5753116 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

Blog de afutura

全80件 (80件中 11-20件目)

< 1 2 3 4 5 6 7 8 >

音楽

February 22, 2012
XML
カテゴリ:音楽

我が家から時間的に一番近い都会は、つくばでも北千住でもなく「柏」です。柏には高島屋もマルイもそごうもビックカメラもあるのですから、規模だけなら二子玉川にも負けません。負けるのは街の品格だけです。

が、駐車場がないので車で出かけにくいこと、電車だと乗り換えが必要なことから、なかなか足が向きません。30分以内に着くのにね。

柏にはオーディオユニオンとディスクユニオンがあり、おそらくここも我が家から一番近いオーディオショプでありレコードショップと思われます。(ハードオフ系除く)

今般、家族で柏に出向き、高島屋でショッピングするついでに上記2店に行ってきました。
本当は売りたいハードもあるのですが、それはまた今度の機会に。車で行かないとね。

ディスクユニオンではレコード3枚を1,900円で購入。
Charの2ndアルバム「have a wine」と、大村憲司「春がいっぱい」と、矢野顕子の英語曲を集めた「From Japan To Japan」。「From Japan To Japan」は未開封のデッドストック品。「春がいっぱい」は見本盤。それが600円~700円ですから、今や音楽の安価供給メディアとして、レコードはピカイチのパフォーマンスですな。

「春がいっぱい」は購入2枚目です。別に手持ち盤に大きなノイズがあるわけではないけれど、見本盤だと音が良いかと思って。もっとも枚数が売れたレコードでもないと思うので、見本盤も市場盤もロットは変わらないかもしれません。ちなみにCDも持っています。


家に帰って早速聴いてみました。
まずは「have a wine」から。Charはこの77年当時いくつなんでしょう。10代後半か20代前半か。いずれにしても恐るべし。かっこいいぞ、Char! ダサいのはアルバムタイトルだけだ! アコギの「気絶するほど悩ましい」をこのシステムで聴く日が来ようとはね。
今風からすると音の鮮度はよくないでしょう。が、コレを聴いて音が悪いと一蹴するようなバカオーディオマニアにはなりたくないものです。

80年代テクノの名盤「春がいっぱい」は期待したほどでもなく(笑 元々高音質盤ではないのでしょう。CD含めて我が家3枚目の「春がいっぱい」。タイトル通り、これからの季節ぴったりの愛聴盤です。

矢野顕子はいつも通りの安定感(そりゃそうだ、ごはんができたよ、ただいま、愛がなくちゃね、からの寄せ集めなんだから)。多少音がペラいのは、企画ものだからでしょうか。1,800円シリーズだしなぁ。
矢野顕子のアルバムは3年に1枚のスローペースで増えています。あと30年くらいしたらコンプリートできるかもしれません(笑







Last updated  March 1, 2012 11:40:07 PM


November 15, 2011
カテゴリ:音楽

シャンゼリゼ通りでヴァージンメガストアを見かけたものの入店しませんでした。そうしたらパリ市内では他CDショップを目にすることができず(特別探してもいなかったが)、海外の行った先でCDを買う記録が途絶えてしまいました。

コペンハーゲンでは現地のソフトチェーン TP MUSIK MARKEDで2枚ほど購入。パリよりも多くのCDショップを見かけ、レコードも含めてあまり店頭購入に無理はない様子。

本当はこの円高ユーロ安ドル安の今こそCDを買いあさるのが正しいオーディオマニアのあり方のようにも思います。恐らく今回はそのチャンスだったんですが...いかんせん家には聴いていないCDが山になっていることと、聴く時間もそれほどないこと、いろいろなお土産ででかいトランクがすでにパンパンになっていたことが相まって、購入に積極的にはなれませんでした。あと欲しいCDやミュージシャンを事前にチェックして行かないと限られた時間内に店頭で出物を探すのは難しいですね。

買ったのは

  • SINNE EEG / SINNE EEG(COPE Records 2003)
  • ADELE / 19(Xl Recordings 2007)

SINNE EEGはデンマーク生まれでしょうから、その記念にはもってこいかと。買ったのは2010年のリイッシュー盤ですが、紙ジャケでしたっけ? 聴いてみるとやや乾いた感じの録音も良いですね。またコペンハーゲンにいく機会があったら、他の盤も購入しよう(笑

ADELEは店頭でも"21"が積まれていたので人気なんでしょう。私は"21"は持っていたので、店頭にはなかった"19"を奥から探してもらいました。

基本的に日本でよく見かけるADELEのようなミュージシャンは、あちらでも目にしました。情報社会ですから、あまり地域差がなくなってきているのかもしれません。

値段はSINNE EEGがDKK 99.95、19に至ってはDKK 49.95でした。DKK 1=14~15円くらいなので、日本円でSINNE EEGが1,500円弱、19は750円弱です。
帰国して調べると、amazon.jpで同アルバムがそれぞれ1,293円、846円でした。ただしSINNE EEGは海外出品者なので送料分340円が加算されます。
そう考えると直接ジャケットを手に取って買った方が微妙にお安い(笑 また、デンマーククローネがユーロに比べて下がっていないこともあるかも。つまりはパリで買ったらもっと安かったのかも。

まぁCDなんて枚数買うもの。1枚あたり100円でも安ければ、その差は大きいのかな。やはりもっと買ってくるべきだったか....。







Last updated  November 20, 2011 06:41:28 PM
September 14, 2011
カテゴリ:音楽
CDの売却価格の査定が来ました。
買い取り不能もあるので、全82枚で8772円。一枚平均100円強。先日の予想通りというべきか、そうはいっても期待はあるので希望より安かったというべきか....ただ買う時は引かない私も、売る時は予想販売額を下回っても引き上げも面倒なので「了承」してしまうことが多いですね(そういう客の心理も見越しての値付けだとは思う)。今回も了承。これでも通常査定の20%増なんです^^;

しかしBeatels関連はUS盤UK盤ばかりでしたが、一枚60~120円程度。まぁこれは枚数が出ているだろうから仕方ない。Eric ClaptonはUS盤メインで一枚24~60円、Holly Coleに至っては全て一枚24円と散々。

オーディオマニア御用達とも当然のように関係なく、Eagles / Hell Freezes Overも一枚24円、Enya / Watermarkも同額。Rickie Lee Jones / Pop Popは120円、Linda Ronstadt / What's Newも同額でした。女性Vo.はもっと高値が付くのかと思ったんですが、そうでもないらしい。
我が家は輸入盤が多いので、リマスタリング盤やSACDが出ると値が落ちるのと、元値の安さが差し引かれているのかもね。こちらの旧盤の方が音はいいものが多いと思うんですがw

そんな中で高値?を付けたCDは何でしょう。
それは例えばこういうディスクでした。

  • The Searchers / Love Potion Number Nine Best Hits (VICP5379)
     サザンもカバーしたLove Potion Number Nineの原曲ですから、この一曲だけは有名だと思います。これが意外な高値で720円。こういう1960年代の、ヒット曲はあるけどマイナーなグループのCDは値打ちがあるのかも。

  • Peter Fessler / Landscape Tapestery (GECH8212)
     実はこのCD音がいい。けど甘すぎる男性ヴォイスは好きじゃないの^^; どこで買ったんだろう? 600円。

  • Linda Ronstadt / Hummin to Myself (UCCV1052)
     今回売った中で最も高値の780円。これは国内盤。上記したWhat's Newの方が個人的には好きなんですが...。

あとは300円台、100円台のCDがちらほらりです。買う時は高くとも、売る時は安いものですな。恐らくもっと高い査定を示すショップもあると思いますが、オーディオ機器ならともかく、ディスク1枚1枚で査定比較なんてできません。オークション出品やAmazonの中古品出品ですら面倒なのに^^

ただAmazonで調べて、中古盤の値段が1000円を切らないようなCDは、自分で出品した方が徳だとは思います。時給換算しちゃうと?も付きますけどね。






Last updated  September 20, 2011 01:43:33 PM
September 6, 2011
カテゴリ:音楽
CDはとりあえず洋楽のPops/Rockを90数枚を選び出し、売却することにしました。CDショップに発送です。

私はいつの頃からか、聴いたCDにいつ聴いたか(付箋紙に)記しています。今回改めてチェックしてみると、2001年4月とか、2005年4月とか、そんなディスクがゴロゴロ。2001年4月ということは大阪在住時を最後に、東京でも茨城でも聴いていないと言うことです。洋服は2年聴かなかったら廃棄しても問題ないといいます。10年聴かないCDを後生大事に取っておくこともないでしょう。

リッピングしましたので、The BeatlesもEaglesもBon Joviも売ってしましましよう。特定の曲を除けばそうそう聴かないし、それにThe Beatlesは44.1/24bit flacもありますし、Bon JoviはSACDもあるのです。レコードもある(笑

とはいいつつも、高値が付きそうなMobile Fidelity盤は逆に手元に置いておくことにしました(笑 これらは1枚1枚高値で個別に…(笑
輸入盤、国内版、未開封盤あわせた90数枚、はたしていくらになるでしょうか。マニアなのでディスクは大事に扱っており、盤質は問題ないはず。でも古いからケースも入れれば状態Aではないかも。

1枚100円だと9,700円、50円だったら4,350円か。これだけ買うのには一枚2,000円としたって、194,000円もかかっているんだけどなぁ。。。






Last updated  September 16, 2011 08:59:44 PM
August 19, 2011
カテゴリ:音楽
ディスク整理

今年は大地震があったので、何度も上記写真のようになったのですが^^

地震の後遺症は今もあって、その最大のものはCD/SACD/DVDAの整理です。崩れたものを、またあらためてCDラックに入れ直していません。いつ再び崩れるかわからなかったし、ケースは相当数が割れていたし、リッピング途中だったし、元々売却予定で分けていたものと混ざってしまったからです。


夏の長期休暇を利用して、おそらく今年最大のディスク整理<Pops/Rock編>に入りました。店頭持ち込みではなく、ディスクユニオンから段ボールを取り寄せての仕分けです。売る枚数はCD中心に200枚を予定。

もう2年以上聴いていないディスクに関しては、思い入れがあるもの以外売り払うつもり。コンプリートに近く持っていても、聴くアルバムは限られるミュージシャンについては切り売りすることにしました。今まではそこの思い切りがつかなかった。これでEric ClaptonやThe BeatlesやBoz ScaggsやHolly Coleといったそうそうたるミュージシャンが我が家から姿を消すことになります。

って、AIFFでリッピングはしましたけどね(笑
Macでは再生可能。ブツがなくなるだけです。

もっともこういった有名ミュージシャンは、いざとなったら買い直しが利くもの。もしかして困るのはStevie BとかKaryn Whiteといった、ディスクショップで「その他扱い」の人かもね。


でも問題はこれらではなく、<Pops/Rock編>が終わったら行う予定の<Jazz編>かもしれません。
そもそもリッピングも進んでいないし、進まない理由の一つに「Jazzは(特に70年代以前の古いJazzは)ディスクでないと聴く気がしない」という自身の性癖が発覚(笑 どうしよう。聴いていないを売却の目安とするなら、数百枚はあろうJazzの方がよほど聴いていないんですが。。。






Last updated  August 25, 2011 12:00:28 AM
July 6, 2011
テーマ:韓国!(14423)
カテゴリ:音楽
さて、日本に戻って。
オーディオ関連の自分へのおみやげは何にしたかというと、CD 7枚+CD-R 2枚です。これは先の電子ランド/チョンジャレンドゥ@龍山のオーディオ用ソフトショップで購入したもの。

ソウルで買ったCD

これらBest Audiophile VOICESシリーズ(by Premium Records)が日本で売っているのは知っていましたし、ネットで買えるのも知っていました。が、音や内容は知りません。
正直あまり時間もなかったし、店で一番目立つところに陳列してあったからさぁ(笑 そもそもこれらはシンガポール盤だと思います。本来は韓国のものをソウルで買ってきた方がいいんだけどね。

値段は1枚22,900ウォン(現在約1,830円)。後日日本のオーディオ店で見たら3,675円/枚でしたから50%offです。(これが偽物だったら笑うなぁ)
H.I.S.あたりだと、シーズンオフならソウル一泊2日24,800円なんてコースもありますから、15枚くらいこの手のハイクオリティディスクを買うならば、ソウルに来た方が安い勘定になります。うーむ。

私はここでケチらずに、店頭にあったシリーズ全6枚を大人買い(笑 全然内容を知りませんが、中途半端に買ってよかったら悔しいではないですか。
そしたら店員もさるもので「もう1枚似たのがあるから」とオススメ追加してきました。わかったわかった、それもちょーだいな。

でも、7枚も買うんだからまけてよ、と交渉開始。ところがこの店は商品に値段表示があったからか、端数は切ったものの大幅割引には応じません。「こんな実績じゃボク日本に帰れないよ」と泣くと、レジの下からごそごそとケースもないCD-Rを1枚出してきました。ハイクオリティディスクのサンプラーだから持って行けと。「サンプラーなんて店にタダで配られるもんじゃん、もう一枚くれ」。そうしたら今度は販売台の下から別のCD-Rを1枚。こっちはもっといいから持って行けと。(ここまでのやり取りは双方怪しい英語)
ふーむ。超怪しいCD-Rですが、妻子が待っていたので退散しました。

これらディスクはHMVとかで買う予定だったんですけど、ソウルってHMVないのね。


CD 7枚+CD-R 2枚をまだ聴いていないんです。
CDはともかくこのCD-R、叩き割りたくなるようなものでないといいんですが。






Last updated  July 8, 2011 10:02:48 PM
June 12, 2011
カテゴリ:音楽
私はPADの銀河系エンハンサー SHEERでCDを磨き狂っていたと以前書きました。販売中止で、もう残ってない代物。あぁCDクリーニングしたい!

と言う話ではありません。
CDケースの話です。私が中古CDをあまり好まない理由の一つは、ケースのすれが嫌いだからです。CDだけでなくケースもきれいであって欲しいもの。メガネ用のクロスでケース拭きもしています。

ところが震災最大の被害はCD/SACD/DVDAのケースだったわけですよ。高い場所から雪崩のように落ちたので、まぁ割れた割れた。泣きたいくらいに。
その数、ヒビも入れれば、現在確認できているだけで70数枚ですね。

元々リッピングしたら処分しようと思っていた、あまり聴かないCDについては、そのまま売り払おうかと思っていました。買い取り価格が数十円安くなるだけですから。

が、胸の奥に潜むこのもやもや感。割れたCDケースが数十枚も山積みになっていること自体が気持ち悪いのです。それにケースなんて大した値段ではないと。

えぇ、100円ショップで買ってきましたとも。空CDケース。
とりあえず3個で100円×10。


正直全てを入れ替えようとは思いませんが、我が家に残る可能性があるディスクに関しては、順次入れ替え予定。いらん出費といらん時間です。でもこの程度で済んでよかったのでしょう。

問題は・・・SACDやDVDAのちょっと特殊なケース。これらの空ケースもどこかで見かけたような気がするんですけどねぇ。どこだったかな。。。







Last updated  June 14, 2011 11:31:42 PM
December 31, 2010
カテゴリ:音楽
先日いただいたレコードの中に、妙にツボにはまるものが何枚もありました。

いただいたレコード


例えば「ゲルニカの銀輪は唄う」。ゲルニカだよ、戸川純だよ、太田蛍一だよ! と興奮する人は少なかろう。

例えば「YMO / タイトゥン・アップ」。曲はもちろん知っているけど、シングル化していたとは知りませんでした。

例えば「坂本龍一 / Steppin’ Into Asia」。これも曲は知っていましたが、ピクチャーEPが手元に来るのは初めてだなぁ。ピクチャーLPは結構持ってるけど。

例えば「EVE / 子供達を責めないで」。若き日の秋元康が日本語詩を付けたあの曲です。なにせ歌詞が

私は子供が嫌いです。
子供は幼稚で 礼儀知らずで 気分屋で
前向きな姿勢と ないものねだり
心変わりと 出来心で生きている
甘やかすとつけあがり 放ったらかすと悪のりする・・・・・

と、大人の本音を4分にわたって、伊武雅刀が絶叫する懐かしのコミックソング。スネークマンショーに慣れ親しんだ人なら聴かないわけにいかないでしょう。爆笑できます。

1983年発売なのか、いい時代だったねぇ。この歌詞でオリコン21位。

火事の時は足でまとい 離婚の時は悩みの種
いつも一家の問題児
そんな御荷物みたいな そんな宅急便みたいな
そんな子供達が嫌いだ

私は思うのです
この世の中から子供がひとりもいなくなってくれたらと
大人だけの世の中どんなによいことでしょう
私は子供に生まれなくてよかったと
胸をなで下ろしています

今聴いてもウけるんだから、というか子供ができたからこそ笑える一曲大笑い 乱痴気の伊武雅刀が大好きだ。







Last updated  December 31, 2010 01:20:38 PM
December 29, 2010
カテゴリ:音楽

知人がレコードをくれるというので、何も考えずにOKしました。

先日それが送られてきたのですが、内容はバラエティに富んでおり、アニメからクラシックから歌謡曲から。中でも70年80年代の歌謡曲とYMO、メンバー3人のソロアルバム、矢野顕子やムーンライダースのLPがギッシリ。LPにして37枚。EPは数えてません。

「YMO/増殖」は買いなおそうかと思っていた25cmアルバムだし、BASIAの12inchシングル「New Day For You」なんてあったのか。80年代末は12inchブームだったからなぁ。

私の手元とダブるものも10枚くらいあるものの、これはお宝です! マニアではなく一般人だから、おそらくさほど聞き込んでいないのでしょう。ジャケットは茶のシミが出始めていますが、盤質は店で買えばA+~A-クラス。

ちょっとうれしいぞ。「渥美二郎/夢追い酒」のB面が「おもいで北千住」だと、千住在住時に知っていたら、もっと盛り上がったかも^^

もらったレコード

もらったレコード

盤掃除して、よれた外袋を入れ替えて、順番に聴いています。が、聴き終わる頃は来年の春になりそう^^ 






Last updated  December 31, 2010 11:50:42 AM
December 27, 2010
カテゴリ:音楽
捜し物とは積極的に行くものと、目の前に現れるのを待つものがあります。
今回はこちら。「今だから/松任谷由実、小田和正、財津和夫」です。私が知る限り、CD化はもちろん、LP化もされていないと思います。有名歌手でも必ずCD化されるとは限らないですよね。特にこういう権利関係の複雑そうなものはw

積極的に探さなかったのは、特別名曲ではないし、ただ懐かしかった、もう一度聴いてみたかっただけだからw 二十数年前は結構売れた1枚だと思います。

こんなEPがポッと目の前に^^

今だから/松任谷由実、小田和正、財津和夫

聴く側としてうれしかったです。学生時代にトリップできました。
盤質もよく、ノイズも極小。

この「今だから」、作詞も作曲もプロデューサーも松任谷由実、小田和正、財津和夫の競作なのですが(お互いの曲を歌うのはプライドが許さなかったのかしら)、今聴くと各人の色が薄く、妙にテクノポップっぽいんです。まぁ当時はそういう時代だったけど、少なくとも小田和正や財津和夫のイメージではない。

ジャケ裏を見ると、あらら編曲とキーボードは坂本龍一だったんですね。しかもバックはギターは高中正義で、ベースは後藤次利で、ドラムは高橋ユキヒロじゃん! 半YMOで半サディスティック・ミカ・バンドとは知らなんだ。
こういう発見も楽しいものです。






Last updated  December 31, 2010 10:49:10 AM
このブログでよく読まれている記事

全80件 (80件中 11-20件目)

< 1 2 3 4 5 6 7 8 >

PR

X

© Rakuten Group, Inc.