August 27, 2015

自転車道、極めます! その22「試験終了です!」

全工程を終えて、先ほど帰宅しました。

10月に結果が出るとのことですが・・・

・・・。

・・・・・・。

・・・・・・・・・・・・。

おそらく、今回は自分の力不足により、不合格の可能性が濃厚かと思われます。



解体は問題なし。
10分近く余らせての余裕の突破。

そして組立て。
タイヤを逆につけるという、あれだけ前日にも反芻して覚えた事柄を忘れる凡ミスをする。
しかし、そこからのリカバリーで巻き返し、
時間的にはだいぶ余裕ができたと思います。

ディレーラーとブレーキの調整を残して、残り時間は20分ちょっと。

冷静にブレーキ、ディレーラーと調整をし、
多少変速機は甘いところ(2~3速)はあったのですが、
未完成よりは減点覚悟で他のチェックへ。

ブレーキは問題ないと思い、他の締めつけチェックをしていたのですが、
終盤、ブレーキワイヤーがフレームの規定部分を通過していなかったことに気付き慌てて修正。
パッとできたので安心したのが敗因となりました。

結果的に、
車両返却後に再チェックしてみると・・・

前ブレーキが若干こすれ。

後ブレーキもややこすれがあり、

タイヤを少ししかまわさないと明らかに止まる。

これは最悪一発不合格、もしくは大幅減点不可避。

ブレーキはギリギリにするくらいなら多少緩いくらいの方が浅い減点で済む、と
自身に言い聞かせていたはずなのに、本番でこのていたらく。
やはり、場数(練習量)というものはごまかしが効かないってことかな、と。

あれだけ意識していたディレーラーの方は合格ラインに乗せられたはずなので正直悔しい。

凡ミスと言えば凡ミスかもしれないけど、
そういうのを無くしてこその実力ですからね。

今回は自分の力不足だったと認めるしかないようです。
後一歩だとは思うので本当に残念・・・。

まだ結果は出ていないものの、よほどの激甘採点でなければ受かっていないでしょう。

・・・というか、これで受かってしまっても実力不足は明確なので素直に喜べないし、
気持ちを切り替えてまた来年に向けて頑張るしかありませんね。

・・・簡単に切り替えられれば苦労はないんですけどね・・・
でも、終わってしまったことはもうしょうがない。

前を、上の向かなきゃ。





TWITTER

Last updated  August 27, 2015 07:34:35 PM
コメント(0) | コメントを書く
[自転車道、極めます!] カテゴリの最新記事