861941 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

明石家さんまさんに聞いてみないとね

PR

Profile


源義經

Recent Posts

Category

Archives

2019.10
2019.09
2019.08
2019.07
2019.06
2019.05
2019.04
2019.03
2019.02
2019.01

Comments

mogumogu920@ Re:隣に住んでた中国人のおかげで引越しました(01/18) はじめまして まずはフォローしてもらって…
エリーloving@ Re:隣に住んでた中国人のおかげで引越しました(01/18) はじめまして。エリーです。 フォローあり…
プータ@ Re:死人に口なし。犯人は顔を公表しない。未成年犯罪の報道の在り方(03/02) その通り、加害者は一生罪を背負え。当然…
ecoで smile☆彡@ Re:また地上タンクから高濃度の汚染水が漏れる(02/20) 初めまして。 本来なら 3年経てば良い方…

Calendar

Keyword Search

▼キーワード検索

Rakuten Ranking

Favorite Blog

新次元 New! SAM4321さん

今月の例会 New! 嵯峨山 登さん

史上最大級の 台風… ぽっぽやのむすめさん

安納芋収穫 プータ2689さん

陸珊瑚の台地(MHW) キャット・シャノンさん

全11件 (11件中 1-10件目)

1 2 >

スポーツの世界

2014.07.09
XML
カテゴリ:スポーツの世界
ドイツファンとしてはブラジルに勝って欲しいという
気持ちで応援しながら観ていたが、まさか
こんなにも大差が出るとは思っていなかった。

後半は完全に決勝を見据えた試合展開で
無理もしなかったので、もしこれが決勝だったら
もっと点差は開いていたかもしれない。

ブラジルはDFの要とネイマールを失っていた分、厳しい展開に
なるとは思っていたが、それ以上にドイツの
組織的なプレーが上回っていたのに尽きる。

これは伝統と言って良いほど、西ドイツの時代から
スペースを上手く埋める組織作りを徹底している。

ドイツが弱く感じるときはペース配分が上手くいかないとき。

ワールドカップは一ヶ月という期間の中で
どこにピークを持って行くかに決まっていく。

序盤にピークを持っていくと後半はその
スペースを埋める機能が出来なくなってくる。

ブラジル戦での一番最後の失点が良い例だ。

今回は試合の中でそのペースをワザと崩して
決勝を見据えた上での失点だったのでさほど問題ではない。

決勝のための準備は整ったと思う。

あとは気持ちの問題で、西ドイツ時代は問題ではなかったが
統一してからその気持ちが中途半端になってきたのが否めない。

そのくらい西ドイツの気持ちは強かった。

自分たちは負けるはずがないという気持ちで戦っていた。

それがゲルマン魂と呼ばれる由縁だったと思ってる。

決勝でそれが見れるか?

楽しみの一つである。


もう一つのカード。

アルゼンチン対オランダ。

キープレーヤーは言わずと知れた
メッシとロッペン。

この二人の調子で決まる。

一方はチームワーク。もう一方は個人技。

決勝ではこの対戦が見れることは決まった。






Last updated  2014.07.09 19:24:57
コメント(0) | コメントを書く
2014.06.24
カテゴリ:スポーツの世界
今までの二試合を観てると正直厳しい。

何故、日本代表はこんなに苦戦してしまったのか?

それはスペインが教えてくれた。

前回優勝のスペインはメンバーも残っているために
戦術も前回とそんなに変わっていない。

そのせいで充分に研究されていた。

4年もあれば、研究するには充分の時間だ。

日本も同じように、ザッケローニが監督に就任して
最初はまだ日本にとっては新しい戦術だったかもしれない。

しかし4年間、その戦術は変わったのだろうか?

最初の2年くらいはその戦術でも通用してたものが
それも研究され、勝てなくなってきてしまった。

特にワールドカップとなると対戦相手も決まってると
研究もしやすい。

ただし研究されただけで勝てなくなるのか?

そこがサッカーの面白いところでそれでも勝敗がわからないのが
サッカーなのである。

それなのに日本代表が勝てないのは何故なのか?

ここ2試合を観てるといつの間にか、監督の言うことをちゃんと聞く
良い子ちゃんになってるようでならない。

相手のスキをつくのは当たり前で、それは対面してる選手が
よく分かってることだ。

しかしそのスキを狙おうとした動作が2試合とも見れなかった。

昔からの悪いクセもあって点を取られてからの
巻き返し方が日本代表にはない。

これは気持ちの問題かもしれない。

他の国は命がけで死にもの狂いで点を取りにくる。

日本にはそれがない。

どんなに泥臭くても点を取るという意欲。

何故かスタイルを気にして泥臭さはほとんどなくなってしまった。

スタイルも気にせず、監督の言うことなんてと思うくらい
がむしゃらに自分たちの力を発揮することが出来たら
まだ日本代表は勝つことが出来る。

それだけ各選手のポテンシャルは高い。






Last updated  2014.06.24 14:07:50
コメント(0) | コメントを書く
2011.11.17
カテゴリ:スポーツの世界
現在4位の日本。

明日、最終日に望みを繋げたが
まだ複雑な状況でもある。

アメリカに勝っても中国の試合結果次第で変わる。

フジテレビの解説も含め、過剰な褒め方が
観るには耐えないが、明日の残り一試合。
楽しみにしたいと思う。

もし、五輪出場が決定したらまた
「なでしこ」とか代名詞が付くと思うと
腹立たしいが、是非とも選手達には頑張ってもらいたい。


【送料無料】黒鷲旗全日本男女選抜バレーボール大会60年史 男子バレー編/バレーボール[DVD]【返品種別A】【smtb-k】【w2】


【送料無料】黒鷲旗全日本男女選抜バレーボール大会60年史 女子バレー編/バレーボール[DVD]【返品種別A】【smtb-k】【w2】


バレーボール 軽量4号球(小学校用) molten 【モルテン】 フリスタテック 軽量バレーボール 全日本小学生大会公式試合球 ホワイト×[レッド×グリーン] V4M5000-L






Last updated  2011.11.17 22:44:05
コメント(0) | コメントを書く
2011.11.12
カテゴリ:スポーツの世界
もう、ここ数年も思ってること。

マスコミの過剰反応が好きになれない。

今、日本は世界でどの位置にあるのか?
それを把握した上で、マスコミは
過剰に応援し報道している。

いつからかアイドルのお披露目の
場になったりと異様な光景になっていた。

昨日のセルビア戦もストレート負けにも
関わらず、ずっと褒め称え最後には
負けてなかったとも言っていた。

あまりにも異様だ。

選手達は死にもの狂いで頑張っている。

しかし、周りであったり日本中が
東洋の魔女と呼ばれてたころの栄光を
引きずっていて現実を見ていない。

何十年も前の栄光が幻想になり
その呪縛の中で世の中は進んでいる。

その幻想を壊さない限り、日本の
バレーボール界は世界と渡り合えないと思う。

時には強く批判しない限り、選手達の
実力も幻想の中に留まり続けるだろう。


Tシャツ★頑張れニッポン!バレーボール日本代表バレーボール応援Tシャツ「スポT」バレーボールType2(半袖) ユニセックス(メンズ・レディース兼用)日本代表応援スポーツTシャツ【メール便OK】【レビューを書いたら送料無料】SP02


【20%OFF】asics 10FW 膝 ヒザアシックス バレーボール 厚パッドひざサポーター XWP032 ブラック/ホワイト


【20%OFF】asics 10S2アシックス バレーボールシューズ GEL-VOLLEYCROSS 2 TVR706 ホワイト/レッド【10年7月】






Last updated  2011.11.12 18:37:02
コメント(2) | コメントを書く
2010.03.04
カテゴリ:スポーツの世界
ACT3になってから数秒単位での
コマの進め方をしているDEAR BOYS

今までだったら一試合の終盤にかかっても
おかしくない長さだがまだまだ試合の中盤。
長い戦いが続いている。

発売日に購入して読んでいるがACT3は
全部出てからまとめて勝った方が
読み応えはあるかもしれない。

月刊誌の掲載なので出るまでに時間もかかるし
前回までの話を憶えておくのもひと苦労だ。







Last updated  2010.03.04 16:25:40
コメント(0) | コメントを書く
2009.12.06
カテゴリ:スポーツの世界
もう20年も連載しているDEAR BOYS
一作品だけど三部に分かれ、絵のタッチも
第二部から変わっている。

ただ話は高校二年から三年の話が
こんなに長く続くとは思わなかった。

そんな中でも出てくる瑞穂メンバー
中学時代の話が一冊にまとまっている。

DEAR BOYSファンは必ず読むべし。

DEAR BOYSを読んだことがない人は
これから読んでしまうと第一部の
絵のタッチが違いすぎるので違和感があるかも。

そう言った意味でも第一部から二部、三部と
読み始めた頃にこれを読むのが
一番かもしれない。







Last updated  2009.12.06 22:15:57
コメント(0) | コメントを書く
2009.12.02
カテゴリ:スポーツの世界
亀田興毅ボクシングは好きで
魅せるボクシングをやる一人だと思う。

色々と問題を起こしたりしてるが亀田興毅が
悪いとは一つも思わなかったし、純粋な分
マスコミが取り上げ、叩きつけたと思う。

今回チャンピオンになってからまた
マスコミは取り上げて賛辞をあげている。

このあと、また引きずり落とすために。

そのメディアに簡単に左右されることだけは
やめて欲しいと思うのは私だけだろうか?

純粋な人間ほど叩かれる世界が当たり前に
なってきた世の中で、真実を見つけるのは
難しいことかもしれないが、今一番必要なことは
信じる気持ちではないだろうか?

亀田興毅自身もそれを私たちに伝えている。






Last updated  2009.12.02 19:51:44
コメント(0) | コメントを書く
2009.11.30
カテゴリ:スポーツの世界
Jリーグが出来てからサッカー人気に
火がつき、日本でのW杯開催までこぎ着け
安定した感に見えたが、今となっては
ただの流行で終わってしまった。

これはサッカーが悪いわけではなく
メディアの伝え方が悪かっただけにすぎない。

野球もそうだし、スポーツ全般に
言えることは、やらされてる感がある限り
それ以上の高みには行けないということに気づいて欲しい。

東京に住んでから十数年、思うことは
何をやるにしてもお金がかかるということ。

公園に行っても、やってはいけないことが多くて
ただ、ベンチに座ることくらいしかできないこと。

どんなに好きでもやる場所がなければしょうがない。

本格的にやるにはお金が必要になってくる。
そんな場所で天才は生まれない。

私たちが魅了する選手は生まれてこない世界なのだ。

子供の頃、砂浜でサッカーをやることを
教えてくれた『はしれ走

そんなマンガさえもなくなってきてるのでは
ないのだろうか?






Last updated  2009.11.30 10:30:39
コメント(0) | コメントを書く
2009.11.20
カテゴリ:スポーツの世界
最近では、今も連載されているMAJOR
こちらでも何回も紹介している、タッチH2
クロスゲームがあるが、忘れてならないのが

ジャストミート

最初はギャグマンガに近い内容だったが
段々と熱血になってきて、最後は恋愛漫画としても
面白い展開の野球漫画だった。

作者の原秀則は色んな漫画を書いていて
昔ながらの画風ではあるが内容が面白いものが多い。

今も続いているMAJORの作者はこの
原秀則のアシスタントだった。







Last updated  2009.11.20 21:15:11
コメント(0) | コメントを書く
2009.10.18
カテゴリ:スポーツの世界
マイケルジョーダンがバスケットの素晴らしさを
世界に知らしめてるときに、日本でもいくつかの
きっかけが生まれた。一つは『スラムダンク』
そして『DEAR BOYS』


一からバスケットを始める主人公、桜木花道に対して
一人の天才として君臨した哀川和彦が、4人しかいない
バスケ部に入部するところから始まる。

すでに連載が始まって20年経っているが、漫画の中では
一年も経っていない。月刊誌に掲載されているので
そのくらいの長さはしょうがないかもしれないが、
作者も予測できなかったことだったかもしれない。
今もまだ掲載中で、タイトルもACT3となっている。

1は哀川和彦がバスケ部を引っ張って、バスケの面白さ、
辛さ、色んな試練を乗り越えて強くなっていく。


ACT2はチームとしての物語で哀川和彦がチームの一人として
描かれるようになっていく。
その分、対チームとなっていくので対戦相手の物語も
細かく描写されるようになっていく。


そして今、ACT3が連載されているが
クライマックスの試合、2試合が掲載されていくと思う。
ACT3になって大きく変わったのは試合の描写。
今回は第1Qが2巻になっても終わらない。
そのくらい細かく描かれている。







Last updated  2009.10.18 11:29:55
コメント(0) | コメントを書く

全11件 (11件中 1-10件目)

1 2 >

Free Space

Freepage List

Rakuten Card


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.