028586 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

わたしのブログ

PR

X

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


afei-2010

カレンダー

楽天カード

お気に入りブログ

まだ登録されていません

コメント新着

石倉 一雄@ Re[1]:男性用ブラ・Tバック・・・愛好者が増えてます(10/10) 高村幸治さん >エ~Tバック愛好者が、い…
H.Jones@ Re:男性用ブラ・Tバック・・・愛好者が増えてます(10/10) わたしもTバックを愛用して20年位にな…
高村幸治@ Re:男性用ブラ・Tバック・・・愛好者が増えてます エ~Tバック愛好者が、いるなんて信じられ…
くーる31@ 相互リンク 突然のコメント、失礼いたします。 私は…
くーる31@ 相互リンク 突然のコメント、失礼いたします。 私は…

フリーページ

ニューストピックス

2021年03月27日
XML
カテゴリ:たばこ

マサチューセッツ総合病院(MGH)のタバコ研究治療センターによる新しい研究は、電子タバコを毎日使用することが米国の喫煙者が可燃性(つまり通常の)タバコの喫煙をやめるのに役立つことを示す重要な人口レベルの証拠を提供します。

調査員は、8,000人を超える成人喫煙者のデータを使用して、喫煙者が喫煙をやめ、禁煙を続ける可能性を測定し、毎日および非毎日の電子タバコユーザーと通常のタバコのみを吸ったユーザーを比較しました。彼らは、電子タバコを毎日使用している喫煙者は、電子タバコを使用していない人と比較して、1年以内に可燃性のタバコをやめ、少なくとももう1年はやめ続ける可能性が高いことを発見しました。彼らはまた、電子タバコを使用した喫煙者は、電子タバコを使用していない喫煙者よりも通常のタバコの喫煙に戻る可能性が低いことを発見しました。

研究の開始時に、喫煙者の3.6%が現在の毎日の電子タバコユーザーであり、18%が現在の非毎日の電子タバコユーザーであり、78%が電子タバコをまったく使用していませんでした。データ収集の2年目と3年目までに、毎日のユーザーは、非ユーザー(6%)よりも喫煙を長期間禁欲する割合が高い(11%)と報告しました。電子タバコを毎日ではなく使用した喫煙者は、非使用者よりも可燃性タバコの長期禁欲を示す可能性が高くありませんでした。

「喫煙をやめることを計画している喫煙者は、電子タバコではなく、最初にFDA承認の治療法を使用するように奨励されるべきです」と、論文の上級著者でMGHタバコ研究治療センターの所長であるナンシーリゴッティ医学博士は述べています。禁煙のためのFDA承認の治療法には、バレニクリン、ブプロピオン、またはニコチンパッチ、ガム、またはトローチが含まれます。「しかし、この研究は、電子タバコがこれらの既存の治療法をやめることができない一部の喫煙者に役立つかもしれないことを示唆している」







最終更新日  2021年03月27日 23時11分42秒
コメント(0) | コメントを書く


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。



© Rakuten Group, Inc.