㈱FPコンサルツ広場 FPの幸せ探検隊

全15件 (15件中 1-10件目)

1 2 >

ペン大好き!

2009.11.01
XML
カテゴリ:ペン大好き!
ワンチャリーガル.JPG
P1000991.JPG
リーガルロゴ.JPG
以前にご紹介した中国上海のワンチャ(萬佳)というペンのメーカーだがブランドはキングクラウン、リーガル、デューク、ヒーロー(英雄)が確認できた。
写真のものはリーガルだがいかにも中国らしい持ち手のシルバー部分とチャイナブルーの組み合わせがきれいだ。

万年筆何てパソコンの時代にほとんど使われない、が、ゆえにかなり安く手に入る。
写真のペンで420円、yahooオークションで落札したんだけれど送料のほうが高くついてしまった。

1点1点書き味も違うしデザインもユニークだ、中国製品はろくでもないものは多いがこのワンチャというメーカーの製品はまず間違いはない。

いままでに一番書き味がスムーズだったのは実はウォーターマンのチャールストン万年筆なのだが固いのが好きだとかペン先が紙をしっかりつかんで力強い味がいいだとか好みはいろいろだからどれが一番だとは言いにくい。

万年筆の最高峰はモンブランだとかいう向きもあるがただ高いのが良いのではない。






Last updated  2009.11.01 14:22:17
コメント(0) | コメントを書く


2009.10.29
カテゴリ:ペン大好き!
king crown0.JPG
king crown1.JPG
king crown2.JPG
king crown 3.JPG
中国にワンチャというペンのメーカーがある、ここが作っているブランド名は、キングクラウン、リーガルで知られてはいないが技術力は高い。
実は、香港がイギリス領だったように中国大陸の一部はヨーロッパと密接な関係にあるった、その時代に万年質やボールペン製作の技術が伝わり職人が育ちその伝統は消えず脈々と流れている、知名度こそないが中国本土ではヨーロッパの有名メーカーと同じような価格帯でデパートに並んでいるという。
このいかにも高級そうな箱に入っている黒い万年筆は漆で仕上げられておりキャップの先端には天然のサファイアが埋め込まれている、ヤフーオークションで万年筆を探してみると意外な掘り出し物が見つかる。
ちなみにこのペンは1万2千円で落札した。額としてはかなり奮発したが本土では10万近い値段で売られているらしい。
普段は1千円~2千円の落札でコレクションを楽しんでいる。






Last updated  2009.10.29 23:49:10
コメント(0) | コメントを書く
2009.03.25
カテゴリ:ペン大好き!
sheaffer stand all.JPG
ebayで大理石を台座にした60年前のシェーファー万年筆を手に入れた。
ところが、これがトンだ品物で、書けないし、大理石が欠けているというものだった、12ドルで送料合わせると4000円ぐらいになるのにとてもくやしい!このままにしておくにはもったいので早速修理にかかった。

書けない原因はインクのつまりでもうかたまってどうにもならなかったのでしばらく水に漬けインクは通るようになった、でも、このペン吸引式でボディーの金色のレバーを動かしてインクを吸引する仕掛け、当然これも壊れていたので大手術を行った。

ボディーをのこぎりで切りペンの差し込み口にカートリッジを差し込んだ、これが案外うまくいき書けるようになった。

次にのこぎりでカットした部分は接着剤で貼り付け接着部分が見えないように皮でまいた、あとは同色の塗装を施して完成。

昔のペンは細字だったんだなぁ・・・と感心する。

sheaffer stando top stand.JPG
sheaffer pen top.JPG
sheffer wrritting.JPG
接合部.JPG
後ろから.JPG






Last updated  2009.03.25 13:15:08
コメント(0) | コメントを書く
2009.01.27
カテゴリ:ペン大好き!
sheaffer S all.JPG
シェーファーというメーカーはいろいろな万年筆を発売している、このスクール万年筆はまさに学生用の手軽な万年筆だ。無くしたとしても7ドルぐらいなので惜しくはない。
sheaffer S write.JPG
ご覧のようにかなりの細字で統一されている、これはebayで仕入れたものでで黒、赤、緑、黄色、青のうち鮮やかなブルーのもの。
日本では探しても販売店が見つからない、安いからだろうか?ノンナンセンスといい、スクールといいお手軽な万年筆を作ってくれるシェーファーというメーカーが好きだ。
sheaffer S top.JPG






Last updated  2009.01.27 08:22:23
コメント(0) | コメントを書く
2009.01.21
カテゴリ:ペン大好き!
waterman caren all.JPG
僕はボールペンが大好きだ、一番実用的だし毎日違うボールペンを選んで仕事をするのも楽しみの一つだ。
waterman caren top.JPG
今回ebayで入手したウォーターマンのボールペンは”カレン”というシリーズらしい。
文栄堂のリストで調べると少なくとも一本18000円はする代物だ。
waterman caren pen.JPG
ペン先が楕円形のリングがあるのとペンのトップのフックの形状がカレンの特徴だ。
重量感は相当ある。






Last updated  2009.01.21 20:03:57
コメント(0) | コメントを書く
2009.01.09
カテゴリ:ペン大好き!
TBpen logo.JPG
サンダーバーズはアメリカ空軍のアクロバットチーム、ちなみに海軍にはブルーエンジェルスというチームがある、日本のブルーインパルスは両方の名前を合成して作ったネーミング

僕は文房具が大好き、中でもボールペンは毎日好きなのをチョイスして仕事で使っている。
そんなペン好きの僕にとって日本では販売していないペンを入手する良い方法がebayで落札することだ、ebay logo.JPG

イーベイはアメリカ最大のネットオークションのサイトで日本からでもいくらでも落札できる。でも、それには鉄則があって、
1.メイドインUSAの物を買うこと(アメリカ製のものが特に安い)ペンでいえばこのフィ  ッシャーやクロス、シェーファーなど。
2.パワーセラーなど販売実績が多くクレームが少ない人を選ぶ(90%以上ポジティブなら  まず間違いはない)
3.円高の今だから落札のし甲斐がある、ちなみに写真のフィッシャーのペンは14ドル(約 1000円)
TBpen all.JPG
TBpen mark.JPG
サンダーバーズのマークがてっぺんに付いているebay






Last updated  2009.01.09 21:12:25
コメント(0) | コメントを書く
2008.12.31
カテゴリ:ペン大好き!
sketchpen top.JPG
このペンは芯が太い木炭で出来ているので太い線や細い線が自在に使えるsketchpen all.JPG
sketchpen and picture.JPG
替え芯はボールペン(インク)になっているので線の濃淡がつけやすい、スケッチにはこれ一本あれば十分楽しめる。
DSCN1173.JPG






Last updated  2008.12.31 11:41:21
コメント(0) | コメントを書く
2008.12.26
カテゴリ:ペン大好き!
ペン全景.JPG

いつ買ったのかは忘れてしまったけど、ここに不思議なペンがあった。しかし、壊れてしまったので役に立たなくなっているのを修理した。
この修理に相当の時間を費やした、ああでもない、こうでもないと考えながら針金でつっかかりを作ることでなんとか理解できた。
不思議ペン先.JPG
1.このボールペンはペン先を下に向けると芯が出てきて文字が書ける。
ペン先収納.JPG
2.このボールペンはペン先を上に向けると芯が収まる。

この仕組みはこう考えるより他はなかった。
不思議なペン.JPG

ペン先を下に向けるとおもりが下に落ちつっかかりAに当たる、同時につっかかりBは筒の中から下に落ち筒の入口で左右にぶれて筒の入口で止まり筆圧に耐える。

ペン先を上に向けると、おもりがつっかかりBに当たりその勢いで筒の中に収まる。

これを解明し修理するのに3時間かかった、こうして僕の一日は暮れていくのでありました。






Last updated  2008.12.26 17:27:52
コメント(0) | コメントを書く
2008.12.16
カテゴリ:ペン大好き!
1.JPG
2.JPG
3.JPG
4.JPG

ペンが大好きで変わったものがあるとついつい購入してしまう。
この道具はちょっと変わっている、えんぴつが短くなると最後まで書けるようにキャップを付けて長くする道具はあるけど、これはそういう目的ではないらしい。
つまり、携帯用のえんぴつなのだ、その証拠にキャップが付いていてえんぴつの芯が物に当たらないように保護されている、キャップをはずして付け替えると適当な大きさの鉛筆になる、それに面白いのは「KANSAS CITY LIFE INSURANCE COMPANY」と書いてあるのでアメリカ合衆国、カンサス・シティ生命保険会社の物のようだ、どこで買ったのかは思い出せないが流れ流れて米子市の雑貨屋さんに引き取られたらしい。
アメリカ人は面白いものを作るなー






Last updated  2008.12.17 03:56:28
コメント(0) | コメントを書く
2008.12.12
カテゴリ:ペン大好き!
fisher detail.JPG

アメリカの国旗がついたフィッシャーのスペースペン、宇宙でも書ける(重力がないと普通のボールペンはすぐに書けなくなる)しかも、華氏-50度~華氏400度まで耐えられる。

しかし、そのような環境に行くことは僕にはない。
fisher  all.JPG

究極ののHeavy Duty商品だ。






Last updated  2008.12.12 08:26:53
コメント(0) | コメントを書く

全15件 (15件中 1-10件目)

1 2 >

PR


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.