対策はどれもうまく行かず、結局日本は歯止めの効かない無茶な戦争にのめり込んで行く事になります。






最終更新日  2018.04.26 19:16:54
コメント(3) | コメントを書く

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


ザビ神父

カレンダー

お気に入りブログ

大須商店街 New! でぶじゅぺ理さん

何の試合??? New! 歩世亜さん

公言の撤回・謝罪の… New! HOTTA 3さん

つばめ New! meron1104さん

堀本恵美子絵画展 … New! 悠々愛々さん

コメント新着

歩世亜@ Re:内務省に失業防止委員会設置 26日の記録(04/26) New! 今晩は! 失業防止と言っても企業が弱っ…
トンカツ1188@ Re:内務省に失業防止委員会設置 26日の記録(04/26) New! こんばんは 内務省に失業防止委員会を立…
HOTTA 3@ Re:内務省に失業防止委員会設置 26日の記録(04/26) New! こんばんわ♪ 「しかし、失業防止対策はど…
ザビ神父@ Re[1]:福知山線の脱線事故 25日の日記(04/25) New! 悠々愛々さんへ お互い様、気をつけまし…
ザビ神父@ Re[1]:福知山線の脱線事故 25日の日記(04/25) New! わからんtin1951さんへ 本当にすごい事故…

カテゴリ

バックナンバー

ニューストピックス

日記/記事の投稿


Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.