845302 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

明石家さんまさんに聞いてみないとね

PR

Profile


源義經

Recent Posts

Category

Archives

2019.08
2019.07
2019.06
2019.05
2019.04
2019.03
2019.02
2019.01
2018.12
2018.11

Comments

mogumogu920@ Re:隣に住んでた中国人のおかげで引越しました(01/18) はじめまして まずはフォローしてもらって…
エリーloving@ Re:隣に住んでた中国人のおかげで引越しました(01/18) はじめまして。エリーです。 フォローあり…
プータ@ Re:死人に口なし。犯人は顔を公表しない。未成年犯罪の報道の在り方(03/02) その通り、加害者は一生罪を背負え。当然…
ecoで smile☆彡@ Re:また地上タンクから高濃度の汚染水が漏れる(02/20) 初めまして。 本来なら 3年経てば良い方…

Calendar

Keyword Search

▼キーワード検索

Rakuten Ranking

Favorite Blog

発見:百人一詩その7… New! 嵯峨山 登さん

其の生命 無駄には… ぽっぽやのむすめさん

【重要なお知らせ】… 楽天ブログスタッフさん

69967 SAM4321さん

筆で殺す筆殺仕事人… 村中攝津守主水さん

全4件 (4件中 1-4件目)

1

荒木飛呂彦の世界

2012.09.18
XML
カテゴリ:荒木飛呂彦の世界
今は中国のことを書くべきかもしれないが
今のメディア報道では見えない点があるので
まだ書くのは控えておきます。

ということで先日行ったツタンカーメン展。

日本人なら誰もが習ったツタンカーメン。

あの有名な棺が見れるということで楽しみにして
行ってきた。

驚くべき事は休日というのもあるが
人の多さに驚いてしまった。

前売り券を持って行っても二時間待ち。

IMG_2324.jpg

これから行こうと考えてる人は早めに行って
整理券を貰うのが得策だろう。

集合時間が書かれているのでそれまでに
時間つぶしで近くのアメ横に行くのもありだ。

展示のほうは人が多くゆっくり見ることは出来なかったが
約3300年も前のものがこんなに近くで見れるのかと
心を震わせてきた。

私自身、この展示会を開くと聞いて棺よりも
装飾品がずっと気になっていた。

12032903.jpg

それを間近で見て改めて驚いた。

装飾品もそうだが、化粧容器や椅子は
今もアンティークショップに並べていても
遜色はないくらい、機密でデザインも素晴らしいものだった。

何千年経っても色褪せず、今とセンスは変わってない気がした。

驚いたことと言えば、今で言うフィギュアサイズの
ツタンカーメンの像があったのだが、それは本当に
昔も今も変わらずフィギュアとして
存在していたのではないだろうか?と思ってしまうものがあった。

その像と、それを入れる箱みたいなものがあったのだが
ちゃんとその像を立たせるための土台が内蔵されていた。



このガンプラを立てる土台と何ら変わりはなかった。

船の模型もあったが、それも今の模型と全然変わらない。

今のフィギュアやガンプラ、リカちゃん人形は
昔から人間が持っている本能ではないのではないだろうか?

使われている色やデザインを見ていると
ジョジョを思い出したのも事実。

実際にエジプトを舞台にしていたが、色合いを見ていると
影響されてる部分が大きいのではないかと思った。


ジョジョの奇妙な冒険 コレクションスタンドフィギュアvol.1 スタープラチナ 全2種セット 第三部スターダストクルセイダース 空条承太郎 バンプレストプライズ【2sp_120914_yellow】【RCP1209mara】






Last updated  2012.09.18 13:50:24
コメント(2) | コメントを書く
2009.11.04
カテゴリ:荒木飛呂彦の世界
そう思わせるほどの最新刊。
今回のスタンドは凄く難しい。

その弱点を見つけてDioが動く。
スティール・ボール・ラン

コミックのカバーを取るときちんと
ジョジョの奇妙な冒険part7と書いてあるこのマンガは
新しい舞台の中で新しいスタンドを次々と
生み出していく。

最強のスタンドは時間を操ること。
その時間の操り方でまた最強の位置を変えてきた。

クライマックスに向けての序曲が始まる。






Last updated  2009.11.04 15:51:57
コメント(0) | コメントを書く
2009.10.26
カテゴリ:荒木飛呂彦の世界
バオー来訪者のイメージが残ったまま始まった
ジョジョの奇妙な冒険
人と人との争いがいつの間にか家族を引き込んで
各々の人間讃歌が流れていった。

いつの間にかその世界に引き込まれていったが
徐々に人対人が人対吸血鬼になってきて
収集がつかない状態になるんじゃないかというくらい
色んなものが作品の中に投げ込まれていった。

Part7まで現在も続いてるジョジョの世界が
ここから始まる。それはまだ序曲にすぎない。







Last updated  2009.10.26 17:29:37
コメント(0) | コメントを書く
2009.10.08
カテゴリ:荒木飛呂彦の世界
最初から荒木飛呂彦の世界観を
知っているものだったらすんなりと
入ることは出来たかもしれないけど
それを知らずにジョジョを読むと
かなりの抵抗があるかもしれない。
実際、何度か読み返さないと分からないことが多々ある。

でもほんの少しだけでも理解できると、その奧に
膨大な世界観が広がっている。

それを知るためには現在、掲載している
Steel ball run』から入るのは少し敷居が高いかもしれない。


ジョジョは第何部と区切られていて、その都度
ストーリーの主人公は違う。
前作まではジョジョという一部の主人公の
血を引いた家系とディオとの奇妙な関係を各部に
分けて表現していたが今回は少し違う。

後にその部分も表現していくかもしれないが
今のところは分からない。
逆にそれを払拭させるような内容にもなっている。

今までジョジョに出会わなかった人でも
読める内容ではあるが画風を受け入れられるかどうか
そこが一番、大事な所かもしれない。






Last updated  2009.10.26 19:00:26
コメント(0) | コメントを書く

全4件 (4件中 1-4件目)

1

Free Space

Freepage List

Rakuten Card


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.