674127 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

アドバンスレーザーの金型修理の合間に。。

PR

Profile


アドバンス4番

Calendar

Recent Posts

Comments

いかさん@ Re:高齢者の免許返納と事故とドライブレコーダー(08/08) 田舎では車乗らないと生活出来なくなりま…
アドバンス4番@ Re[1]:胃カメラと鎮静剤(08/01) いかさんさんへ 勤めていれば会社で健康診…
いかさん@ Re:胃カメラと鎮静剤(08/01) 読んでるだけでおえっとなります(´・ω・`)…
アドバンス4番@ Re[1]:SHOEI X-FourteenとArai RX‐7 RR5の比較(07/26) いかさんさんへ 後頭部がとんがったのって…

Category

Archives

2019.08
2019.07
2019.06
2019.05
2019.04

Favorite Blog

Keyword Search

▼キーワード検索

2015.11.09
XML
カテゴリ:バイク
バイク用の屋根、作りました(^-^)

ガレージと言いたいところですが、ほんと、屋根のみなので( ̄(工) ̄)



まえから、屋根がほしかった

もう7年前になるのだろうか、ZZR1400を新車で買っても

屋根もなく、バイクカバーをかけて庭にとめておくだけ

雨が降ると、雨水がカバーを浸透して結局水浸し

雪の日はバイクの上に雪が積もり

それを払い落す

油断すると、仕事場の屋根からどさっとバイクの上に雪や氷の塊が落ちてきたりして

大雪の日には完全に雪に埋まったバイクを掘りおこしたり

写真 9.jpg

常々思っていたんです「あー、屋根がほしい、バイク用の屋根がほしい、バイクの屋根があったらな」



で、作ったわけです

バイク用の屋根

仕事場を新しくしたのに伴い、物置との間を広くしてそこにバイクを置くことに

まあ、最初はバイクを置こうと思ったわけじゃなかったんだけど

なんか広ければ便利かなと思って

あとから「ここにバイクを置けるのでは」と思った瞬間からもう

頭の中はそのことでいっぱい( ̄(工) ̄)

まるで初恋をした中二男子のように

四六時中その事ばかり

何を言われても上の空




DIYで自転車置き場を作ったという人のブログを見ては研究し

近所で同じような軒先を作っているところを発見すればこそこそと写真をとり(←かなり怪しい人物だよね)

そんなこんなで設計図を作って着工

これでも土木施工管理技術者一級所持なのです

丁張りだのなんだのはお手の物

なんて思っていたものの道具がない( ̄(工) ̄)

レベルもなければスタッフもなければ何もない

結局、うちにあった水平器を駆使して

離れた場所の基礎ブロックの高さを決め

そこからスケールで高さを追い

物置の屋根のこう配を求め

地道に一歩ずつのFH(計画高)設定

でもね、施工途中、現場合わせに次ぐ現場合わせでついには設計図は全くの無駄になり( ´_ゝ`)

いろいろ計算したものをしい(嫁)にみせ

「みろ、こんなに計算して作ってるんだぞ!!」

と自慢してみたものの

その計算もほとんど役に立たず、ポリカの波板をとめる傘ビスが大量に余ったり(´・_・`)

結局あれが足りないこれが足りないでホームセンターとうちを行ったり来たりしたり

ホームセンターで軽トラを借りて買ったものを載せて帰ろうと思ったら

軽トラが貸し出し中で90分待ちだったり

インパクトドライバーの音がうるさいと娘に小言を言われたり

隣の物置の屋根と仕事場の屋根の関係上、まともに勾配が取れずに

(スペースの都合上、柱4ヶ所のうち1ヶ所は柱ではなくて物置の屋根に背負わす設計)

雨漏りしそうな事が完成する前から発覚したり

いろいろありましたがそんなこんなで出来ました

本当は、作っている過程も写真に撮ったりして詳しくブログに書こうと思ったんだけど

なにしろめんどくさくてほかのDIYで自転車置き場やバイク置き場を作ったよという人の

ブログを見ると、プロじゃないかというほどのこだわりと丁寧さ爆発の

ものすごいものを作っておられる

そんなところにアドバンス4番の、ほったて小屋など紹介できるはずもなければ

需要もないということでやめときました

誰か、こういうのが得意な人がね「バイク置き場 DIY」なんつって検索してだよ、

ここのブログがヒットして、アドバンス4番の作ったやばい奴を一瞥して

鼻で笑って帰って行くっていうの・・・切なすぎるじゃないですか~ ヒィー!!((ノ)゚Д゚(ヽ))

ってことで、ひっそりと、こっそりとやりました




DSC_0998.jpg

まずは屋根がなく、バイクをおこうかなとひらめきためしに置いてみた時



バイク用屋根2.jpg

現場合わせに次ぐ現場合わせ、設計変更に次ぐ設計変更により心が折れかかったのを

なんとか踏みとどまり目鼻がついてきたころ


バイク用屋根3.jpg

自分の予想以上の物が出来てちょっとドキドキしたり、自分で自分をほめてやりたいと思った時




はい、他の人が見たら大したことがないかもしれませんが

アドバンス4番にしてみたら本当にほんと~~~~~にがんばってつくった

傑作になりました

いや~、素晴らしいと自画自賛

何かというと外に眺めに行きましたよ

そして、ちょうどよく完成の翌日が雨で雨漏りしない事の確認もできまして大満足です




ただ、ただね、アドバンス4番の住んでるところ、標高1000メートル

冬には雪が解けて地面にしみ込み、それが凍って地面が持ち上がり

それが解けてまたしみ込み、それが凍って地面が持ち上がり

を繰り返すんです

これを凍み上がるといいます

これが相当のパワーでして、いい加減にコンクリートブロックの上に据えただけの

物置なんかは平気で10cmくらい持ち上がって歪んで扉が開かなくなります

道路なんかも手抜きのところはマンホールの蓋よりも15cmくらい高くまで凍み上がります

アドバンス4番の住んでいる地域の凍結深度は(どのくらい深くまで土が凍るのかってこと)

公式には80cmです

つまり、何かを作るときには80cmまで掘ってその上に砕石を敷いて、その上に作りましょうということ

そうすれば、80cm下からは凍らないので凍み上がらないということ

当然、土木施工管理技士一級所持のアドバンス4番はそんな事重々承知なわけです








が!!

魔が差したというのか、経験上80cmはいらないよ、あれはお役所の決めた大げさな数字さという

プロ?ならではの手抜きというのか

(大げさだ、あの数字は嘘だとかいうのはアドバンス4番の個人的見解でして決して80cmが間違いではなく

むしろアドバンス4番が間違っていると思います)

めんどくさかったというのか

気ばかり急いてさっさと作り上げたかったからなのか

あまり深く考えず砕石15cmはいればOKと思っていたのか

根入れも15cmくらいでいいと思ったのか

こんなたいそうなものが出来るとは思っていなくて

軽い気持ちで適当に始めてしまったのか

結局、30cmほどしか掘らず、そこに15cmの砕石を敷き、その上にローソク

(柱の基礎のコンクリートブロックの事)を設置して埋め戻して

作ってしまいました

まずい、まずいです

冬になり凍み上がって歪んで

仕事場とのクリアランス4cmしかないのに

そっちに向かって斜めったりしたら

買ったばっかりの仕事場の壁が傷つくし壊れるし

どうしよう、どうしよう?

30cmじゃヤバかったかな?ヤバいよね?

凍み上がるかな?大丈夫かな?

でも家のすぐ隣だからそこまで気温も下がらないかな?下がるよね

せめて雪が降ったらこの周りはきれいに雪かきして

雪が解けて地面にしみ込むのを防ごうかな

もし凍み上がったら来春にはサポ持ってきて持ちあげといて

もう一度基礎掘り直しかな

などと、今度は凍み上がりに対してびくびく、頭の中はいっぱいいっぱい

せっかく出来上がったのに喜びもそこそこに

初恋の小6の男子のように

頭の中は彼女(凍み上がり)の事でいっぱいなのでした

こ、これでも土木施工管理技士い・・・・・ってしつこいわ(`-´)>ビシッ !




                    バナー
            うちのサイトです。よろしければのぞいてみて下さいm(__)m

                         2005-11-20 18:18:57






Last updated  2015.11.09 18:11:37
コメント(2) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.