493933 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

お家でかんたんハーブ作り

▲切り花を長持ちさせる方法▲


ハーブメニュー   花図鑑I N D E X


簡単ハーブ作りとっぷページ  



夏の留守/水やり対策

水揚げ方法

切花を長持ちさせる方法

++
***???$$
。。


@@
##XX






切り花を長持ちさせる方法





切り花を長持ちさせる方法~長期の不在の水やりについて~


切り花を長持ちさせる方法


切り花の寿命を延ばす

水揚げ方法



切り花の管理

《準備》水に浸かる葉を取り除く。

■水中で、茎(枝)を切る。

■茎の切り口を斜めに切る。

■花器を清潔にする。

■花器の水をこまめに替える。

■短く切って使う。

■夜は、冷蔵庫で保存する。

■長持ちさせる薬品を使う。

■冷たい水を入れ水温を下げる。

■花瓶の中に10円玉2~3枚を入れておく。

■水を腐りにくくする方法。

酢、台所洗剤、漂白剤、重曹、塩、砂糖、アルコールなど。
どれかひとつを選びます。


花器の水に、少量(数滴)入れておくと、水が腐りにくくなります。
注意。

砂糖を入れると花は長持ちしますが、水も腐りやすいので頻繁に水を替えます。

洗剤を使うときは、水を張った後に数滴(1~2滴)の洗剤を入れます。
最初に洗剤を入れると、泡立ってしまう為です。

■茎の弱い花などは、茎にストローを差し込みます。


活けやすくなり、花の寿命も長くなります。
茎がストローに入らないときは、ストローを縦に切って茎をはめ込みます。


■湯あげする。(切り口を湯につけた後、すぐ水に入れます)


花に湯気がかからない様、新聞紙などで包みます。









■花の首が垂れてしまった場合の対処方法。

不要な葉を取り除きます。


深い容器(長い花瓶)に高位置まで水を入れます。


花の首まで、水につけます。


花を濡らさないよう注意。


この状態でしばらく放置します。







~長期の不在の水やりについて~




夏の留守/水やり対策



全ての植物に共通するものではありません。




《必須》出発前にたっぷりの水を与えます。


《必須》プランター(鉢)は、日陰、屋内、室内に移動。


《必須》日よけネットをかける。


屋内管理の留意点



光もなく、風も通らないと植物は弱ります。

光や風が入るように工夫します。

換気扇を回して風をおくる。

光が入るように窓際に置く。




留守中の水遣り対策


●鉢ごと土に埋める。


土の乾燥を防ぎます。


●バットなどに水を張って、鉢ごと浸す。


夏を除けばある程度は有効。


鉢が収まる平らなバットを用意。

鉢の下、3~5cm程度を目安にバットに水を張ります。

真夏はバット内の水温が上昇するので、根腐れ注意。


●水ゴケで、マルチング。


水ゴケは充分に水を含ませてから使います。

乾燥に耐える植物なら、ある程度の期間は有効。

鉢物は日陰に移動させ、さらに水ゴケで覆うと安心。



●自動給水器、給水キャップの利用。


市販品の留意点。

給水キャップの傾け方、水の出具合を出発前に確かめます。

水量過剰、水量不足の確認。




自作給水器


長い間の留守の水やり

長い間の留守の水やり





用意するもの


大き目の容器(バケツやペットボトルなど)
紐。(水を浸み込みやすいもの)/今回は麻ひも
おもり。水に沈むもの。/今回は墨を使用。
プレート、ピック、棒など。(土中に差し込めるもの)/今回はプラスチックのスプーン



紐に水を含ませます。

紐の端をおもりに紐を結ぶ。


もう片方の紐の端は、プレートに結ぶ。





それぞれの紐は、しっかり結ぶ。


長い間の留守の水やり

水を入れた容器を、鉢より高くする。
バケツ側で紐が浮かない様、洗濯バサミ、テープなどで固定。


バケツは植物より高い位置に置く

バケツは植物より高い位置



紐の太さ、長さ、材質により給水量は異なります。
出発前に実験し水量調節を行います。














ハーブメニュー   花図鑑I N D E X


簡単ハーブ作りとっぷページ  




Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.