870537 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

明石家さんまさんに聞いてみないとね

PR

Profile


源義經

Recent Posts

Category

Archives

2019.11
2019.10
2019.09
2019.08
2019.07
2019.06
2019.05
2019.04
2019.03
2019.02

Comments

師子乃@ 公明党大勝利のご報告 お世話になっております。 公明党のまや…
師子乃@ Re:被災地を訪れて~福島県いわき市へ~原発から40kmの真実。あとがき(07/28) お世話になります。 公明党の「まやま 祐…
mogumogu920@ Re:隣に住んでた中国人のおかげで引越しました(01/18) はじめまして まずはフォローしてもらって…
エリーloving@ Re:隣に住んでた中国人のおかげで引越しました(01/18) はじめまして。エリーです。 フォローあり…
プータ@ Re:死人に口なし。犯人は顔を公表しない。未成年犯罪の報道の在り方(03/02) その通り、加害者は一生罪を背負え。当然…

Calendar

Keyword Search

▼キーワード検索

Rakuten Ranking

Favorite Blog

いよいよ 今夜始まる… ぽっぽやのむすめさん

相棒奪還作戦 キャット・シャノンさん

ニンニク植え 追加… プータ2689さん

atodekakimasu 嵯峨山 登さん

アプリの推奨環境の… 楽天ブログスタッフさん

全72件 (72件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 8 >

東日本大震災

2015.02.27
XML
カテゴリ:東日本大震災

福島第一原発の汚染水が海に流出していたことを東京電力が公表していなかった問題で、東電の廃炉責任者は26日、流出元になった排水路の放射性物質の測定データについて随時報告を受けていたことを明らかにした。昨年8月には平時の10倍以上の高濃度を記録したが、公表すべきものとは「思わなかった」という。

 東電福島第一廃炉推進カンパニーの増田尚宏プレジデントが、高木陽介経済産業副大臣を訪ねてデータの非公表を陳謝。その後、報道陣の取材に応じた。

 東電は昨冬、この排水路の濃度が高いと原子力規制委員会に報告、改善を求められた。このため昨年4月から定期的な測定を始め、雨のたびに濃度が高まることを把握しながら公表していなかった。増田氏は、住民の心情への想像力不足を認めた上で、排水の濃度は「(改善の効果を測る)データとしての感覚しかなかった」と話した。

http://www.asahi.com/articles/ASH2V5FQ6H2VULBJ008.html


久々の投稿になってしまいましたが、あまりにも
言い訳が酷いと思って書かせていただきました。

震災から東電のずさんな姿を見てきただけに、国民も麻痺してるように思える。

今回の言い訳は果たして同じ人間の発した言葉なのだろうか?

 

私は「人」 「人間」を使い分けている。

「人」というのは感じを習うときに教わった通りで、人と人が支え合う。

支え合えることが出来る人のことを「人」と表現していた。

人とは弱いものだから支え合わなければ生きていけない。

 

では「人間」とは?

その人と人が支え合う時に間にも入れる人。

要は仲裁に入れる人であったり、二人の間を取り持つことが出来る

思いやりが長けてる人なんかに「人間」という表現をする。

弱いのにも関わらず間に入るのだからよっぽど優しくなければ出来ない。

 

では今回の東電の言い訳はどっちなのだろうか?

支え合ってるのなら、もっと言い回しは変わってくる。

国民に対してきちんと説明責任を持ってなければいけない。

ということは、「人間」にも当てはまらない。

思いやりの欠片もない発言だ。

では悪魔なのか?

悪魔だったらもっと露骨に人を陥れるだろう。

 

では馬鹿?

 

馬にも鹿にも失礼なくらいの今回の発言はただのバカと

表現することしか出来ない。







Last updated  2015.02.27 19:01:10
コメント(1) | コメントを書く
2014.02.23
カテゴリ:東日本大震災
塩屋埼灯台に観光客=3年ぶり「復興のシンボル」―福島

もうあれから三年経とうとしてる…

あれからなかなか足を運ぶことが出来ないのが悔しい。


でもあのときあの場所に行かなかったら
この気持ちはいつか薄れていってたかもしれない。

今もまだあの景色は鮮明に残っている。

いつ何時でも頭から離れない。


そんな中で灯台の復興の知らせ。

実はこの灯台にも足を運ぼうとしてたが

そこに行くまでの道が崩れていてどうやって近づけばいいか
分からない状態だった。

なので遠目からしか写真が撮れなかった。

SH3F0397.jpg


テレビで観た現実はなかなか心に突き刺さらない。


実際に足を運び、あの場所で見た光景、匂い、風が
未だ鮮明に残っている。


人は忘れる生き物である。

特にテレビで見る光景なんてたかがしれている。
だからこそ録画する機材を作り出したと思う。

まだまだ復興にはほど遠く現地の人達以外は心が離れていく。


そんな中、私はもう一度いつか足を運びたいと思ってる。

この気持ちは途切れることはない。






Last updated  2014.02.23 08:01:30
コメント(0) | コメントを書く
2013.11.08
カテゴリ:東日本大震災
東電:福島第一原発の汚染水タンク容量や人員を倍増へ


このニュースを見て「またか」と思ってしまう。

最近、東電の発表を見てると日本のためにと考えてる
人が上層部にはいないということが良く分かる。

公務員もそうだがインフラ関係の仕事をしてる人達は

日本>お金

という考えを持っている人達しかやってはいけないのではないだろうか?

どこから見ても東電は

お金>日本

であって完全にお金稼ぎしか考えていないような気がする。

人のために、日本のためにと誇りを持てる職業なのに
誰一人そう思っていない。

実際にそう思ってる人もいるかもしれないが
どう見ても比率が少ない。
私達まで届いていないのが現実だ。


今回のタンク、人材を増やすというのも明らかに
取り巻きに流れるお金が増えるだけで、頭を使ってこれから
どう処理をするかということは全く考えてない気がする。

もし心ある記者がいるのなら、そのタンクを制作する会社が
どんな会社か?

その人材を派遣した時に間に入る会社がどんな会社か?

そこまで調べてほしいと切に思う。


この東電の発表はその場しのぎであり
なんの解決にも至っていない。

汚染水はこれからもずっと増え続けるのは目に見えている。

水道で例えると良く分かる話であり
蛇口が壊れた水道から水が永遠と流れてくる。

その水をバケツで受け止めるが、ずっとバケツを
備えていかなければいけない。

そこにはバケツのお金、それを変える人件費が永遠に掛かる。

東電も取り巻きもそこに目をつけたのだろう。

これから何かにつけてお金がかかると言ってまた
利用者や政府からお金を巻き上げるつもりだろう。


誰も蛇口を修理しようとは考えない。






Last updated  2013.11.08 20:53:29
コメント(0) | コメントを書く
2013.09.17
カテゴリ:東日本大震災
先日の台風でどさくさに紛れてまたやらかした。

急激な水位上昇を受けた「緊急措置」と説明しているが
台風が来るのは数日前から分かっていること。

自然の驚異はもう震災で充分わかってるはずなのに
お家芸とも言える対応に怒りを覚える。

今回排水したエリアでは、これまで高い線量は確認されていないから
セシウムの濃度も十分低いと予想できるとして、測定せずに排水した。

風評被害で苦しむ人達に泥をかける行為にしか思えない。

予測してたとしても測定はするべきでそれが
安全に繋がるということは誰もが分かること。

汚染水自身の問題も今の科学では除去できる物質もある。
その上で人体や生物に影響が少ない物を海に流すという行為は
どの国でもやっていることらしい。

しかし、その説明もないまま、ただ単に水かさが増して
大変なことになるからと言って測定もせずに流すということは
自分たちの仕事のずさんさとそれを知るべき国民に対して
愚弄してるにすぎない。

以前も書いたとは思うが、人類が発展させた科学を
利用するのは否定はしない。

ただそれを利用する人がずさんな限り、それを
使用することは絶対やってはいけないことだと思う。

震災で被害を受けた人達は風評被害と闘い、一生懸命
復興に向けて前を向いているのに、未だに一切変わらない
東電は早くなくなって欲しい。

中にはきちんと志を持って働いてる人達はいると思うが
東電という看板がある限り、ずっと不信感を持つだろう。






Last updated  2013.09.17 08:58:43
コメント(2) | コメントを書く
2013.08.20
カテゴリ:東日本大震災
今回、汚染水をためているタンクから
大量の汚染水が漏れていることがニュースになっていた。

前は地下水に放射能が含まれていると
問題になったばかりなのに。

最近、猛暑が続いてる中、一番不思議に思うことが
また電力不足にならないのか?ということだ。

震災後、原発は全て止まり、現在は一基のみ稼働している。

あれから発電所は増えたのだろうか?
それとも稼働していなかった発電所を稼働してるのだろうか?

もし何も変わってないのなら今、電力不足にならないとおかしい。

その頃書いたブログの記事にこの記載があった。

3月15日の需給予測
需要想定3700万kW
供給力 3300万kW

これが計画停電が行われたときの発表だ。

今日、東電が発表している数値がある。
需要想定4980万kW
供給力 5380万kW

こんなにも上がってるのに東電やマスコミは
何も発表しない。

パーセンテージでいうと92%利用してるとのことだが
90%越えて騒いでた二年前とは大きく違う。

昨日のニュースでは関電では95%越えてるらしい。九電では97%。

それでもマスコミは騒いでいない。
どちらかと言えば水不足の問題で持ちきりだ。

段々と風化されていくこの状態は決して良いとは言えない。

電力会社はこの状況をちゃんと説明しないと
いけないのではないだろうか?

もちろんマスコミにもその説明責任はある。

二年前あれだけ国民を煽り、それでも原発は
必要だと報道していたのだから。

この異常気象の中で現場の人達が頑張って
これだけの数字が出ても停まらないような
努力をしているのかもしれない。

それだったらそれできちんと発表するべきではないだろうか?

「原発がないと電気が不足する」と騒いでいた
マスコミや科学者は、今の状況をどう見てるのか?

異常気象によって自分たちのずさんさが
漏洩されたと思って口を閉ざしてるのだろうか?

IMG_4139.jpg






Last updated  2013.08.20 17:49:29
コメント(3) | コメントを書く
2013.08.07
カテゴリ:東日本大震災
楽天ブログをやっている人は目に付いたと
思いますが、ブログを本にしてみませんか?という広告。

一昨年書いた震災後、被災地に行った内容を
本にして流通したら今現在、風化してきている状況の
中でもう一度、確認させるためにも良いのではないかと思い
その部分だけ抜粋し、応募してみました。

私自身、文章能力もないので何の反応もないまま
終わると思っていたのですが、応募してから
数日後にその出版社から連絡がありました。

応募締切よりもだいぶ前に連絡がきたので
驚いてしまいましたが、是非とも本にしたいとのこと。

もしこれで一昨年起こった現実を世に広められるならと
思い、それから文章の修正し再度、仕上げたものを提出。

その後、審査のために数週間を要してやっと連絡がきました。

きちんと郵送で作品の講評を送ってもらい
ちゃんと読んでいただけたのだなと関心しました。

そこまでは良かったんですが、出版には委託金がかかるとのこと。

そうなると話が変わってくる。

私は物書きでもないし、本も漫画以外は読まないので
本に対する執着心は全くない。

そのためにお金を使うんだったら私は被災地に行ってお金を使います。

そう言って終了しました。

本を出したいと思ってた人にとっては良い話だと思うし
アマチュアの書籍が全国の本屋に並ぶならその辺の
お金がかかっても仕方がないと思う。

印税はきちんと入るので売れれば出費もプラスに変わるかもしれないが
そこまでの自信はないし、もっと他に伝える手段はあると思う。

大勢の人達に読まれることは難しいかもしれないが
少しでも多くの人に読んでもらうために、またこれから
精進していく次第です。






Last updated  2013.08.07 18:27:10
コメント(3) | コメントを書く
2013.04.22
カテゴリ:東日本大震災
そしてまたネズミの死骸が…

私は反原発のデモを見に行ったりもしてるが
反原発を唄ってるわけではない。

今の東電に原発を任せるのがイヤなのだ。

前回、冷却装置が停止したときの対応もそうだが
何か他人事のように説明していた。

それは今までの東電の発表そのものであり
自分たちが責任を取るような発言、行動を
見たことがない。

つい先日も円安のために電気料金を値上げするとか
じゃあ今まで円高になって安くなったことがあったのか?

何かにつけて料金の値上げをこぎつけてるだけである。

震災前まで実際に原発が増えてコストが下がったことがあるのだろうか?

震災後、色んな不安を抱えながらまた同じ過ちを繰り返す。

日本が景気が悪くなった原因はバブル崩壊からと
言われているが、ただ単に楽をしようとする
バカが増えたからではないだろうか?

ここでは汚い言葉は極力使わないようにと心がけているが
人間の最たる知識の結晶でもある原子力が
ネズミ一匹で危機に変わる。

それを二度も起こした東電はバカ以外に表現する方法が私にはない。


原子力委員会もしかり、前回の汚染水漏れの件でも
タンクに貯めていく方法と、循環させていく方法。

貯蔵する方法がないのなら循環させてでも冷却に
使っていくのが当たり前なことなのに、何故誰もが
タンクに貯める方法をとったのか不思議でならない。

そんなバカ達が管理している原子力は
ただの恐怖でしかない。

この人達が改善されない限り、同じような事が起きる。

そしてもっと最悪な状態が待っているかもしれない。






Last updated  2013.04.22 14:29:47
コメント(3) | コメントを書く
2013.04.11
カテゴリ:東日本大震災
二年前の震災から東海地震や
南海トラフ地震の情報が多く見られるが
本当に起きるのだろうか?

答えは起きる。

しかし、今現在、流れている情報は
信憑性がないに等しい。

特に東海地震や富士山の噴火なんかは
もう数十年前から出ている話であって
その間に何が起きたか改めて考えて欲しい。

前回の東日本大震災、阪神大震災。
この二つともこの数十年の間に起きるとは
誰も話していなかった。

実際はその可能性を話した人はいたかもしれないが
二つの震災は想定外のものとなった。

その想定外と発表したのは今の国が抱えている
学者達の発表であり、前回の震災後も
その人達が変わったという情報もない。

その学者達がまた見直して今後起きる地震が
南海トラフ地震や東海地震なのである。

これに信憑性はあるのであろうか?

またどこかで地震が起き、その二箇所以外だったら
またその学者達は想定外と言うだろう。

結論から言うと地震は今の科学では予知出来ないということ。

どの場所でも地震は起きるということ。

そのために個々で出来ること。

それを改めるべきではないだろうか?

誰もが予測出来なかった東日本大震災、阪神大震災を
想定外と言った学者達の情報に未だ踊らされていいのか?

どこに住んでいようが地震は起きる。

その心構えが大事であり、東海じゃないから大丈夫、
南海トラフとは関係ないからうちは大丈夫。

その考えをまず捨てるのが第一歩ではないだろうか?

科学とは発展していくものであって
それが全てではないということ。

科学が完璧であれば、もうこの世の中に科学者はいらない。

今の科学者達が悪いと言っているわけではなく
その確実ではない情報を真実のように振る舞う風潮が
危ういということを忘れてはいけない。






Last updated  2013.04.11 18:41:27
コメント(0) | コメントを書く
2012.08.22
テーマ:地震情報(610)
カテゴリ:東日本大震災
3.11以降、機会があれば私は福島に行ったときの話をする。

見たまま、感じたままを伝える。

この東京でも震度5強の地震が起きて体感した人も
多いせいか、都内近辺の人は親身になって
真剣に話を聞いてくれていた。

私自身、伝える力が乏しいので必死に話しても
伝わらないこともあるだろう。

それでも真剣に聞いてくれていると感じていた。

先日、たまたま私の故郷である長崎から同級生が訪れた。

会ったときに少し福島の話をしたが、明らかに
反応が違っていた。

その同級生が冷たい人間だからというわけではない。

実際に長年付き合っていて、優しさも温もりも充分に
兼ね備えている人物だ。

しかし、どこか他人事であるような感じがした。

東北から長崎。

この距離は遠いのは分かっている。

でも同じ日本なのにこんなに差があるのだろうか?

そう言えば、この感覚と同じような感覚を感じる日がある。

それは8.9、原爆記念日である。

長崎では登校日になっているし、身近に体験者が
いたこともあって親身に考える日だった。

しかし東京に来てから周りで8.9を親身に考える人は少ない。

この距離は縮めることは出来ないのだろうか?

それが唯一出来るのがメディアな気がするが
今回の震災後、分かるように嘘を平気で流していたから
真実味がないのだろう。

その同級生も他人事ではなく、どこかの国の物語だったのだ。

テレビの影響力は凄いと思う。

しかしその影響力が湾曲されると真実が別の作りものになる。

テレビに任せっきりの私達はいつからか
作られた物語の中で育っていたにすぎない。

自分の目で見て肌で感じる。

もう一度、考えたい。






Last updated  2012.08.22 11:49:19
コメント(1) | コメントを書く
2012.05.28
テーマ:祖国を憂いて(8)
カテゴリ:東日本大震災
今回、メディアを入れた内部の現状を
報道していたが恐怖を感じてしまった。

燃料貯蔵プールの今の現状はいかにも
突貫工事で支えてる感じで
プールの上には白いシートを
掛けているだけのように思えた。

この映像は各局で流されていて
たぶん世界にも配信されただろう。

今回、この映像を見せることによって
安全性を訴えたかったように思えたが
私には恐怖しか感じなかった。

報道の中では台風が来たりしたら
危険と言ってはいたが、今、現在まで
たまたま台風が来たりしなかっただけである。

この一年間、あの状態だったということを
もう少し考えたほうがいい。

運が良かっただけにすぎない。

そして今回の報道はテロリストにとっては
美味しい情報だっただろう。

日本はテロには疎くスパイ天国とも言われている。

そんな中であそこまで報道して良かったのだろうか?

日本の報道の在り方というのは昔から
矛盾してる部分があって、犯罪の報道であっても
こうすれば犯罪出来ますよと教えてるような気がする。

今回の4号機の内部の報道は
ここを狙えば一番ですよと言ってるような
気がしてならなかった。


【レビューでクーポン500円】【送料無料】【父の日】【復興支援☆福島を元気に!】【エステー家庭用放射線測定器】【エアカウンターS】【測定検知音付】【ガイガーカウンター】【日本製】【メール・定形外郵便不可】






Last updated  2012.05.28 11:11:45
コメント(0) | コメントを書く

全72件 (72件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 8 >

Free Space

Freepage List

Rakuten Card


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.