470999 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

AD/Marketing-BIZな日々 by T.Suzuki

2009/08/23
XML
カテゴリ:世の中の話題から
カメルーン出身のデザイナー、セルジュ・ムアングがアフリカと日本の文化の融合として生み出した「アフリカのキモノ」、『和フリカ/WAfica』

これをテーマにした無料のファッションショーとコンサートが10月3日(土)に飯田橋の日仏会館で行われるそうです。

この話、何より目を奪われたのはそのキモノそのもの。
WAfrica


確かに着物なのに、でも明らかにアフリカ的。
アフリカ的なのに、こんなにもキモノで、でもアフリカン・アメリカン系の人にこんなにも似合ってしまう。
※上記WAfricaのサイトには、これ以外のもの(日本人が着ている写真も含め)もたくさん載っています。
WAfrica3 WAfrica2


主催する日仏会館の上記のウェブに書かれていた以下の文章は、この『WAfrica』のことをとても的確に表しています。

***********
和フリカ」が位置するのは倫理と美学の間、イコンと希望の間です。古来よりの非常に洗練されたふたつのアイデンティティ、つまり日本とアフリカの並列を作り出しながら、「和フリカ」は横断的文化の世界的な遺産をお届けします。この優美で新たな表現形式はアフリカのものでも、日本のものでもなく、ふたつの起源を大いに尊重しながら、決してそれらを歪めはしません。セルジュ・ムアングはこうして「アフリカのキモノ」を生み出し、非常に豊かで新しいムーヴメントを結晶させます。誰もが着られるこの新たな表現形式は、まさに生きられるべき芸術なのです。10月3日(土)、「和フリカ」をテーマにしたコンサートやファッション・ショーが行われます。是非、ふたつの文化の美しい融合を発見しに来てください。
***********

なお、当日のプログラムは以下のようなもの。
・ ファッション・ショー
・ 茶道セレモニー&コラ(アフリカの弦楽器)
・ コンサート
・ ビデオ
・ 写真展
・ 「How to wear」ワークショップ

また、このWAfricaを記念して、東京日仏学院ラ・ブラスリーで、アフリカン・ディナーの夕べを開催するのだとか(会員:5,500円/一般:6,000円、ドリンク別料金、要予約)。


自分が行けるかどうかちょっと微妙なのですが、今後も注目していきたいプロジェクトです。






Last updated  2009/08/23 07:51:30 PM
コメント(6) | コメントを書く

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


TA-KU

Favorite Blog

久米信行「縁尋奇妙… 当たらずと雖も遠からずさん

Comments

siz@ Re:東洋人と西洋人の心理の違い by 世界まる見え特捜部(08/27) 私は完全日本人なんですが、全部西洋人に…
TA-KU@ Re:市民球団(11/11) ほしさん: はい、ぜひアメリカのカレッ…
ほしけんいち@ 市民球団 いやあいい話を聞きました。市民球団が出…
TA-KU@ Re:あらあら(09/13) ほしさん、コメントありがとうございます…
ほし@ あらあら 行ってしまったですか。 帰ったらまたね。

Archives

2019/05
2019/04
2019/03
2019/02
2019/01

Freepage List


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.