10304216 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

愛犬問題 犬の身になって考えてみよう

2011.09.04
XML
カテゴリ:ワクチン
 犬猫のワクチン注射とワクチン誘発症候群Vaccinations in Veterinary Medicine: Dogs and Cats: Vaccinosis この沢山の学術記事の中にそのほんの一部として、次の文章がある。一般愛犬家にもわかりやすいように意訳して紹介する。
 一言で要約すると、犬猫には毎年のワクチン注射は不要であり、むしろ、健康を害するということだ。



アンドリュー・ジョーンズ博士・DVMのワクチンに関するごく一般的な質問に対する答え。
   (DVMとは、8年制獣医大学を卒業した資格。日本の獣医大学は6年制であり、肩書きにDVMを使うと、国際的には資格詐称に当る。)

質問: 犬や猫に毎年ワクチンを注射すべきですか。

答え: ノーです。毎年のワクチン注射については、科学的に正当化できる理由は絶対にありません。
ウィスコンシン大学の病理生物学の主任教授であり、犬猫に関する免疫学の世界的な最も著名な専門家であるロナルドDシュルツ博士によると、
体内にウイルスに対する免疫が一旦できあがると、その免疫は、数年、あるいはその動物の生涯にわたり持続します。」とのことです。
免疫が長期間持続するという事実は免疫に関する研究で明らかにされて、アメリカやオーストラリアの獣医団体によって容認されています。
 もし、あなたが愛犬にワクチン注射を望むなら、生後6ヵ月後に一度だけ幼犬用のワクチンを接種したほうがよいです。その後は、追加の接種は必要ありません。ということについてはコンセンサス(同意)が得られています。

質問: 私は、ワクチンが安全であると思っていました。ワクチンの副作用の害とは何ですか。

答え: 犬猫の炎症性疾病がどんどん増えて当たり前になってきています。その原因の多くはワクチンによるものです。

 ワクチンには、次の成分が含まれています。
・効力を弱めた生きたウイルス
ホルムアルデヒド (癌予防の目的で入れてありますが、昔は、死体をミイラ化するために使用されていた物質です。)
水銀とアルミニウム塩(両方とも有毒物質)
血清(血液製剤)
・その他厄介な物質

 医師界や獣医界の専門家は、血清が人にも動物にもアレルギー反応を引き起こすことがあることを躊躇なく認めています。

 その上、多くのワクチンの造り方は、犬や猫の脳や腎臓、ハムスターや、鶏の胎児の組織を原料として培養して造る方法です。もし、それらの動物の組織が十分に取り除かれてないワクチンだと、そのワクチンを注射された犬や猫は、それらの組織に超過敏反応を起こします。

 過敏症という言葉はアレルギーや炎症と言い換えてもいい言葉です。時によると、超過敏反応が非常に激しく起こります。専門的にはアナフィラキシーと言います。その場合、すぐにアドレナリンを注入しなければなりません。さもなければ、その犬や猫はんでしまいます。

ワクチンは、一般にストレートに血液の流れの中に注がれるので、その成分は、体の隅々まで運ばれます。
動物の遺伝子的な疾病素質によっては、アレルギー反応が脳の炎症、消化器系の炎症、骨と関節の炎症として現るでしょう。実際に多くの炎症状態が現れています。
脳疾患、てんかん、異常行動問題、大腸炎、関節炎、甲状腺疾患、心不全、腎不全、癌、その他について、科学者が、ワクチン注射と関係があると学術論文を書き、公表している理由です。

 レトロウイルスの一つであるサル免疫不全ウイルスSIVはソークワクチンの汚染物質でした。SIVとヒト免疫不全ウイルスHIVは互いに密接に関係しているウイルスです。
 個々に独立している科学者たちが、ベルギー領コンゴで実施された小児麻痺ワクチンの集団接種でエイズが発生したことを追跡調査しました。
また、ニューヨークで、生殖器の疱疹(ヘルペス)の予防のためにワクチンを注射された同性愛者の男性たちの間にもエイズが発生しており、科学者たちが追跡調査しました。
 (エイズは人間がワクチンで猿類から人類に持ち込んだ伝染病だということ。翻訳者注釈)

 同様に、鶏レトロウイルスが白血病患者から見つかりました。その鶏レトロウイルスはMMRワクチンから来たと考えられています。ジステンパーとはしかは、実際には同じウイルスです。その両方のワクチンはひよこ(鶏胚)で培養されます。

質問: 何千匹もの犬を殺しているパルボウイルスは、1970年代に何処から来ましたか。

答え: 科学者たちは、異種のウイルスが混ざり合ってできる病気(異種クロス病)に由来するといわれていることを引き合いに出しています。つまり、ワクチンメーカーが、ネコ腸炎に罹病している猫からジステンパー用ワクチンを作ったことに起因しています。
この新しい病気のための最初のワクチンは間に合せの一時しのぎのものでした。それがネコ腸炎用のワクチンです。この病気は世界中に同時に発生しました。
 当初、この病気は自然にゆっくりと広がりましたが、しかし、ワクチンメーカーが世界中に大量のワクチンを出荷しましたので、その大量のワクチンで容易に世界的な流行病を引き起こしてしまいました。(病気を予防する筈のワクチンで、その病気を世界中に広めたということ。注釈)

 人間と動物に基づく研究から得られた科学的なデータを見ることによって、私たちは、ワクチンは炎症を引き起こし、免疫が仲立ちして起こす病気も引き起こすことが立証されているといえます。
イギリスの獣医のクリストファー・デーは、患者の約80%が最初に病気になっている気づいた日は、ワクチン接種後3カ月以内にあることを観察しました。
 ペットの飼い主が短いアンケートを答えるよう誘うことによって、CHC(犬の健康問題調査研究協会)はこの理論が正しいかどうかを調べています。
調査した犬の数は4,000匹以上でした。私たちは飼い主に、「もしあなたの愛犬が病気なら、ワクチン注射との関連で、愛犬は、いつ病気になりましたか」と質問しました。私たちはこれまでの結果に驚いています。

 運動失調症の場合は、その91%がワクチン注射後3カ月以内に現れました。注射した部位に腫瘍のある犬の81%は、ワクチン注射後3カ月以内に最初の発症がありました。

脳炎になっている犬の78.6%は、ワクチン注射後3カ月以内に最初の症状を現しました。てんかんになっている犬の73.1%は、ワクチン注射後3カ月以内に最初の症状を現しました。
大腸炎になっている犬の65.9%、異常行動問題のある犬の64.9% 、肝不全ななっている犬の61.5%が、それぞれワクチン接種の3カ月以内に発病しました。

上記の数値は、私たちの基本方針を説明するために、私たちの調査研究結果から無作為に選びました。ワクチンはウイルス性の病気に対して私たちの愛犬を保護しているかもしれませんが、愛犬たちは、非常に高い危険を冒して保護してもらっていることになります。
もし、ワクチン注射の後遺症が発生しないなら、25%の犬だけが、それぞれ3カ月の期間に病気になるでしょう。

質問: 私の獣医は、あなたがデマを飛ばして世間を騒がしている、私は毎年予防注射を続けるべきであると言っています。私はどうすればいいのかわかりません。

答え: 獣医は、どんなに善意であっても、大学で教育されて卒業した人たちです。その大学はワクチンと製薬会社を頼りにしているのです。スポンサー、研究助成金、奨学金、および、運営資金の面で、財政的な援助をしてもらうためです。
大学は運営資金の面で大企業に依存しています。だから、大学に餌を与えているその手に噛み付いても構わないと思っている獣医は殆どいません。
現在は、ワクチンに関する獣医教育は、「それをしてください」と言う教育方針をやめて、それを乗り越えようとする傾向にあります。

 免疫に関する私たちの知識は過去5年間著しく向上しています。ワクチンに関して明るみに出てきているいろんな情報は、獣医が倫理的にも経済にも挑戦すべき問題を提起するでしょう。

 しかし、あなたの愛犬は、そのような挑戦を飛び越えて一番健康な犬になるのに値します。もし、獣医が毎年ワクチン注射が必要であると言うなら、アメリカの研究結果や毎年のワクチン注射は不要というアメリカのアドバイスについて耳にしたことがあるかどうか獣医に尋ねてください。
もし、その獣医がこの研究を知っているなら、あなたの質問を無視することはできません。もし、この研究を知らないなら、その獣医は愛犬家にアドバイスする知識を欠いています。勉強不足です。

 つまるところ、あなたの愛犬は、愛と信頼に満ちた目で、白衣を着た見知らぬ他人ではなく、あなたを見つめています。あなたが、できるだけ沢山の事実を理解できるように努めることはきわめて重要です。
 私自身はワクチンを注射して愛犬が死亡する誤りを犯しました。私の真似はしないでください。真実を発見する前に、愛犬を死に追いやるような誤りをしないでください。あなたと愛犬が共に幾年月も幸せで健康な年であるように願っています。

 愛玩動物は定期予防接種で健康被害を受けています。
ほとんどの愛玩動物の飼い主は、近年発見された動物ワクチン接種の危険性に気づいていません。
 主要な獣医協会は、現在、ワクチン注射がアレルギーから癌までのいろいろな疾患の引き金となることがあるという事実を認めていますが、その一方で、個々の多くの獣医は、そのことを無視しています。

 毎年繰り返されるワクチン注射で愛玩動物にその副作用が頻繁に起こり、その被害が劇的に増加しています。
 これらの問題の大部分は免疫システムに関わっています。結局、ワクチンが免疫システム全体にどのような影響を与えるように設計されているかの問題です。
しかし、実際はワクチンは免疫システムを圧倒し、混乱させて、きわめて不自然な方法で免疫システムに影響を与えています。


翻訳者:ブログ「愛犬問題」開設者 Paroowner





   なお、次の翻訳文もご参考になります。
 

1 英国の犬のワクチン被害調査を翻訳 Canine Vaccine Survey by CHCを全訳

2 「ペットワクチン注射は組織犯罪」を全訳! 学術論文Pet Vaccination An Institutionatised Crime

3 ワクチン誘発症候群で多くの犬猫が多病に! 犬猫にワクチンは有害無益だ!



              





楽天SocialNewsに投稿!

Last updated  2015.07.04 19:28:57
コメント(1) | コメントを書く

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Freepage List

★手作り食事とドッグフード


鶏の骨が大好き!


手作り食事


塩分は犬にも大切だ


ドッグフード偽装表示


サプリメントは不要


チョコレートが好きだ


タマネギも有益


味噌汁もよい


牛乳を飲ますには


療法食はいかさま商品


おやつも人用を


スルメやイカが大好き


チーズも人用を


ケーキも人用が良い


ビタミンC無くて良い


野菜果物無くて良い


魚の残飯もよい


豚の骨


煮干し いりこ


ジャーキーは危険!


香辛料 スパイス


防腐剤エトキシキン


キシリトール有益無害


ココナッツオイルは詐欺商品


食薬同源 食が主で薬は従


★公園犬禁止は法律違反


ノーリード禁止は違法


愛犬はノーリード


狂犬病注射有害無用!副作用で健康被害死亡


混合ワクチン注射有害無用!副作用で死亡も


狂犬病ハガキ・戸別訪問


ワクチン症候群は怖い病気


獣医界の五大詐欺商法


狂犬病ワクチン有害無用論のつづき 


★ノミ蚊ダニ駆除


ひば油 殺菌殺虫剤


ひば油エタノール溶液


猫にもひば油は有効


ネクスガードは有毒


★フィラリア予防薬と治療薬


フィラリア予防薬は無用!


フィラリア薬の偽装欺瞞


★アレルギ-


ワクチンでアレルギ-


逆くしゃみ症候群


アナフィラキシーの怖さ


アトピー性皮膚病


自己免疫性皮膚炎


★しつけと訓練


社会性の豊かな愛犬に


臆病犬喧嘩犬を直す


糞尿は風呂場が最適


糞尿のいろんな問題


ワクチンよりしつけ大切


マウンティグ


マーキング


幼犬の飼い方


階段 訓練 マット


食糞・糞食


権勢症候群


誤飲→自分で吐出す


吠え防止首輪は虐待器具


草を食べる問題


噛み癖を直す


★「愛犬問題」に出会えて幸せ!


愛犬の正しい飼い方


シャンプーは人用を!


マイクロチップは有害で無用


トイレシーツは不要


乳歯抜歯は不要


救命胴衣は不要


歯磨きは鶏の骨で


犬用ガムは危険!


涙やけを治す


犬と人の年齢換算式


目薬ホウ酸水の作り方


トリミングで混合ワクチン強要


服、浴衣、靴は無用


電車賃は無料


家庭用医薬品愛犬に


熱中症はこわいぞ!


生理中の出会い


食品売り場


犬猫忌避剤は効かない


犬用薬剤は獣医の薬剤も市販品も危険!


歯磨きジェル 不良


ペット保険は無益無用


リーバー3は詐欺商品


犬用市販薬剤は危険!


ブータンの犬は幸せだ


バイオチャレンジ


アイエンヴィー


ジューイシャン


薬用シャンプーは無用


グリニーズは欠陥商品


アトピカ・免疫抑制剤


ノルバサンシャンプーは不良


アピナック錠は偽装商品


ミミピュアは副作用強い


動物用医薬品は不良


ロイヤルカナンは詐欺商品


ノルバサンオチック ひば油が良い


乳酸菌サプリは偽装商品


サニタリオは偽装商品


マキロンsは良い薬


家庭用医薬品を犬にも


マインドコントロール


アガペットゴールド


パンフェノンは詐欺商品


大理石ボードで夏を涼しく


★避妊去勢有害無用論


獣医の不正過誤診療


歯石取りで麻酔死


悪徳獣医を見抜く方法


甲状腺機能低下症


乳腺腫瘍


子宮蓄膿症


椎間板ヘルニア


ぎっくり腰


結石症


パスツレラ病


白内障


狼爪


麻酔死


てんかん


ひば油で皮膚病が治る


耳ダニ


停留睾丸


カプノサイト症


膿皮症、脂漏症を治す


肥満細胞腫


ステロイド剤は怖い!


分離不安症と留守番


前立腺肥大症


そけいヘルニア


後ろ足麻痺


肛門腺絞り


関節炎


リマダイルの薬害


ワクチンで皮膚病


クッシング皮膚病


延命治療は無用


腺維肉腫(癌)


骨肉腫(癌)


血管肉腫(癌)


除草剤で嘔吐下痢


真菌性外耳炎ひば水で治った


真菌性皮膚病ひば水で治った


耳が臭い ひば水で治る


血尿・血便 騒ぎすぎ!


肛門周囲腺腫は良性


心臓病


大腸炎


歯周炎


悪徳獣医から示談金80万円


脂漏症 ひば油で治す 


口周りが赤くなる病気


角膜びらん


睾丸肥大手術


下痢・便秘騒ぎすぎ!


アカラス症は獣医が原因


メタカム・鎮痛剤で嘔吐


血管炎・虚血性皮膚病


虫歯の対処法


咳・気管拡張剤は不要


マラセチア皮膚病


犬の飼い方ワースト10


皮膚病は獣医治せない


★裁判・獣医への判決


断尾断耳


獣医のブログ荒らし


インフォームド・コンセント


保健所・里親・殺処分


動物愛護団体は偽善


動物愛護法を改悪


テレビ新聞は報道せず


★ 犬恐怖症を治す


★ パピヨンの良さ


★★★★★ 亡き愛犬の追憶


★ ウサギのラピー


ペット課税と獣医師会


Yahoo!知恵袋


ブログ荒らし対策 警視庁


原発神話は崩壊!


Recent Posts

Comments

 Paroowner@ Non Lee さんへお礼  New!   Non Lee さん、こん〇〇は。 Q(^ェ^…
 Paroowner@ 気楽に書き込んでください  New!    犬の好きな方の投稿を歓迎します。 …
 Paroowner@ 愛犬の病気に関して質問する愛犬家へ  New!   ブログ「愛犬問題」に愛犬の病気に関し…
 Paroowner@ Re[2]:毎日勉強させていただいています。(06/08) チャールズさん、こん〇〇は。 Q(^ェ^…
 チャールズ@ Re[1]:毎日勉強させていただいています。(06/08) >ご教示くださり、ありがとうございます…

Archives

Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.