531079 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

明日も、あたしに風が吹く・・・

2019.06.14
XML
カテゴリ:★ ブログ ★
​こんばんは~




同棲





​昔はタブー的な​​​​​​​雫
でも、私はそれをあえてしたかったです。





親の猛反対にあって、結婚という選択をしました。
一緒に生活する事で見える事はあり、結婚の理想と現実を知る事も出来る。



今は特に個々の考え方や生き方に個性があると思います。







同棲への反対って何?
世間的な印象に過ぎないと私は思ってます。





同性だったらどう?
でも、その存在が恋愛関係だったら・・・

近年に見れば、同棲相手の子への虐待等、生活して分かる事はあります。
事件にはならなくても、未然に防げた事もあるかと思います。

私の身近でも成田離婚しました。
その方が大変だったことも知ってます。
長い付き合いの末、結婚したけど、即行離婚して、今は友人同士と言う友達も居ます。

次男の同棲に早く結婚をと言うニュアンスのコメントもあったので、あえてここに書きます。
彼女には持病があり、過去には手術もした事も。
今でも、体力的に厳しくて、正社員としてもガッツリ働く事は出来ず、体調に寄っては波がかなりあり。
それでも息子は、まだ転職したばかりで養うには程遠い中でも、彼女を支えて行きたいと言いました。

こちらに帰れば、二人の為に美味しい物を食べさせたり、物を持たせたり。
そんな事でもそんな事しか出来なくても、今の二人が幸せだと思える事に、これ以上を望む事は無い母親です。

同じ母子家庭の彼女のお母さんもやはり、身体が弱くて、色んな薬を飲んでるのを目にしました。
息子の彼女は、自分の事よりもそんなお母さんの事を心配し、傍から見たら、胸が熱く成る程の想いを感じています。
自分の身体も娘の身体の事も色んな思いがあったから、凄く心配だったと思います。

それを100%大丈夫です!安心してくださいと言える程には、私の力量は有りません。
それでも、出来る限りの事はサポートしてゆきたいと思ってますと手紙に書きました。




幸い・・・・・私はタフですからね(´艸`*)




私がこのブログで、今の場所で生きる事にこだわりがないと言った事も、この先どんな場所で生きる事も楽しみだと言った事は、この事にも繋がってたり。
息子の仕事は大手都市銀行や大手メーカーのシステムを管理する仕事なので、やはり、東京だから成り立つ仕事。
まだ、都会で生きて行くべきか、彼女の体調の事も含め考えてる中、私と同じ病を発症してました。
それを知って、まだゆっくり考えればいいと思いました。
普通のカップルとして今を楽しんで欲しいと。
中途半端だと互いに不完全燃焼のままになるので、二人でしっかり考えていけば良い事なので、外野が何も言う事はありませんねグッド




タラちゃんと言う存在と関わって思う事は、子育てはやはりタフじゃないと(;^ω^)
私も我が子達を育てて来た時は、日々全力疾走(笑)
世間には出回ってない事でもあるけど、出産において亡くなる人も居る事は事実です。

今、長男の嫁さんも私と同じ様に子育てと仕事との両立に奮闘中ダッシュ
なので、たまにお嫁さんの息抜きの時に私が長男の元に行ってます。

次男の彼女は、体調に波があるので、子供を授かったとしてもサポート無しでは厳しい事も、何かあれば病院にと言う現状もあります。

九州に行く事やこちらに帰って来る事や、こちらに帰って単身赴任や、私が向こうに行って彼女の事も子育てもヘルプして行く事等、理想よりも現実をしっかり選択しなければならない状況にあって、体調を壊したのかもしれませんね。
あまり考えすぎるのも何なので、折角都会生活をしてるのだから、二人で楽しんでゆっくり考えれば良いと思ってます。





バツが付いてる私なので、その生き方に恥じる事も無く、世間的な体裁も見方も、保々無責任な見解で、人とは違う事であっても、それで幸せなら、それで十分的な発想ちょき








幸せは、自分で感じる事だから(^^)v






彼女のお母さんからも、話しやすいお母さんで良かったと言って貰えて、それにホッとしました。
普通に元気で居ると、持病を抱えて生きている人への大変さを感じる事はありませんでした。
普通に使う水も、普通に浴びてる紫外線も、脅威になる事を知りもしませんでした。
普通に子供を産んだ私からは、想像もしていなかった産むも育てるのもリスクあるという事。




残念ながら、世間の風潮は、結婚すれば子供と言われる事も現実。




色んな事がある事を人に晒すのも酷で、言われるのも酷。





もう少し、そんなめんどっちい事に心を痛める事無く、二人の時間を楽しんで欲しいと思います。









​​​​​​​






Last updated  2019.06.14 18:10:05
コメント(6) | コメントを書く

PR

Free Space

お買い物はこちらから↓

































ご協力ありがとうございます(^_-)-☆

コメントいつもありがとうございます!
訪問して下さる皆さんの毎日が、いつもHAPPYであります様に ♡(*^▽^*)♡

Recent Posts

Profile


由愛39

Calendar


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.