㈱FPコンサルツ広場 FPの幸せ探検隊

全4件 (4件中 1-4件目)

1

住宅ローンアドバイザーが語る不思議な話

2012.12.03
XML
お店.JPG
中林FPの賢い家の建て方の放映が決定しました、12月24日の祭日です。
当日はファイナンシャルプランナー/住宅ローンアドバイザー/宅地建物取引主任者である筆者がアパートが得かマイホームが得か、またいつ建てるのが得か、優遇税制など分かりやすく解説し最近活躍が目立つ工務店様の住宅展示場見学など紹介していきます。
放映時間などはまたお知らせします、日本海テレビ放送。






Last updated  2012.12.03 22:01:15
コメント(0) | コメントを書く


2008.04.17
サブプライムローン問題での損失は1兆ドルになるだろうと言われている。

1兆ドルと言えば日本円で100兆円以上、だが誰が損をしているのだろう?
サブプライムローンの債権(MBS)を買っているのは金融機関やファンド、ヘッジファンドなどでいわば金融機関の中での出来事。

一般の我々は全然損をしていない、保険会社なども買っているがその損失を保険料に跳ね返せばただでさえ冷え込んで切る保険業界がさらに冷え込むのでそれは出来ないだろう。

サブプライムローンの影響は1年続くという人もいれば半年で終わるという人もいる。

そもそも景気に影響するのは個人の購買意欲だ、その個人がほとんど損をしていないのだから景気に影響は心配するほどないと思うのだ。

東京の株式市場も2日連続で反発しているし日経平均も1万3千円台を回復した。
サブプライムローンの影響はもうすでに織り込み済みだという説も多い。
なので、東京株式市場はこれから1万5千円台の壁に向かって上昇を続けると思う。

個人の消費意欲を掻き立てるのは企業の商品開発力でそこの部分にサブプライムは影響していない、それよりこわいのは原材料の高騰によるスタグフレーションと中国の景気後退だと思っているのです。






Last updated  2008.04.17 08:13:30
コメント(0) | コメントを書く
2007.11.26
僕はもともと理科系なので数学がすきだったけど、積分でつまずいた。

円の面積はπr二乗、πは円周率(3.1415....)ってやつ、この式を微分すると2πrとなり円周を表す。

つまり面積を微分するとその範囲がでてくるのだ、不思議?

あと円を二等分、四等分、8等分と細かく切っていくと扇型ののパーツは限りなく三角形に近づいていく、三角形の面積は底辺×高さ÷2だから、n個にカッティングするとしてnを無限大にして三角形の面積×nを計算すると、これがπr二乗になる。

つまり微分と積分は反対の関係にあり、次元が積分のほうが大きいということ?
面積を積分すると球の体積になります。






Last updated  2007.11.26 20:26:37
コメント(0) | コメントを書く
2007.11.24
この世の発明は自然から学ぶことが多い。

ダーウィンの有名な言葉で「強いものが残るのではない、賢いものが残るのではない、ただその時代に適応したものだけが存続するのだ」

つまり自然の動植物も無機質なものも結果的に自然界に適応してきた、数々の試練を乗り越えて現在の形に残っているのだ。

たとえば人間が船を造ろうとする、水の抵抗はどうしたら少なくできるか?
結果的に水と接する所は魚の形をしているとか

空を飛ぼうとする、結果的に鳥の翼付け根の断面図が飛行機の翼の断面図になる、外側の翼は空気を後に押しやる道具で飛行機でいえばプロペラ、ジェット推進機となるとか

速く走ろうと思えば4つの足があり、ここからが違うところなのだがタイヤが回転する。

回転?

そういえば船のプロペラ(スクリュー)も飛行機のプロペラも車のタイヤも回転する。

何故か?自然界に回転する部分を持つ生き物はいない?

花は風で揺れるが回転はしない、チータの足も回転しない、魚の尾びれも回転しない。

つまり回転とは偉大な発明だったのだ、この世で唯一回転するものを利用する動物、それが人間なのです。

回転するものは必ず軸受けというものを持つ、回転するものを受け止めるもの、それがベアリングだ。

文明がいくら発達しようとも地上を早く動くもの、それは回転するもの以外に考えられない。

リニアモーターがあるじゃない?

あれも結局は地上から浮かせて横につけたローラーが回転している。

軸受け(ベアリング)の会社はどこかが必ず残る、日本はすごい技術を持っている会社がたくさんある、パソコンでベアリングの会社を検索し株をしっかりと持っておけば必ず上がるだろう、特にサブプライムローン(住宅ローン)株価が下落しているいまがチャンスだ。

時代に流されない、どこのメーカーにも適応できる軸受けの会社。
そんな会社の株は間違いないだろう。






Last updated  2007.11.24 19:21:24
コメント(0) | コメントを書く

全4件 (4件中 1-4件目)

1

PR


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.