2014.07.10

ABUYAMA_STAGE_032 → 三種の神器 その2

《H.P.S.的昭和レトロ月間》

みなさんこんにちは!

今日も瞳はドライな

北摂プラスセッションの代表です。

よろしくお願い申し上げます。

 

「MW-303」

昭和洗濯機001.png

図は昭和のガソリンスタンド

ではなく

1954年に松下電器から発売された

ナショナル角形噴流式電気洗濯機です。

(手回しハンドル式の絞り機能付き洗濯機第1号)

 

今回は先日紹介した三種の神器シリーズ第2弾です!(^^)v

 

1951年、主婦を家事の重労働から解放するため

松下電器創業者の松下幸之助さんが開発を進め

同年、第1号機「MW-101」の生産を開始し

翌1952年には価格を抑えた「MW-201」を発売。

そして1954年にこの手回しハンドル式の絞り機付き

「MW-303」が発売され、全国に普及していきます。

昭和洗濯機002.png

図のハンドルをくるくる回し

絞りながら右側にスライドされるという

かわいい仕組みです。

販売価格は28,900円

「絞り機付きがこんなにお安く28,900円」

というキャッチコピーだったそうですが

これ当時の価値だとそんなに簡単に買えないんじゃないですかね?(* ̄m ̄)

それはさておき

冷蔵庫もそうでしたが

当時のはデザインがアホみたいにシンプルでかっこいいですね!

まあ、いろいろ面倒くさそうですけども(* ̄m ̄)

 

そんなところで今回はここまで!

ごきげんよう/





TWITTER

Last updated  2014.07.11 01:31:33
[Season1_阿武山ステージ] カテゴリの最新記事