10989824 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

愛犬問題 犬の身になって考えてみよう

2011.09.08
XML
カテゴリ:ワクチン
 日本の獣医界はアメリカの獣医大学が変更したプロトコルワクチンに関する医学上の取り決め)を無視して、ワクチンは犬の健康に有益だとウソを言い張っている。国民をだまし、犬猫の飼い主に有害無益なワクチンを騙し売りして儲けている。

 日本の獣医界は、国立の獣医大学や獣医学部も含め、カネの亡者になり下がって、金儲けに狂奔して恥じない。愛玩動物にとっては、白衣を着た天敵の集団だ。
 不良教授連は再任された蓮舫大臣に事業仕分けをしてもらいたいものだ。国民をだましている連中は国立大学から追放したほうが国民のためになる。愛玩動物にとっては振り込め詐欺師よりもタチの悪い連中だ。

 アメリカの新しいワクチン・プロトコルの概要を一般愛犬家が理解しやすいように意訳してご紹介する。           


原文 Important!  New Vaccine protocols

翻訳文

 重要だ! 新しいワクチン・プロトコル  原文の投稿日 2008/04/04

 皆さんこんにちは。
この文書は犬猫のすべての飼い主が読むべきものです。
きわめて多くの獣医が犬猫に必要でないワクチンを押し売り しています。獣医自身が儲けるためです。
ワクチンは犬猫には健康上有害なものです。

 ジーン・ドッズ博士のプロトコル(ワクチンに関する医学上の取り決め)は現在、北米のすべての27の獣医大学で採用されています。

 私は、あなたがこの文書を読むことを強くお勧めします。この文書をコピーして、ファイルに保存してください。この文書を印刷して、ドッグ・ショーなどの集会やキャット・ショー、、ケンネルクラブの集会、ドッグランなどに持って行って、獣医や犬猫を世話している人たち、その他多くの人々に配布してください。
言葉を口に出して話しかけてください。
 
ワクチン接種   ニュース速報

 北米の27の全獣医大学が犬猫のワクチンに関する医学上の取り決め(プロトコル)を変更しました。この情報は、獣医に倫理的にも経済的にも変革を求めることになります。そのことを疑問に思う獣医もいるでしょう。

 収入の損失を恐れる獣医とワクチンの副作用の怖さを恐れる人たちの間の反目を静めるために、ワクチンは3年に1回接種するという政治的な妥協案が示されました。
しかし、政治的、伝統的、あるいは、獣医の経済的な問題は医学上の決定要素の一つとして取り上げるべきではありません。
 免疫学の新しい原理
 犬と猫の免疫システムは6カ月で十分に完成します。
生後6ヵ月の時に修正生ワクチン(MLV)を接種すると、ペットの生涯にわたり効力のある免疫を獲得します。
 もし、その1年後に別の修正生ワクチンを注射すると、最初のワクチンで作られた抗体が2番目のワクチンの中にある抗原の効力を無力化してしまいます。つまり、ワクチンの効果はほとんどなくなってしまいます

( 抗原とは、生体内に入っていって、病気に対して防衛的な働きをする抗体を生成する作用のある物質です。その防衛機能のある抗体が新たに入ってきた抗原と結合すると、その結合物を白血球などが食べてしまい、1年前のワクチンでせっかく作った抗体が無くなって、ワクチンの効果がなくなるということです。 翻訳者注釈 )

 1年後のワクチン注射で、身体の中の抗体の力価(titer)は高められないだけでなく、記憶細胞も増えることはありません。

( ここでいう力価とは、抗体が抗原と反応する強さを表す指標です。つまり、抗原抗体反応の強弱を示す指数です。その指数が大きいと、体内に抗体が沢山あることを示し、伝染病にかかりにくいことを示します。 翻訳者注釈 )

 年に一度のワクチン注射は不要であるだけではなく、ペットはアレルギー反応免疫系溶血性貧血などの危険に曝される可能性があります。
毎年生ワクチンを接種すべきという主張を裏付ける科学的な証拠文献はありません。

 子犬は親犬の母乳から抗体を受け継ぎます。この自然な免疫システムは生後8~14週続きます。
子犬と子猫は、生後8週間以内にはワクチンを接種すべきではありません。母親から受け継いだ先天性免疫がワクチンの効力を弱めてしまい、その効力は0~38%に低下します。
それだけではなく、6週目にワクチンを接種すると、ワクチンが本来発揮すべき最初の高い効果を現す時期を遅らせます。
初回のワクチン接種日から2週間後に接種したワクチンは、免疫システムを強化するよりも、むしろ、低下させます。
 ( さらに、詳細な各論が続くが、一般愛犬家向きではないので、その翻訳は省略する。専門的に興味のある人は原文の熟読をお勧めする。 翻訳者注釈 )

結論
 犬や猫には、ジステンバー、バルボ、および、猫白血病のワクチンを毎年接種する必要はありません。子犬や子猫の時に1回接種すると、ワクチンの免疫は一生持続します。
生後1年以上の猫には、ワクチン接種をしたかどうかに関係なく、猫白血病に対する免疫があることが明らかにされています。

 コロナウイルスK-9のような不必要なワクチンを接種しないようにして、ワクチン接種の頻度を減らすことによって、アレルギー反応の被害も減らすことができます。
 また、レプトスピラ症やネコ伝染性腹膜炎のワクチンのような効果のないワクチンと同じように、猫のクラミジア感染症のワクチンも接種しないようにすればアレルギー反応の被害を減らすことができます。

 アメリカ動物病院協会( American Animal Hospital Association )とアメリカの全27獣医大学がこのプロトコルを承認しています。

翻訳者:ブログ「愛犬問題」開設者 Paroowner




 わかりやすく簡潔に結論だけを言うと、アメリカの獣医大学だけでなく、米国獣医協会(American Veterinary Medical Association)ワクチンの効力が長期間続くという研究結果を見て、毎年のワクチン注射は不要であると結論を出し、公表した。
それだけではなく、ワクチンは有害であると認めた。

 アメリカ動物病院協会( American Animal Hospital Association )も新プロトコルを承認したとのことだが、実際に、次回のワクチン・ガイドラインの改定がどのようになるかを注視したい。
 2006年改訂版のワクチン・ガイドラインは次の随想で紹介してある。
米国動物病院協会のワクチン・ガイドライン ワクチンにはリスクが!無闇に接種しない!


   なお、次の翻訳文もご参考になります。
 

1 英国の犬のワクチン被害調査を翻訳 Canine Vaccine Survey by CHCを全訳

2 「ペットワクチン注射は組織犯罪」を全訳! 学術論文Pet Vaccination An Institutionatised Crime

3 ワクチン誘発症候群で多くの犬猫が多病に! 犬猫にワクチンは有害無益だ!

4 犬猫のワクチンの定期接種は有害無用だ! イギリス科学者のアンケート回答を翻訳


        参考随想集

混合ワクチン有害無用論の随想集

 狂犬病注射で日本の犬毎年3千匹死亡!

   民主党よ!次は犬の狂犬病注射廃止を公約に 一千万人以上の愛犬家が賛同する!

 狂犬病注射有害無用論の随想集


        狂犬病予防注射の問題点については通常のHPにも詳述。

 狂犬病予防ワクチン注射のからくり  狂犬病予防法は御用済みの悪法だ 





              



 ノーリードの愛犬たちと警官の写真50枚! 条例にノーリードの例外規定があるぞ!

rina3.gif 愛犬は公園でノーリード 動物愛護法と犬 公園ノーリードの犬達の写真集1

rina1.gif 公園犬ノーリード禁止は条例の曲解だね

sibafunonihikianima.gif
  姉妹HP

             






Last updated  2015.07.04 17:48:46
コメント(2) | コメントを書く

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Freepage List

★手作り食事とドッグフード


鶏の骨が大好き!


手作り食事


塩分は犬にも大切だ


ドッグフード偽装表示


サプリメントは不要


チョコレートが好きだ


タマネギも有益


味噌汁もよい


牛乳を飲ますには


療法食はいかさま商品


おやつも人用を


スルメやイカが大好き


チーズも人用を


ケーキも人用が良い


ビタミンC無くて良い


野菜果物無くて良い


魚の残飯もよい


豚の骨


煮干し いりこ


ジャーキーは危険!


香辛料 スパイス


防腐剤エトキシキン


キシリトール有益無害


ココナッツオイルは詐欺商品


食薬同源 食が主で薬は従


★公園犬禁止は法律違反


ノーリード禁止は違法


愛犬はノーリード


狂犬病注射有害無用!副作用で健康被害死亡


混合ワクチン注射有害無用!副作用で死亡も


狂犬病ハガキ・戸別訪問


ワクチン症候群は怖い病気


獣医界の五大詐欺商法


獣医大学は詐欺師の養成学校


狂犬病ワクチン有害無用論のつづき


★ノミ蚊ダニ駆除


ひば油 殺菌殺虫剤


ひば油エタノール溶液


猫にもひば油は有効


ネクスガードは有毒


★フィラリア予防薬と治療薬


フィラリア予防薬は無用!


フィラリア薬の偽装欺瞞


★アレルギ-


ワクチンでアレルギ-


逆くしゃみ症候群


アナフィラキシーの怖さ


アトピー性皮膚病


自己免疫性皮膚炎


★しつけと訓練


社会性の豊かな愛犬に


臆病犬喧嘩犬を直す


糞尿は風呂場が最適


糞尿のいろんな問題


ワクチンよりしつけ大切


マウンティグ


マーキング


幼犬の飼い方


階段 訓練 マット


食糞・糞食


権勢症候群


誤飲→自分で吐出す


吠え防止首輪は虐待器具


草を食べる問題


噛み癖を直す


★「愛犬問題」に出会えて幸せ!


愛犬の正しい飼い方


シャンプーは人用を!


マイクロチップは有害で無用


トイレシーツは不要


乳歯抜歯は不要


救命胴衣は不要


歯磨きは鶏の骨で


犬用ガムは危険!


涙やけを治す


犬と人の年齢換算式


目薬ホウ酸水の作り方


トリミングで混合ワクチン強要


服、浴衣、靴は無用


電車賃は無料


家庭用医薬品愛犬に


熱中症はこわいぞ!


生理中の出会い


食品売り場


犬猫忌避剤は効かない


犬用薬剤は獣医の薬剤も市販品も危険!


歯磨きジェル 不良


ペット保険は無益無用


リーバー3は詐欺商品


犬用市販薬剤は危険!


ブータンの犬は幸せだ


バイオチャレンジはインチキ商品


アイエンヴィーはインチキ商品


ジューイシャンはぼったくり商品


薬用シャンプーは無効


グリニーズは欠陥商品


アトピカ・免疫抑制剤は悪魔の薬剤


ノルバサンシャンプーは不良


アピナック錠は偽装商品


ミミピュアは副作用強い


動物用医薬品は不良


ロイヤルカナンは詐欺商品


ノルバサンオチック ひば油が良い


乳酸菌サプリは偽装商品


サニタリオは偽装商品


マキロンsは良い薬


家庭用医薬品を犬にも


マインドコントロール


アガペットゴールド


パンフェノンは詐欺商品


大理石ボードで夏を涼しく


★避妊去勢有害無用論


獣医の不正過誤診療


歯石取りで麻酔死


悪徳獣医を見抜く方法


甲状腺機能低下症


乳腺腫瘍


子宮蓄膿症


椎間板ヘルニア


ぎっくり腰


結石症


パスツレラ病


白内障


狼爪


麻酔死


てんかん・鶏の骨で治す


ひば油で皮膚病が治る


耳ダニ


停留睾丸


カプノサイト症


膿皮症、脂漏症を治す


肥満細胞腫


ステロイド剤は怖い!


分離不安症と留守番


前立腺肥大症


そけいヘルニア


後ろ足麻痺


肛門腺絞り


関節炎


リマダイルの薬害


ワクチンで皮膚病


クッシング皮膚病


延命治療は過剰診療


腺維肉腫(癌)


骨肉腫(癌)


血管肉腫(癌)


除草剤で嘔吐下痢


真菌性外耳炎ひば水で治った


真菌性皮膚病ひば水で治った


耳が臭い ひば水で治る


血尿・血便 騒ぎすぎ!


肛門周囲腺腫は良性


心臓病


大腸炎


歯周炎


悪徳獣医から示談金80万円


脂漏症 ひば油で治す 


口周りが赤くなる病気


角膜びらん


睾丸肥大手術


下痢・便秘騒ぎすぎ!


アカラス症は獣医が原因


メタカム・鎮痛剤で嘔吐


血管炎・虚血性皮膚病


虫歯の対処法


咳・気管拡張剤は不要


マラセチア皮膚病


犬の飼い方ワースト10


皮膚病は獣医治せない


★裁判・獣医への判決


断尾断耳


獣医のブログ荒らし


インフォームド・コンセント


保健所・里親・殺処分


動物愛護団体は偽善


動物愛護法を改悪


テレビ新聞は報道せず


★ 犬恐怖症を治す


★ パピヨンの良さ


★★★★★ 亡き愛犬の追憶


★ ウサギのラピー


ペット課税と獣医師会


Yahoo!知恵袋


ブログ荒らし対策 警視庁


原発神話は崩壊!


Recent Posts

Comments

 Paroowner@ Re:初めまして(07/08) パルさん0429さんへ、こん〇〇は。 Q(^…
 Paroowner@ Non Lee さんへお礼 Non Lee さん、こん〇〇は。 Q(^ェ…

Archives


Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.