477657 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

アフィリエイト・プログラムでママさんアフィリエイターを目指そう!

2004年04月12日
XML
ミニラが入学して、1週間経ちました。
(ミニラはチビのハンドルネームです←私が勝手につけたのだけど)

今朝、さぁ、登校しようかという時にチビから
「学校行きたくない、学校やめた・・・」の一言。

ミニラは入園した時も毎日大泣きしながら通ったことを思い出して、また同じ状況になってしまったと正直ショックでした。ミニラは慣れるまでに時間のかかる子で、自分から輪に入ることができないんです(←私の子どもの頃とそっくり)。入学してから、少々緊張気味の様子だったけれど「行きたくない!」と思うほど悩んでいたとは私のフォローが足りなかったなぁ。

ミニラに何があったの?と聞いても同じ言葉を繰り返すだけ。とりあえず先生に電話をして事情を話すと
「先週、ミニラ君はトイレの説明をみんなにしている時に教室にひとりで帰ってしまったことがあって。そのことを友達に言われたら泣いてしまったことがあったんですよ。
もし、お母さんのお時間があったら一緒に登校して教室にいていただけるとミニラ君も安心すると思います。」
とお話してくれました。

行きたくないと半べそをかいているミニラに
「ママも一年生になるからね。一緒に教室まで連れて行ってよぉ」
となだめながら二人で学校へ行きました。

教室に入ると「ミニラ、遅刻だぁ」と友達が駆け寄ってくる。そんなこと言わないでよぉと思いつつ(顔はにっこりスマイルで)、ミニラを見守っていました。
1年生ってまだまだ幼稚園児の延長でわいわいおしゃべりしたり友達の席に行ったりしているのに、ミニラは座ったまま動かない。友達に話しかけられてやっと話す程度でした。

そんな姿を見ていると胸がきゅーっと痛くなります。輪に入れない息子、見守ることしかできない私。私ができることって何だろう?こうなったら、私が子供達に溶け込んで「ミニラ君のママ」だということを覚えてもらおう!と先生のお手伝いをしながら、子供達に声かけをしてみたんです。子供達は喜んで「絵を描いたんだよ、見て!」とか「このプリントはどこにしまえばいいの?」とか私に話しかけてくれるようになりました。
すると、ミニラに笑顔が戻ってきて「ママ、帰ってもいいよ(ニコリっ)」と言ったんです。

ほろほろっときちゃいました。息子なりに一生懸命頑張っているんだなって。
入学を機に学童保育にも入ったので、負担が大きかったのかな? 学校が終わってそのまま学童保育へ行き、幼稚園の頃よりも私と離れている時間が長くなりました。寂しい気持ちや不安もいっぱい抱えているはずだよねと申し訳ない気持ちでいっぱいです。

新しい生活に慣れるまでは学童保育の時間を短くしてもらうことにします。そして息子が必要とするなら、毎日学校も一緒に登校して、クラスでの様子を見守っていこうと思います。

全てが上手くいくとは限らない。でも、大切なものを見失う前に気づくことができれば乗り越えられるんですね。

続編のおねーちゃんのいじめ問題もありますので、ネットよりも家族に重点を置く毎日です。
みなさんのところへ顔出せなくてごめんなさい。
出版祝のお礼、日記リンクのお礼もまだお待たせしています。ごめんなさい。
もう少しお時間ください。

ご理解いただけると嬉しいです。


+ + +


肺ガンでも諦めない!エノさん・36歳を応援しています!
エノさん、お会いできる日を楽しみにしています。


迷子のサリーちゃん

みゅーたろーさんのHPに↑こちらのバナーの張り方が書いてありますので、よろしかったらご協力いただけると嬉しいです。







最終更新日  2005年10月22日 01時52分23秒
コメント(23) | コメントを書く

PR

ランキング市場

キーワードサーチ

▼キーワード検索

フリーページ

楽天プロフィール

設定されていません

カテゴリ

コメント新着

 あにゃぽん123C@ 賀正 昨年はありがとうございました 今年も…
 MR.Young@ アフィリエイター養成講座を読んで 藍玉さんはじめまして、Mr.Young です。あ…

お気に入りブログ

青山アンデルセン New! ぼちぼち7203さん

鎌倉・大船フラワー… New! カンちゃん0760さん


Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.