2007.12.14

よくやった・・・・のか?

カテゴリ:独り言
昨日の試合、スコアだけ見れば「よくやった」といってやりたいです。

でも、負けたのに「よくやった」って言うのは、そもそも相手のほうが数段格上で

負けて当たり前と思っているから出る言葉であって、「がんばって勝つぞ」と

思っていれば「悔しい」って事になると思うんです。

そう考えると「よくやった」って言っていいのだろうか?

それにしても数字以上に「差」というのがあったようにおもいます。

ミランだって「何点取るか?」というサッカーじゃなくて

「勝つ」サッカーをしているわけだからあれでいいんですよ。きっと。

別に浦和がミランを苦しめたわけでもなくて

ミランにしてみれば「普通に一点とって勝った」だけなんじゃないかなと。

たぶん、10試合やっても、もう少しで勝てそうなところまでいっても

結局浦和は勝てないんじゃないかな?

それが力の差であって「強い」ということだと思います。

それがにじみ出るような試合だったような気がします。

日本のメディアはこぞって「イタリアメディアが浦和絶賛」

って書いているけど、あれは大人が子供に

「お前すごいじゃないか!いつからこんなことできるようになったんだ?」

って言っているのと変わらないと思うよ。

本当に「負けそうだったしやばかった」と思えば

彼らは「ミランなにやってんだ!!」って事を書きますからね。

まだまだ相手をほめる余裕があって、上から目線で記事を書いてるだけ。

「絶賛された」なんていって喜んでちゃだめなのよ。

とか言いつつ、昨日は真剣に浦和を応援してしまいました(^^)

そして「日本のサッカーもここまで来た」と喜んでもいいのかも、とも思っています。

どんなもんでしょうか?


                     バナー
            うちのサイトです。よろしければのぞいてみて下さいm(__)m

                         2005-11-20 18:18:57





TWITTER

Last updated  2007.12.14 09:03:50
コメント(0) | コメントを書く