5749275 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

Blog de afutura

全106件 (106件中 51-60件目)

< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 >

Mac/Windows

October 23, 2011
XML
カテゴリ:Mac/Windows
iPnone4Sが届いて、最低限の基本設定は済ませました。3GS→4Sとはいえ、基本ルールに変更はありませんし、3GSも早々にiOS5にはしていたので、戸惑うこともなし。

今回荷物が多くガイドブック等は持って行かないので、iPhoneに不具合があるととっても困るのです。大げさにに言えば、見知らぬ地でiPhoneが生命線と言ってもよい。電池の減りが早いなんてコメントも耳にしますが、大丈夫だろうな・・・(結果を言えば全然問題なしでした。1日は余裕で保ちます)。一応予備バッテリーとしてeneloop mobile boosterは持って行きます。

ガイドブックの代わりに、iPhoneにはcityscouter gmbhの「パリ旅行ガイド」と「コペンハーゲン旅行ガイド」はインストールしました。共にお値段350円。実際値段なりには使えます。下調べには役立ちました。もちろんこのガイドに従ってレストランを選ぼうとか、観光すればもっと役立つでしょう。私の場合は基本「感」で、上記アプリは万が一用なので^^;

それよりも今回辞書を
NAVER英語辞書に一新。オフラインで使えないのが唯一不安だったものの、会話会話の間の単語調べ(普段の会話に出てこない"狸"とか)には重宝しました。無料辞書としてはよくできています。


旅に先立ってインストールしたのは上記3本だけ。
実際一番使ったのは「マップ」と「Safari」と「メッセージ」と「カメラ」といった基本アプリだったと思います。






Last updated  November 5, 2011 09:05:01 AM


October 22, 2011
カテゴリ:Mac/Windows
iPhone4Sが手元に来ました!

実物を手に取ってまず思ったのはMBAと同じ感覚です。自分のアルミケース付き3GSより軽いのに、見た目が薄いから実重とアンバランス。MBAも見た目と重さが合わないw

早速色々試したいものの、平日もだいぶ忙しい。この忙しい時にこんな楽しいギアを受け取ってしまっては仕事が捗らず困りますw まずは都内ではなくEUで本格的に使うことになりそうです。向こうでの方が時間が多分あるし。(おお国際人っぽいw)

iPhone4S&iPhone3GS
iPhone4SとiPhone3GS






Last updated  October 25, 2011 12:05:42 AM
October 12, 2011
カテゴリ:Mac/Windows
福利厚生上、iPhone4Sが一般より(結果的に)安く買えるんです。で、そのためにはAppleStore直で購入し領収書をもらう必要があるとばかり思い込んでいたらそれは私の勘違いで、Softbank mobileでもかまわないとの事。

それは急がねばなりません。大慌てで地元のSoftbankショップに向かいました。
この田舎のSoftbankで窓口10人待ちは過去最高といってもいい。ガラケーも新発売されたばかりとはいえ、半数はiPhone4Sなんでしょうな。

iPhone3GSの使用経験からして、iPhone4SはBK/16GBと決めていました。店のお姉さんに何の予約が多いかと聞けば、集計は取っていないものの、担当した中ではWT/16GB or 64GBが多いとのこと。初めてiPhoneを買う人や私のような者が16GBを選択し、音楽やアプリのハードユーザーが64GBを選ぶのでしょうね。WTはどうしてでしょう。私のiPhone3GSはホワイトでキレイですが、白はどうしても傷が目立ちます。おしゃれなのはホワイト。iPhone4はホワイトの供給がだいぶ遅れたからかな。

契約形態は基本的に今まで(ホワイトプラン等)を引き継ぐことにしました。不都合はさほどないですからね。

iPhone4Sが届いたら、今のiPhone3GSを名義変更して妻に。妻には2年前にiPhone(当時3GS)を奨めたのにガラケーを選んで後悔しているらしい。これで我が家もガラケーとはオサラバです。(会社から供給されたauのガラケーはあるけど)
来年万が一iPhone5が出たら、今度のiPhone4Sをまた妻に渡す(笑

今まで家族割り引き(ホワイト家族24)があるから、夫婦そろってソフトバンクにしてきました。ただiOS5でiMassageが搭載されたので、これやskype等をうまく使えば、iPhone同士別に家族間通話無料でなくともよくなってきました。特に我が家はメール中心ですし。キャリアを選ぶのはiPhone5以降でもいいな。

さて、予約したiPhone4S、いつ手元に届くでしょうか。茨城の田舎は後回しだったら悲しいなぁ。






Last updated  October 16, 2011 07:31:33 PM
October 9, 2011
テーマ:家庭菜園(47811)
カテゴリ:Mac/Windows
有楽町の交通会館でハイエンドショウもありましたが、行きたかったのはどちらかといえばこちら、アップルストア銀座です。TVで5日に死去したSteve Jobsへの献花が耐えないとのニュースを見てね。。。

アップルストア銀座にて

ロックスターでもアイドルでもない。一企業の元CEOの死としては異例の受け入れられ方だと思いますね。それだけのものを残したということでしょう。。。あらためて合掌。


iPhone 4Sは、ソフトバンクにて16GB/BKを予約しました。







Last updated  October 12, 2011 11:49:24 PM
October 5, 2011
カテゴリ:Mac/Windows
Steve Jobsの死去はマジでショックだ....。


彼の死と入れ替わるかのようにiPhone4Sが発表されました。個人的にiPhone3GSのSoftbank 2年縛りが解けたので、順当に4Sにするつもりです。名前がiPhone"5"でなかったことと外観デザインがiPhone4と変わらなかったことをマイナス材料にする人もいるようですが、iPhone4よりなお高速なのは間違いないはず。速くていけないこと、何かあります?

私は来るべきiPhone5が画期的製品だったら、違約金を払ってでもiPhone5にする腹づもりはできました(3GS→4にしなかったことを後悔しているくらい)。それくらいこの2年間でiPhoneは自分の生活に馴染みました。いやApple製品無き生活自体が考えられません。

今回KDDIもキャリアに加わりましたが、私はSoftbankのまま。別にSoftbankが好きなわけでも何でもなく、2年に1回メルアドを変えていたら連絡がつかない人が多数出てきそうですし、"家族割り"しているので変更すると余波は妻にも行きます。家計にも響きます。変更は面倒なのです。
また会社のケータイが10月からauになったので、別会社の方が何かといいんですよ。

今の3GSは名義変更して妻に譲り渡すつもり。妻もガラケーとはオサラバしたいそうです。


今日息子が生まれてたら、名前「ジョブズ」にしたかもしれん。
Steve Jobsの本、発言集を読み返しています....合掌。






Last updated  October 11, 2011 12:04:21 AM
September 17, 2011
カテゴリ:Mac/Windows

家を注文住宅で建ててみると、思い通りのはずが多かれ少なかれ失敗があります。今考えれば、ああすればよかったこうすればよかったということです。未知のゾーンに想像で対応するとそれは尚のこと。
我が家もそんなことがいくつかあります。

NAS(Network Attached Storage)、というものが5年前の設計時には未知でした。NASはネットワークに直接接続して使用するファイルサーバ専用機ですが、当時は家の中にネットワークを組むこと自体が?でしたので、メインの電話回線口、つまりはRouterの置き場所もあまり考えずに寝室にしてしまいました。私のベッドのすぐ下のところ。

当時はまだeMacが現役で、ベッドサイドにeMacを
置いて使うつもりでしたからそれでよかったのです。確かに少しの期間は役立ちました。
が、時代の流れは早くすぐにWi-Fiの世になり、iPhoneが普通になり、上記NASも普通の存在になってしまいました。我が家もデジカメ画像が増え、ビデオも取り始めたため、それを保存するストレージ=NASが必要になって、
Router脇にバッファロー"LS-CH1.5TL" NASを導入したのですが。。。

これが想像以上にファン音とHDDの回転音がうるさい。しかもバックアップ用にもう一台USB HDDを連携させているので、うるささ×2です。
特にベッドサイドでは電源を入れっぱなしにしておくわけにもいきません。Mac連動も実際はイマイチ。家族常に同じ部屋にいるわけではありませんし、妻と共有のMacが付いている時間は長いからね。
そのため我が家では必要時にNASの電源を入れに行くという、全然NASでもなんでもない状態(笑 NASの利点なんて基本常時通電だから生きるわけでしょ?

最初にNASとはこういうものだとわかっていれば、もう少し"ネットワークの入り口の場所"を考えて家を建てたのに(泣

対策として考えられるのは、

  • HDD → SSDとする。
  • ファンレスNASにする。
  • NASを囲う等別途騒音対策する。
  • 置き場所を変える。
一番簡単なのは、置き場所を変えること。ただし騒音量はどこに置いても同じです。オーディオルームも×なので、リビングしかありません。が、子供のいたずらも考えるとイマイチ乗り気にもなれず。そもそも子供の画像映像で導入したNASだぞ。
SSDは高価だし映像を収めるには容量に不安もあります。囲うしかないのかな。。。

他ご家庭の皆さんはこの“NASノイズ”をどうしているんでしょう。






Last updated  September 22, 2011 10:42:23 PM
September 16, 2011
カテゴリ:Mac/Windows
昨日のSnow Leopard再インストール話しを読むと、すっかり環境が10.6.8で整ったように読めます。
すみません、全然そうじゃありません。また危険を顧みず余計なことをしています。

例えばフォントの削除とか。HDDに余裕があるのですから、英語環境にしたら、FontBookで管理してフォント停止する段階で止めておけばいいのに、このバカたれはつい削除してしまうのです。一応は調べて対応するものの、完全ではありません。30~40%適当です。
Macのフォント管理は魔境で、これまた迂闊に手を出すと意外なところで不具合に巡り会いかねません。しかも原因究明がしにくい。今回の10.6.6→10.6.8にアップデートできなかった件、フォントが原因ではないと思いますが、何にせよ削り過ぎはタブー。

前はなかった新しいアプリも追加しちゃったり。Xslimmer 1.8.2とか。XslimmerはVer.Noでおわかりの通り、最近出たものではありません。

これはIntel Macにのみ使える技で、ユニバーサルバイナリの旧PowerPCコードを削除するアプリ。アプリケーションをスリムにしてHDD容量を増やすためのものです。つまりはMacBook Airのような60GB SSD Macにこそ役立つアプリであり、400GB HDDのMac miniにどの程度役に立つんだか....。でもXLDは1/2以下(17.7MB→8.4MB)、Quick Time Playerは微減(26.8MB→22.2MB)と、アプリによってスリム化に大きく差はありますが、やり出すと止められず。本当は一つ一つ確かめながらやらなければならないのに、Genie機能で一括スリム化しちゃった。

あぁ僕ってオバカ。。。
でもAudirvanaなんて瞬時に起動するようにはなりますよ。高速化には一役買っているのは確か。(一方で遅くなるアプリがあることもネット上では報告されています)

今はiTunesもDecibelもFideliaもAudirvanaもXLDも不具合はありませんが、こういうのは次のバージョンアップ時に何か起きたりするんですよねぇ。


結局"Xslimmer"と"32-or-64bit Kernel Startup Mode Select"と"AppCleaner"と"FW FontCash Cleaner"と"Maintenance"でメンテと高速化管理してる感じなのかな。音はともかくOS9の頃から遅さと不安定さと戦っていたオールドファンは、「高速化」の文字に弱いのよね(泣






Last updated  September 22, 2011 12:06:51 AM
September 15, 2011
カテゴリ:Mac/Windows

Lionが出ても、我が家の音楽用Mac mini (2009)はSnow Leopardのままです。
Lionにしない理由は特にないのですが、MacBook Air (2010)がLionなので操作感を比べたかったのと、Snow Leopardが安定していたので。そう、OSは安定が一番なのです。その点Snow Leopardは名OSだと思います。
普通は。余計なことをしなければ。

うちのMac miniは音楽専用のため、余計なことをしまくりました。つまりは元々OSにあったものを「削る」「書き換える」といったほめられないことばかりです。
そのおかげで音質が向上したのですが、不具合もでてきます。(余計なことをしないMacBook Airは不具合なし。)

具体的には、OSのアップデートが10.6.6から上に上げられなくなりました。なんとSnow Leopardの最終形である10.6.8にできないのです。アップデート情報が出てからダウンロードするといつまでも終わらない(笑 まぁ実用上は10.6.6でも10.6.8でも変わらないんですけどね。

同じようなことはiTunesでも起きました。最新版10.4.1のダウンロードが終わりません。でも使っていないので、旧Ver.でもあまり問題なし。
音楽再生アプリのFideliaなんてもっとひどく、Ver.1.1が立ち上がらなくなりました。これもメイン使用していないので実害あまりなし。
メインで使っている Audirvana 0.9f や Decibel 1.2.4は全く問題ありません。他ソフトもきちんとダウンロードもバージョンアップもできますし。

とはいえ、何か気持ちが悪いことも事実。3ヶ月ほど様子を見、ちょいちょいメンテナンスや復帰作業等していましたが、自分で何をやらかしたのか状況改善せず。重い腰を上げることに。

OSの再インストールです。
そんなことせずともTimeMachineで4ヶ月前に戻ればいいんですが、なんか久しぶりに再インストールというものをやってみたくなりまして。

Mac mini付属ディスクからOS10.6.3をインストールし、10.6.8に上げてから、iTunesとFideliaを復活させ、今までしてきたことの再検証をしながら、新たに「削り」「書き換える」というなんの反省もないことをしようかと。
そんなつまらんことは長期休暇中しかできません。でもそれこそ失敗したらTimeMachineで戻ればいいんです。


・・・ってなことはもう行ってしまいました。

ン時間かけてOSは無事に10.6.8になり、iTunesも10.4.1になり、Fideliaも快適動作(あまり使わないけどw)。めでたしめでたし。でも別にAudirvanaの再生音が良くなった感もないので、リスクを冒しただけかな。
そもそもLionの再インストールならともかく、この後に及んでSnow Leopardの再インストールとはトホホ。。。しょんぼり

OSに超詳しい人以外、ホントにいじりすぎない方がいいです。はっきり私のように知識が中途半端な者が行うと、ろくなことがありません。







Last updated  September 21, 2011 01:23:47 AM
August 30, 2011
カテゴリ:Mac/Windows
もう暑さのピークは越えたでしょう。
実は心配だったのは、静音のために木枠で囲ってしまった音楽専用のLaCie HDD 2big quadraでした。2big quadraにとって、初めての夏。日本の高温多湿の夏。

HDDは発熱を避けるためにファンが回り筐体で放熱するのに、それを丸ごと鋼板&木で囲ってしまったのですから。
それによりHDD自身の発するノイズは明らかに減少したものの(耳に届かなくなったものの)、放熱能力は落ちていると思われます。2big quadraが設置してあるオーディオルームは室温の上昇が少ないし、Mac miniと連動しているのでMacが立ち上がっているとき(すなわち音楽鑑賞時)しか動作しないとはいえ、なにせこれごと逝ってしまうとリッピングデータが無駄になるどころか、せっかくのRAIDも意味をなさなくなりかねません。

その心配をよそに、2big quadra、一夏無事でしたね(爆
よかったです。

が、たまに温度計で内部温度を測っていたものの、HDDがこもった熱に弱いことは間違いなく心配は心配です。2big quadraが温度保証している35度は、若干ながらも超えたことがあるのでしょんぼり
来夏も同じ心配をするくらいなら、もう少し対策を練った方がいいかもしれん。これ以上HDDに手を付けずに、更にバックアップを取るという手もあるか。いやいやリッピングしてみてHDDの重要性がよくわかったので、静音対策等必要のないストレージに買い替える手もありかな。






Last updated  September 5, 2011 12:05:45 AM
August 12, 2011
カテゴリ:Mac/Windows

我が家にはMacが3台、OS9とTigerを積んだ古い作業用のeMac、通常の家族用MacBook Air (2010)、音楽専用Mac mini (2010)があります。

MacBook AirとMac miniのOSはSnow Leopardですが、細かく言えばMacBook AirはOS 10.6.8で、Mac miniはOS 10.6.7です。

なぜか。
MacBook Airはほぼノーマルなのですが、Mac miniはカリカリにチューンしたらOS 10.6.8にアップデートできなくなってしまいました(爆 削りすぎたようです。どうしてもOS 10.6.8にしたければ、付属のSnow Leopard 10.6.6を再インストールし直して(あるいはTimemachineで戻って)対応するしかありません。今のところOS 10.6.7で特に不都合もないのですが...。


先月末、Macの新しいOS X Lionが発売になりましたね。
私としては珍しく発売と同時にApp Storeからダウンロードしてみました。相手はMacBook Air。ほぼネットを見るのとBlogの更新にしか使っていないので、万が一の場合もさほど問題ないのです。

にしてもOSの更新がバックアップも取らずに、ダウンロードのみで、しかも2,600円という安価でできるとは、時代も変わったものです。Appleは新型Mac miniからディスクドライブを外してきたことからも、ディスクレスに本格移行してますね。私のMacBook Airもディスクレスですから、風潮はあったのでしょう。

回線の混雑はあったものの、30分程度でLionのダウンロード終了。
全く何の不都合もなく移行できました。昔のMacを知る人間として、MacのOSの移行で何の問題もないなんて奇跡に近いことです!

(移行後3w経過した今も不都合なし)


なぜこんなに順調だったのか。最大の理由はノーマルなOS 10.6.8に上書きしたことでしょう。MacにしろPCにしろ、買った時の状態をできるだけ長く保つことが安定の秘訣だと実感しました(笑
Lion快適。しかもMacBook Airで64bit動作ができるようになってる大笑い


ということは....。Mac miniはどうしましょう。
そもそもLionはOS 10.6.8がインストール条件なのです。今のままではダウンロードできないはず。音楽再生アプリのLion対応状態も不明です。昔はOSが変わったら半年以上は様子を見るのが常識でした。Mac miniのLion化はすこし待ってからの方がよさそうです。







Last updated  August 14, 2011 09:23:24 AM
このブログでよく読まれている記事

全106件 (106件中 51-60件目)

< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 >

PR

X

© Rakuten Group, Inc.