863200 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

明石家さんまさんに聞いてみないとね

PR

Profile


源義經

Recent Posts

Category

Archives

2019.10
2019.09
2019.08
2019.07
2019.06
2019.05
2019.04
2019.03
2019.02
2019.01

Comments

mogumogu920@ Re:隣に住んでた中国人のおかげで引越しました(01/18) はじめまして まずはフォローしてもらって…
エリーloving@ Re:隣に住んでた中国人のおかげで引越しました(01/18) はじめまして。エリーです。 フォローあり…
プータ@ Re:死人に口なし。犯人は顔を公表しない。未成年犯罪の報道の在り方(03/02) その通り、加害者は一生罪を背負え。当然…
ecoで smile☆彡@ Re:また地上タンクから高濃度の汚染水が漏れる(02/20) 初めまして。 本来なら 3年経てば良い方…

Calendar

Keyword Search

▼キーワード検索

Rakuten Ranking

Favorite Blog

本当の戦いは天上に… New! ぽっぽやのむすめさん

西田選手 SAM4321さん

『スティング』@DVD 嵯峨山 登さん

安納芋収穫 プータ2689さん

陸珊瑚の台地(MHW) キャット・シャノンさん

2015.02.27
XML
カテゴリ:東日本大震災

福島第一原発の汚染水が海に流出していたことを東京電力が公表していなかった問題で、東電の廃炉責任者は26日、流出元になった排水路の放射性物質の測定データについて随時報告を受けていたことを明らかにした。昨年8月には平時の10倍以上の高濃度を記録したが、公表すべきものとは「思わなかった」という。

 東電福島第一廃炉推進カンパニーの増田尚宏プレジデントが、高木陽介経済産業副大臣を訪ねてデータの非公表を陳謝。その後、報道陣の取材に応じた。

 東電は昨冬、この排水路の濃度が高いと原子力規制委員会に報告、改善を求められた。このため昨年4月から定期的な測定を始め、雨のたびに濃度が高まることを把握しながら公表していなかった。増田氏は、住民の心情への想像力不足を認めた上で、排水の濃度は「(改善の効果を測る)データとしての感覚しかなかった」と話した。

http://www.asahi.com/articles/ASH2V5FQ6H2VULBJ008.html


久々の投稿になってしまいましたが、あまりにも
言い訳が酷いと思って書かせていただきました。

震災から東電のずさんな姿を見てきただけに、国民も麻痺してるように思える。

今回の言い訳は果たして同じ人間の発した言葉なのだろうか?

 

私は「人」 「人間」を使い分けている。

「人」というのは感じを習うときに教わった通りで、人と人が支え合う。

支え合えることが出来る人のことを「人」と表現していた。

人とは弱いものだから支え合わなければ生きていけない。

 

では「人間」とは?

その人と人が支え合う時に間にも入れる人。

要は仲裁に入れる人であったり、二人の間を取り持つことが出来る

思いやりが長けてる人なんかに「人間」という表現をする。

弱いのにも関わらず間に入るのだからよっぽど優しくなければ出来ない。

 

では今回の東電の言い訳はどっちなのだろうか?

支え合ってるのなら、もっと言い回しは変わってくる。

国民に対してきちんと説明責任を持ってなければいけない。

ということは、「人間」にも当てはまらない。

思いやりの欠片もない発言だ。

では悪魔なのか?

悪魔だったらもっと露骨に人を陥れるだろう。

 

では馬鹿?

 

馬にも鹿にも失礼なくらいの今回の発言はただのバカと

表現することしか出来ない。







Last updated  2015.02.27 19:01:10
コメント(1) | コメントを書く

■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


Re:東電は人なのか人間なのか悪魔なのか?それともだたのバカ?(02/27)   マーポ46 さん
おじまします。学ばない日本人が多いですね
原子炉が無いと電気料が高いといってる日本人は、自分たちが生きてる間に福島の原子炉は廃炉になることないかもね
(2015.02.27 23:02:02)

Free Space

Freepage List

Rakuten Card


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.