000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

愛犬問題 犬の身になって考えてみよう

2011.10.06
XML
カテゴリ:ドッグフード
 ペットフードには、特にドライフードには防腐剤が入れてある。酸化防止剤とか、抗酸化剤とか言われているが、要するに、ペットフードが腐らないようにするために工業的に合成した化学物質だ。ペットフードには3種類の防腐剤が認可されているが、最も多く使われているのは、エトキシキンだ。安価で防腐効果が高いからだ。
          
 そのエトキシキンは毒性が強いので、人の食品添加物としては認可されてない。農薬としても登録されてない。 
畜産動物や養殖魚用飼料の添加物としては認可されている。飼料用の油脂や魚粉などに混入されている。1トン当たり150gが上限だ。つまり、150ppm(parts per million 百万分の一)以上は添加してはならない。

 ペットフードの添加剤が日本では初めて法律で規制された。
「愛がん動物用飼料の安全性の確保に関する法律」が平成21年6月1日に施行されたことに伴って添加剤の規制値も農水省令に規定されている。

 エトキシキンのドッグフードへの添加量の上限は75ppmだ。成長後はすぐにでも死んでもらう家畜の飼料の半分だ。犬は天寿を全うしてもらいたい愛玩動物だ。できれば、その上限を人の食べ物と同じ程度に引き下げてもらいたいものだ。

 その規制値を75ppmと決めた時に、次のようなアメリカのFDAの考え方も参考にしただろう。



FDA(米国食品医薬品局)の文書にエトキシキンに関する次の記述がある。

Pet Food Labels March 2010

 翻訳文

FDA獣医療センターは、ドッグフードに添加されているエトキシキンがアレルギー反応、皮膚病問題、主要臓器の障害、異常行動問題、癌などのいろんな副作用を誘発すると犬のオーナーから報告を受けている。
FDA獣医療センターは、ペットフード産業に対し、自発的にドッグフード中のエトキシキンの最大限の使用量を150ppmから75ppmに減らすように要請した。

        (翻訳者:ブログ「愛犬問題」開設者 Paroowner)

FDA’s Center for Veterinary Medicine (CVM) began receiving reports from dog owners attributing the presence of ethoxyquin in the dog food with a myriad of adverse effects, such as allergic reactions, skin problems, major organ failure, behavior problems, and cancer.
CVM has asked the pet food industry to voluntarily lower the maximum level of use of ethoxyquin in dog foods from 150 ppm (0.015%) to 75 ppm.


                        
 では、犬は健康面で、人並みに法律で守られているか。残念ながら、そうではない。
人の許容量の25~75倍も多いエトキシキンがドッグフードには添加されている。ものすごい量だ。人も犬も同じ哺乳類だ。薬剤の被害を受ける程度は同じと見るのが順当だ。

 上記のように、エトキシキンは毒性が強いので、人の食品添加物としては認可されてない。家畜やサケ、ウナギなどの飼料に添加が認められているだけだ。その飼料を食べた家畜などの体内に残るエトキシキンの残存量もきびしき規制されている。
 例えば、養殖されたサケやウナギのエトキシキンの残留量は1ppmだ。それ以上だとそのサケやウナギは販売禁止になる。
 一方、ドッグフードの添加量は75ppmだ。即ち、75倍だ。
しかも、サケやウナギを主食として毎日食べる人はいないだろう。しかし、ドッグフードを主食として毎日食べている犬は多い。

 世界保健機関(WHO)が定めているエトキシキンの人の一日当りの最大許容摂取量(ADI)は0.06mg/Kg体重/日だ。体重50Kgの人なら、その数値に50を掛けた量までなら健康被害を受けない。
 体重5Kgの愛犬がエトキシキン75ppm入りのドッグフード100gを食べると、エトキシキンを7,5mg食べたことになる。

 一方、WHOの規制値を犬にも当てはめて計算すると、体重5Kgの犬のエトキシキンの一日当りの最大許容摂取量は0,3mgだ。7,5mg/0,3mg=25 
つまり、犬は人の25倍も多いエトキシキンを毎日食べさせられている。
 愛犬たちの健康はほんとに法律で守られているのか疑問が湧いてくる。
 エトキシキンのドッグフードへの添加量をもっと減らしたほうが愛犬たちの健康のためには良い筈だが、75ppmよりも少なくすると、ドッグフードが腐りやすくなるので、減らせないようだ。
つまり、犬の健康を心配して規制値を決めたのではなく、ドッグフードが腐るか、腐らないかの観点から規制値が決められている。ドッグフードを売ってメーカーが儲けることが第一であり、犬の健康は二の次だ。いつまでも腐らないドッグフードははたして良い商品か。人なら、毒性の強い防腐剤が沢山入れてあっていつまでも腐らない食品を喜んで食べるだろうか。 

 人の25倍のエチキシキンを毎日食べさせられて、犬は生涯健康に過ごし、天寿を全うできるだろうか。
15歳くらいまで生きる小型犬が1~2歳早く病死しても、誰もエトキシキンのせいだとは言わないだろう。
 しかし、エトキシキンが原因でアレルギーや皮膚病、癌などで愛犬の死期を早めたくないと思っている飼い主もいる。

 愛犬のパロにはドッグフードは食べさせてない。人の食べ物は世の中で一番安全な食べ物だ。
主食は手羽先の先や鶏のガラなどだ。
加熱した鶏の骨は犬の胃や喉に刺さるというのは真っ赤なウソだ。犬にはドッグフードだけを食べさせて儲けようとしている獣医やメーカーがウソの宣伝広告をしている。犬の食べ物に関する間違った風説風評に騙されないことが肝要だ。

 犬は有史以前から、人の食べ残しの鶏の骨などを食べて繁栄してきた動物だ。
タマネギ、味噌汁、塩分、スルメ、チョコレートも、人の食べ物は犬にも最高の食べ物だ。ホントだ。ハイ。
 詳細は下記の関連随想にある。

 なお、キャットフードのエトキシキンの規制値は150ppmだ。畜産動物用飼料と同じでドッグフードの2倍も多い。人の規制値の50倍だ。猫が犬猫間差別だと憤慨しているだろう。
 思うに、キャットフードの原料は魚が多く、腐りやすいので防腐剤の添加量を多くしなければならないのだろう。ドッグフードは畜産動物の廃棄物、つまり、肉類なので、魚類よりも腐りにくい。
 既述のように、犬猫の健康を考えて防腐剤の添加量を決めたのではなく、フードが腐るかどうかで決めてあるということだ。

 上記法律の名称には看板に偽りがある。
 「愛がん動物用飼料の安全性の確保に関する法律」ではなく、「愛がん動物用飼料の防腐性の確保に関する法律」とその実態を正しく表示すべきだ。
 略称を「ペットフード安全法」としているが、「ペットフード防腐法」とすべきだ。

 原発の安全神話で国民はだまされた。
今度はペットフードの安全神話で国民をだまそうとしている。その被害は愛犬や愛猫が受ける。



関連随想集

  鶏の骨 塩分 チョコレート スルメ タマネギ大好きワン!

 ドッグフード??  食べてないワン!
 

        参考随想集


 ひば油は天然のノミ蚊ダニの忌避駆除剤だ! 芳香無害で人の食品や化粧品の殺菌剤にも!


避妊・去勢有害無用論の随想集
 混合ワクチン有害無用論の随想集

 狂犬病注射で日本の犬毎年3千匹死亡!


 狂犬病注射有害無用論の随想集


        狂犬病予防注射の問題点については通常のHPにも詳述。

 狂犬病予防ワクチン注射のからくり  狂犬病予防法は御用済みの悪法だ 


           
新宿で初めて会った子供たち


 ノーリードの愛犬たちと警官の写真50枚! 条例にノーリードの例外規定があるぞ!








Last updated  2016.04.18 16:44:27
コメント(17) | コメントを書く

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Freepage List

★手作り食事とドッグフード


鶏の骨が大好き!


手作り食事


塩分は犬にも大切だ


ドッグフード偽装表示


サプリメントは不要


チョコレートが好きだ


タマネギも有益


味噌汁もよい


牛乳を飲ますには


療法食はいかさま商品


おやつも人用を


スルメやイカが大好き


チーズも人用を


ケーキも人用が良い


ビタミンC無くて良い


野菜果物無くて良い


魚の残飯もよい


豚の骨


煮干し いりこ


ジャーキーは危険!


香辛料 スパイス


防腐剤エトキシキン


キシリトール有益無害


ココナッツオイルは詐欺商品


食薬同源 食が主で薬は従


★公園犬禁止は法律違反


ノーリード禁止は違法


愛犬はノーリード


狂犬病注射有害無用!副作用で健康被害死亡


混合ワクチン注射有害無用!副作用で死亡も


狂犬病ハガキ・戸別訪問


ワクチン症候群は怖い病気


獣医界の五大詐欺商法


獣医大学は詐欺師の養成学校


狂犬病ワクチン有害無用論のつづき


★ノミ蚊ダニ駆除


ひば油 殺菌殺虫剤


ひば油エタノール溶液


猫にもひば油は有効


ネクスガードは有毒


★フィラリア予防薬と治療薬


フィラリア予防薬は無用!


フィラリア薬の偽装欺瞞


★アレルギ-


ワクチンでアレルギ-


逆くしゃみ症候群


アナフィラキシーの怖さ


アトピー性皮膚病


自己免疫性皮膚炎


★しつけと訓練


社会性の豊かな愛犬に


臆病犬喧嘩犬を直す


糞尿は風呂場が最適


糞尿のいろんな問題


ワクチンよりしつけ大切


マウンティグ


マーキング


幼犬の飼い方


階段 訓練 マット


食糞・糞食


権勢症候群


誤飲→自分で吐出す


吠え防止首輪は虐待器具


草を食べる問題


噛み癖を直す


★「愛犬問題」に出会えて幸せ!


愛犬の正しい飼い方


シャンプーは人用を!


マイクロチップは有害で無用


トイレシーツは不要


乳歯抜歯は不要


救命胴衣は不要


歯磨きは鶏の骨で


犬用ガムは危険!


涙やけを治す


犬と人の年齢換算式


目薬ホウ酸水の作り方


トリミングで混合ワクチン強要


服、浴衣、靴は無用


電車賃は無料


家庭用医薬品愛犬に


熱中症はこわいぞ!


生理中の出会い


食品売り場


犬猫忌避剤は効かない


犬用薬剤は獣医の薬剤も市販品も危険!


歯磨きジェル 不良


ペット保険は無益無用


リーバー3は詐欺商品


犬用市販薬剤は危険!


ブータンの犬は幸せだ


バイオチャレンジはインチキ商品


アイエンヴィーはインチキ商品


ジューイシャンはぼったくり商品


薬用シャンプーは無効


グリニーズは欠陥商品


アトピカ・免疫抑制剤は悪魔の薬剤


ノルバサンシャンプーは不良


アピナック錠は偽装商品


ミミピュアは副作用強い


動物用医薬品は不良


ロイヤルカナンは詐欺商品


ノルバサンオチック ひば油が良い


乳酸菌サプリは偽装商品


サニタリオは偽装商品


マキロンsは良い薬


家庭用医薬品を犬にも


マインドコントロール


アガペットゴールド


パンフェノンは詐欺商品


大理石ボードで夏を涼しく


★避妊去勢有害無用論


獣医の不正過誤診療


歯石取りで麻酔死


悪徳獣医を見抜く方法


甲状腺機能低下症


乳腺腫瘍


子宮蓄膿症


椎間板ヘルニア


ぎっくり腰


結石症


パスツレラ病


白内障


狼爪


麻酔死


てんかん


ひば油で皮膚病が治る


耳ダニ


停留睾丸


カプノサイト症


膿皮症、脂漏症を治す


肥満細胞腫


ステロイド剤は怖い!


分離不安症と留守番


前立腺肥大症


そけいヘルニア


後ろ足麻痺


肛門腺絞り


関節炎


リマダイルの薬害


ワクチンで皮膚病


クッシング皮膚病


延命治療は過剰診療


腺維肉腫(癌)


骨肉腫(癌)


血管肉腫(癌)


除草剤で嘔吐下痢


真菌性外耳炎ひば水で治った


真菌性皮膚病ひば水で治った


耳が臭い ひば水で治る


血尿・血便 騒ぎすぎ!


肛門周囲腺腫は良性


心臓病


大腸炎


歯周炎


悪徳獣医から示談金80万円


脂漏症 ひば油で治す 


口周りが赤くなる病気


角膜びらん


睾丸肥大手術


下痢・便秘騒ぎすぎ!


アカラス症は獣医が原因


メタカム・鎮痛剤で嘔吐


血管炎・虚血性皮膚病


虫歯の対処法


咳・気管拡張剤は不要


マラセチア皮膚病


犬の飼い方ワースト10


皮膚病は獣医治せない


★裁判・獣医への判決


断尾断耳


獣医のブログ荒らし


インフォームド・コンセント


保健所・里親・殺処分


動物愛護団体は偽善


動物愛護法を改悪


テレビ新聞は報道せず


★ 犬恐怖症を治す


★ パピヨンの良さ


★★★★★ 亡き愛犬の追憶


★ ウサギのラピー


ペット課税と獣医師会


Yahoo!知恵袋


ブログ荒らし対策 警視庁


原発神話は崩壊!


Recent Posts

Comments

 Paroowner@ pocoパパさん へお礼 pocoパパさん、こん〇〇は。 Q(^ェ…

Archives

Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.