847448 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

明石家さんまさんに聞いてみないとね

PR

Profile


源義經

Recent Posts

Category

Archives

2019.08
2019.07
2019.06
2019.05
2019.04
2019.03
2019.02
2019.01
2018.12
2018.11

Comments

mogumogu920@ Re:隣に住んでた中国人のおかげで引越しました(01/18) はじめまして まずはフォローしてもらって…
エリーloving@ Re:隣に住んでた中国人のおかげで引越しました(01/18) はじめまして。エリーです。 フォローあり…
プータ@ Re:死人に口なし。犯人は顔を公表しない。未成年犯罪の報道の在り方(03/02) その通り、加害者は一生罪を背負え。当然…
ecoで smile☆彡@ Re:また地上タンクから高濃度の汚染水が漏れる(02/20) 初めまして。 本来なら 3年経てば良い方…

Calendar

Keyword Search

▼キーワード検索

Rakuten Ranking

Favorite Blog

『ブルース・ブラザ… New! 嵯峨山 登さん

恥ずべき悪業を行い… ぽっぽやのむすめさん

【重要なお知らせ】… 楽天ブログスタッフさん

69967 SAM4321さん

筆で殺す筆殺仕事人… 村中攝津守主水さん

全7件 (7件中 1-7件目)

1

ゆうきまさみの世界

2010.03.04
XML
実際は今の日本の在り方であったり
世界の見方を表現している。

宇宙人の話なのに、内容は凄く分かりやすく
裏の世界も表現しているように思える。

この作品の中では宇宙人はもちろんのこと
サイボーグだったり、世間から離れたような
話で作られているように見えるが
世相を斬ってる深い話になっている。

サンデーの頃のゆうきまさみ
本当に表現したかったのは
この作品かもしれない。







Last updated  2010.03.04 12:08:34
コメント(0) | コメントを書く
2009.12.06
鉄腕バーディー』の中でも自衛隊国家
裏の部分を描いたりしてるが、それはマンガの
世界ではなく、現実も近いのではないかと
錯覚するようなことが表現されている。

今回の普天間基地での問題は、明らかに
日本の信用問題を下げるもので
それをかき消すかのように報道操作が
行われているが、全て力不足。

このまま崩壊していく国家を
見るだけしか術がないのか。







Last updated  2009.12.06 16:17:41
コメント(0) | コメントを書く
2009.11.30
鉄腕バーディーの中には色んな
宇宙人が登場するが、私が知ってる限りでは
昆虫だったり動物で表現してるのは初めてで
凄く新鮮だった。

絵のタッチで誤魔化されている感があるが
凄くグロくエグい作品だ。
その中で昆虫や動物で和ませている感もある。
鉄腕バーディー EVOLUTION(3)

掲載雑誌の都合もあり新しい形で現在は
EVOLUTIONと語尾につけているが

読むならEVOLUTIONのついていない
鉄腕バーディー』を是非とも先に読んで
いただきたい。






Last updated  2009.11.30 22:21:32
コメント(0) | コメントを書く
2009.11.06
競馬と言えば…
サラブレッド騎手馬券
このくらいの情報しか私自身、知らなかった。

実際、それだけ知ってるだけで楽しんでる人も
沢山いるに違いない。

じゃじゃ馬グルーミン☆UP!

これを読んでから、考え方、見方が180度、変わった。
牧場から馬を育てて、サラブレッドとして
競馬に送り出す世界を、細かく楽しく描いている。

競馬に詳しい人にとっては大ざっぱな描写も
あるかもしれない?
しかし興味を持たせるための入り口としては
これくらいがちょうど良いのではないだろうか?






Last updated  2009.11.06 09:29:03
コメント(0) | コメントを書く
2009.11.01
笑いは風化するものもあるので
今、読んでも面白いかどうかはわからない。

笑いの技術も進歩してきていて、その頃の
新しい笑いも、今ではベタな笑いとして取られることもある。

特にギャグマンガはテレビの思考を入れたりするので
そのまま一緒に風化されてしまう。

ただその時の面白い笑いは斬新であって
それをマンガで表現するのは難しかったと思う。

面白いマンガというのは、絵が上手い訳でもなく
話が面白い訳でもなく、テンポが上手いマンガだと
思うのは私だけだろうか?

そのテンポを作り出すのが上手い一人が
ゆうきまさみであって、それを上手く表現したのが
究極超人あ~る』だと思う。







Last updated  2009.11.01 17:17:26
コメント(0) | コメントを書く
2009.10.21
21世紀になれば…
それを夢見て世紀末には色んな想像が生まれた。

ノストラダムスに後押しされたせいか、日本人は特に
新しいものを次々と生み出していって、それを現実に
変えてきた時代でもあった。

80年代後半に、一つの夢物語が漫画になった。
この作品中に出てくる専門用語は今となっては
普通の日常会話に出てくるものだが、その時代には
到底、理解できない言葉だった。

それを堂々と表現し、近未来を正確に描写していた。

『パトレイバー』(レイバー)こそまだ出てきてないものの
漫画の中に出てくる、ディスク(MOらしきもの)、ネット環境、
遺伝子工学、網膜照合システム、OSの存在は今現在に全て
実現されて日常に浸透されている。

漫画のクライマックスでは
「国際化と何年も謳ってるわりにテロ対策もできてない」
この言葉は今も心に突き刺さる言葉だ。

ちなみに最近出来た湾岸署はこの作品の中にもすでに
登場しており、踊る大捜査線も
この作品からヒントを得ている。






Last updated  2009.10.21 16:03:46
コメント(0) | コメントを書く
2009.10.12
いわゆるオタク系の流れかと思いきや
競馬だったり色んな一面を見せてくれる。

この人の漫画は全て先駆けかもしれない。
絵は個人的には好きだけどアクションシーンには
迫力が欠けてしまう。

しかしこの人のギャグセンスは抜群だと思う。
特にボケたキャラを描かせたら天下一品かもしれない。


そんなゆうきまさみがシリアスでアクション漫画を
描いているというのが信じられなくて、ずっと読むのを
ためらっていたのが『鉄腕バーディー』

読んでみると今度はオカルトでありSF。でも
ゆうきまさみの世界は健在だった。

この人はどんな話題でも自分の世界に簡単に
引き込める人だと思える作品。

掲載していた雑誌が休刊になってしまったために
新しい名前になってまた別の雑誌で連載されているが
続きなので、読むなら最初から読むべき。






Last updated  2009.10.13 12:47:48
コメント(0) | コメントを書く

全7件 (7件中 1-7件目)

1

Free Space

Freepage List

Rakuten Card


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.