2008.03.19

ろうの封印

カテゴリ:参考になるもの
中世のヨーロッパでよくみる手紙のろう封印、手紙をあけてしまうと絶対わかるので封印のしるしは複雑で凝ったものが作られた。

多くはその家の紋章でろうで封印された手紙はなかなか味がある。

自分でやろうと思ってもなかなかうまくいかない、コツがあるようだ。
ろうに火をつける.JPG

まず、ろうに火をつけるのだが紙とのきょり、火の勢いなどがコツ。
紙から10センチほど上からろうを垂らす。
ろうから落とす始め.JPG

紙には円形に垂らしていくが円の大きさは封印のはんの面積の2割増しぐらいが適当。
ろうから落とす.JPG

つぎにさめるまで置いておく時間が大切、ここらは勘だけど、早すぎるとろうの円がつぶれて良くない、遅いと円周がぶちぶちになりカッコ悪い。
失敗.JPG

ふうの時間が遅くなるとこんなふうになる。

最後にだいたいの成功例を一枚。
成功.JPG





TWITTER

Last updated  2008.03.19 20:19:51
コメント(0) | コメントを書く
[参考になるもの] カテゴリの最新記事