110363 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

網走五郎はかく語りき

2017年09月02日
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類

「網走五郎・神社物語」、アマゾンから電子書籍として出版しました。宣伝のため一部を掲載します。

 


 序文

演劇実験室・天井桟敷時代、喧嘩と酒と女に明け暮れた網走五郎が神主になり定年退職を迎えるまでの物語である。テメエのことを書き綴るのだが、一人称では気がひけるので、小説風に三人称で書き綴ることにした。そのほうが読者にも楽しんでもらえる。だからといって小説のように、想像力で執筆するわけではない。これから書かれることは、すべて真実である。しかし登場人物の一部は仮名を用いることにした。人を傷つけることが、本書の目的ではないからである。本書執筆の
目的は
「誰も排除するな ! 」 である。
 
 
 

ソ連政府に抗議文

 

ソ連警備艇に連行された五郎は、ソ連政府に下記の北方領土返還抗議文を手渡している。

『私は単身、泳いで日本からやって来た網走五郎と言う者です。年齢は三十二歳。私は貴国に亡命したくてやって来たのではありません。北方領土返還の抗議に来たのです。歯舞・色丹・国後・択捉の四島は日本固有の領土です。早急に返還して下さい。19458月、日本は広島・長崎に原爆攻撃を受け、瀕死の状態になっていたが、貴国はこの時、日ソ不可侵条約を一方的に破って日本攻撃を開始したのです。当時、日本は日・独・伊三国軍事同盟を結んでいたので、貴国がヒトラードイツ軍に押しまくられていた時、日本も貴国に攻撃を仕掛け、貴国を敗北に導くことができたにもかかわらず、日本は条約を守って攻撃を仕掛けなかったのです。ところが貴国は、日本弱しとみるや条約を踏みにじって日本攻撃を開始し、千島・樺太を占領した。その後未だ占領をし続け、日本固有の領土歯舞・色丹・国後・択捉の四島すら返還しないのは、畜生にも劣ると言わねばなりません。日本から直接攻撃を受け、大きな被害を被ったアメリカですら、5年前には沖縄を返還しています。貴国も日本固有の領土、歯舞・色丹・国後・択捉の四島を早急に返還すべきです。私はこの四島が返還されるまで、当分貴国に置かせてもらいます。私の後ろには一億一千万人
の日本国民がついています。

ソ連政府殿

 
網走五郎』
 






最終更新日  2017年09月03日 03時30分35秒
コメント(0) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.