1298996 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

社長日記 アルミケース・アタッシュケース製造販売【アクテック株式会社】

PR

サイド自由欄



全3219件 (3219件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

社長日記

2018/06/21
XML
カテゴリ:社長日記
今日6月21日は、家内の父親の命日です。
私は、両親や兄夫婦など亡くなった家族全員の命日は、手帳に書き込んでいます。
それと、それぞれの仏様のお名前、戒名も常に携帯しています。

深い意味はありませんが、毎日、ご仏壇にお参りしますが、それぞれの命日・戒名は覚えていた方が、仏様をより偲び易いと思うからです。
さらに、6月21日は夏至でもあります。

今日は、どんよりした曇りですが、夏至は一年中で昼が一番長い日です。
6月21日に決まっている訳ではありませんが、ほぼ6月21日で、後は20日または22日になることもあります。

いつ頃、習ったのか忘れましたが、地球は「自転」と「公転」を繰り返し、1日周期で1回転し、一年周期の公転で、太陽との距離で、春・夏・秋・冬の四季が繰り返されるということでした。

寒暖の差、季節感のズレは多少感じることはあっても、四季は間違いなく規則正しく繰り返されます。それに引き換え、地震ほど、理解できなくて恐ろしいことはありません。

朝の声掛け当番で、早めに登校した小4の女の子が、事もあろうに学校の塀の下敷きとなり亡くなりました。
日本では、今すぐ、地震があることを前提に備えをする必要があります。

大阪北部・有馬~高槻断層帯での地震と言えば、1596年の慶長伏見地震M7.5といいますから、422年間も、地震は発生していないのです。
それだのに、今回の地震M6弱で、この惨状です。

要するに、日本では、突然だとか、あり得ないことなど理由になりません。
絶対に、耐震の備えをするしか策がないのです。今回でよく分りました。

合掌






最終更新日  2018/06/21 05:07:20 PM
コメント(0) | コメントを書く
2018/06/20
カテゴリ:社長日記
子供の頃、自分が挑戦した運動と言えば、ただ<走る>だけのどちらかいうと、個人の基礎体力を競うスポーツでした。
不器用で<どんくさい>方でしたから、野球やテニス等の球技は苦手でした。

ところが、会社を経営するようになり、一つの目的に向かい行動を共にし、自らの夢を実現していく同志の関係、心の通じ合える信頼できる人間関係を構築するために、チームワークを勉強し始めました。

野球・サッカー等は、特にそういう面から興味深く観察しました。最初は愚鈍な選手が、ある面で秀でた選手となり、それからチームをまとめ、チームを引っ張っていく選手になるかどうか?

古い選手で、今の人には馴染みがないかもしれませんが、野村克也選手とか落合博満選手等は、その典型だと思います。
昨日のサッカーは、圧倒的な劣勢を予想されながら勝ち点3を確保。

専門的なことはよく分りませんが、海外で経験ある先輩選手と、若い選手を組み合わせ、前半・後半の組み合わせも変え、見事な闘いをした西野監督に、拍手を贈りたいと思います。

開始早々のレッドカードも、香川選手の速攻が反則を呼ぶ原因だったと思います。
後半の本田・大迫の2点目も、やはり新旧選手の組み合わせの賜物ではないでしょうか?

素人なりに思うことですが、ハリルホジッチ監督にはない、采配であるが故の勝利と思います。そして、やはり、日本チームは、負けてもいいから日本人の監督で戦って欲しいと思いました。

25日(月)のセネガル戦が楽しみになりました。いずれにしても、決勝トーナメント出場には、大きな一歩を踏み出しました。とにもかくにも<侍チーム>に期待します。

合掌






最終更新日  2018/06/20 05:14:17 PM
コメント(0) | コメントを書く
2018/06/19
カテゴリ:社長日記
繰り返すまでもありませんが、昨日午前7時58分頃、大阪府北部を震源とする地震があり、枚方・高槻・大阪市など5市で震度6弱、京都市などで震度5強を記録しました。

23年前の阪神・淡路大震災がマグニチュード7.3。
7年前の東日本大震災が9.0でしたから、「あぁ、これくらいでよかった!」と思っていたら、時間が経つ程、被害が大きくなりました。

まず、地震が起きてすぐの情報によると、京阪神地区のJR・私鉄、さらに新幹線等の電車全線がストップ。バスもストップとのこと。勿論、大阪空港も欠航。要するに交通網が全面マヒ。

その内に家族に連絡が入り、学校が休校となり、小・中学校で親に迎えに来るようにとのこと。
今度は、その影響か道路が車一杯で動けない。高速道路も全面通行止めになったようです。

これでは都市機能はマヒ状態です。

しかし、今朝の新聞による「地震の被害状況」ですが、最大震度:6弱。死者:4人。負傷者:384人。火災:7件。

交通:JRの近畿の在来線、私鉄各社で一時、全線運転見合わせ 東海道新幹線 新大阪―名古屋で一時運転見合わせ。阪神高速・中国道等で一時通行止め。

その他:停電17万3060戸 ガス11万1951戸 断水9800戸(箕面市)となっています。

地震の影響というのは、新聞で見るのと実際に体験するのとでは、全く違うということを知りました。

私は、この数字以上に、<都市機能がマヒした影響>が、どれだけ大きいかを知るべきだと思います。そして地震というのは、場所により全く違うということを実感しました。

合掌












最終更新日  2018/06/20 09:05:24 AM
コメント(0) | コメントを書く
2018/06/18
カテゴリ:社長日記
今朝は、一週間の始まり、幹部だけの早朝連絡会(8時開催)の直前、地面から突き上げるような、過去、経験したことがない大地震に見舞われました。
一時は、枚方が震源地とのことでした。

工場内の2階で、パーテーションのガラスが割れたり、アチコチで水漏れがしたり、積み上げた仕掛品に被害が出ました。
しかし、けが人はなく、お蔭様で通常通り仕事ができました。

ただ、独身社員や主婦・パートの方には、家の状況を確認するため、一時帰宅してもらいました。しかし、これも幸い、大きな災害の報告はありませんでした。

ヤレヤレと思っていたら、しばらくして電車通学の御子さんから、学校が閉鎖となり、電車・バスは動いておらず、迎えに来てほしいとのこと。
その他何やかやと10名程が休みになりました。

阪神大震災の時もそうでしたが、時間が経つにつれ、被害状況が大きくなるように思います。我家も、家内からの連絡では、大屋根の瓦が崩れ、庭の灯篭にも被害が出たようです。

しかし、高槻では、通学途中の小学生が、崩れた塀の下敷きとなり、亡くなっています。天災とは言え、朝元気に出掛けた我が子が、突然、亡くなったと言われても、とても信じられません。

あってはならないことですが、日本は地震大国です。いつ、どのようなことが起きるか計り知れません。大きな被害にならなかった偶然に、感謝としか言えません。

それに引き換え、大きな被害・事故にあわれた方も多いかと思います。
衷心よりお見舞い申し上げます。

合掌










最終更新日  2018/06/18 06:05:41 PM
コメント(0) | コメントを書く
2018/06/17
カテゴリ:社長日記
ニュースが流れて10日程経ちますが、ホンダが、アメリカで個人や企業が所有し、出張などで利用されている<7人乗り小型ジェット機>を、愈々、日本でも販売することになりました。

このクラス(乗員10人未満)の販売台数では、世界一を誇るホンダジェット。
これぞ日本の技術の象徴。実にカッコいいですね!
本田宗一郎さんが存命であればどれだけ喜ばれたでしょう。

私は、高校を卒業し、成人前に本田宗一郎氏の話を直接聞く機会に恵まれました。
小学校を卒業、自動修理工場に就職し、22歳でのれん分け、それ後の事業展開はご存知の通りです。

そして、まだ、二輪車メーカーの時代に、既に飛行機を造るのが夢と言われ、小学校の時、浜松練兵場で見た曲芸飛行が、初めて飛行機を見た瞬間で、それがキッカケとのことでした。

当時、日本は、破竹の勢いで経済成長し、世界第二位の経済大国に成長しました。夢ある経営者そのもので、90分間の話しは、息つく間もなく終わったのが印象に残っています。

その夢を、後輩・部下たちが実現したものです。
そして、偶然にも、今そのジェットエンジンを設計した当事者と、お付き合いをさせてもらっています。

世の中に無い乗り物を、その技術をお借りし、共同で開発しているのです。
もう少し、形がハッキリしましたら、またお知らせいたします。

合掌













最終更新日  2018/06/18 09:45:04 AM
コメント(0) | コメントを書く
2018/06/16
カテゴリ:社長日記
先週は金・土曜日と、年一回の社員旅行であり、その翌日・日曜日は、郷里の高校の同窓会でした。要するに2週間、全く休みなしとなり、今日は、ゆっくり老体を休める日としました。

創業当初は、会社が、即、私達夫婦の住いでした。46年前(1972年)ですから、まだ土曜日は仕事で、唯一、日曜日だけがお休みでしたが、その日曜日も、家におれば仕事になりました。

当時は、家内も総務・経理を担当していましたので、趣味もない私達は、仕事から離れるため、日曜日は、神社仏閣巡りと決めました。しかし、それも大半は、薬師寺の写経でした。

お互いに歳を取り、体を休めると言っても、早朝、5時から起床と共に散歩をしました。しかし、私達老夫婦にとっては、これが唯一の充実した休日となるのです。

家にいる限り365日、会社で新聞に目を通し切抜き・ファイル後は、インドアでゴルフの練習です。そして、月一度の散髪をして家に帰れば、孫が「爺の日」プレゼントを持って来てくれました。

孫の話によれば、午前中は、幼稚園で「父の日」の行事があり、夕方は「爺の日」だということです。

合掌










最終更新日  2018/06/18 09:46:01 AM
コメント(0) | コメントを書く
2018/06/15
カテゴリ:社長日記
来月には喜寿を迎えますが、友達や周辺からは、 1.会社の後継ぎはどうなっているの? 2.自社株の相続は問題ないの? 3.遺言状はもう書いたの?
この3つをよく聞かれます。

友人は、多分に冷やかし半分だと思いますが、「自分は?」と聞き返しますと、これが、意外にも遺言状を用意したという人が多いのに驚きます。
みなさん、資産家なんでしょうねー。

経営者同士は、必ず、「後継ぎはどうなっているの?」ですが、これも「息子が会社に居ります」と言えば、一件落着。
ただ、「君は創業者だからなぁー、いつまでやるんだい?」となります。

これも、別に基準がある訳ではありませんので、<会社の将来性がハッキリ見えれば>いつでもOKですが、今は、そのために、やらねばならないと思うことを、日々懸命にやっている訳です。

どれもこれも、問題と言えば問題ですが、私は、いずれも、成り行きというか、現状のあるがままです。
そもそも遺言状を書く程資産はありませんし、会社の株式ももともと分散しています。

問題は、<無借金で、将来性がハッキリ見える会社>が実現するか、夢・幻に終わるか、今しばらく挑戦してみたいと思っています。

合掌










最終更新日  2018/06/18 09:45:50 AM
コメント(0) | コメントを書く
2018/06/14
カテゴリ:社長日記
商工会議所を仲介し、地元業者と行政が一体になり、いろんな事業を行っています。
ところが、国会で問題になっているように、一部省庁の地元支所では、急にその活動が細くなっています。

地元業者との癒着、文書の改ざん、個人情報の問題等々、多くの問題が積み重なり、徐々に活動が狭まったようです。
それをもう一度、クリーンな活動として活発化しようとしています。

昨日の納税協会の活動等がその部類ですが、今日は、地域ぐるみの防犯活動の促進を目的とした、「防犯協会」の理事会・総会・懇親会です。
一週間前は、「警察官友の会」の会合でした。

日本は、家族・会社・自治体のまとまり・統率がとれ、組織・システムがしっかりし、一体となって活動していましたが、戦後、GHQの統治により、その組織・システムが解体されました。

一番恐れたのは、誇り高く・勇気ある日本人の精神性・愛国心であり、剣道、柔道、弓道、書道等の「道」がつく日本文化をすべて禁止。更に、日の丸、君が代、歌舞伎等も禁止しました。

地域生活における自治・安全性にしても、その一環として、町内会までが解体されましたが、戦後の混乱期、特に治安維持の必要性から、名称を変え防犯協会として活動していました。

その後、町内会の禁止は解かれましたが、行政と地元・地域との良い関係が続いているのが、今の日本の良さだと思っています。

今日も、その防犯協会の大切な会合です。
私も約半世紀、この地元で事業をすることができました。感謝を込めて、地域貢献として頑張りたいと思います。

合掌












最終更新日  2018/06/15 09:30:47 AM
コメント(0) | コメントを書く
2018/06/13
カテゴリ:社長日記
米国のトランプ大統領と北朝鮮の金正恩委員長が、曲折の末、シンガポールで固い握手を交わし、「体制保障を確約」する一方、「完全な非核化」を文書にして取り交わしました。

このことに関し、米議会を始め、世界各国の専門家が様々な評価を下しています。
そこで、その意見を集約すると、ほぼ一致しているのは、両者共に、内容がないことです。

もっとハッキリしていることは、1994年核開発凍結を米朝枠組み合意、2005年核放棄を、6ヵ国協議で合意したものの、経済支援等を獲得する一方で、いずれも核合意は反故にしてきました。

そして今回も、この歴史的な米朝首脳会談の開催を受け、元々北朝鮮に融和的な中国やロシア、韓国が実質的な経済制裁緩和に動く恐れがあることです。
そうなると、日本の立場は大変厳しくなります。

そんなことよりも、私が関心を持ったのは、この6月14日で71歳になるトランプ大統領に対し、金正恩委員長は、34~35歳といわれます。
この歳で世界を動かすとは、底知れない恐ろしさを感じます。

あれだけ、大陸間弾道ミサイル発射や原爆実験を繰り返してきた北朝鮮が、2月の平昌オリンピック以来、余程経済的に困窮したのか、手のひらを返したように、平和外交
に転じています。

今回の首脳会談を、不謹慎な表現ですが、現時点で見る限り、北朝鮮の勝ちのように思います。
そして、私は、朝鮮半島の統一もなく、非核化も実現しないと思っています。

独裁国家の先例を見る限り、経済支援を受け、少しずつ国が豊かになるにつれ、徐々に独裁体制の崩壊が始まりました。これが歴史です。

合掌










最終更新日  2018/06/14 09:09:27 AM
コメント(0) | コメントを書く
2018/06/12
カテゴリ:社長日記
会ったという事は、意義ある事だと思いますが、果たしてこれからどうなるのでしょう?会談の一部始終、いろんなテレビで繰り返し観ました。恐らく、全世界の人が見たのではないでしょうか?

一体、なぜ、こんなに世界中が注目するのでしょう?そもそも北朝鮮は、国家といえるのでしょうか?国家とは、国家概念とは、どういう事なのかだと思います。

国家とは、権力がその領土・領域の人民を、内外の干渉を許さず、統治する存在であり、社会の秩序と安定を維持していくことを目的とする。
国家概念の三要素は、領域・人民・権力です。

そして、私の知る限りの国家とは、端的に言えば、どうしても対立して相容れることのできない民族・宗教などと、袂を分かって、一つの国というものを形成することでしょう。

更に、その国家に属する国民の生命・財産が、不当に他国によって脅されたり、国家の存立を危うくするような攻撃を他国から受けたようなとき、敢然とそれに対抗する必要があるでしょう。

これ以上、難しい話は止めにしたいと思いますが、東西冷戦時代に分断国家となり、未だ戦争状態の北朝鮮は、人民を犠牲にした独裁国家であることは間違いないと思います。

そして、今回の米朝会談の結果は、<アメリカは、金正恩体制保障をし、北朝鮮は、非核化に取り組む事を約束する>ということだったと思います。
果たして北朝鮮の人民は、これで幸せになるのでしょうか?

そして、未だ、戦争は終わっていません、政治とは、防衛・外交・エネルギーです。
米朝は、この3条件をどれだけ確保できたのでしょうか?

合掌












最終更新日  2018/06/13 07:52:49 AM
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全3219件 (3219件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >


Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.