11356954 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

愛犬問題 犬の身になって考えてみよう

2005.10.21
XML
カテゴリ:
 チョコレートにはテオブロミンというカフェインと同類の興奮作用のある物質が含まれている。人も犬も適量のチョコレートを食べると、元気になる。
それなのに、本や雑誌、ホ-ムページなどには自称愛犬家や獣医が犬にはチョコレートは与えてはいけないと書いてある。しかし、どのくらい食べさせたら、中毒するのかは記述してない。

 具体的に記述する。
女性の手のひらほどの大きさの「明治ミルクチョコレート」や「ガーナミルクチョコレート」100gにはテオブロミンが240~280mg含まれている。
その板チョコ1枚全部を犬に一度に食べさせても、中毒死することはない。

 体重5kgの愛犬なら、5枚を一度に食べさせると、中毒死の可能性がある。
それほどの大量のチョコレ-トを一度に食べる人はいないだろうし、ましてや、愛犬に食べさせる飼い主はいないだろう。
おおまかに言うと、人も犬も自分の体重の十分の一のチョコレートを食べると中毒死する可能性がある。

 化学物質の世界的な大辞典であるMERCK INDEXによると、
テオブロミンの致死量は体重1kg当たり、犬は120~500mgで、人は300~500mgだ。犬の体重が10kgなら、10倍すればよい。

 登山の非常食としてチョコレートの携行が喜ばれているのは、糖分だけでなく、興奮作用のあるテオブロミンが疲労した身体に活力を与えてくれるからだ。
先代の登山犬のパピヨンはチョコレートが好きだった。登山中、よく分け合って食べた。

 一方、タマネギやニンニクなどのネギ類には血液毒の硫化アリルプロピル(allyl propyl disulfide)が含まれている。人は、その化合物を分解できるが、犬や猫は分解できないとネットに記述がある。

 この硫化アリルプロピルは酸素運搬機能のあるヘモグロビンを酸化して、無力にする。呼吸機能が低下する。血液中に酸素が少なくなり、貧血状態になるとの記述が多い。

 しかし、多くの愛犬家が実際にタマネギ料理の残り物を愛犬に食べさせたが何の問題も起こしたことがないと発言している、愛犬に何年もタマネギ料理の残り物を食べさせている飼い主もいる。

 洋犬はタマネギ中毒はしないが、日本犬は中毒することもあるという獣医もいる。日本犬でも中毒しない犬種もいるとか言っている。信頼するに足りる情報がない。曖昧模糊としている。中毒死したとの情報は見当たらない。
 どうやら、犬のタマネギ中毒の話は犬にチョコレートが悪いというのと同じで、信頼できる話ではないようだ。

 当方の愛犬にタマネギ料理を食べさせてみたが何の問題もなかった。具体的に記述する。

 愛犬のパロは食いしん坊で何でも食べるほうだ。それを幸いに、パロにタマネギ入りの食餌を沢山食べさせる実験をした。パロの体重の1%にあたる量の生タマネギをすりつぶして豚肉や鶏肉とこねてハンバーグ風にして加熱調理した。つまり、パロの体重は4,2kgなので、40gのタマネギと肉類60gを混ぜた。

 半分ほど食べて残した。翌日も残した。体調の異常らしい兆候はない。
タマネギが沢山入った食べ物はおいしくないようだ。やむを得ないので、主食の鶏の手羽先の先を与えた。喜んで食べた。
 
 すなわち、犬にその体重の1%のタマネギを食べさせるのは難しいということだ。野犬のように食べ物に不自由な犬なら、いざ知らず、家庭で普通にかわいがって飼っている愛犬にタマネギを大量に食べさせることはできないだろう。

 日本獣医学雑誌に麻布大学獣医学部薬理学教室の犬に関するタマネギの研究論文が発表されている。生きている犬ではなく、試験管による実験(in vitro)だ。「夕マネギ煮汁を生タマネギ換算で30g/kg 1日1回連続3日間投与すると, 初回投与後2, 3日に」貧血の症状が出たとある。

 生きている犬なら、食べることができないほどのタマネギの量だ。
この研究結果から、犬はタマネギを食べて中毒することはないと言える。

 犬の体重の3%のタマネギだ。10kgの犬なら、生タマネギ300gの量だ。そのタマネギだけで犬が満腹しそうだ。
 体重4,2kgの愛犬のパロにあてはめると、120g以上の生タマネギだ。食べさせることは不可能だ。前記の実験で一日に20gほどしか食べなかった。

 大学の試験管実験結果で、犬にタマネギを食べさせると貧血になると世の中に向かって言うのは間違いだ。学者バカということだ。科学的に正しいことでも、世の中の一般の愛犬家に向かって言っていいことと言ってはいけないことがある。

 世の中から遊離した試験管の研究結果を実社会にも当てはまるような発言をしている獣医が多すぎる。愚の骨頂だ。犬を正しく飼おうとしている愛犬家にとっては迷惑千万だ。

 試験管実験で大量のアルコールを投与して肝硬変などの発症をみつけて、人は皆アルコールを飲んではいけないと世の中に向かって報告しているようなものだ。短絡的で誇大妄想的な発想だ。社会良識がなさすぎる。何かが狂っている。 

 ネット上で、多くの愛犬家がその飼い犬にタマネギ料理を食べさせているが、何の問題もないと発言している。それに対し、獣医などが「犬種や個体差もある。遺伝的な問題もある。」と回答している。いい加減にしろと言いたい。きわめて例外的で稀有なタマネギ中毒をすべての犬に当てはまるかのように大げさに取り上げることが間違っている。

 タマネギ料理は多くの家庭で好まれている。犬タマネギ中毒説は、その残飯を犬に食べさせないで、できるだけドッグフードを売りつけて儲けたい獣医や業者の悪企みだと見ている。

 タマネギやニンニクと犬との関係で英文でネット検索をしてみた。犬タマネギ中毒に関する外国の学術論文は検出できない。できたのは北海道大学と麻布大学の獣医関係者の英文の研究論文だけだ。
 試験管レベルの実験ではタマネギに含まれている硫化アリルプロピルや有機チオ硫酸化合物が犬に貧血を起こす実験結果は正しいだろう。

 しかし、生きている犬がタマネギやニンニクを食べて中毒するときの犬の体重とその犬が食べるタマネギやニンニクの量との関係を明らかにしてない。
 それなのに、犬にタマネギやニンニクを食べさせると溶血性貧血になる可能性があると結論づけている(There is a possibility that garlic in pet food may cause hemolytic anemia due to some oxidants contained in garlic.)。
 論理が飛躍している。生きている犬では実証してない。おそまつすぎる。

 試験管の研究結果だけで、世の中のすべての犬が貧血になる可能性があると結論づけるのは、一種の虚偽表示だ。詐欺行為だ。世の中を脅し、惑わしている。獣医界の質が問われる問題だ。
犬に人の残飯を食べさせないで、できるだけドッグフードを食べさせようとする画策の一環の研究なら国民を愚弄している。世の中にとって益よりも害の多い研究だ。

 犬に中毒するほどの大量のタマネギやニンニクを食べさせることができず、生きている犬ではタマネギやニンニクの中毒症状は発現できなかったのだろうと思っている。

 その研究者たちの論文が犬タマネギ中毒説の骨子になっている。多くの人がだまされている。中にはタマネギを食べて死んだ犬もいるとネットに書いてある。実際に犬の中毒死の事実を目撃したのではなく、他人から聞いたことになっている。
 試験管レベルの研究段階に過ぎない犬タマネギ中毒説が一人歩きして真実のように広く浸透している。世の中にあだ花が咲き誇っている。オカルト宗教に似ている。信じる者は救われるのではなく、被害を受ける。
 

 犬に関する著作物には無責任で詐欺師的な記述が多い。犬にはチョコレートやタマネギを食べさせてはいけないというのもその例だ。物事を科学的、論理的に考えてから、文章を書いてもらいたいものだ。

 komainuanime.gif 関連ブログ

1 愛犬はチョコレートやケーキが大好きだ! 偽装だらけの犬の世界11

2 愛犬にチョコレート!心配しすぎ!?

3 タマネギ・ニンニクは犬にも有益な食べ物だ! 米国飼料検査官協会が安全性を確認し推奨!

4 犬にタマネギも心配しすぎ!適量は有益か! 偽装だらけの犬の世界12

5 タマネギで犬猫は貧血になる?ならない!


sibafunonihikianima.gif
   
      






Last updated  2014.12.19 21:47:29
コメント(28) | コメントを書く

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Freepage List

★手作り食事とドッグフード


鶏の骨が大好き!


手作り食事


塩分は犬にも大切だ


ドッグフード偽装表示


サプリメントは不要


チョコレートが好きだ


タマネギも有益


味噌汁もよい


牛乳を飲ますには


療法食はいかさま商品


おやつも人用を


スルメやイカが大好き


チーズも人用を


ケーキも人用が良い


ビタミンC無くて良い


野菜果物無くて良い


魚の残飯もよい


豚の骨


煮干し いりこ


ジャーキーは危険!


香辛料 スパイス


防腐剤エトキシキン


キシリトール有益無害


ココナッツオイルは詐欺商品


食薬同源 食が主で薬は従


★公園犬禁止は法律違反


ノーリード禁止は違法


愛犬はノーリード


狂犬病注射有害無用!副作用で健康被害死亡


混合ワクチン注射有害無用!副作用で死亡も


狂犬病ハガキ・戸別訪問


ワクチン症候群は怖い病気


獣医界の五大詐欺商法


獣医大学は詐欺師の養成学校


狂犬病ワクチン有害無用論のつづき


★ノミ蚊ダニ駆除


ひば油 殺菌殺虫剤


ひば油エタノール溶液


猫にもひば油は有効


ネクスガードは有毒


★フィラリア予防薬と治療薬


フィラリア予防薬は無用!


フィラリア薬の偽装欺瞞


★アレルギ-


ワクチンでアレルギ-


逆くしゃみ症候群


アナフィラキシーの怖さ


アトピー性皮膚病


自己免疫性皮膚炎


★しつけと訓練


社会性の豊かな愛犬に


臆病犬喧嘩犬を直す


糞尿は風呂場が最適


糞尿のいろんな問題


ワクチンよりしつけ大切


マウンティグ


マーキング


幼犬のしつけと飼い方


階段 訓練 マット


食糞・糞食


権勢症候群


誤飲→自分で吐出す


吠え防止首輪は虐待器具


草を食べる問題


噛み癖を直す


★「愛犬問題」に出会えて幸せ!


愛犬の正しい飼い方


シャンプーは人用を!


マイクロチップは有害で無用


トイレシーツは不要


乳歯抜歯は不要


救命胴衣は不要


歯磨きは鶏の骨で


犬用ガムは危険!


涙やけを治す


犬と人の年齢換算式


目薬ホウ酸水の作り方


トリミングで混合ワクチン強要


服、浴衣、靴は無用


電車賃は無料


家庭用医薬品愛犬に


熱中症はこわいぞ!


生理中の出会い


食品売り場


犬猫忌避剤は効かない


犬用薬剤は獣医の薬剤も市販品も危険!


歯磨きジェル 不良


ペット保険は無益無用


リーバー3は詐欺商品


犬用市販薬剤は危険!


ブータンの犬は幸せだ


バイオチャレンジはインチキ商品


アイエンヴィーはインチキ商品


ジューイシャンはぼったくり商品


薬用シャンプーは無効


グリニーズは欠陥商品


アトピカ・免疫抑制剤は悪魔の薬剤


ノルバサンシャンプーは不良


アピナック錠は偽装商品


ミミピュアは副作用強い


動物用医薬品は不良


ロイヤルカナンは詐欺商品


ノルバサンオチック ひば油が良い


乳酸菌サプリは偽装商品


サニタリオは偽装商品


マキロンsは良い薬


家庭用医薬品を犬にも


マインドコントロール


アガペットゴールド


パンフェノンは詐欺商品


大理石ボードで夏を涼しく


★避妊去勢有害無用論


獣医の不正過誤診療


歯石取りで麻酔死


悪徳獣医を見抜く方法


甲状腺機能低下症


乳腺腫瘍


子宮蓄膿症


椎間板ヘルニア


ぎっくり腰


結石症


パスツレラ病


白内障


狼爪


麻酔死


てんかん・鶏の骨で治す


ひば油で皮膚病が治る


耳ダニ


停留睾丸


カプノサイト症


膿皮症、脂漏症を治す


肥満細胞腫


ステロイド剤は怖い!


分離不安症と留守番


前立腺肥大症


そけいヘルニア


後ろ足麻痺


肛門腺絞り


関節炎


リマダイルの薬害


ワクチンで皮膚病


クッシング皮膚病


延命治療は過剰診療


腺維肉腫(癌)


骨肉腫(癌)


血管肉腫(癌)


除草剤で嘔吐下痢


真菌性外耳炎ひば水で治った


真菌性皮膚病ひば水で治った


耳が臭い ひば水で治る


血尿・血便 騒ぎすぎ!


肛門周囲腺腫は良性


心臓病


大腸炎


歯周炎


悪徳獣医から示談金80万円


脂漏症 ひば油で治す 


口周りが赤くなる病気


角膜びらん


睾丸肥大手術


下痢・便秘騒ぎすぎ!


アカラス症は獣医が原因


メタカム・鎮痛剤で嘔吐


血管炎・虚血性皮膚病


虫歯の対処法


咳・気管拡張剤は不要


マラセチア皮膚病


犬の飼い方ワースト10


皮膚病は獣医治せない


★裁判・獣医への判決


断尾断耳


獣医のブログ荒らし


インフォームド・コンセント


保健所・里親・殺処分


動物愛護団体は偽善


動物愛護法を改悪


テレビ新聞は報道せず


★ 犬恐怖症を治す


★ パピヨンの良さ


★★★★★ 亡き愛犬の追憶


★ ウサギのラピー


ペット課税と獣医師会


Yahoo!知恵袋


ブログ荒らし対策 警視庁


原発神話は崩壊!


Recent Posts

Comments

 Paroowner@ 柴姉ちゃんさんへお礼 New! 柴姉ちゃんさん、こん〇〇は。 Q(^ェ^…
 Paroowner@ 気楽に書き込んでください New! 犬の好きな方の投稿を歓迎します。 …
 Paroowner@ 愛犬の病気に関して質問する愛犬家へ New! ブログ「愛犬問題」に愛犬の病気に関して…
 Paroowner@ Re:留守番でワルをする分離不安症の犬、常同障害(04/22) たけしさん、こん〇〇は。 Q(^ェ^)Q …
 たけし@ 留守番でワルをする分離不安症の犬、常同障害 Paroownerさんへ 写真集の件ありがとうご…
 Paroowner@ たけしさんへ追申 たけしさん、こん〇〇は。 Q(^ェ^)Q …
 Paroowner@ Re:犬の写真は素敵(09/16) たけしさん、こん〇〇は。 Q(^ェ^)Q …
 たけし@ 犬の写真は素敵 Paroownerさんへ 愛犬の写真はいいですね…

Archives


Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.