5751756 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

Blog de afutura

全80件 (80件中 51-60件目)

< 1 2 3 4 5 6 7 8 >

音楽

July 18, 2007
XML
カテゴリ:音楽

昨晩は、オーディオから足を洗い、つまらんマニアとの縁を切り始めたうっしっしカゲトラさんと、秋葉原で楽しく会食させていただきました。といっても、ワタシはご馳走になっていただけですが^^
場所は秋葉原プラザビルの福寿。秋葉原もだいぶ様変わりして、こういうちょっとした食事をするのも困らなくなってきましたね。

なかなか時期的に、空き時間はあっても夜一人で遊びまわるのは気が引ける状態が続いていましたので、久々に外で飲み、食べることができました。いい気晴らしです。

その際に、出産祝いとして、RockやJazzのレコードを30枚ばかりいただきました。
中には、

  • シェフィールド盤 HARRY JAMES / COMIN FROM A GOOD PLACE
  • タバコを吸っているジャケの素敵な RICKIE LEE JONES / RICKIE LEE JONES
  • これは欲しかった PRINCE / MUSICOLOGY
  • マニア好みの JULIA FORDHAM / JULIA FORDHAM のUSA盤
  • 180g HQ vinyl の DEEP PURPLE / MACHINE HEAD
  • QUEEN 30周年記念盤 QUEEN / A NIGHT AT THE OPERA
  • オリジナル盤? ERIC CLAPTON / SLOWHAND

なんてモノたちも。これは大事に聴かねばなりませんね。 << カゲトラさん、ありがとう音符


引っ越してきた当時はそれほど増やす予定もなかったレコードですが、ありがたいことにいただく機会も多く、新しく作ったレコード箱がもうすでに8割方埋まってきています。アナログ環境が変わり、以前とは比べものにならないくらい快適にレコードが楽しめるようになりました。当面はレコードを売る予定もないので、これは箱を追加作成したほうがいいかもしれません。







Last updated  July 18, 2007 11:29:29 AM


May 25, 2007
カテゴリ:音楽

近所の中古屋で格安で買ってきた「YMO/パブリック・プレッシャー(公的抑圧)」のレコード。
ジャケットは非常に美品でしたが、肝心のレコードは反り返っており、聴けず(爆 あまりの安さに店に苦情も言えず(爆爆

以前何かの雑誌に「レコードが反ったときは、ガラス板に挟めばよい」と書いてあったのを思い出し、どうにか聴こうと、2週間ガッチリとガラス板に挟み込みましたが・・・直りません。そんなことで直るレベルではなかったかぁ。
聴けるようにはならず。残念ですしょんぼり 安物買いのなんとかになっちゃいました。

どこかの店で有料で反りを直してもらっても、YMOのような枚数の発売されたレコードの場合、もしかしたらレコードごと買い直した方が安い可能性もあり、悩ましいな。







Last updated  May 28, 2007 12:28:17 AM
May 2, 2007
カテゴリ:音楽

またまたレコードを買い始めました。茨城の片田舎でレコードなんてと思いつつ、ハードオフのようなリサイクル店は周辺にも結構あるし、もっと専門的なものは定期券のある御茶ノ水界隈で買い求めればよい。ということでモノには困りません。
もっとも、ハードオフのようなレコード専門店でない店は盤面の確認がアバウトだし、ジャケットをビニール袋に入れて保管していなかったりもするので、状態的には???なことも多いのですが。。。

この2週間でポップス/ロック系ばかり10枚程度買いましたでしょうか。1枚平均500円以下だと思います。安いもんです。(ただ針飛びする盤もありTT)

音的にも内容的にも大外れは"桑田佳祐/ロック・アンド・ロール・ヒーロー"。2002年と最近のアナログだからと思ったんですが ・・・ こんなしょぼい音では300円で売られていても納得。桑田も売れすぎておかしくなったか? 初期のサザン・オール・スターズの方が100倍はマシですわ。

ヒット作は"Bird/Bird"です。このアルバム、SACDにもなっているくらいですから、音は悪いはずはない。ちょっと手持ちのSACD盤と比べたらどうかと思い、620円で購入しました。
このアルバム、3枚組みのBOXで、片面2~3曲しか入っていないというこだわりぶり。ほら、これだけでも良さそうじゃないか。

店の盤質評価は並みだったので、若干のスクラッチノイズが入る場所はあるものの、我が家のマルティディスクプレーヤー パイオニア DV-S858Aiで再生する同アルバムに比べて圧勝です。これは機器の値段の差なのか(DV-S858Aiよりもカートリッジ シェルター901の方が高い)、メディアの持つ自力なのか、もう何が何だかわからなくなってしまいます。

音場感(特に前後感)はSACDの方が勝っていると思うんですよね。あと詳細感。ただ、例えばリンゴりんごでも何でも、非常によく撮れた写真カメラを見るのと、実物を見るのくらい受ける印象が異なるんです。SACDは音が軽やかなのではなく、軽い。
以前はアナログは大音量だと聴き苦しいところもあったのですが、それも部屋が解決してくれたようです。部屋の影響、極めて大。

これは・・・神は私に何を啓示しようとされているのでしょうか。

  1. CDもSACDも忘れて、アナログ道をまい進なさい
  2. そもそも安いマルティディスクプレーヤーなど使わず、CD/SACDをレコードレベルまで引き上げなさい

お導きをぉぉぉぉ!

なかなかに難しい選択です。"一事が万事:一枚が万枚"と言うことでもないと思いますから、大慌てで対策する必要もないのかねぇ。だってあれほど誉めてきたSACDですから。パイオニアDV-S858Aiだって、並み居る強豪機とそこそこは戦ってきた実績だってあるわけだし。

でも、フロントの強化はしたほうがいいね。部屋もきれいになった昨今、もうDV-S858Aiと他機の格が合わなくなってきている印象は強くしています。







Last updated  May 5, 2007 08:46:05 AM
April 19, 2007
カテゴリ:音楽

札幌2日目。
朝から仕事ながら、訪問先が2時間ごとのアポイントと、非常に時間の使い方が難しい一日です。仮に時間が空いても、そんな何回も喫茶店でコーヒーなんて飲めないもんね。

お昼はJAZZ喫茶「BOSSA」でスパゲティセットでも、と思ってBOSSAの前まで行ったのですが・・・隣が実はステーキハウス「牛の松坂」なのです。スパゲティセット 650円+JAZZ とハンバーグセット880円 with 鉄板を天秤に乗せた結果、ハンバーグセットが勝ってしまいました(爆 お昼は鉄板で200gのハンバーグだ^^

味もまぁまぁかな。北海道で松阪牛もどうかと思いますが、不意に沸き起こる肉への欲求は絶てませんね。特に鉄板焼きは時にものすごく魅力的に映ります。

 

本当にフリーになったのは、20時過ぎ。夕食は適当な寿司屋でパッパと済ませました。

デビッドサンボーン/クローサーアフターは前回行けなかった店やライブハウスも脳裏に浮かびましたが、結局また「JAMAICA」へ。訪れるのは今年に入ってから6~7回目だと思います。関東でもこのペースで行っている喫茶店はないので(日比谷のスターバックスくらい)、このままですとJAZZ喫茶オブ・ザ・イヤー@afutura受賞間違いなし。定期的に札幌に出張しているわけでもなく、地元の店でもないのに、これはすごいことです。

店内で聴いた"デビッド・サンボーン / クローサー"は非常によかったですね。2004年の新しい録音が、JBL パラゴンによって見事に再生されているのです。1曲目のチン・チン・デュオから引き込まれてしまいました。







Last updated  April 24, 2007 10:56:47 PM
March 20, 2007
カテゴリ:音楽

実家にも少なからぬ枚数のワタシのレコード盤が保管されています。
今回その枚数を調査し、大まかな数は把握しました。オーディオルームはまだまだスペースに余裕があるので、時期を見てこちらに持ってきてもよさそうです。

写真は実家で発掘された80年代アイドルのEP盤。私が高校1年生くらいの時のものでしょうかね。田原俊彦、近藤真彦、河井奈保子、石川秀美、松田聖子、原田知世、小泉今日子、堀ちえみ、etc.。おお、岩井小百合に伊藤さやかまであるど(爆

80年代アイドルEP盤

当時は聖子ちゃんカット or 明菜カットが大流行で、周りの同級生はみんなそんな髪型だったねぇ。(髪型が)明菜に似てるから、(髪型が)マッチに似てるから、そんな理由でつきあってる奴らとか、本当にいたもんなぁ。

で、なんで急に実家に帰ったかというと、AU by KDDIのCMソング“I’m in the Mood for Dancing(邦題:ダンシング・シスター)”を歌っているノーランズのボックス・アルバムを探しに行ったんです。なんか急に“ダンシング・シスター”がフルで聴きたくなりましてうっしっし 
もちろん見つけて(上写真で左隅に見切れているヤツがそうです)、それだけは手で持ち帰りました。







Last updated  March 28, 2007 07:41:12 PM
December 30, 2006
カテゴリ:音楽

"季刊ステレオサウンド誌"の巻末、ディスクレビューのコーナーがありますが、今161号からポップス/ロックの紹介がなくなってしまいました。つまりはクラシックとジャズのレビューだけ。コレは一体??? 売れてなさそうな"ビートサウンド誌"にお任せする気なのかしら?

と、ハイエンドオーディオ誌から袖にされているジャンルばかり聴いていたなぁ、今年は^^

さて、今年は購入したパッケージ・ソフト数がものすごい少なかったです。CD/SACD/DVDを合わせても40枚もないんじゃないか? (長渕が10枚あるのに^^)

そもそも他にやることのある時は購入ソフトが少ないもんです。去年は千葉ロッテマリーンズの優勝を追いかけたから(それどころじゃなかった)。今年は家を建てないといけなかったから(それどころじゃなかった)
それともう一つ重要なことが。1曲のみピンポイントで、iTunesストアでダウンロード購入するようになったからです。コレは大きい。特にポップスはシングル曲のみよい、ということが少なくないので、20秒でもサンプルとして聴けて、一曲単位で買えるのは大変便利なもんです。

そんな数少ない購入ディスクの中で、2006年ベスト1ソフトは

『KRAFTWORK / MINIMUM-MAXIMUMです。

 クラフトワーク/ミニマム-マキシマム ◆20%OFF!

さすが、クラフトワーク。ディスクとしては音も内容も圧勝でしたね。
これはDVD
ですが、オーディオベーシック誌を読んでいたら、何とSACD盤もあるらしい。買ってみないといけないですなぁ^^

ちなみにこの一年、ヒップホップを非常によく聴いていました。我が家のiTunesによると、2006ヘビーチューン曲・ベスト3は

Summer Time Love / mーflo loves 日之内絵美 & Ryohei
Around The World / MONKEY MAJIK
マタアイマショウ / SEAMO

(次点)ルパン・ザ・ファイヤー / SEAMO

ですからねぇ。オーディオとは縁遠いものばかり♪







Last updated  December 31, 2006 12:18:54 AM
October 16, 2006
カテゴリ:音楽

長渕剛と浜田省吾は大学時代に聴きまくって、そしてそこで止まったミュージシャンなの♪ 特に長渕はな~~ その後変な方向に行っちゃったもんな~~ 逮捕されてるしパンチ

そんな長渕剛のバラエティ初出演、ANN系くりいむなんとか“長渕剛ファン王決定戦”(2006/10/16放送)を君は見たか。ワタシはテレビの前で久々に正座をしました。そして歌う長渕剛を見ました。

おもしろかったわぁテレビマイク

えぇ、急に手元のディスクDVDを聴き直しました。"LICENSE"あたりまではホントにいいね~。

で、なにげにamazon.co.jpを見たら、今年になって、渕剛の作品24bitリマスタリングが発売されてるじゃん! おおお、これは欲しい! (初回限定生産の紙ジャケ仕様を買い逃したのはちょっと悔しいな)

ということで、手元に一応CDはあるけど、下記の10枚をamazonで買い直すことにしました。勢いです。

風は南から
逆流
乾杯
Bye Bye
時代は僕らに雨を降らしてる
HEAVY GAUGE
HOLD YOUR LAST CHANCE
HUNGRY
STAY DREAM
LICENSE

久々の大量買いだなぁ。 マイベストは"時代は僕らに雨を降らしてる"グッド







Last updated  October 17, 2006 02:15:12 AM
September 7, 2006
カテゴリ:音楽

オーディオ雑誌以外にももう一つ。
バルセロナのホテルの隣がソフトショップでしたので、記念CD購入に精を出しました。
 
先日聞いたフラメンコはよかったけどCDを聞くほどのことはない、スペイン歌手と言えばフリオ・イグレシアスくらいしか知らない。う~む。
  
ふと、「フレッシュ・サウンドってスペインのレーベルじゃなかったっけ?」と思い出し、Jazzコーナーへ。
あります、あります、フレッシュサウンド。一枚6~7.5ユーロ(税込み)とお手軽価格です。日本で買うと2,000円以上はするから・・・ちくしょう、ぼってやがんな怒ってる
 
DANI RAMBLA数あった中から「DANI RAMBLA QUINTET/PARA QUERER」をセレクトしました(1枚だけしか買わなかったのは、手持ちの現金がなくなりかけていたから失敗。DANI RAMBLAは知らないピアニストですし、曲もオリジナル中心で危なっかしいですが、2002年のバルセロナ録音で、かつ月夜の牛月やぎ座のジャケットですので、良き思い出になることでしょう。
 
日本に戻ってからDANI RAMBLAを聞いてみました。
録音に勢いが感じられるというよりも、90年代前半のJazzっぽい。内容的にはかなり当たりです音符
 

スペインの音楽には全く馴染みがなかったのですが、ホテルでMTVのようなチャンネルを流しっぱなしにしておくと、かなり良い。というか、すんごく良い。侮りがたし、スペインポップス。

はいいのですが、このチャンネル、夜12時を境にアダルトチャンネルに様変わり。あっはんうっふんあそこ丸見えチャンネルと化してました。

昼も満足、夜も満足、いい国だぁ。

ちなみにこのチャンネル、朝はエアロビクス番組に。何なんだ、この間口の広さは大笑い







Last updated  September 13, 2006 12:34:09 AM
August 11, 2006
カテゴリ:音楽

劇団四季のオペラ座の怪人は凄いらしい。
では行かねば。話題に乗り遅れちゃう。

というのは冗談として、たまたま新橋のチケットショップに行ったら、劇団四季「オペラ座の怪人」の当日券が55%OFFになっていました。特別ミュージカルに興味はないものの、5,000円で見られるのならば、これは行かない手はありません。しかも場所は電通四季劇場海ですから、ここから歩いて5分じゃん!

オペラ座の怪人

ミュージカルなんて2年ぶりですかね~。ストーリーは簡単で・・・

  1. パリ・オペラ座の地下に怪人が住んでます。
  2. 怪人が若手女優に歌を教えます。
  3. でも、女優は若い子爵に心を奪われます。
  4. 嫉妬に狂う怪人は彼らに復讐を誓います。
  5. 最後に怪人は真の愛に気付き、姿を消します。

妖しい調べが支配する、そこは愛の迷宮かぁぁぁぁ!

見ると確かに面白い。仕掛けも豪華だし、これは確かに専用劇場が必要だな~。
気分転換にこういう場所で非日常を感じるのは、ストレス解消にもとってもいいね。







Last updated  August 14, 2006 11:26:48 PM
July 17, 2006
カテゴリ:音楽

年初に42型の液晶TVを買って、一番よかったと思ったのは、実は多くの映画を見ているときではなく、このDVDの1曲目「The Man-Machine」を見た(聴いた)時ですわ。画面に映る無機質の単語の流れに心動かされました。

DVDの名前は『KRAFTWORK/MINIMUM-MAXIMUMです。

 クラフトワーク/ミニマム-マキシマム ◆20%OFF!

素晴らしい! といっても心打たれるのはYMOに傾倒した者でしょうから、極めて限られてると思いますうっしっし 直立してリズムも踏まずに、メンバー4人横一列で演奏する(?)スタイルは、今見るととっても新鮮です。

2003年9月、彼らは実に17年ぶりのアルバム「ツール・ド・フランス」を発表したのですが、それを聴く前にDVDの購入となりました。しかも今回はドイツ盤です。購入したのは楽天じゃなくてamazonね。そりゃそうだろ。

作っていただいた露球独政策ヘッドホンアンプはクラフトワークのDVD(独盤)には抜群の効果を発揮しました。"TATOO"よりも"クラフトワーク"ということは、このアンプは球(6C33C)よりもゲルマンの血の方が濃そうだねヘッドホン
ヘッドホンだけじゃなくて、5.1chももちろんマルです。

今回このDVDを見て思ったネガティブなこと。
ドイツはライブ会場への携帯電話携帯電話とか、デジカメカメラの持ち込みが認められているのか??? やたらにパチパチカメラ撮ってるなぁ。







Last updated  July 23, 2006 02:51:18 PM
このブログでよく読まれている記事

全80件 (80件中 51-60件目)

< 1 2 3 4 5 6 7 8 >

PR

X

© Rakuten Group, Inc.