875539 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

明石家さんまさんに聞いてみないとね

PR

Profile


源義經

Recent Posts

Category

Archives

2019.12
2019.11
2019.10
2019.09
2019.08
2019.07
2019.06
2019.05
2019.04
2019.03

Comments

師子乃@ 公明党大勝利のご報告 お世話になっております。 公明党のまや…
師子乃@ Re:被災地を訪れて~福島県いわき市へ~原発から40kmの真実。あとがき(07/28) お世話になります。 公明党の「まやま 祐…
mogumogu920@ Re:隣に住んでた中国人のおかげで引越しました(01/18) はじめまして まずはフォローしてもらって…
エリーloving@ Re:隣に住んでた中国人のおかげで引越しました(01/18) はじめまして。エリーです。 フォローあり…
プータ@ Re:死人に口なし。犯人は顔を公表しない。未成年犯罪の報道の在り方(03/02) その通り、加害者は一生罪を背負え。当然…

Calendar

Keyword Search

▼キーワード検索

Rakuten Ranking

Favorite Blog

始まりはもう始まっ… ぽっぽやのむすめさん

相棒奪還作戦 キャット・シャノンさん

筆で殺す筆殺仕事人… 村中攝津守主水さん
Show 買いや~♪♪ Energy888さん
ガラクタ天国 Antenaさん

全72件 (72件中 71-72件目)

< 1 ... 3 4 5 6 7 8

東日本大震災

2011.05.24
XML
テーマ:地震情報(610)
カテゴリ:東日本大震災
並べてはいけない事柄かもしれないが
全て忘れるための布石が出来ている。

目に見えない放射能におびえ続けてるが
いつの間にか、気にしなくなった人も多い。

実際、目に見えてないからどう注意していいか
未だに判断することが出来ない。

お金に余裕がある人はガイガーカウンターを
購入してそれで判断してるかもしれないが
それほど危機感を持たなくなってるのも事実。

マスコミが騒がないから大丈夫。
そのくらいの勢いだ。

同じように義援金も募金も、自分が寄付したお金が
どこでどのように使われているか明確に
されていない。

その義援金を現地に持って行くにしろお金はかかる。

そのために寄付したお金が使われたとしても
誰も文句は言わないだろう。
でも誰も説明しない。

目に見えない相手に義援金、募金をしたと感じてもしょうがない。

だから誰も声をあげなくなってこれから静かに
忘れられていく。

かといって現地から領収書を貰ってこいという
訳ではないのだ。

みんな実感。現実が欲しいだけなのだ。

その現実がないかぎり、これからも
テレビで流れる空想に頼ることしか出来ない。

そして忘れるだろう。


何度も書いていることだが、
まだ震災中ということを思い出して欲しい。


頭の片隅で少しだけでも想像してください。

2ヶ月間、段ボールで仕切られた空間で過ごすことを。

そしてそのまま8月まで我慢しろと言われてる
現地の人達の気持ちを…。



売上全額 日本赤十字社 を通じて被災地に寄付されます。【LaFine】 ラファインPRAY FOR JAPAN 日本赤十字社 チャリティー Tシャツ


筑豊から東北へ東日本大震災の被災地へ向けた支援活動CHIKUSKI AKANEクラフトテープ 1巻(50m) 【東日本大震災チャリティー商品】【チクスキ、茜クラフトテープ】


軽い掛け心地が気持ちいい毛布です。軽いので持ち運びラクラク。防災毛布としても。(難燃性ではありません)備蓄用・被災地支援用の特別販売です【即納】【企業での備蓄・被災地支援用】マイクロファイバー毛布ライト1000枚セット【シングルサイズ】【マイクロファイバー毛布Light】【毛布】【敷きパッド】【布団】【寝具】【防災】【軽い】【送料無料】【あす楽対応】【keyword0323_futon】【fs横浜0401】


【アロハシャツの売上で被災地義援金寄付しています】★SALE★ジーンズに似合う!和柄(鶴)アロハシャツ南国アロハ屋のアロハシャツ♪10P18May11アロハシャツの国内本場、沖縄から贈る特別なアロハ♪ 【PANA】メンズ アロハシャツ【義援金として寄付します】10P18May11






Last updated  2011.05.24 14:01:26
コメント(0) | コメントを書く
2011.05.18
テーマ:地震情報(610)
カテゴリ:東日本大震災
これだけボランティアという言葉が浸透していると
それが正しいと錯覚が起きる事がある。

だからボランティアとして参加したいと思ってる人も
自分に何が出来るだろうと、尻込みしてしまい
参加しないまま時間だけが過ぎた人も大勢いるのでは?

ボランティア=良いこと

この定義は間違ってはいないかもしれないが
それを傘に増長する人達もいる。

それを一括りにしてボランティアというのは
もう間違いのような気がしてきた。

先日、私の中で葛藤が生まれた。

前回、私が見てきたまま、聞いてきたまま、感じてきたままを
綴った「被災地を訪れて~北茨城から福島へ~」に
色んな人からのコメントを受けた。

その中に、
「小名浜は溢れんばかりのボランティアがいます。」
「小名浜地区は大丈夫。ご心配なく」

というコメントが書かれていた。中にはボランティアセンターの
URLもつけてくれて確認してくれと言わんばかりに。

私が行ったのは平日だったし週末には
沢山のボランティアが来てくれたんだと思い、ほんの少しだけ
ホッとした気持ちが生まれた。

しかしテレビではボランティア不足の情報が流れ
そのボランティアセンターの写真を見てるとどうも腑に落ちない。

いてもたってもいられない気持ちになり、私独自で
調べてみることにした。

結果から言うと私が行ってお世話になった場所には
一ヶ月以上も、もうボランティアの人は訪れてなかった。
ボランティアセンターでもまだまだ随時ボランティアを
受け付けていた。

私が書いたブログを批判したいだけなら構わないが
地域の人達を巻き込まないで欲しい。

実際にコメントした人達はボランティアで汗を流した
人達かもしれない。
しかしその人達がその土地は大丈夫と言うのは
禁句ではないだろうか?特にネット上では。

そのコメントを見て実際にもうその場所は安心だと
思った人達もいるかもしれない。

これこそ危険で、まだ困っている人達がいる土地で
誰も声をかけれない状態になったらどうするのか?

申し訳ないが、私はボランティアとかボランティア精神とか
そうゆうものは信じない。

中にはちゃんとした志を持って活動してる人達もいると
思うと本当に申し訳ないが、そのボランティアという
言葉に踊らされ、ほんの少しでも安堵の表情を見せるのが
私としては許せない。

これを読んで怒るボランティアの方々もいられると思う。
私はその人達を批難するわけではなく、ただもう
信じられなくなったのだ。

今回のおかげで一つ大事な情報が入った。
私はそれに向かってこれから行動したいと思っている。
きっかけとなった言葉は

「支援物資は避難所とかに取りにいかないといけないからね。
商売やってる所はまだ何かしら手段はあるけど
普通に暮らしてる人達(お歳を召した方)は大変だよ。
移動するにも車も全部流されちゃったからね。」


ほんの些細なことしか出来ないかもしれないけど
この言葉を直に聞いたら私の感情は黙っていられない。
ただそれだけで行動します。






Last updated  2011.05.18 06:59:01
コメント(1) | コメントを書く

全72件 (72件中 71-72件目)

< 1 ... 3 4 5 6 7 8

Free Space

Freepage List

Rakuten Card


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.