5749396 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

Blog de afutura

April 11, 2009
XML

(続き)

ショップで買って持ち帰ったんです。つまりは電車で持ち帰れるような小さいアンプ。Ayre V-1Xeは45kgくらいありましたからね。考えられません。

新入りはこちら。
Jeff Rowland Design Group Model 102Sです。これがAE2Signatureの新しいパートナー。

小さいし、軽いし、オシャレだし、当面はAyre K-1XeをプリにするのでXLR入力もあるし、熱くならないし、200V入力もできるし、現行品だし、安かったし、これを拒否する案件はなにもありませんな。音も当然Ayre V-1Xeとは違う一面を見せるでしょう。



で、早速音出し音符
V-1Xeと再生音を比較して、Model 102Sに妙な格下感があることだけが心配だったんですが。。。杞憂でした。

これを音が軽いと言われればその通り。ただ、V-1Xeほど圧が強いわけもありませんので、今は軽快ととらえたいと思います。実際バスレフポートからの噴き出しが違います。雑誌ではアンプ一般で「大きさが小さいから重低音が伸びない」みたいな記述をよく見かけますが、AE2Signatureに30Hzを望んでいるわけではないし、昨日も書いたとおり「機敏・俊敏」に期待しているので、全く問題ありません。


妻が遠くで聴いて、「ずいぶん硬い音になったわね!」と言ってました。彼女の硬いは、”鋭い”、”ファットでない”と同義語ですが、それこそがAE2Signatureの本来の持ち味とも言えます。原点回帰したか。

思えば我が家でAE2Signatureとペアになったパワーアンプは(一瞬を除くと)、

LUXMAN MA88
  下矢印
Ayre V-1
  下矢印
Ayre V-1X
  下矢印
Ayre V-1X+V-3Mk2
  下矢印
Ayre V-1Xe

と、重量級ばかり。店頭で好印象を持って購入を決めた時は、たぶんGoldmundのMM8とかで聴いていたと思うんだけど。


15年前のスピーカーに最新の伴侶も良いでしょう。102Sなら場所も取りませんし。それに省電力は今まさに人類の義務です。(たぶん)
もっとも、個人的に気に入っていったのは、V-1Xeに比べてランニング時間が極めて短いことです。15分くらいでそこそこの実力を発揮する気がします。夜の短時間試聴にはもってこい。V-1Xeではそれはあり得ません。

それと、V-1Xeと比べていわゆる「スピード感」の違いを感じないことに驚きました。V-1Xeが早いわけもない。。。ということは、102Sが遅い。。。ということもないでしょう。
立ち上がり立ち下がりというのは、極めて感覚的なことなんですね。聴かせ方なんだな。鉈の切れ味から、機敏な剃刀の切れ味へ。いろいろチャレンジしてみよう。

重量級から超軽量級へ、こういうアンプで小粋にAE2Signatureと付き合いたいと思います。


我が家のAE2Signatureを中心にしたシステム 11/04/09】

Esoteric G-25U
下矢印
Esoteric UX-1 Limited
下矢印
CHORD DAC64Mk2
下矢印
Ayre K-1Xe
下矢印
Jeff Rowland Design Group Model102S
下矢印
Acoustic Energy AE2Signature






Last updated  April 12, 2009 06:11:24 PM


PR

X

Keyword Search

▼キーワード検索

Calendar

Category

Comments

 K459SS@ Re:Ray Audioまでこんなところに(03/24) 中古オーディオ機器が潤沢とはうらやまし…
 電気屋さん@ Re:EP用アダプターの比較試聴(03/27) 3月7日から3月27日までの更新が20日以上止…
 吉田工場長@ Re:Munimentum101 2枚目(03/25) 私の乗せものアクセイチオシは逸品館のBEA…
 吉田工場長@ Re:3mm革とレゾナンスチップ(02/03) ここは思いきってパネル自体を撤去してし…
 koji@ Re[1]:唐突ですが(09/28) お返事ありがとうございます。 mixiのア…
 0_saki@ Re:唐突ですが(09/28) kojiさん >唐突で申し訳ありませんが、20…

Headline News

Recent Posts


© Rakuten Group, Inc.