845628 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

明石家さんまさんに聞いてみないとね

PR

Profile


源義經

Recent Posts

Category

Archives

2019.08
2019.07
2019.06
2019.05
2019.04
2019.03
2019.02
2019.01
2018.12
2018.11

Comments

mogumogu920@ Re:隣に住んでた中国人のおかげで引越しました(01/18) はじめまして まずはフォローしてもらって…
エリーloving@ Re:隣に住んでた中国人のおかげで引越しました(01/18) はじめまして。エリーです。 フォローあり…
プータ@ Re:死人に口なし。犯人は顔を公表しない。未成年犯罪の報道の在り方(03/02) その通り、加害者は一生罪を背負え。当然…
ecoで smile☆彡@ Re:また地上タンクから高濃度の汚染水が漏れる(02/20) 初めまして。 本来なら 3年経てば良い方…

Calendar

Keyword Search

▼キーワード検索

Rakuten Ranking

Favorite Blog

『東京オリンピック』 New! 嵯峨山 登さん

其の生命 無駄には… ぽっぽやのむすめさん

【重要なお知らせ】… 楽天ブログスタッフさん

69967 SAM4321さん

筆で殺す筆殺仕事人… 村中攝津守主水さん
2009.10.14
XML
カテゴリ:矢沢あいの世界
少女漫画という世界の中でスタイルを崩さず
人間の裏の面を表現し、どこか切なく、夢に向かってる
人たちをずっと描いてきたのが矢沢あいだと思う。

現在、代表作が『NANA』みたいになっているが
他の作品も充分、面白く読むことができる。


この人の作品は、ある定義に乗っ取っている部分があり
それに気づけば、ある程度流れを読むことができる。
つまり期待を裏切らないのだ。

そういった意味では全ての物語がドタバタ喜劇であり、
ちゃんとエンディングを迎え幕を下ろす。
このスタイルが矢沢あいの独特な世界を引き出している。


『ご近所物語』しかり、続編の『Paradese Kiss』も

同じスタイルで描かれていて初期の作品でもある
『マリンブルーの風に抱かれて』もそのスタイルになっている。


この人の定義をここで書いてしまうと、ネタバレに近い
ことになってしまうので話すことはできないが
もし、それがわかってたとしても充分楽しめる。






Last updated  2009.10.14 18:51:38
コメント(0) | コメントを書く
[矢沢あいの世界] カテゴリの最新記事

Free Space

Freepage List

Rakuten Card


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.