1206885 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ちゃむのバレエとオペラと海外TVドラマの日々

2007.12.01
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
またしても主役交代の新国立「カルメン」。でも・・・ドマシェンコも好きなわけではないので、まあ私的には期待度は同程度。

【指 揮】ジャック・デラコート
【演 出】鵜山 仁

【カルメン】マリア・ホセ・モンティエル
【ドン・ホセ】ゾラン・トドロヴィッチ
【エスカミーリョ】アレキサンダー・ヴィノグラードフ
【ミカエラ】大村 博美
【スニガ】斉木 健詞
【モラレス】星野 淳
【ダンカイロ】今尾 滋
【レメンダード】倉石 真
【フラスキータ】平井 香織
【メルセデス】山下 牧子

【合唱指揮】三澤 洋史
【合 唱】新国立劇場合唱団
【児童合唱】杉並児童合唱団
【管弦楽】東京フィルハーモニー交響楽団

別にカルメン役がマリア・ホセ・モンティエルでも悪くはなかった。こういう‘太め’声が好きでないだけ。しかし、なかなか美しい人で、幕間におじさまたちが、「色が白くて北欧の歌手みたいだ」とか、私にはあまり興味のない会話をしてらした。男性歌手の外見で評価が変わる私をいつも批難するけど、同じじゃないの・・・と内心思う。

ゾラン・トドロヴィッチは頼りなくなく(?)、りっぱな(!)ドン・ホセだった。それでいいのか?という葛藤は多少あったけど、破綻はないし、カルメンがああならホセもこれでいいような気がしていた。

なんだか愛憎どろどろでなく、自分の主張をしっかり通す見栄えのいい2人の主役。

ミカエラの大村さんの声もすばらしい。

しかし、私の事前期待のほとんどはエスカミーリョのヴィノグラードフ!!!
先般のベルリン国立歌劇場「ドン・ジョバンニ」のマゼットだった。そのときに目を付けたのに、そんなに拍手をもらえてなくてガッカリした。今日のエスカミーリオも低く響く声が素敵。(写真中央)
ハンサムというより可愛いという顔立で、欲望でギラギラ・・・というわけではない。やっぱりどこか今風でさっぱり系。そこが大きなブラヴォをとるほどになれない原因かしら。私はあの声、すごく気に入ったのだけど。

あとは思ったより日本人の脇が充実していた。斉木さんのスニガも押し出しがよかったと思う。

演出は・・・新演出の割には新味がない。悪くはないけど。
平凡すぎて退屈し、風邪薬漬けの今日はついつい眠気を催す。
ただ、ホセとエスカミーリョの戦いなどは迫力があり、大抵のオペラのときの情けない立ち回りと一線を画していた。






Last updated  2007.12.02 01:38:38
コメント(0) | コメントを書く


PR

Calendar

Keyword Search

▼キーワード検索

Category


© Rakuten Group, Inc.