546759 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

Hawaii & CITROËN C3

PR

サイド自由欄

カレンダー

コメント新着

IVIDEO@ Re:アメリカ最南端のレストランに行ってみたその1(HANA HOU)(02/07) こんにちは~~ IVIDEOの鄭と申します。 B…
hiroma-rio&sanapanda@ ikurin917 さま おひさしぶりです。また返事が遅くなりま…
hiroma-rio&sanapanda@ Re[1]:ぺヤングソースやきそば(01/20) K.I 様 ぺヤング。どうやって復活します…
K.I@ Re:ぺヤングソースやきそば(01/20) まろやか~ん!ぺヤングらぶです。今はほ…

カテゴリ

プロフィール


hiroma-rio&sanapanda

全17件 (17件中 1-10件目)

1 2 >

2019-6Taiwan

2019.08.19
XML
カテゴリ:2019-6Taiwan


高鐡から降りて、早速水分補給です(笑)

なんだかんだで 50嵐。



台中で本店に行くことができましたが、

台北駅前にもあります。

ここの台北駅前店は三明治(サンドウィッチ)のみ販売しています。

こちらでもお買上げ。



さらに(笑) おにぎりと言うか、台湾風おにぎり?

こちらもお買上げ。

黄色のシャツの中学生かな? お弁当にするのかな?

買っていました。

しかも、お弁当箱をもっていて、

マックも入っていました。

若いと(笑) 沢山食べれていいですね。



さて、時間が無いので、台北駅にばかりいられません。

最後のしめに向かいましょう(笑)

前回飲んで 気に入りました。

珍煮丹。




ここのドリンクを飲みながら 杭州へ行けと 脳が反応してしまいます(笑)




行き方もこなれてきました。

前回、大混雑だったので、ちょっとあせっています(笑)



あれ? お休み?

と 心配になるくらい誰もいません。

一応、開店前なのでおかしくはないですが(笑)





こっちを見ても・・・



こちっちを見ても・・・

待ち客ゼロです。




開店時には 3組くらいはいたかな?

いずれにしても、前回の混雑がうそのようです。




ショウガ スタンバイ OK(笑)




小龍包 3こ 




あんこのやつ 1こ

これも定番化しましたね(笑)



運よく 台中では雨に降られませんでしたが、

最後の最後で雨が来ました。

でも、台湾では傘を使わずに済んでラッキーでした。



松山空港が見えて来ました。

楽しいとあっという間ですね。

実は、次の訪台が決まっているので(笑)

なんとなく、さみしい気分はありませんでした。



松山空港のラウンジは、時間つぶすくらいの利用しかないですが

まぁ、なんとなく これから帰国するという気分にはなってきます。



圓山大飯店を撮ってると思いきや・・・(笑)

次回の下見です・・・。



杭州でお腹いっぱいですが、


とりあえず、食べられるだけ、食べました 機内食。


台湾便だと、同じようにお腹いっぱいの方が多く、


アイスだけもらうとか という方も多いようです(うわさ)





東京も 大雨でした。



無事着陸。



4時間遅れた、あの時。

ワイファイを持って帰りそうになり、

直前で気づいたなぁ。

空港で返却するのを忘れずに。


では、台中を中心に巡った今回の台湾旅行紀。

一応 終了です。








最終更新日  2019.08.19 21:17:23
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:2019-6Taiwan


2泊3日 あっというまですね。

台中から台北へ戻り 帰国です。

プユマ号で 台北から台中へ来ました。

実は 帰りもプユマ号を予定して、

発売日発売開始直後に ネット予約しようとしたら、

売り切れでした。おそるべし プユマ。

乗り物の予約が 取れるか取れないかで、

旅行の行程をかえざるを得ない場合も出てくるので、

難しいところです。



台中方面は、高鐡があるので、移動手段としては助かります。



時間的に、予約が取れなかった プユマ号が間もなく

反対ホームに入線してきそうです。

私たちは、高鐡の台中駅の乗換駅

新烏日 駅へ向かいます。



台中駅から 4つ目で新烏日 駅です

鉄橋が見えますが、あちらが 高鐡ですので、

乗り換えも直結で、便利です。



台鉄の改札から 高鐡へ向かうコンコースは

広くて立派です。



昔の 烏日駅をモデルにした 展示がありました。



乗り換え時間も あまりない方が多いと思いますが、

こういう展示がありますので、少し時間に余裕を持っている方が、

最後まで(笑) 楽しめますよ。



ベンチが、電車型になっていて 楽しいですね。



最後に ここで記念撮影をして、高鉄に向かってください(笑)



事前予約している場合は、一番下の 一般取票をタッチしましょう。

真ん中は 指定席の意味ですが、

指定席を予約しているからと 真ん中をタッチしても

予約番号を入力する画面は出て来ません。

お気をつけて(笑)

それは私です。



パスポート番号も入れるので、スクリーンショットなどで

すぐに見れるようにしておくとよいですね。



予約したのは 108号。

満席です。



台中駅前は まだまだ開発途中のようですね。

数年後 どうなってるでしょう。



定刻です。

平気と思っていても 安心するものです。

台北へ向かいます。

2019-6Taiwan-16

hiroma-rio


にほんブログ村 旅行ブログ 台湾旅行へ
にほんブログ村


​モッピーでJALマイルをためよう!​​
モッピー!お金がたまるポイントサイト






最終更新日  2019.08.19 00:00:12
コメント(0) | コメントを書く
2019.08.18
カテゴリ:2019-6Taiwan


日月譚から、台鉄台中駅までバスで戻り、

駅からホテルへ戻る途中にある 宮原眼科に立ち寄り

おみやげをお買上げしました。

お買上げのおみやげと、もろもろ荷物をホテルに置き、

夜の台中へ再出発です(笑)



ただ(笑) さすがにバテ気味で、

夜市には行かず、少しふつうに(笑)食事をすることにしました。



どこのお店もだいたい作っている様子を見ることができますね。

作りたてを提供することや(冷めたお弁当を食べない習慣とか)

食事に対する考え方が 台湾に美味しいお店が多い理由かもしれませんね。



テーブルにお皿とかセットしてあるお店に来るのは

珍しい?(笑)ですね。



今回は(も) 麺と小籠包にしました。

肉は 見ての通り(笑) おいしいです。

スープは 台湾風に 私にとっては少し薄味。

でも、よくスープを味わうと、なんか薄いながらも

しっかり味があるような感じで、美味しかったですね。



小籠包もふつうに美味しかったです。

いままで食べた小籠包と比べると、少しサイズが大きくて、

ボリュームありました。



デザート?は あんまん。

注文した時は 少し足りないかな と思っていましたが、

追加は不要でした。



さらに 散策すると、

みつまめ と書いてあるお店があり、

入店しようと思いましたが、営業終了時間とのことで

入れませんでした。



写真に出ている 氷とかフルーツとか どれも美味しそうですね。



そして、結局しめは タピオカとなりました(笑)




今年は、これで台湾に来たのが 3回目となりますが、

近況、1回だけだったかな? 紙ストローのところがありました。

最近、日本でも環境問題の関係で、プラストローをやめているお店も

散見できますね。

紙だと、紙の味がいまいちなので、

今後を見据えて(笑) マイストローが必要だ! ということで、

チャンスがあればお買い上げしたいと思っていました。



さすが、タピオカの街(笑) 台中ですが 沢山売っていました。

マイストローお買いあげして、台中観光終了(笑)

明日の朝、台北に戻り帰国です。

2019-6Taiwan-15


hiroma-rio

にほんブログ村 旅行ブログ 台湾旅行へ
にほんブログ村


​モッピーでJALマイルをためよう!​​
モッピー!お金がたまるポイントサイト






最終更新日  2019.08.18 17:52:05
コメント(0) | コメントを書く
2019.08.13
カテゴリ:2019-6Taiwan


伊達邵(イーターサオ)の老街にもまだまだいたいところですが、

このエリアにはロープウェーがあるので、

乗れたら乗ってみよう(船の最終 バスの時間に間に合えば)

と向かうことにしました。

一応 船から見て、ロープウェーに乗る時間は15分くらいかな?(笑)

と目測で予想しました(事前に調べてないとは(笑))

実は、この時点で16時ころだったかな? かなりギリギリです。

ですが、さっそく寄り道。

コーヒーのお店がありました。





台湾魚地珈琲(字は日式ですみません) というのがあるじゃないですか。

なんかめずらしい。

阿里山あたりでは コーヒー栽培もやっているみたいですね。

なんか、やる気なさそうなお店に見えましたが(ごめんなさい)

注文してみました。



すると、その場で豆を挽いてくれて、サイフォンで入れてくれました。

丁寧な作業で、入れている間、Sanapandaさんが中国語でおしゃべりすると、

楽しく話してくれて、よいひとときでした。

ロープウェーに向かっていたのに、思いがけず、

時間を取ってしまいました。

でも、ここのコーヒー店(屋台ですが)によって良かったですね。



ロープウェーに近づくと、

日月譚の周囲を歩ける遊歩道に出ました。



いい感じですね

毎度 バタバタと観光してしまいますが、

ゆっくり時間をとってもよい場所ですね。



乗り場につきました。

鳥かご風な置物があり、

みんな 鳥の気分になって撮影していました



ロープウェーは、登るだけではなく、

九族文化村と言うテーマ―パークへのアクセスにもなっています。




営業時間内にはつきましたが・・・



片道20分かかるというので、残念ながらあきらめました。



日月譚を見ながらのんびりするのもいいでしょうね。



建物が鳥居の奥に見えると思いますが、

船着き場はあそこです。

なにげに、離れています。

たしか1キロくらいあったかな。



無事、船にも間に合いました。



船が動いている間中、船のお父さんが、

ものすごい勢いで 観光案内(たぶん)してくれています。

いつか聞き取れるようになれるといいですね(中国語勉強?中)

為しぇんまは 10回くらいは言ってましたね(笑)





台中駅に戻るバス乗り場に行くと、

すでに行列が・・・。

乗れないとマジやばいので、

出発時間まで多少の余裕はありましたが、並ぶことにしました。



バスが来ると、一応、案内の方たちが出てくるので、

誘導に従って乗るようになります。

台中駅に行く看板の所に並んで、

そこの列を案内しているのに、

さらに、乗るときにも

台中駅に行くか 係りのお姉さんに聞いて、

乗りこみました。



あとは、のんびりと、車窓を見ながら戻るだけです。

途中、渋滞っぽくなりましたが、

まぁまぁ 快適でした。



まずは、高鐡の台中駅に到着。

バイクがすごいですね。





そして、台中駅に向かう手前で、

部活の帰り風な 学生さんが 運転手さんに

台鉄の駅前で

降りると告げてとまりました。

そんなことあり?と思いましたが、

降車場所になっているようですね。

日月譚に部活って?(部活かわからないけど)何部だったのかな?(笑)



自強号とすれ違いです。

まもなく 台鉄の台中駅です。

なんだかんだ ありましたが、無事に戻れました。

わりと行程的にはうまくいったかな(笑)

楽しかった。







最終更新日  2019.08.13 00:13:57
コメント(0) | コメントを書く
2019.08.12
カテゴリ:2019-6Taiwan


玄光寺から、次の船着き場へ向かいます

伊達邵(イーターサオ) という地域のようです


サオ族と呼ばれる原地の方たちがいるようです。





船待ちの列が出来ていますね。

かなり混んでいます。

この後は 水社へ戻りますが、

バスに乗り遅れたら大変なので、

早めに戻った方がよさそうですね。



商店街的には、このエリアが一番賑わっているようですね。




胡椒餅のような感じなものを売っているお店が 列が出来て

人気がありそうでした。



お金を払うと、袋だけ渡されて、

自分で選んで持っていきます。



お隣は ドリンクショップだったので、

檸檬茶をお買い上げしました。



ではいただいてみましょう。

辛味のタレとかも、何種類か置いてあるので、

もらったほうが良いでしょう。

これは 素食のようで、

肉ものも入っていそうに見えますが、

キャベツと春雨ですね。

できたてで あつあつなので、

歩き食いするより、

日月譚見ながら ゆっくりいただくのがおすすめです。



作っている様子をみて、おいしそうだったので、

こちらもいただいてみました。



日式にいえば、 肉野菜いためですね(笑)

台湾は、なんとなく 薄味で甘めな 味付けの印象ですね。

こちらも、少しだけ辛くするか、

ニンニクを増量可能だったので、

そうしたほうがより美味しいと思います。

そのままでも おいしいので ご心配なく(笑)



そして、こちらも有名?ではないでしょうか。



竹かな?に まきつけた、お団子というかお餅というか(笑)

練乳を選びましたが、美味しかったです。








最終更新日  2019.08.12 12:46:38
コメント(0) | コメントを書く
2019.07.15
カテゴリ:2019-6Taiwan


無事に日月譚に到着し、

遊覧船のチケットも買う事が出来ました。



少しですが 陽射しがあり 遊覧船日和になってきました。



この船着き場は 玄光寺。

少し高いところに屋根が見えますが、

あそこが本堂になります。



船をおりて、ここまで上がって来ましたが、



さらに階段を上がります。



お寺の神様の所では、

台湾人と思われる人たちは、ほんとに丁寧にお参りしていました。




階段を上がって来ましたので、

息を整えつつ、しばし、景色を楽しみました。



船着き場のところには、

アポーの茶葉たまごが、大賑わいで、売れまくっていました。



スタンプがありました。

こういうの 集めている方は、スタンプ帳をわすれずに。



お店の裏側では わんこが 脱力(笑)していました。



ふつうに おしいので 立寄りの際は お買い上げください。

混んでいても すぐに買えますよ。



では次へ行ってみましょう。







最終更新日  2019.07.15 00:04:00
コメント(0) | コメントを書く
2019.07.07
カテゴリ:2019-6Taiwan


車埕駅から水里駅へ戻り、 日月譚へ向かいます。

前回の内湾線は悪天候だったことはありますが、

こちらの台鉄支線のほうが楽しいですね。

集集線、良いところでおススメです。 でも、 比較すると、

台鉄の支線では  平渓線 > 集集線 > 内湾線

平渓線がやはり一番かな。




水里駅もいい雰囲気ですね。



駅周りの 老街を散策予定でしたが、

天気が良くなってきていたのと、

日月譚へも行けるなら早めがいいかと 思い、

すぐにバスに乗ることにしました。




駅前にはバス乗り場がありましたが、

一応の調べでは、

セブンイレブン前のバス停から乗るようでした。

ちなみに セブンイレブンは、この写真を撮っている所です(笑)
(写真撮っている私の背中側)

ただ、バス乗り場(案内所)があったので、日月譚へ行くバスに乗りたけど、

セブンイレブンの所で良いか聞いたら、

いいらしい(あいまい)回答。

セブンイレブン前のバス停で待っていたら、

案内所の人が、バス来たからあっちへ行けみたいに

言うもんだから(笑) 行ってみると ?????




前の写真の奥の方にマイクロバスが見えると思いますが、


それよりも もう少し先にも バス乗り場があって、


行ってみるも ?????(笑)


マイクロバスの所まで戻ると、


日月譚には行くらしい(笑)


もはやなんだかわからなし、


出発時間もわからないので、


マイクロバスの所で待つことにしました。





マイクロバスが、そんなに待たないうちに 出発して、

無事に日月譚に到着出来ました。

バスは難しいな(笑)

それこそ、戻れないと一大事なので、

帰りのバスをチェックします。

台中駅にはここから戻れそうです。




バス乗り場の所で 台中へ戻るバスを確認していると、

左側にいるお父さんが声をかけてきて、

遊覧船のチケットを営業しに来ました。

あとで わかりますが、いろんなところで、

いろんな遊覧船会社が 客引き?をしています。

無事に着けてホッとしていたし、

よくわからないので、お父さんの営業にのることにしました(笑)

ついて来いというのでついていきます。



ちゃんと乗り場まで案内してくれました。



遊覧船会社のスタンプをおしてくれて、

このあとは、スタンプを見せて乗船は、当日乗り放題です。

とはいえ、3か所の乗り場を3角形に移動して、

それぞれの乗り場のエリアでは、お店を見たり、

いろいろあるので、

ふつうは、遊覧で乗り放題というよりは、

移動手段です。




では、1回目の乗船をしてみましょう。







最終更新日  2019.07.07 13:17:14
コメント(0) | コメントを書く
2019.07.06
カテゴリ:2019-6Taiwan


集集駅から 終点の 車埕駅に着きました。 

少し散策=次の列車まで 1時間20分です(笑)

ただ折り返すだけなら 10分後に出発です。

ここまでくるなら、

乗ってきた列車でそのまま折り返すのは

残念な思い出になる可能性大ですよ。



十份でもそうでしたが、もはや立入禁止エリアはありません(笑)





線路の上を歩いて 改札へ向かいます(笑)



駅の周辺は そんなに広くはないですが

こういう池があったり、

散策できます。

たぶん(あいまい) もう少し広域にも散策できると思うので、

1時間20分より時間を多めに取っても楽しめると思います。




桶に入ったお弁当が有名のようです。

駅前のお店でも 桶のお弁当が売っていましたが、

ここのお店が発祥のようです。




お店の前では 桶弁当に入って 写真が撮れます



日月譚を利用した水力発電や、

木材の運搬で活気があった地域と言うことで、

そのような展示がされていました。

また、木材を利用したおみやげ等もあり、

木の香りがとてもよい空間でした。



外周でもお弁当屋さん見てましたが、

散策して少し疲れたので、

休憩をとりつつ お弁当をいただくことにしました。



桶もありましたが、




鶏にしました。



売場正面の横側には、

踏切を模したサインで、売場側を案内していて、

しゃれてますね(笑)



日本統治の関係もあり、

日本製の貨物列車が活躍していたようです。

この車両以外にも いくつか展示してありました。



木製の車両で年季を感じますが、

私の年齢だと(笑) けっこう日本国内でも

このての車両は、よく見ていた覚えがあります。

ブルートレイン20系に乗って喜んでいた

子供時代でしたからね(笑)



ただ置いてあるだけではなく、

解説もついているので、

ゆっくり見て回れば 時間もそれ相応にかかると思います。

興味あるなら、

集集線だけで1日観光というプランもありだと思います。



一応、見にくいですが、駅周辺のマップを押さえておきました。

ご参考までに(笑)



列車が来る時間が近づいて、ホームで待つ人たちの数が増えて来ました。

線路を歩いて、私たちも列車を待ちましょう。

もはや(笑) 改札不要な駅ですね。





ディーゼルエンジンの音が聞こえて来ました。

トンネルを抜けたら駅になっていて、

雰囲気ありますね。








最終更新日  2019.07.06 10:54:18
コメント(0) | コメントを書く
2019.07.04
カテゴリ:2019-6Taiwan


集集線には偶然ではなく(笑)

行ったにもかかわらず、情報薄です。

駅舎の雰囲気がいいですね。

次の列車まで散策です 前回も触れましたが

1時間20分です。

駅周辺にはレンタサイクルのようなお店がいくつかあるので、

自転車散策とかが向いているようです。




1999年の地震で被害にあったまま保存されている廟があることは

調べていたので、向かいました。







1時間20分という制限(笑)もあったので、

ここに来て、駅に戻るくらいしか時間はないかなーとは思っていました。

特別補強したようにも見えませんし、

日本だったら、この状態では残せないかもしれません。

台湾の方たちは信心深いので、

完全に壊れなかったのは神様がおさまえた。 とか思っているのかな?(想像)

日本でも、仮に交通事故でけがをしても、

お守りを持っていたからこの程度で済んだ。とか思うことあると思います。

こういう心の持ちようって大事な気がします。



廟を見て、集集駅へ戻ります。

途中、完全に熟睡なネコたん。



何の関連性もなく、急に出てくる 置物たち(笑)。





靴をプランターにしている民宿?があったり,




学校の門には台湾リスがいたり のどかです。



駅に近づいてきたら老街がありました。

廟に向かう時、逆回りしてしまった感じですね。

駅から廟に向かう時は何もなかったので、

やっぱりもう少し情報は必要でしたね(笑)

まいどです。



休憩したくなりますね。



老街の所に、

台鉄120周年を記念した 博物館兼売店がありました。

なんか 置物好きですよね(笑)

さっ 列車に乗り遅れちゃうから 駅へ急ぎましょう。









最終更新日  2019.07.04 21:10:04
コメント(0) | コメントを書く
2019.07.02
カテゴリ:2019-6Taiwan


昨夜の夜市が予想以上にボリュームがあったのと、

この、宮原眼科の混雑にも驚きましたが、

一夜明け、昨日の喧騒がうそのように静かになっています。




台湾2日目も早朝から行動します(笑)

この日の予定は 台鉄の集集線に乗るのと、

台中エリアでは有名観光地 日月譚へ向かう予定です。




台中駅前も 静かですね。



立派な駅舎です。



集集線は 専用の割引切符があるので、

お買上げしてみましょう。

二水駅を起点に 集集線内の1日乗り放題チケットがあります。

台中-二水は 悠遊カードでふつうに乗ります。




車内では、昨日 洪瑞珍で買った ふわふわパンをいただきました。



二水駅到着。

改札は出ませんが

悠遊カードをタッチだけしに改札へ行きます。





ここからは 台中駅で購入した集集線 1日券で乗っていきます。

改札に行っている間に

汽車が入線してきました。



一応、予定としては

まず 集集駅へ行って 少し散策
(少しとは、汽車が1時間20分に1本なので 1本分です(笑))

→ 集集駅から 終点の 車埕まで行き 少し散策

→ 車埕から、ひと駅戻って 水里駅から バスに乗って日月譚へ向かいます。

昨日の夜市へ向かうバスではありませんが、

ちゃんと調べた通りのバスが来るのでしょうか?(笑)



出発を待ちます



二水駅から 4駅目で 集集駅に到着です。 だいたい30分くらいかかります。

では、駅周辺を散策してみましょう。




2019-6Taiwan-8

hiroma-rio

にほんブログ村 旅行ブログ 台湾旅行へ
にほんブログ村


​モッピーでJALマイルをためよう!​​
モッピー!お金がたまるポイントサイト






最終更新日  2019.07.02 00:11:49
コメント(0) | コメントを書く

全17件 (17件中 1-10件目)

1 2 >


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.