1537015 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

気まぐれおしゃべり。

PR

X

全670件 (670件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 67 >

子どものこと

2021.05.20
XML
テーマ:徒然日記(19513)
カテゴリ:子どものこと
​​

5月20日(木)


母の日からだいぶ経ちましたが、
先週末、1号娘から荷物が届きました。

時間軸がずれているに違いない、
宇宙人のような1号娘ですが、

毎年おそらく熟考し、
母のツボにはまるナイスな贈り物をしてくれます。

今年は、これでした。



「あん ペースト」?

とらやって書いてある。

とらやだと!?

母、大喜び(笑)

パンに塗りやすい、
柔らかいペースト状になったあんが、

ジャムのように瓶に入ってます。

私がコメダ珈琲の小倉トースト好きなのを、
知ってたのか?

さっそく食パン買ってきて、
バターとともにパンにたっぷり塗って、

満足した母なのでしたぽっ

今年は上の娘たちは、
相談もしてないだろうに

「パンに塗るもの」かぶりでした(笑)​​






最終更新日  2021.05.20 21:05:17
コメント(1) | コメントを書く


2021.05.11
カテゴリ:子どものこと
5月11日(火)


夕陽を見るのが大好きな3号娘。

いつの間にやら撮ったこんな写真を、
先日見せてくれました。





とてもいい写真だと思いませんか。

我が家の目の前の海を、
友だちと遊んだ帰り際に撮ったようですスマイル

時々、スマホに保存されている
写真を見せてもらうと、

びっくりするほど上手に撮った写真が
あったりするので、

また紹介します。






最終更新日  2021.05.11 21:24:13
コメント(2) | コメントを書く
2021.05.09
カテゴリ:子どものこと


5月9日(日)


以前からお友達の皆様は、
もしかしたらこのタイトルでピンときたかも
しれません。


6度目。
何が6度目か。

ギブスですよ、けがが多い3号娘の(笑)

…………

それは金曜日の夕方のこと。

職場に、中学校の養護教諭の先生から
電話がかかってきました。

…もうその時点で、
時間的に部活終了時刻間際なので、

絶対なんかあったなと思って
恐る恐る電話に出てみると、

「すみません…3号娘さんがけがをしまして」

最近けがしないなと思って安心してたら、
あと2か月で部活引退のこのタイミングで、

さあ何をしたんだ末っ子よ。

「ネット際で着地の時に膝を傷めたようでして…」

ひ、ひ、膝!?

まずいぞ。それはまずい。

「だいぶ痛がってまして、自力歩行は困難なもので…」

わかりました仕事切り上げて迎えにいきます!

てか、またネット際か…

1年生のとき、やっぱりネット際で
2枚のブロックで一緒に飛び降りた
先輩の足に乗ってしまって
思いっきり捻挫したことがあったのです。

……………

で、翌土曜日。

朝イチでいつもの整形外科に、
片道約1時間かけて向かい、

レントゲンやら触診やら、

なんと関節内で出血していないかの
穿刺検査までされた3号娘。

そしたら、若干血が溜まっており、
何らかの関節内や靱帯の損傷はありそうだけど
MRI検査が必要ですと言われ、

その場で紹介状を書いてもらって
結局自宅最寄りの総合病院に
戻る羽目に。

MRIと、丁寧なエコー検査の結果、

瞬間的に膝が外側に曲がったことによる
「外側側副靱帯の損傷で水が溜まっている」
「膝関節同士の強い衝撃でMRI画像が白く濁っており、
ほぼ骨折に近い状態」

という想定を超える重傷で、



がっちり装具をつけられて、
全治、最低でも1か月号泣

マジか…
2週間後にひとつ大会があるじゃん…

そしたらドクター、
「死ぬ気でやればできないこともないけどねぇ
その後の人生のほうが長いから無理はしないほうがいいよ」

で、2週間経ったらリハビリにも来てくださいと言われ、

なんだか大事件になってしまったのでしたしょんぼり

…………


ちなみにブログネタが頭をよぎった母、
ドクターに、

「これって、ギブスの範疇ですか?」と質問し、

「そうですね、ギブスです」と答えが返ってきて
思わず3号娘と顔を見合わせ、

6度目だと大笑い大笑い

人生もうすぐ15年にして、
6回もギブスのお世話になっている彼女、

もう松葉杖の扱いもお手の物なのでした(笑)






最終更新日  2021.05.09 20:39:06
コメント(3) | コメントを書く
2021.05.02
カテゴリ:子どものこと


5月2日(日)


先週から始まった、3号娘の
バレーボールの大会。

通常なら、ひとつの会場校につき
何校も集まって終日試合をし、
それを1回の土日で終わらせてしまうのですが、

このコロナ禍の中での開催で、

飲食を伴わないように午前中だけ、
ひとつの会場校で使用するコートは1つ、
応援で入場する保護者は1チーム4人まで。

もちろん健康チェックカードを
親子ともども提出。

それを何週間にも分けて行います。


前回の日記に初戦の様子を書きましたが、
昨日は大会2日目、強豪と当たりました。


夜練習の時間を増やしてもらって
頑張ってきたこの1週間。

結果はストレートで負けてしまいましたが、

私の目には、
コートの中でのみんなの動きに
執念を感じるようになって、

よく粘って頑張ったのではないかと映りました。

2セットめの中盤あたりから、
チームが波に乗ってきたのがわかって
(まあ、それじゃあ遅いんだけどね)

特に最後のほうは、
3号娘の独壇場のようでした。

あとで聞いたら、
その直前に自分がブロックをミスって
相手に点を与えてしまったことで、

自分で自分にキレたんだそうで(笑)

確かに急に怖い顔になって、
スパイクをがんがん打つし、
(トスもよく上がり始めた)

最後に打ち込んだバックアタック的な位置からの
威力のあるスパイクは見事に決まるし、

ちょうど回ってきたサーブの順番で、
サービスエースで何点か獲得し、てな具合で

応援の親一同「かっこいい!!!!」…大笑い

点数的にはまだまだで、
課題もいろいろですが、

2か月後の最後の大会を前に
みんな成長したなぁと思って、

負けたけどちょっとうれしい気持ちになって
会場をあとにした母でした。

がんばれ。みんな。
親を楽しませてくれてありがとうぽっ

……………

そんな我が家の末っ子、
今日は完全休養日。

夕方、恒例の夕陽を見に行きました。



いつもの、奥石廊崎の夕陽。

空は快晴だったけど
水平線上に雲があって、

今日は雲に沈んでゆく夕陽でした。

車で15分走ればこの絶景。
いいところに住んでいるなと改めて思った
日曜日の夜でした。







最終更新日  2021.05.02 21:08:33
コメント(2) | コメントを書く
2021.04.25
カテゴリ:子どものこと

4月25日(日)


一週間ご無沙汰しました。

気がついたら1週間経っていた、
そんな毎日です。


さて前回は、上の2人娘のことについて
書きました。

今日は、末っ子の中3女子のお話です。


1号娘とは10歳、
2号娘とは8歳離れている彼女、

ほぼ一人っ子状態で
自由な毎日を送っております(笑)

親も、上の2人には
いろんなことをガミガミ、チクチクと
言い続けてきましたが、

3人めともなると
加減がわかってきて、

「うるさく言わなくてもそれなりに育つ」
ことを身をもって知ったので(笑)

よほどのことがない限り
余計なことは言わないようにしています。

それよりも、
子どもからなんでも話してくれる
関係性を作ったほうが結局は、

よい関係性が作れて楽だということに、

気が付いてしまった3人娘の母です(笑)


そんな自由を謳歌する3号娘、
ただいま部活動のバレーに気合が入っています。

7月に最後の大会があって引退なので、

ほぼ例年通りできている
各種大会に集中しております。

先週の土曜日は地元地区の大会があったのですが、
なんだかうまくかみ合わなくてもうボロボロしょんぼり

こんなんで大丈夫かと
本人たちも親も不安になり、

夜練習を1回追加してもらって
フォーメーションを変更し、

昨日の土曜日は県東部地区の大会でした。

相手は遠く富士山の麓の学校。

どんなチームなのかの情報が全くないまま、
試合開始です。

どうも彼女たちは1セットめは
エンジンがかからないようで、

互角であろう相手にボロ負け。

あっさりセットを取られたので後がなく、
気合を入れ直して臨んだ2セットめ。

だんだん調子が出てきて無事にセットを取り返し、
フルセットにもつれ込みました。

波に乗った彼女たち、
あれよあれよと点を伸ばし、
久々の公式戦で一勝を上げて大喜び。

親は、思わず涙です。


思えばまだ寒い頃に夜練コーチが、
「全員がスパイクを打てるようにする」と
目標を掲げ、
練習に励んできました。

この人たちできるのかなと思っていたら、
確かに誰が前に行っても

スパイクにつながるトスが上がれば
強弱はあるものの全員打ってるので母びっくり。

3号娘はキャプテンの子とともに
強打が打てるエースなのですが、

ちょっと昨日は調子悪かったかな。

でも新しい技(?)にも果敢に挑戦し、
成長しようとする気合は感じたので、

次が楽しみになりました。

コロナ対策で、
飲食を伴わないように各会場午前中で終了し、

なおかつ連続した日で行わないように
次の試合は1週間後。

また来週同じ会場で、
今度は強豪と当たります。

自分たちらしく、
楽しく頑張ってくれればと思ってます。

……………

そんな3号娘、
本日日曜日は私とちょっとドライブに出かけ、





こんな写真を撮りました。

このお話は、また次回スマイル






最終更新日  2021.04.25 23:39:29
コメント(1) | コメントを書く
2021.04.19
テーマ:徒然日記(19513)
カテゴリ:子どものこと

4月19日(月)


前回の日記から、
いつの間にか1週間経過してました。

年度初め、仕事は山積み。

自宅での優先順位はまず休養の、
いもようかん♪アラフィフ世代です。


新年度。

新型コロナは収束どころか拡大の一途を
たどっていますが、

そんな中、我が家の娘たちも
それぞれに暮らしております。


1号娘は千葉県在住。


すでに将来を考えている人と
一緒に住んでおり、

WEBデザイナーという仕事柄、
完全にリモート勤務となっていて、
コロナ禍にあっても諸々全然心配していません。


いないのですが、
親としてはもうちょっと、

LINEの返信を早くしてほしいのが本音です(笑)


ついに彼女のLINEのステータスメッセージには、
「返信遅いです。」


……見つけた瞬間に爆笑したのですが、
宣言するだけあってホントに遅いのです。

思えば学生時代からまったく連絡が取れず、

「生きてる?」とメールしても
その返事は3日後とか(笑)


おばあちゃんがしびれをきらして電話しても、
それに気づくのが夜遅いので
悪いと思ってと言って結局コールバックなしとか雫


我が家の面々の中では
ちょっと変わり種の宇宙人な人ですが、
元気なのでまあよしとします。


………………


一方LINEの返信に関しては、
返信うんぬんより、

やりとりをしない日がないほど、
あっちからいろいろ送ってくる2号娘。


この度通信制大学のスクーリングに通うため
東京郊外に転居したのですが、


結局オンラインになってしまい、
お勉強とアルバイトでおこもり生活をしています。


バイトの相談とか、
なんか愚痴りたくなった時にその相手にされたり、

突然料理の画像が届いてみたり。


先日は「靖国なう」と一言突然届き、
このコロナ禍に東京ど真ん中で
なにやってんだと思ったら、


大学に教科書買いに来たついでに
一度行ってみたかったから来たとか、

居場所がわかる便利で安心な人でもあります(笑)


そんな上京娘さんは、
知人に買ってもらった自転車を駆使して
住んでいる地域を探検しているようで、

先月末に会いに行ったとき、
駅のイベントで買ったといってプレゼントを
くれました。




三鷹で手作りジャムを作っている人がいて、
それをたまたま見つけたので、

おそらく引っ越しで世話をかけたお礼のつもりか
(で、あってほしいが・笑)

好きそうだなと思って買ってくれたそう。

食べた母はいたく気に入り、

また買ってくれと頼むと同時に、
作ってる方のインスタをフォローしてみたり、

ちょっと楽しんでもいますスマイル

セブンイレブンでバイトも始め、
思うような日数入れなそうなので

ダブルワークで他のバイトもすることにし…

てな具合で頑張っているもうすぐ23歳の
お姉さんです。


今日は上の2人娘の話でおしまい。

また次回、中3になった
末っ子3号娘のお話にしますウィンク






最終更新日  2021.04.19 22:32:00
コメント(3) | コメントを書く
2021.04.05
カテゴリ:子どものこと
​​4月5日(月)


昨日の日曜日。

3号娘と沼津の大きなスポーツ用品店に、
お買い物に行きました。

何を買ったって…

あと3か月で部活引退だってのに、

バレーシューズが合わなくなって
靴擦れするようになってしまったそうで、

その、あと3か月が重要だってことは
重々承知してるけど、

3か月か…(笑)



ご本人様、これを試し履きしたら

​「足と一体化してる。これがいい。絶対これ」​

さあこうなったら譲りません(笑)

まあ、前回買ったやつは、コロナ禍真っ最中で
絶対に遠出しないようにしてたから、

ネットで買ったんだもんね。

やっぱり履いて買うがいちばんか…

言いたいことはわかるが3号娘さんよ。
値札見てものを言ったか?ショックショック

…一瞬ひるんだものの、

「トレセン選ばれてるし!最後の3か月に賭けたい」

トレセンとは、
強化指定選手に選ばれてるってことで、

このコロナ禍でその集まりもないままなんだけど、
引退までにはなんとか一度は集合して
練習会をするらしく、

そのプライドもある模様。

うーむ…

その場でネットで調べても、
新作だそうで全部同じ値段。

万事休す。

そしたら、もうひとつの店に行ってみよう。
JAF会員5%OFFがきくから(笑)

……で、少しでも安くということで、

12,017円も払って、
3か月に賭けるバレーシューズを買わされて
帰ってまいりました号泣号泣号泣

あんた、絶対にけがすんなよ(笑)
有効に使ってくれ。

とほほな気分の母なのでした…


​​






最終更新日  2021.04.05 20:00:07
コメント(2) | コメントを書く
2021.03.16
カテゴリ:子どものこと
​​


3月16日(火)


過去最高に間隔が空いてしまったと思われます。

ご無沙汰しております。


このところ仕事にも追いまくられ、
先週まで2号娘が家にいたので
なんとなくいつものリズムが狂い、

その2号娘の引っ越し諸々でなんだか気ぜわしく、

気がついたらもう10日近く経過しててびっくり(笑)


そしてタイトルの引っ越してんやわんやぶりは、
たぶん最終的に2号娘を東京に置いてきた、

こないだの日曜日が最高だったのではないかと
思われます…


……………


先週土曜日。
パパさんはたまたま仕事が休みで、

のどに違和感があるけど
病院に行ったほうがいいかなと言い出しました。

この人ののどは爆弾なので、
扁桃腺が腫れ始めたら
どうにもなりません。

翌日は2号娘の引っ越しなので、
いいも悪いも行くべきですと
きっぱり言い切って即病院へ(笑)

痛いと感じるほどではないと言っていたので、
とりあえず炎症止めのトランサミンを
もらって帰宅。

これで効いてくれと思って迎えた翌朝早朝。
2号娘を送って東京に向かう日です。


「昨日より痛いかも」

……熱はないものの、
そんなんで東京に行って、帰ってきて
熱出しましたじゃあシャレにならないし
めんどくさいことになるに違いないので、

「お願いだから来ないで」


……で、結局私と、2号娘と、
姉ちゃんの行くところならどこまでも行く
3号娘も引き連れて、

女3人で引っ越し作業に出掛けたのであります。

前回一度行って、
ごくごく普通の地方都市な感じで
落ち着いた街で安心していたので、

中学生の3号娘も張り切ってついてきました。

片道4時間。

到着して荷物降ろして、
コンビニ行って昼ご飯を調達し、

ああでもないこうでもないと
部屋の配置をしながらの

前回運び込んだダンボールの中身の取り出し。
新しくちょっと追加したカラーボックスの組み立て。

そんなこんなを、予定の人員が
一人少ない中せっせと作業をし、

約3時間で完了。

2号娘をひとり東京に残して帰ってまいりました。

立ち寄ったのは、
東名足柄SAのトイレと、

現地のコンビニのみ(笑)

これっきりまた何か月も会えないなと思うと
なんとも名残惜しい気分ではありましたが、

新しい生活に胸膨らます2号娘は
そうでもないようで(笑)

そして、姉ちゃんがいると嬉しいものの
子分にされるので、

天下が戻ってくる3号娘もなんとも微妙な感覚大笑い

まあ、下の子というものは、
そういう宿命なのでしょうね。

そんなこんなで、
結局東京行きの引っ越しについては
ほとんど女チームのみでやりきった今週は、

疲れが残って早くに眠くなって困っている
いもようかん♪なのでしたしょんぼり

これ書いてるのも、
途中で睡魔に襲われて断念し、

ソファで仮眠したあとまた
諸々始めた夜10時過ぎ。


22歳のお姉さんの新たな出発を応援しつつ、
ちょっと寂しいなと思っている
春3月です。




​​






最終更新日  2021.03.16 22:32:29
コメント(3) | コメントを書く
2021.03.07
カテゴリ:子どものこと
3月7日(日)


先日の金曜日。

2号娘の新アパートに
荷物が搬入される日でした。

緊急事態宣言下ではありますが、
不要不急ではなく必要な用事なので、

車で2号娘と共に
東京に行ってきました。

東京、とは言っても、23区ではなく、

武蔵野・多摩地域に区分されている市です。

私は首都高速は怖くて絶対に
自分で運転はできませんが、

2号娘の引っ越し先は
圏央道から中央自動車道に入り、

高速降りたら甲州街道を走るようなところ。

それなら私も走れます、ってことで、
頑張って初めての道を走りました。

…………

到着してびっくり、
ここは…沼津か三島ですか?
(すみません、静岡県東部の大きな町と言ったらこの2つ)

みたいな、とても庶民的な街。

周辺環境も落ち着いた住宅地で、
目の前には高校。

沿線には大学も多く点在していました。

駐車場の料金も60分200円とごく普通。

これなら安心して送り出せそうだし、

スクーリングで都心に行く以外は
この近隣でフリーター生活してれば、

コロナも必要以上に心配しなくてよさそう。


肝心のアパートはオンラインで決めたので
初めて中に入ったんだけど、

ご本人さまとても気に入ったようで、

「これならコロナの引きこもりもできる」…苦笑


浜松でも、バイト以外はほとんど出かけないで
アパートにいたようなので、

同じような生活をするつもりのようですスマイル

……………


当日は、まずガス屋さんが来て開通の立ち合い。

次にヨドバシの配送の人が来て
新しく買った冷蔵庫の搬入。

皆さん、失礼しますと入ってくる前に、
手持ちのアルコールを手にシュッとやるという
感染対策をとってくれてました。

そこまでで午後1時すぎ。

さああとは引っ越しセンター。

1時から3時頃というお任せ時間便なので、
待てど暮らせど連絡がなく、

2号娘は部屋でスマホゲーム三昧、
私は疲れてお昼寝(笑)


2時になっても来ないので、
不在票が入ってたからと

地域探検ついでに郵便局まで片道800m
歩いてみたり。

3時を過ぎても来ないので、
一緒に駅までドライブして通学ルートを確認してみたり。

そしてようやくやってきた3時40分。

あれよあれよと運んでくれて、
ベッドも組み立てて、

荷物のダンボールもピシッと
きれいに積んでくれて、

約40分で作業完了。

4時半には現地を出発して、
今度は2号娘の運転で伊豆に戻ってきたのでした。


あと1週間、実家でのんびりしたり
夕飯を作ってくれたりしながら過ごして、

来週の日曜日に再び連れて行って、
開梱したり荷物整理をして、

さあ頑張れということで置いてきます。

東京ってことでいろんな意味で緊張したけど、
コロナについても地域がそもそも密ではなく、

周辺の様子もそれこそ「沼津・三島の中心部」的な感じで、
本当は都会が嫌いな2号娘も気に入った様子。

22歳のお姉さんの新しい出発に、
心から大声援を送れそうな気がする母なのでした。









最終更新日  2021.03.07 21:41:07
コメント(2) | コメントを書く
2021.03.03
カテゴリ:子どものこと

3月3日(水)


春、3月。

今日はひなまつり。
なんだかいろいろ身辺忙しすぎて、

ひな人形を出すのを忘れたまま
3月に入ってしまったので、

今年はあきらめたいもようかん♪です(笑)

しかーし。
ただいま東京引っ越し前の一時帰省中の2号娘、

母は一切頼んでも命令してもいませんが(笑)、

今日の夕飯はひなまつりのごちそうにすると言って、
張り切って作ってくれました。




ね?ローストビーフ手作りですよ。
母はこんなもの作りませんびっくり

あっという間に完食したのは
言うまでもありませんうっしっし

パパさんに、
「今日は2号娘が夕飯作ってるみたいよ」

とLINEを入れると、秒で返事が帰ってきて、

「それは楽しみだ!早く帰りたい」

……なんか失礼な気がするのは
私だけでしょうか(笑)


……………

さて、2号娘の引っ越しの話、3回目になりました。

27日(土)、いよいよ浜松を退去する日です。

引っ越しセンターがほとんどの荷物を
持って行ったとはいえ、

それでも最終的にゴミとか、
残り2日を暮らした荷物とか、

結構あるので今度は母だけで、
浜松に出掛けました。

退去の立ち合いチェックは12時。

私が到着したのは11時。

彼女は、まだ身支度真っ最中、
なんだか荷物も散乱していますショック

おいおい間に合うのかいな雫

母、大慌てで片付けの仕上げに入ります(笑)


なんとか管理会社の人が来る時刻には
お出迎えができる体制に整え、

恥をかかずに済みました大笑い

……………

そして完了した退去の立ち合い。

そのままカギを返して出る流れだったんだけど、

母も名残惜しいけど
本人も名残惜しく、

「あの、写真撮ってもいいですか」

一旦玄関を出たものの部屋に引き返し、
4年間暮らした部屋の写真を撮って、

最後に部屋番号のプレートも撮り、

深々と頭を下げてアパートを後にしました。


4年前、最初に入った大学に通うために
借りた部屋。

2年の始めに退学を決意したとき、

「浜松にそのままいてもいいか」と
まず聞いてきたほど、

浜松という土地と、アパートが
気にっていた彼女。

その年の秋に通信制課程の大学に編入してからは、

本来なら人生でいちばん華やかで、
自由で楽しかったはずの学生時代を、

ひとり孤独に勉強し、
フリーターのように働き、

人とは違う苦労を味わいながら
過ごしてきました。

今回、毎日夜間に開講するスクーリングに
通って卒業を目指すため、

東京に転居して頑張ることになっての
引っ越しです。

今までよりさらに、アルバイトに精を出さなければならない
過酷な生活になります。

それでも頑張るから
東京に行かせてくれと言った彼女の決意を、

親は後押しするのみです。

このご時世、東京に行ってしまったら
いつ帰省できるかわかりません。

それまでの間を惜しむように、

妹とあれこれ関わってくれて、
毎日ご飯も作ってくれて、

家族に貢献してくれています。

いろいろあった2号娘ですが、
今こうやって楽しく過ごせていることに感謝しつつ、

あと2週間もない一緒の生活を、
楽しみたいと思います。











最終更新日  2021.03.03 23:09:54
コメント(2) | コメントを書く

全670件 (670件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 67 >


© Rakuten Group, Inc.