000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

建築家でコンサルタント!!エーエーワークスはせがわの仕事と趣味の独り言

PR

X

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


エーエーワークス

Favorite Blog

まだ登録されていません

Comments

細マッチョ化計画@ Re:健康ダイエット&細マッチョ化計画日記 5月6日(05/06) 細マッチョ化計画の知りたいことは、0896…
エーエーワークス@ Re[1]:ダイエット日記1月31日(01/31) usugenoitariさんへ コメントを書いてい…
usugenoitari@ Re:ダイエット日記1月31日(01/31) はじめまして! 年齢が近く自身もダイエッ…
はせがわ@ Re:おひさしぶりです。(06/14) taziさん お久しぶりです。 知り合い…
tazi@ おひさしぶりです。 お久しぶりです。 taziです。 この記事…

Freepage List

2021.04.05
XML

17年前、元々レンタルカーターだった私がレーシングカーターに転向して、2007年に活動停止、そして昨年2020年一旦レンタルカートに復帰し、結局我慢できずに2021年1月6日からレーシングカートに復帰した私が、レンタルカートとレーシングカートの大きな違いと思っている点について、現在、困惑し思い悩んでいる現状を書きます。

 

 

まず、レンタルカートの良さは、ある程度自動車の運転が出来れば、気楽にレンタルカート場に行けば、装備品を借りて乗れます。2000年以前に比べれば、本当にお手軽でとても良い環境ができたと思ってます。

 

 

この延長上で、レンタルカートにハマったら、速くなりたいので、ひたすらレンタルカートに乗り続けて頑張るのがレンタルカートだと思ってます。

 

 

しかし、レーシングカートは、身近にレーシングカート経験者とか何かレーシングカートと繋がりがある人がいなければ、なかなかきっかけが掴めずに始めることが出来ません。

 

 

まず、これが一般的に考えられる、カートに触れる最初のきっかけの違いですよね。

 

 

そして、ここからが、レンタルカートしか経験したことが無い方にはわからない話になります。

 

 

レンタルカートは、速くなりたいと思えば、ひたすら色んなサーキットに行って、ひたすら走り込んで単純に自分の走行テクニックを磨くだけで速くなっていきます。もちろんそのテクニックを極めるのはめちゃくちゃ奥が深いのは経験者の皆さんはご存知だと思います。

 

 

これが、レーシングカートになると、いきなり全然違う世界になります!!

 

 

レーシングカートは、自分の持ちカートになります。

 

 

ですので、自分に合った、そのコースに合った、その時の天候、温度、湿度、コースコンディションに合ったセットを完璧に出さなければ、なりません。

 

 

ここが、私が1番、悩んで困惑している点です。レンタルカートなら自分の腕を磨けば良いのですが、レーシングカートはそうは行きません。

 

 

今、自分自身の腕が悪くて遅いのか?セットが出てないので遅いのか?エンジンが回ってないので遅いのか?キャブのセットがあってないので遅いのか?タイヤの空気圧は本当に合っているのか?ものすごい数の情報量が増えます。

 

 

まだ、1月に復活したばかりで、エンジンも中古1機しか持ってなかったのですが、どうもいまひとつなエンジンなので、新品のエンジンを購入しました。キャブもすでに中古のエンジンについていたキャブ以外に2個購入しました。

 

 

合計でエンジン2機、キャブが4個になるので、とりあえずその状態で、データをとって良い組み合わせを拾い出し、レース用のエンジンを作り上げます。

 

 

自分としては、エンジン2機では心許ないので、もう1機購入するつもりです。キャブも最低6個は所持しようと思ってます。

 

 

そうです、レーシングカートは深みにハマればハマるほどお金がかかります。多分、本気でレースで良いところに行こうと思うと、軽くレンタルカートの2〜3倍は最低でもお金がかかると思っておいてください。

 

 

そして、前にも書きましたが、本当にセットの問題なのか?自分自身のテクニック自体はどうなのか?うまくなっているのか?ここで完全に迷路にハマってしまうのです。

 

 

今、私は、自分自身がまだまだ、カートに乗りこなせていないとはっきり思っています。

 

 

ですので、セットがどうのこうの言う前に自分の能力をあげたいと心底思ってます。

 

 

しかしそれには、それなりにしっかりしたセットのカートに乗らなければならないという厳しい現実があります。


これが、レーシングカートでの、鶏が先か、卵が先か現象と私は思っています。

 

 

私自身は、機械いじりがとても苦手で、カートで走るのは大好きですが、メカニックが苦手です。それで今年はまず苦手なメカニックを再勉強するために、メカニック兼監督兼コーチのAさんに頼ることにしました。

 

 

それで、自分の弱点を克服して、より速く走れるレーシングカーターになりたいと思ってます。

 

 

ですので、私の今の頭の中は、レーシングカートに関しては、セット、セット、セットで頭がパニックになっています。

 

 

いつになったら、このセット地獄から抜け出せるのか?

 

 

これが、レンタルカートとレーシングカートの大きな違いで、私が一番思い悩んでいるところです。

 

 

とにかく好きで始めたことなのと、性格上、突き詰めるとこまで突き詰めなければ気が済まない性格なので、ひたすら頑張ってみるつもりです。

 

 

完全レンタルカート仕様のビレルN35



レーシングカートのフレームに4ストのエンジンを乗せたレンタルスポーツカートTIA/MZ



現在の私のマイレーシングカート、TONY KART













Last updated  2021.04.05 19:45:25
コメント(0) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.