4303278 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ザビ神父の証言

ザビ神父の証言

PR

フリーページ

2007.05.28
XML
カテゴリ:株式
 クロニクル 山一特融

 1965(昭和40)年5月28日

 この日、田中角栄蔵相は深夜になって突然の
 緊急記者会見を開き、証券緊急対策として、
 倒産の危機が噂されていた山一証券の危機が
 現実であることを認めた上で、同社に対して
 日本銀行が無制限、無期限の特別融資を行う
 ことを決定したと発表しました。
 世にいう山一救済劇、日銀特融の幕は、こうして
 あがったのでした。

 1960(昭和35)年の池田内閣の所得倍増政策の
 発表で、株式市場は活況を呈し、この年初めて
 日経ダウ平均は1000円を突破、大納会には、
 1356円の高値まで、年間で60%を越える上昇を
 記録し、翌61(昭和36)年7月に1829円で天井を
 打ちます。その後は急反落で1258円まで、33%の
 下落を経験、その後は高値1600円、安値1200円の
 往来相場に終始するのですが、64年10月の東京
 オリンピックの開幕が近づくと、オリンピック
 需要の息切れから、急激に不況感が強まり、
 強気の経営拡大路線を走り、無理な投信販売と
 運用の失敗から、山一証券の株価や設定投信の
 基準価格が暴落、65年に入ると、山一危機が
 噂されるようになりました。

 田中蔵相の思いきった措置が効いたのか、証券
 市場の株価は、1ヶ月半後の7月12日の安値
 1020円(本当に1000円スレスレまで下げました)
 を底に反転し、赤字国債の発行解禁が国会で承認
 される秋以降、大きく値を戻し1400円台を回復
 するまでになりました

 山一証券も日銀特融で生きかえり、やがて特融は
 利子付きで返済されるのです。
 この時は息を吹き返した山一証券でしたが、バブル
 時に再び無茶苦茶な拡大路線を繰り返した結果、
 バブルの崩壊と共に、再び大きな傷を負い、今度は
 救世主も呼び込むことが出来ず、1997(平成9)年の
 11月に、遂に自主廃業に至るのです。再建後僅か
 30年足らずでの,野垂れ死にでした。過去の教訓に
 学ぶことも出来なかった山一の倒産、やはり経営陣に
 人材がなかったということなのでしょう。私は
 大変冷ややかに受けとめたことを、覚えています。
 






最終更新日  2007.05.28 02:08:34
コメント(0) | コメントを書く


キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール

ザビ神父

ザビ神父

カレンダー

お気に入りブログ

愛知県蟹江町 歴史… New! トンカツ1188さん

「デバイスに問題が… New! にととらさん

敷布団を買い替えよ… New! naomin0203さん

布団の中でゲームを… New! 5sayoriさん

仏さまお帰りに New! あみ3008さん

コメント新着

Mrs. Linda@ Re:ウクライナ戦争を考える…2(06/21) ご無沙汰しました。ウクライナ問題は簡単…
kopanda06@ Re:ウクライナ戦争を考える…2(06/21) こんばんは。 ブログも17年目。 いつも…
kopanda06@ Re:ウクライナ戦争を考える…2(06/21) こんばんは。 いつもありがとうございま…
fujiwara 一海@ Re:ウクライナ戦争を考える…2(06/21) こんばんは。 【激しい地上戦が行われ、…
にととら@ Re:ウクライナ戦争を考える…2(06/21) 戦争にプラスなんてない・・・ まったく…

カテゴリ

バックナンバー

・2022.08
・2022.07
2022.06
・2022.05
・2022.04

ニューストピックス

日記/記事の投稿


© Rakuten Group, Inc.