863311 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

明石家さんまさんに聞いてみないとね

PR

Profile


源義經

Recent Posts

Category

Archives

2019.10
2019.09
2019.08
2019.07
2019.06
2019.05
2019.04
2019.03
2019.02
2019.01

Comments

mogumogu920@ Re:隣に住んでた中国人のおかげで引越しました(01/18) はじめまして まずはフォローしてもらって…
エリーloving@ Re:隣に住んでた中国人のおかげで引越しました(01/18) はじめまして。エリーです。 フォローあり…
プータ@ Re:死人に口なし。犯人は顔を公表しない。未成年犯罪の報道の在り方(03/02) その通り、加害者は一生罪を背負え。当然…
ecoで smile☆彡@ Re:また地上タンクから高濃度の汚染水が漏れる(02/20) 初めまして。 本来なら 3年経てば良い方…

Calendar

Keyword Search

▼キーワード検索

Rakuten Ranking

Favorite Blog

本当の戦いは天上に… ぽっぽやのむすめさん

西田選手 SAM4321さん

『スティング』@DVD 嵯峨山 登さん

安納芋収穫 プータ2689さん

陸珊瑚の台地(MHW) キャット・シャノンさん

全7件 (7件中 1-7件目)

1

ジブリの世界

2013.12.11
XML
カテゴリ:ジブリの世界
先日もここでポスターを紹介した魔女の宅急便。

とうとうまともな予告編が出た。



コメントの中には悪くないと言っている人もいるようだが…

元々原作の映画化と話していたが…

予告編を観ると街並み等を突っ込むのは別にして
登場人物はジブリにかなり寄ってるんじゃないか?
と思うくらいだった。

原作を読んでないのでここも突っ込んで良いのか分からないが
台詞もジブリとかなりかぶる。

日本の映画CGがしょぼいのも気になってしまうが
やっぱりジブリの魔女の宅急便が離れることはない。

日本の技術はこんなものなのか?

CGももっと凄いことが出来るのはゲームで実証済み。
しかし映画となると途端にしょぼくなる。

これには原因がある。

日本人で高度なCG技術者はハリウッドのオファーを受けているらしい。

なので映画のCGを国外で発注するとなるとハリウッドに
問い合わせしてそこから日本にいる技術者に話が行き
ハリウッドの技術者ということでギャラも上乗せされ
発注することも多いらしい。

これで予算はかなり膨大になりある程度のレベルで納得するしかえない。

ようは日本にいる技術者を蔑ろにしていた
エンターテイメント業界がこのような形にしたと言える。

前回書いたアニメの映画化に関してもこれに当てはまっていて
自分たちの保身に走って制作者を育ててこなかった。

これが日本全体の在り方になってしまったのだ。


昔、ハリウッドでゴジラが映画化された。

それは日本のゴジラとはかけ離れた作りになっていて
日本人は評価することもなかっただろう。

しかし日本が保身に走ってる間にハリウッドはもう一度
新しい技術でチャレンジした。

そして前回の日本の評価も真摯に受け止めた可能性もある。

それが来年、公開になる。

03_m.jpg




ゴジラが生まれた頃の日本は予算なんかなくとも
センスと技術で新しいものを作っていた。

それを忘れた日本人にもう一度、ハリウッドが教えてくれるのか楽しみだ。






Last updated  2013.12.11 19:20:48
コメント(0) | コメントを書く
2013.10.26
カテゴリ:ジブリの世界
今日、ネット上で見つけてしまったのだが…

8e00f136.jpg

なんでこんなことになってしまったのだろう…

何故バックが赤なのもわからない上に
初見で文字を見ない限り、魔女の宅急便と分からなかった。

ジブリとは全く違うと思っていたが
なんだかんだでジブリ寄りになってる。

原作の実写と言いながらもジブリが元になりそうな気も…

予告編?なるものも公開されていたが
観る価値もないのでここには掲載したくない。

作品のイメージは凄く大事だと思う。

33523938.jpg

そう言った意味でもこのジブリのポスターは
上手く表現していると思ってしまう。


「はじめましてキキです!」

明らかにジブリを意識したキャッチフレーズであり
これが映画になるというのはとても悲しい。






Last updated  2013.10.26 18:49:05
コメント(1) | コメントを書く
2012.05.02
カテゴリ:ジブリの世界
去年、初めてジブリ美術館に行き
ジブリの世界観に癒されてきた。

しかし、いつの間にか時間がすぎ
二つほど心残りが出来てしまった。

そのリベンジとして半年以上、待ち続けたものは
「めいとこねこバス」
15分ほどの短編映画だった。

この映画は10年前くらいに情報が入ってきて
ずっと観たいと思っていたが、ジブリ美術館では
定期的にサイクルがあるので、この映画が
上映しているときに行かないと観れない。

なのでずっと心待ちにして、一度タイミングが
合ったのだが、チケットが取れず今回やっとの
思いで観ることができた。


結論から言うと、素晴らしいの一言。

ジブリ映画の中で何が好きと言われると困るが
初めて観たときの衝撃は大きなものだった。

その時の衝撃と同じくらい?いやそれ以上かもしれない
ジブリの全てを詰め込んだように思える映画だった。

完全なトトロの続編であり、色んな要素が
組み込まれている。

内容を書いてしまうと観たときの感動が
薄れてしまうと思うので書かないでおきます。

ただ一言、トトロが好きだった人は観るべき映画です。

IMG_1611.jpg

笑いあり涙ありの短編映画とは思えないくらいの
素晴らしい映画と出会いました。

もう一つの心残りはビール。

美術館の中にはカフェ?があり、そこではビールが
売っていますがその名も
「風の谷のビール」
瓶は持ち帰ることも出来るので
ちゃんと持って帰ってきて飾ってます。

美術館では相変わらずトトロが出迎えてくれました。

IMG_1567.jpg






Last updated  2012.05.03 01:34:48
コメント(2) | コメントを書く
2011.08.25
カテゴリ:ジブリの世界
美術館の中は写真が撮れなかったが
猫バスから見た風景があった。

しかも猫バスに実際乗ることが出来る。

周りの目も気にせず、猫バスの頭をなでて
中に乗り込む。

こうゆうアトラクションがあったら
何度も足を運ぶかもしれない。

中を一通り見終わって、楽しみにしていた
場所に向かう。
SH3F0527.jpg

そこに向かうときも色んなものに出会う。

そして狭い螺旋階段を見つける。

SH3F0528.jpg

屋上に辿り着くと鼓動が激しくなった。

遠くから見えてたものがハッキリ分かってくる。

IMG_7277.jpg

「ラピュタは本当にあったんだ!」

パズーの声が蘇る。


映画と同じ異様な存在感。

ロボット兵は私を見下ろした。

IMG_7294.jpg

これだけでも充分、満足出来る。

これだけだと思いきや屋上を歩いてると
これも見つけてしまった。

IMG_7283.jpg

滅びの呪文。

もう誰か唱えたあとかもしれない。






Last updated  2011.08.26 03:26:03
コメント(2) | コメントを書く
カテゴリ:ジブリの世界
雨が降っていたために予定の時間より
早く入場することが出来た。

美術館の館内は撮影禁止が殆どのため
充分な説明は出来ないが、入ってすぐの
入り口のステンドグラスに心を奪われる。

決して中も広いわけではない。

しかし色んなところにちょっとした遊び心。

入ったカフェでも充分過ぎるほどのお持てなし。
SH3F0511.jpg

大人でも気になる旗がついてくる。
SH3F0512.jpg

メニューは時期によって違うらしい。

使ってる食器は全てトトロ。

行く前にネットで調べるとカフェに入るまで
結構な時間、待たされると書いてたところが多かった。

しかし私達が行ったときは雨も降っていたせいか
並んでる人も少なく、それほど待たないで済んだ。
でも15分くらいだろうか?

SH3F0515.jpg

美術館の中央には庭がある。
そこでは地下水を汲み上げるポンプ。

SH3F0518.jpg

不思議な小屋もあった。

IMG_7248.jpg

中も凄く気になる。

SH3F0517.jpg

足下を見ると不気味に笑ってるマンホール。

SH3F0514.jpg

カフェの隣にある蛇口一つでも遊び心満載だ。

こんな街に住んでみたい。


今の日本にはこんな遊び心は通用しないのか?

誰もが笑顔になれる街に憧れることはないのだろうか?

そう思いながら美術館を歩いていた。






Last updated  2011.08.25 06:00:06
コメント(1) | コメントを書く
2011.08.22
カテゴリ:ジブリの世界
ジブリ美術館までバスで向かい
下りる手前ですぐに発見。

SH3F0504.jpg

もうこれだけでも充分だ。

トトロが放映されたときのキャッチコピー。

「このへんな生きものは まだ日本にいるのです。たぶん。」

この言葉が現実になった。

と言っても以前、数年前に何処かの美術館にいて会いに行ったこともある。

IMG_7243.jpg

入り口に行くと美術館の上にはこちらを見つめているやつもいる。

美術館自身はそれほど大きくない。

でもその狭い中にジブリの世界が広がっている。


国産いぐさで快適 日本の涼を楽しむ【送料無料】 となりのトトログッズい草ラグ 176×230cm【ラッピング不可】


【販売中/送料350円】【ポイント3倍!】〔在庫アリ!〕スタジオジブリの『となりのトトロ』がぷよぷよライトになったよ★『となりのトトロ どんどこおどりライト』【02P17Aug11】


【送料無料選択可!】となりのトトロ / アニメ


天空の城ラピュタ(DVD)


ジブリファンにはたまらないオルゴール415200スタジオジブリ02 ジブリオルゴールコレクション天空の城ラピュタ ロボット兵






Last updated  2011.08.23 01:19:13
コメント(0) | コメントを書く
2011.08.21
カテゴリ:ジブリの世界
前々から行きたいと思っていたけど
なかなか時間も出来ずにいたジブリ美術館。

予約制だったために天気が悪くても行かないと
いけなかったけど…行って良かった。

テーマパークにも近い美術館。

子供しか遊ぶ場所はないが大人でも充分楽しめる。

見るもの全てが新鮮で、心を浄化してくれた。

街全体でこの世界を広げることができたら…

それが日本の原点かも知れない?

三鷹に着くときちんとバス停までの案内がある。

SH3F0494.jpg

そしてバス停から段々とジブリの世界に引き込まれていく。

美術館までの数分、井の頭公園沿いを走るために
段々と森の中へ…。反対は普通の街が見えるので
そっちを見てしまうと現実に戻ってしまう。

しかしバスの中だけで気分は向上する。

SH3F0496.jpg

ジブリが好きな人にとってはそれだけで充分だろう。

SH3F0499.jpg

もうここはジブリの世界なのである。

美術館にたどり着く数分間の間で
私達はその世界に引き込まれる。

SH3F0502.jpg






Last updated  2011.08.21 21:55:55
コメント(0) | コメントを書く

全7件 (7件中 1-7件目)

1

Free Space

Freepage List

Rakuten Card


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.