434389 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

独学で合格!色彩検定講座ブログ

PR

X

Profile


hakubunchou

Free Space

Category

Freepage List

■色彩検定を独学で合格したい人を応援します!
お疲れ様です!夏期色彩検定試験はどうでしたか?
次回冬期試験申し込み期間:8月25日〜10月2日
全級 11月9日(日)1級2次 12月14日(日)

2014年解答速報

個人的なメール・メッセージはこちらへ。。。質問・リクエストも大歓迎です!

2018.11.27
XML
カテゴリ:色彩検定UC級

​どんどん12月16日の色彩検定UC級の試験日が迫ってきてます!​

お勉強は進んでいますか?

また、hakubunchouからの試験問題のプレゼントです!

どんどんアップしなきゃ間に合わない!
皆さんのお役に立てばいいなと思っています。

予測問題
------------------------------------------------------------------------------

問1 ユニバーサルデザインについて答えなさい。

ユニバーサルデザインの考え方は、(  ①  )年にデンマークの(  ②  )が提唱した
(  ③  )の考え方が出発点になっています。1970年代に高齢化社会が加速してきた時期からやっと(  ④  )が検討されるようになってきました。これがバリアフリーの導入された始まりです。

バリヤフリーとは、障がい者や高齢者の社会参加を困難にする設備や製品などについて、(  ⑤  )を取り除く、あるいは(  ⑤  )とならないように専用の機能を(  ⑥  )するデザインの事を示します。

それに対してユニバーサルデザインは、初めから(  ⑦  )がないように設計されているデザインを指します。その対象者も高齢者や障がい者だけではなく(  ⑧  )を問わず「(  ⑨  )にとって(  ⑩  )でも快適に使える」ことが求められます。


問2 ユニバーサルデザインについて答えなさい。

ユニバーサルデザインの概念は、アメリカの車いす使用者であり、建築家・デザイナーの(  ①  )によって(  ②  )年代に提唱されました。(  ①  )は自身の体験から「車いすの使用者のニーズは(  ③  )などのニーズに近い」と考え、さらに「あるユーザー層への配慮は(  ④  )への配慮にもなる場合がある」と発展させていきました。



問3 色のユニバーサルデザインについて最も適当な物を答えなさい。

①色のユニバーサルデザインしっかり考慮しておけば、エンドユーザーに最終確認をしてもらう必要はない。

②色彩の見え方は、全ての人がほぼ同じなのでデザイン制作者がわかりやすい色使いをしなければならない。

③多様な色覚特性を配慮したシミュレーションソフトで確認する事が必要だ。

④色覚特性の事を考えるのは、病院や介護施設だけなのでその他の制作現場では考える必要はない。

------------------------------------------------------------------------------

解答
問1
④障がい者の社会参加
⑤障壁
⑥付加
⑦バリア
⑧国籍・年齢・性別

問2
①ロナルド・メイス
②1980
③ベビーカー使用者
④別ユーザー層

問3


------------------------------------------------------------------------------

まだまだ問題はありますので、時間が許す限りこのブログで発表していきたいと思っています。







Last updated  2018.11.27 23:56:42
コメント(1) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.