1652074 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

A-World2

PR

全210件 (210件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 21 >

アニメ・ドラマ・物語

2022年05月12日
XML
アニメ・特撮の最終回を紹介&解説した動画を見つけました。
多分、皆さんも観た事のあるアニメや特撮作品も取り上げてあると思いますが、全くご存知無い作品もあるかもしれません。私は結構、懐かしい気持ちで拝見させて頂きました。
どうぞ、お楽しみ下さい。







最終更新日  2022年05月13日 23時06分33秒
コメント(0) | コメントを書く


2022年04月10日
藤子不二雄A先生の代表作の1つの動画を見つけました。
その名も「笑ゥせぇるすまん」。どちらかというと大人向けのアニメなんですけど、絵柄は明るく「怪物くん」や「ハットリくん」にも通じるところがあります。藤子A先生の追悼の意を込めて載せました。
「笑ゥせぇるすまん」こと喪黒 福造(もぐろ ふくぞう)氏が悩みを抱えた人々の願望を叶えてあげるストーリー展開ですが、上手くいったからといって欲を出したり、お調子に乗っていると天罰が下るというオチが待っています。いわゆる「人間の心の弱さ」に焦点を当てているようですね。
(不幸になる人達、可哀そうと思いつつも「バカだな~」とも思います)

ちょっと辛辣ですが良い人生勉強にもなりますので、どうぞご視聴下さい。
笑ゥせぇるすまん 公式チャンネル【デジタルリマスター版】

今日の新型コロナウイルスの感染者数は、東京は8026人、大阪は3652人。東京は先週より130人ほど増え、大阪は100人ほど減りました。大阪の感染者数が先週を下回るのは約1週間振りですが、それでもまだ油断はできませんね。






最終更新日  2022年04月11日 00時24分50秒
コメント(2) | コメントを書く
2021年12月21日
「河童の雨乞い」の別のバージョンを見つけました。
従来「まんが日本昔ばなし」などで知られている河童は人間に仲間外れにされる身の上がつらくて自暴自棄で悪さをしてきましたが、もう1つのバージョンの河童はある理由で大勢住んでいた仲間がいなくなった寂しさから人間にちょっかいを出していた事になっています。

河童を諭すお坊さんも旅の人では無く村の人で、お坊さんと仲良く触れ合う事で河童は人間に憧れるようになり、人間の為に良い事をしようと思うようになり雨乞いを申し出ます。
ここではお坊さんの取成しがあるので、別バージョンのような村人の暴行シーンは無く全体的に優しい雰囲気で物語は進んで行きます。でも、河童の死の展開は同じなので切ないです。

「河童の雨乞い」は栃木県の昔話で、語り継がれていくうちに話の内容も若干変わっていったのかもしれませんが、私はどちらかというと後から見つけたこの優しいバージョンの方が良いですね。皆さんはどちらが良いでしょうか?

『河童の雨乞い』
紙芝居 かっぱの雨乞い






最終更新日  2021年12月22日 23時55分10秒
コメント(0) | コメントを書く
2021年12月14日
「河童の雨乞い」また色々なバージョンの動画を見つけました。

日本昔ばなし:河童の雨乞い(KappaNoAmagoi)
男性による朗読です。
【朗読】日本の昔話より「カッパの雨乞い」
こちらは女性による朗読。語りが柔らかです。
【日本昔ばなし】カッパのあまごい at東根タントクルセンター【童話劇】
あるお母さんの一人芝居によるもの。話に少々独特の脚色があります。
紙芝居_河童の雨乞い
日本語学校の生徒さんが作った紙芝居。ちょっと微妙に話の筋が違います。
かっぱの雨乞い  七ツ森座
こちらは人形劇。原作には無い少々きつい展開があります。

ほんのオマケ。無料イラストサイトから可愛い河童のイラストを集めました。
    
    
    

こんな可愛い河童さん達なら、悪戯されても許せるかも・・・・・・?(笑)






最終更新日  2021年12月16日 21時49分58秒
コメント(0) | コメントを書く
2021年12月07日
少々古いドラマの動画を見つけました。
吉村昭という作家が書いた「羆嵐」という小説の2時間ドラマ。1980年に放映されたそうです。以前ブログで扱った「​三毛別羆事件​」を題材に作られた作品で、村人の殺害描写が生々しいです。観るのに覚悟が要ります。
既に故人になられた三國連太郎さんが主演で、ナレーション・・・これも故人になられた常田富士男さんが務めておられます。

【三毛別羆事件】『恐怖!パニック!!人喰熊 史上最大の惨劇 羆嵐』






最終更新日  2021年12月08日 23時57分17秒
コメント(0) | コメントを書く
2021年12月03日
前に挙げた以外の「河童の雨乞い」の動画を見つけました。

『カッパの雨ごい』(日本昔話) 福娘童話集アニメ紙芝居 フルHD
女性が描かれたのでしょうか、絵柄が優しい感じです。
デジタル絵本 かっぱの雨乞い
札幌平岸高校の生徒さん達の作品。河童が幼い感じで、とても可愛いです。
日本昔話より「カッパの雨乞い」
河童の絵柄が少々リアルですが、なかなか愛嬌があります。
紙しばい動画「カッパの雨ごい」
村の衆による暴力描写が、やや緩和されています。
【むかしむかしのものがたり】河童の雨乞い 石田彰/氷上恭子
​朗読ですが、抵抗しない河童に理由を聞くなど今までの動画の中で村の衆の対応が理性的。

札幌平岸高校の生徒さん達のは8年前の作品ですが、皆さん今では絵本作家になられた方もおられるのでしょうか。






最終更新日  2021年12月04日 23時38分03秒
コメント(0) | コメントを書く
2021年11月30日
懐かしのまんが日本昔ばなしの動画を見つけました。
「河童の雨乞い」は人間の仲間入りができずに自暴自棄で悪さをしていた河童が和尚さんの言葉により改心し、人間の為に尽くそうと日照りの中で雨乞いをする話です。

河童の雨乞い

まんが日本昔ばなし版は、絵柄とか描写が少々きつい感じがしますので、もう少し緩い感じが良い方にはこちらがお勧めです。







最終更新日  2021年12月02日 00時07分28秒
コメント(0) | コメントを書く
2021年07月22日
オリンピック4連休が始まりました。
本当に脈絡が無いですが(笑)、今回は1年振りに「ドラえもん」で気に入ったシーンの画像をアップします。
まずは第1678話「ドラミ江戸を斬る」(2002年08月30日)で、野生動物を乱獲する極悪非道な殿様から動物達を守る為、ドラえもんが大奮闘します。


鹿さんに射られた矢にジャ~~~~ンプ!!


見事なオーバーヘッドキックで矢を蹴り落とします。




カッコ良く着地!お疲れ様。


次はドラちゃんの可愛くて面白いシーンを選び出しました。まずは劇場版第8作目「のび太と竜の騎士」(1987)で、地底に住む恐竜人達に身体検査されるドラえもん。
マジックハンドでくすぐられ捲って笑いこけているのが可愛いです。本人(?)は大変ですけど・・・・・・。


次は劇場版第23作目「のび太とロボット王国」(2002)で、ロボット王国にとっ捕まり色々と検査されるドラえもん。
こちらでは「竜の騎士」の時よりも大きめのマジックハンドで揉みしだかれています。本人(?)は大変だと思いつつも、すごく可愛いです♪


次は劇場版第14作目「のび太とブリキの迷宮」(1993)の何やら楽し気なドラえもんのカットの数々。何かのパフォーマンスでしょうか?






・・・・・・と思いきや、これは謎の飛行船に砲撃されているところでした!!
花火のようで楽し気ですが、本人(?)にとっては大変な災難ですね・・・・・・(汗)。


何だかドラえもんがひどい目に遭っているシーンばかりになったようなので、ラストはほのぼのしたシーンで閉めたいです。まずは劇場版第13作目「のび太と雲の王国」(1992)の雲のベッドのシーン。雲に埋まって頭だけ出しているドラえもんが可愛いです♪


こちらは劇場版第16作目「のび太の創生日記」(1995)の雲のベッド。


では、おやすみなさい。






最終更新日  2021年07月23日 22時47分41秒
コメント(0) | コメントを書く
2021年06月18日
以前ドラえもん映画について、​やや激昂気味の記事​を書いてしまいましたが、ちょっと頭が冷えたので、あの件について落ち着いて追記を述べたいです。

「のび太とロボット王国」(2002)でのドラえもんの遺言、あの場では取って付けたような感じで不愉快ですが、確かにドラちゃんなら最後の瞬間にあのような事を言い残すかもしれませんので、あれはあれで良いセリフだとは思っているのです。
でも、あのセリフはそれこそ「のび太と雲の王国」(1992)でのドラえもんの特攻後に言わせた方が、しっくり来ると思います。特攻後、僅かにドラえもんの意識が残っていて、例の遺言を残して機能停止した後にキー坊登場・・・・・・ドラえもん復活!!
・・・・・・の方が泣けると思いますので(今のところ私の中には、あのドラを超えるドラはいません)。
「ロボット王国」の方は、ドラえもんとマリアさんの救出だけに重点を置いた方が良いですね。ドラえもんはマリアさんと共に四次元ポケット内に避難していて、マリアさんとポコくんの通信機能を頼りに瞬間移動マシンで救出される(デスターというオマケ付き)という流れで・・・・・・。

まあ、好きなキャラクターの死出の遺言に酔いしれたい方々は「アルマゲ〇ン体験特集」でも組んで、画像の悪いスクリーン越しにキャラクターを入れて好きな遺言を言わせて、感動して楽しむというのも悪くないですね(だって、あのシーン、あの映画のパロディですよね?)。






最終更新日  2021年06月20日 00時06分08秒
コメント(0) | コメントを書く
2021年05月21日
劇場版「ドラえもん」。昔は好きで、よくビデオやDVDをレンタルしてきて観ていました。藤子・F・不二雄先生が鬼籍に入られた以降の作品は原作の執筆を受け継いだアシスタントの方々が描いたものを映画化していて、1990年代後半のを2本ほど観ましたが、やはりF先生の作品とちょっと雰囲気がちがうかな、と思って2000年以降の劇場版は観ずにいました。
それでも、このところYouTube以外の動画サイトで劇場版ドラえもんを目にするようになってから2000年以降の劇場版にも興味が出てきて、一応参考の為に目を通しておこうと思い、
2000年~2004年つまり大山のぶ代さんの時代の劇場版を視聴しました。

大半はF先生の作品とちょっと雰囲気がちがうかな、と思いつつも楽しく見る事ができたのですが、1つの作品でトラウマになるほどの鬱シーンを観てしまいました。
「のび太とロボット王国」(2002)で、某惑星にあるロボット王国の悪党・デスターの為に月への衝突コースを飛ぶロケットから脱出不可能にされてしまうドラえもん。モニターから見ている仲間達に『自分はこれから死ぬけど、みんな元気でね』と言わんばかりの別れの言葉を1人1人に掛け始めるのです・・・・・・。

F先生がこれを見たら、一体どう思われる事でしょう?F先生の描くドラちゃんは、どんな時でもあきらめない子です。「のび太の海底鬼岩城」(1983)では、仲間が次々と倒れ、自身もボロボロになりながらも決してポセイドン神殿を破壊するのをあきらめませんでした。
「のび太の小宇宙戦争」(1985)では、悪の軍団・PCIAに仲間共々銃殺刑にされそうになっても、決して望みを捨てませんでした。「のび太とブリキの迷宮」(1993)では、機能停止にまで追い込まれて海底投棄されても再びのび太くんに会いたいという望みを持っていました。

私は劇中でウダウダ涙ながらに遺言を語り出すドラえもんに『血迷うな!青ダヌキ!!みんなの心をえぐるような事を言う前に、もっとやる事があるだろう!!』と言いたくなりました。その場には青ダヌキ・・・いや、ドラえもんだけで無く、彼の他に捕らえられているロボット王国の女性・マリアさんもいるのですから。
F先生の描くドラなら、マリアさんを息子・ポコくんの元へ送る為にも、例え我が身がどうなろうとマリアさんだけでも救う為に大奮闘する事でしょう。彼女を四次元ポケットに避難させてから、ロケットを止める為に例の石頭で計器類を破壊するとか・・・・・・。
ともかく、子供達に希望を持つ事を教えてくれるキャラクター・ドラえもんにあきらめモードで死出の遺言を吐かせるなんて、お涙どころか鬱を通り越して怒りを覚えます。何てものを子供達に観せるんだ!!

済みません、興奮して酷評ばかりしましたが「のび太とロボット王国」決して悪い部分ばかりではありません。のび太くん達みんなの見せ場が用意してありますし、未来デパートのどこかで見覚えのあるロボットさん達やドラえもんコロシアムでの死闘(!?)など楽しい部分もありました。
ラストのママの「ドラちゃんだって私の子供よ」の一言に、泣きながらのび太と一緒にママに甘えるドラちゃんが可愛い♪可愛い♪♪ 今後は例のシーンをスルーしながら(別のシーンに置き替えながら)視聴したいです。






最終更新日  2021年05月22日 21時05分52秒
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全210件 (210件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 21 >


© Rakuten Group, Inc.