㈱FPコンサルツ広場 FPの幸せ探検隊

全7件 (7件中 1-7件目)

1

気楽な国オーストラリアのお話

2008.05.10
XML
名前の分からない花.JPG

オーストラリアはもともとアボリジニと言われる原住民の島だった。
しかし、部族同士の対立が激しくよく部族同士の戦いをしていたという。

そこへイギリスからキャプテン・クック率いる開拓団が上陸し銃などを使って制圧してしまったという歴史がある。

まあ、そんな悲しい事実とは関係なく楽園には美しい花々が咲き誇っている、イギリスの伝統を引き継ぎつつ観光、農業、羊毛立国オーストラリアの住民はみんなフレンドリーでとてもいい国だ。






Last updated  2008.05.10 17:27:15
コメント(0) | コメントを書く


2007.06.30
sketch.JPG

キュランダ村はオーストラリアのケアンズ市からバスで30分ほど山の上に上がったところにある。
最初は何もなかったがジプシーが住み着くようになると彼らは物づくりで稼ごうとそれぞれの才能を生かしてお店を作った。
それが有名になり今ではおみやげなどが買える観光スポットとなった。

白人は顔の凹凸がシャープでカッコいい、特に若い女の子はとても可愛い。
自分でもそう思っているので記念にスケッチなどを描いてもらう。

写真の女の子は4人ほどのグループでキュランダ村に遊びに来ていた、僕は日本から持ってきた風呂敷のような壁掛けの風景画の布(銀行の粗品)をプレゼントしてしばらく会話した。

オーストラリアの人々はとても気さくだ、もともと陽気な民族なのだ。
絵描きは特徴を掴むのがとてもうまい、右隅に自画像が描いてあるが本人にそっくりだ。






Last updated  2007.06.30 07:49:42
コメント(0) | コメントを書く
2007.04.15
便器マーク.JPG
まいどトイレの話で申し訳ないのですが、どうも気になって仕方ありません。
オーストラリアでは男女ともトイレのマークは同じ色だったし便器も日本とは違っていました。
メーカーはオーストラリアの会社"CAROMA"社caroma社
です。
日本では大と小ですがオーストラリアでは黒丸と半黒丸でした。
だいたい想像は付くと思いますが、黒丸が大、半黒丸が小ですよね?






Last updated  2007.04.15 06:25:27
コメント(0) | コメントを書く
2007.04.13
4月3日から5日まで泊まったホテルがシェラトン ミラージュだった。
なんでも、クリントン大統領が滞在したとかいうホテルらしい。

だが、このミラージュ、ケアンズの街から車で1時間20分、完全なリゾートホテルでずっとここで過ごす人のためのホテル。
買い物やブログ材料を探す僕にとってはとても不便なホテルだった。
でも、景色は最高で水に囲まれるコテージ風の建物は抜けるような青空とエメラルド色の水に良く似合う。

mirage 1.JPG
mirage2.JPG

mirage loby.JPG
シェラトン ミラージュのロビー 本物の大理石で出来ている
mirage pool.JPG
ホテルの周りの水辺はどこでも泳げるようになっている
mirage outside party.JPG
mirage octpus party.JPG
催し物も盛りだくさんで、屋外パーティーや部屋を深海に見立てたオクトパスパーティー、
中には深海魚より深海魚らしいおばちゃんなんかもいる

mirage room.JPG
部屋はツインのシングルユースだ






Last updated  2007.04.13 20:34:23
コメント(0) | コメントを書く
2007.04.12
ここケアンズはオーストラリア大陸の赤道に近い方、
熱帯地方と言うのは街の建物から、熱帯魚のいろまで全てがトロピカルだ。

世界遺産にまで指定されている世界最古の熱帯雨林では「アーミーダック」というアドベンチャーがありました。
これは水陸両用車を使って森林の中を走ったり水上を走ったりするアトラクション。

なんとこの水陸両用車、第二次世界大戦のときに使われていたものを払い下げてもらい今でも使っているから60年間もちゃんとメインテナンスされちゃんと走っていました。

話は戻ってトロピカルの話
赤、青、黄色と原色が使われていても全然周りと違和感がない周りもそんな配色だからです。

なんと紙幣の色までトロピカル、50ドルは黄色、20ドルは赤、10ドルは青、5ドルはレインボーカラーと何から何までトロピカルなとても明るく気楽で楽しい国でした。

s50yello.JPG

s20red.JPG

s10bulue.JPG

s5rainbow.JPG






Last updated  2007.04.12 07:44:53
コメント(0) | コメントを書く
2007.04.09
queeens land pllice mark.JPG

ここオーストラリア ケアンズに来てもシリーズの取材はつづきます。
ケアンズはクイーンズランド州にありクイーズランド州警察の管轄になります。

オーストラリアの人たちの気質はとても気楽というか、人なつこくみんな友達てき感覚です。
パトカーの写真も許可を得て撮らせて頂いたのですがみんな笑顔で"Oh Please!"というかんじです。

queeens land pllice car1.JPG

警官も同じで今度は僕のおなかを撮ってくれとビール腹をぽんぽんたたく警官も登場し、いい雰囲気の中撮影させてくれました。

queens lond police car2.JPG

このポリスカー、ちょっと変わってません?後ろのボックスには何を入れるのでしょうか。
後ろのドアは小さくてとても人は入れそうもありません。
ひょっとしたら道端の死んだカンガルーなどを回収するのでしょうか?






Last updated  2007.04.09 07:56:38
コメント(0) | コメントを書く
2007.04.08
国を支える産業の1位が観光、2位が羊毛、3位がサトウキビというのんびりした国、それがオーストラリアです。

そのオーストラリアの北東にある田舎街「ケアンズ」、グレートバリアリーフの玄関口の街、世界遺産に登録される世界最古の熱帯雨林のある街、ケアンズで見て、話して、いろいろな面白いものを見つけてきました。

撮った写真は300枚、普段、人の目に触れないものも沢山撮ってきました。
これから、時々シリーズで皆様へお届けします。

まずはオーストラリア代表 コアラの写真をお届けします。

コアラ1.JPG






Last updated  2007.04.08 16:22:24
コメント(0) | コメントを書く

全7件 (7件中 1-7件目)

1

PR


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.