5750579 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

Blog de afutura

June 23, 2009
XML
その親切な返答は、Pass labs内のRushmoreプロジェクトでネルソン・パス氏と共にRushmore開発に従事したMr. Kentからです!

以下やり取りの要約。
  • Rushmoreに用いられたミッドレンジはPHL audio 1120ではなく、1060である。

  • 1060は密閉箱に入れて、Qts<0.6になるように調整してほしい。

  • RushmoreのツィーターはRAVEN製だが、同じものは既に製造中止である。今なら代わりはRAALの**というリボン・ツィーターがよい。それを-6dBでクロスするのがよいと思う。

  • ただ我々は実際製品にRAALのユニットを使っておらず、RAALの情報は複数のRushmoreユーザーがもたらしてくれた。

  • スピーカーは個人の感性が問われる。RushmoreのエンクロージュアにCherryやAppleを用いたのはそういうことだ。我々の助言もあなたの感性に合うかどうかはやってみなければわからない。etc.


ほぅスマイル

どんな奴かもわからない極東のエンドユーザーに極めてご親切な。midrangeだけでなくツィーターまで教えていただいちゃって^^ こんなに教えてくれるなら、最初に(1120ユニットを買う前に)聞けばよかったよ~。
しかも回答が早い。0時にメールすると、毎回2~3時間後にはアメリカ人にしては長い返信メールが届いてました。

感謝。
感謝。


そうなると、せっかくだからPHL audio 1120でなく1060が欲しいでしょ? だからキャンセルしたんです。
PHL audioのサイトから双方の特性を見ると、1060の方がレンジが広く高域が伸びてますね。ただその他特性はよく似ています。同じメーカーの6.5インチ径でそんなに音が違うのかしら。


ただ、1060の買い方がわかりません。検索しても1060を小売りしているネットショップがわからない。
そういう時はどうするか。
直でPHL audioに購入方法と値段を問い合わせ中ですが。。。。。。



最後にPass labsからの金言を。

Speaker building requires that the builder have the ability to measure, but the builder should measure like a wine maker or chef de cusine.  A wine maker or master chef measures carefully in the beginning, but the judgment of the final product is made without serious regard to measurement. Successful speaker building requires that the builder knows the character they seek and recognize that character when it is achieved. 

Rushmoreの音がいい理由がわかるような気がしますね。







Last updated  June 23, 2009 08:36:38 PM


PR

X

Keyword Search

▼キーワード検索

Calendar

Category

Comments

 K459SS@ Re:Ray Audioまでこんなところに(03/24) 中古オーディオ機器が潤沢とはうらやまし…
 電気屋さん@ Re:EP用アダプターの比較試聴(03/27) 3月7日から3月27日までの更新が20日以上止…
 吉田工場長@ Re:Munimentum101 2枚目(03/25) 私の乗せものアクセイチオシは逸品館のBEA…
 吉田工場長@ Re:3mm革とレゾナンスチップ(02/03) ここは思いきってパネル自体を撤去してし…
 koji@ Re[1]:唐突ですが(09/28) お返事ありがとうございます。 mixiのア…
 0_saki@ Re:唐突ですが(09/28) kojiさん >唐突で申し訳ありませんが、20…

Headline News

Recent Posts


© Rakuten Group, Inc.