11192076 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

愛犬問題 犬の身になって考えてみよう

シャンプーは人用を!

犬用シャンプーより人用が安全で安い!

 人用シャンプーの容器には品質保証のために成分表示が法律で義務つけられている。人の健康を害するような成分を排除するためだ。

 ところが、犬用シャンプーの容器には成分表示がない。ご自宅に犬用シャンプーの容器があるなら、確認できる。つまり、何が原料かは不明だ。犬用シャンプーには法律の規制がない。インチキ商品でも、いかがわしい商品でも取り締まる法律がない。だから、犬用シャンプーには誇大広告や虚偽広告偽装が堂々と横行している。

 換言すると、人用シャンプーの製造時に不合格となったシャンプーでも、犬用シャンプーとしては販売できる。その中身は誰も調べないし、法律違反でもない。

akamimianima.gif 犬用シャンプーメーカーのホームページなどには「原料は低刺激性の100%天然植物成分です。」、「合成界面活性剤は全く使用していません。」みたいなことを書いてあるのがほとんどだ。見え見えのウソだ。

 天然の植物成分だけで洗浄効果のある犬用のシャンプーを工業化し、製造するのは至難の業だ。原料を集めるだけでも大変だ。資本力のない弱小企業には無理だ。ただし、次のようなことは可能だ。

 100円ショップで売っている中性洗剤を他の容器に詰め替え、犬用シャンプーのラベルを貼れば立派な商品になる。原価の何十倍の価格で売れる。薬九層倍以上の利益がでる。

 だから、犬用シャンプーはメーカーが乱立している。インターネットにもあだ花が咲き誇っている。キーワードに犬とシャンプーを入力してGoogleで検索すると、なんと100万件出る。ビックリ。そのほとんどが犬用シャンプーの製造販売業者のホームページだ。ボロ儲けができるのだろう。 

 犬用シャンプーは原材料が不明で品質保証の成分表示もしてないのに、人用シャンプーの2~3倍の高額で販売されている。不思議な商売だ。高価だと詐欺商品ではないと思う人が多いのだろうか。
 ドッグフードも高価なものを愛犬に食べさせているから、品質が良いと信じ込んでいる愛犬家がいる。お人よしだでだまされやすい人たちだ。その愛犬たちが被害を受ける。

hasiruanima.gif 人も犬も哺乳類で、毛のタンパク質の成分は殆ど同じだろう。違うという科学的なデータを犬用シャンプーメーカーは示してない。どこが、どう違うのかわかっているのか。
その違いで、人と犬とではシャンプーの成分を変更しなければ、犬の毛を綺麗にできないし、犬の健康を害することがあるというのか。それを科学的に証明したデータは提示できるのか。そんなデータはないだろう。

 科学的なデータもないのに、「犬用シャンプー」と表示するのは偽装表示だ。詐欺商品の詐欺商法だ。

 現在の愛犬のパロは4代目だが、愛犬たちには人用のシャンプーを信頼し、安心して使っている。カネの問題ではない。愛犬の健康のために品質保証のない詐欺商品を使う気はない。

pananima.gif 関連随想

5 石鹸シャンプーはアルカリ性で頭髪を傷める 犬用石鹸シャンプーも毛の表皮を溶かす!

4 犬用シャンプーより人用が安全で安い! 偽装だらけの犬の世界6

3 犬も人用シャンプーが最適!トリマーも賛同

2 原料不明の犬用シャンプーより人用が安全! 

1 薬用シャンプーノルバサンは効果がないぞ! 酢酸クロルヘキシジンは目に激烈な毒性!

-



Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.