639229 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

『穴沢ジョージのアナザー・ホームページ』

PR

Profile


穴沢ジョージ

Calendar

Comments

 穴沢ジョージ@ Re[1]:首里城炎上~桑の実鈴なり(11/01) To nonoyamasadaoさん ーーー ありがと…
 nonoyamasadao@ Re:首里城炎上~桑の実鈴なり(11/01) 昔々、西荻窪にも桑畑が広がっていた。ま…
 穴沢ジョージ@ Re[1]:6年目に突入(10/11) To カタママさん ーーー 台風大変でした…
 カタママ@ Re:6年目に突入(10/11) 今回の台風はちょっと異常でした。 我が家…
 穴沢ジョージ@ Re[1]:久しぶりに書いてます(10/04) To カタママさん ーーー どうも、ごぶさ…

Freepage List

Favorite Blog

チューニングって曲… New! 幻泉館 主人さん

音楽四方山話 New! メンターさん

つつじ? 狂い咲き? New! tougei1013さん

スタジオリハーサル… lalameansさん

正倉院の世界展 夏見還さん

2014.10.14
XML
カテゴリ:60年代以前の音楽
“Desafinado” by Joao Gilberto 1958
早速ごめんなさい。・・・って、いきなり謝ってますが、台風のせいですよ、みなさん。
みなさんの方は大丈夫でしたか。
こちらは10日の夕方頃からだいぶ風が強くなり、11日にはとても外に出られる状態ではなく、生放送の “穴沢ジョージの Good Old Music” はお休みさせて頂きました。
今回は、リクエストを頂いた曲をかけ、さらにフォー・シーズンスの特集をするつもりでしたが、これはそのまま18日に持ち越しといたします。
「今週の掘り下げ」のコーナーでは、昨日と今日行われるライブの予告をしながら、ちょいとボサノバなんぞを聴いて頂こうと考えておりましたが、期日が間に合わなくなってしまったので、別の「掘り下げ」を予定しています。どうぞ、お楽しみに。

では、ここでクイズです。
僕が10月18日の “穴沢ジョージの Good Old Music” の「今週の掘り下げ」のコーナーで取り上げようとしているのは、次のうちどれでしょうか。
分かったらコメントしてくださいよ。
 1. ジュリー (沢田研二)
 2. ジュリー・アンドリュース
 3. ジュリーロンドン

さて、今日のライブですが、以下のようなものです。
沖縄在住の超一流ミュージシャンによる、最高の演奏が聴けますよ。ぜひお勧めしますので、お近くの方は行ってみてくださいね。電話予約すれば、前売り料金にしてもらえるかもしれませんので、連絡してみてください。

  “A noite que e o Brasil” (ブラジル音楽ボサノバ)
   Fujisaki Kaoru (fl.) Hiiro (Hironika & pf)
   Itagaki Takeshi (gui.) Onaga Midori (per.)
  10/14 「ARTE OVO A ホール」
      那覇市首里崎山町3-34 アルテ崎山1F
  TEL.098-884-7514(アルテプラン)
  前売り 1500円 当日 2000円 Open 19:00 Start 20:00
  Charge 2000円(ワンドリンク別) 

これでおわかりですね。つまり、昨日のライブがボサノバを聴きながらのディナーで、今日はブラジル音楽の夕べというわけです。このようなライブが続けて行われるわけですから、ボサノバをちょこっと聴いて頂いて、気分を盛り上げようかと思ったわけですよ。
で、聴いて頂こうと思ったのは、ジョアン・ジルベルトの “Chega de Saudade” と、ゲッツ&ジルベルトの “The Girl From Ipanema”。
後者は定番中の定番ですし、前者については以前にも書いたようにボサノバの第1号として欠かせないところだからで、特に凝った選曲というわけではありませんね。
で、今日のタイトル曲は “Desafinado” です。
どうしてかって。それはね、僕が好きな歌だから。
ではみなさん、こちらで↓↓↓聴いてみてくださいね。
 “ジョアン・ジルベルト Desafinado”






Last updated  2014.10.14 23:21:28
コメント(2) | コメントを書く
[60年代以前の音楽] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.