2009.05.23

プラスもマイナスも

(2)
カテゴリ:カテゴリ未分類

最近、“自分が一番できていないところ”だと

思っている部分を、褒められることがあります。



「えぇ~っ!あたしなんか、ぜんぜんだよ~☆」と

褒められると余計に赤面してしまいます。

だって、「もっともっとできてる人」をたくさん

知っているから、「自分はできてない」と思うわけです。

「できてない」ことが事実だからこそ、赤面します☆



でも、「褒められたことは“そんなことない!”と拒否

するのではなく、“ありがとう”と受け取りなさい」って

いいますよね。



そうですよねぇ~♪

褒めてもらえた機会は、受け取ってあげなくちゃ、

自分のノウミソがかわいそうってもんです♪



それに、こう思うんです。

少なくとも褒めてくれた人には、わたしが“できて

いる”と見えたんだ、と。

その人にとっては、それが事実なんですよね♪

だから、ちゃんと受け取ろうと思うんです。



そしてそれは、反対も同じことだと思います。

「そんなつもりじゃないのに」と誤解されたりすると、

以前は「そんな風に受け取るなんて、ヒドイ!」と

悔しいやら腹が立つやら…、でした☆



でもそれって、そんな風に自分のことが見えてる

人がいる、ってことなんだなぁ~って。

誤解される余地がある、というのでしょうか。

そういう人間に見えてる、というか。



解くべき誤解もあるでしょうが、誤解した相手に

腹を立てるより、誤解される自分や、誤解される

人間関係を見つめた方がいいのかも、と思うんです。



プラスもマイナスも受け取る。

ちょっと続けてみようと思います♪










TWITTER

最終更新日  2009.05.23 22:56:41
コメント(2) | コメントを書く