16184670 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

愛犬問題 犬の身になって考えてみよう

2012.04.15
XML
 獣医が独占販売しているノミ・ダニ駆除剤猛毒の農薬を主成分としたきわめて怖い薬剤だ。ゴキブリが死滅するほどの毒性がある。実際に、ゴキブリ駆除剤に使用されている成分と全く同じだ。
 その化学薬剤の化学名はフィプロニルという。商品名フロントラインの主成分だ。
商品名ダーナムラインの主成分はペルメトリンだ。いずれも、農薬に指定されている猛毒の薬剤だ。その恐ろしい薬剤を犬の皮膚に塗りつけてノミやダニを退治する。動物虐待だ。
 獣医が販売しているノミ・ダニ駆除剤はカネの亡者の詐欺商品だ。その製造販売会社もまともな会社ではない。自分達が儲けるためには、他人がかわいがっている愛玩動物は病気にしたり、殺してもいいと思っている。動物愛護の思想が欠如した会社だ。

愛犬たちにとっては振り込め詐欺集団よりもタチの悪い会社だ。振り込め詐欺師はカネだけを騙し取るが、その会社や獣医は犬の命まで奪うことも多いからだ。
 しかし、そのような金儲けに狂奔している大会社をつぶすのは至難だ。
愛犬家が知識武装してご自分の愛犬の健康と命を守ることが肝要だ。 

 ブログ「愛犬問題」では、これまでにも、獣医のノミ・ダニ駆除剤の弊害を指摘し、愛犬家に注意を喚起してきた。 
 ネット上にアメリカの獣医師で博士号を持っている人がノミ・ダニ駆除剤の弊害について克明に記述した記事が見つかった。専門的な立場で深く掘り下げた警告文なので、翻訳してご紹介する。皆さんの愛犬の健康と命を守る一助ともなれば幸いだ。

 なお、愛犬のパロにはノミは全くつかない。近隣の飼い犬にはノミがいるとのこと。
なぜ、パロにはノミがいないのかと思っていたが、下に紹介してあるアメリカの文書には栄養失調と薬剤過多が寄生虫がつく原因だとある。栄養満点の食事を食べさせている犬には寄生虫はつかないようだ。
パロの主食は安い鶏の骨付き肉であり、食べ放題だ。そのことがノミがつかない理由だろうかと思い始めている。
 また、パロにはワクチンやフィラリア薬、ノミ駆除剤など一切の薬剤は投与したこともない。去勢もしてない。ホルモン欠落症にしたくないからだ。
 

原文 Fleas and Ticks, The Wholistic Truth

翻訳文
       ノミとマダニ  全体的統合的な視野から見た真実

                    ジャネット(ジーニー)トマソン博士 著述

 春が来て、暖かい季節になるにつれて、私たちはノミというタフで冷酷な小さい生き物について心配をし始めます。
周辺に犬や猫がいない時は、ノミは生き残るために共食いさえしながら、あなたの愛犬が新しい宿主になることを待っています。

 他の生き物はノミに悩まされることは殆どないのに、犬や猫は酷いノミ問題を抱えていることについて疑問に思ったことがありますか。
従来からある動物健康産業では、寄生虫は、健康な動物に襲いかかる前に、病気の動物に襲いかかるというという事実をペット愛好者には公表していませんが、私は皆さんにその事実を知って欲しいのです。
 犬や猫の飼い主は、ノミ問題や皮膚病問題、アレルギー性疾患、消化不良問題、異常行動問題を抱えていて、ノミの予防や抗生物質、ステロイド剤、精神安定剤、その他の薬剤の購入で獣医に数百ドルを支払っています。

 これらの有毒な化学薬剤や、抗生物質、ステロイド剤、その他多くの薬剤は、愛玩動物の臓器や免疫システムに深刻な犠牲を強いています。嘆かわしいことですが、すべてが真実です。
動物の問題は、薬剤と病気が織りなす終焉のないサークル環になっています。
皮膚病問題やアレルギー性疾患、および、ノミが群がることは目で確認できる外見上の症状です。それが現実です。栄養失調と薬剤過多の兆候なのです。

 私たちは皆、広告で攻撃されています。その広告は、大小いろんな種類の犬や猫についている寄生虫や病害虫(ノミ、マダニ、フィラリア、腸内寄生虫)を、毒性があり、死ぬこともありうるようなありとあらゆる種類の化学薬剤を用いて如何にして退治するかを宣伝しています。
実際に、あなたは、獣医が処方して売りつけた化学薬剤を使ってきたでしょう。

 多くの愛犬が死を招く恐れのある化学薬剤を投与した直後にてんかんを発症しています。あなたもその飼い主の一人になるかも知れませんね。
その怖い化学薬剤は皆さんがかわいがっている小さな愛玩動物を「保護」するためだと、警戒心のない愛犬家に売りつけられているからです。

 あなたは、化学薬剤の投与により殺された愛犬たちが実際に沢山いることに気づいていますか。
よく考えてください。あなたの愛犬が往々にして、その異質の薬剤を愛犬に投与した後に健康が悪くなり始めたことに思い至るでしょう。 
ワクチンの接種であれ、寄生虫やノミ、マダニ、または、原生動物を退治するための化学薬剤であれ、どんな時に投入しても動物の体内では特殊な反応が起こります。
殆どの場合、反応は犬の体内で起こります。だから、その時は、あなたは、その異物がいかに有害なものであるかに気づかないでしょう。
たとえ、月に1回、または、季節に1回投与するにしても、あるいは、注意書きにペットを子供や寝具類に接触させないように書いてあるにせよ、化学薬剤が命に関わるほどのいかに怖いものであるかを想像してください。

 その薬剤を取り扱う時は手袋を着用しなければならないとか、犬を子供や寝具類に触れさせないようにするということは、常識的に考えると、その薬剤は非常に危険なものであるということです。
「悪いお知らせ」はノミやマダニについてだけではなく、あなたの気の毒な愛犬にも当てはまることなのです。愛犬の血流中にはそれらの化学薬剤が実際に循環しているのですから。

 あなたは、愛犬の肝臓と腎臓がノミ取り首輪やノミ取り滴下剤、化学的な寄生虫駆除剤、フィラリア予防薬などの薬害の悪影響を受けていることを知っていますか。


 獣医が殺虫剤(ノミ・マダニ駆除剤)について隠蔽していること

 PDR発行の薬剤の副作用に関するリストがあります。(Physicians Drug Referenceが発行したもので、すべての製薬会社の薬剤の詳細を記述したものです。)
また、飼い主に手渡すシート(Owners hand out sheets ペット用薬剤を販売する時に飼い主に手渡すべき文書です。)
 もし、あなたがそのことを知らないなら、獣医がその文書をあなたに渡してないのです。その文書を獣医に要求してください。

 フィプロニルやイミダクロプリド、メトプレン、ペルメトリンは毒性のきわめて高い有害物質です。つまり、発癌物質、神経毒、奇形生成物質、原表皮生成物質です。
その副作用のうちわかっているものは、脳や肺の機能障害、肝臓障害と腎障害、肺水腫、骨髄の病気、および、先天性異常の病変です。

ピリプロキシフェンとエタノールの両方の奇形生成因子は生殖器系に損傷を引き起こします。流産したり、小さい子供が生まれたり、先天性異常の子供が生まれたりします。

 あなたの愛犬や愛猫が影響を受けるだけでなく、これらの毒性の強い化学薬剤を投与されたあとに、あなたが愛犬や愛猫をかわいがり、触れたりすると、あなた自身やあなたの子供にも同様に生殖機能の障害が起こることがありえます。

 カルビトールは神経毒です。神経組織に障害をもたらすということです。あなたの愛玩動物だけでなく、あなたの家族にも重篤な器官損傷を引き起こすことがありえます。

 フィプロニルはあなたの愛玩動物と動物を飼い、かわいがっているどなたにも甲状腺癌を引き起こす可能性があります。
フィプロニルは食欲減退、昏睡、痙攣(けいれん)、過剰な無駄吠え、身震い、四肢の硬直、不安定な歩行、運動機能の不整合、呼吸不全、脱毛、潰瘍、掻痒(かゆがる)を引き起こすことがありえます。

ペリメトリンは広い分野で使用されている一般的な殺虫剤です。
ペリメトリンは内分泌ホルモンの撹乱物質と発がん性殺虫剤として作用しています。その結果、動物実験では、治験した動物に肺癌と肝臓腫瘍を起こしています。

ペリメトリンの製造会社や販売会社、および、獣医は、ペリメトリンの発売、再販売、処方する前に、あるいは、あなたがかわいがっている愛玩動物にペリメトリンを投与する前に、ここに記述した薬害の情報については知っています。

 あなたは、ノミ・マダニ駆除剤がアメリカで癌になっている犬や猫の5匹のうち4匹を占めている理由の一部になっているかもしれないと考えたことがありますか。

 これらのノミ・ダニ駆除剤に含まれている毒性の強い化学薬剤は発作、慢性皮膚病、感染症、腎不全、肝臓障害をもたらします。つまり、肝臓が血液をろ過して無毒化することができなくなってきます。多くの場合、徹底的な肝臓障害を起こします。そして、他のいろんな多くの症状を誘発するのです。

毎日毎日、あなたのペットの体内を循環しているノミ・ダニ駆除剤で汚染された血液は、最も明確に複雑な健康問題を引き起こします。例えば、最も一般的で長期間副作用が現れる糖尿病と関節炎の原因になります。

 動物にノミや寄生虫がいることは、その動物の健康状態を示す指標です。一般に寄生虫は、特にノミは、ひ弱で不健康な動物や免疫システムが正常に機能してない幼い動物を攻撃します。

 ノミ問題を解決する方法は実に単純です。
長い期間をかけて、あなたの愛犬の健康の増進を図り、ノミがつきにくい体質に改善することです。つまり、市販のドッグフードを止めて、愛犬に栄養分の多い手作り食事を食べさせることで愛犬にはノミがつかなくなるのです。

  
( 翻訳者:ブログ「愛犬問題」の開設者 Paroowner )




  関連随想集

1 ひば油は天然のノミ蚊ダニの忌避駆除剤だ! 芳香無害で人の食品や化粧品の殺菌剤にも!

2 ノミ駆除剤は怖い農薬だ! その副作用の随想集



 ← トップページへ  ボクの頭をコンコンしてワン!





      
写真のつづきは→ ノーリードのパピヨンの写真集


-






Last updated  2015.07.02 17:41:14
コメント(59) | コメントを書く

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Freepage List

★手作り食事とドッグフード


鶏の骨が大好き!


手作り食事


塩分は犬にも大切だ


ドッグフード偽装表示


サプリメントは不要


チョコレートが好きだ


タマネギも有益


味噌汁もよい


牛乳を飲ますには


療法食はいかさま商品


おやつも人用を


スルメやイカが大好き


チーズも人用を


ケーキも人用が良い


ビタミンC無くて良い


野菜果物無くて良い


魚の残飯もよい


豚の骨


煮干し いりこ


ジャーキーは危険!


香辛料 スパイス


エトキシキン・防腐剤


キシリトール有益無害


ココナッツオイルは詐欺商品


食薬同源 食が主で薬は従


★公園犬禁止は法律違反


ノーリード禁止は違法


愛犬はノーリード


狂犬病注射有害無用!副作用で健康被害死亡


混合ワクチン注射有害無用!副作用で死亡も


狂犬病ハガキ・戸別訪問


ワクチン症候群は怖い病気


獣医界の五大詐欺商法


獣医大学は詐欺師の養成学校


昔書いた 狂犬病ワクチン有害無用論 No1~No50


ワクチン接種による皮膚病


★ノミ蚊ダニ駆除


ひば油 殺菌殺虫剤


ヒバエタ(ひば油エタノール液)


猫にもひば油は有効


ネクスガードは有毒


★フィラリア予防薬と治療薬


フィラリア予防薬は無用!


フィラリア薬の偽装欺瞞


★アレルギ-


ワクチンでアレルギ-


逆くしゃみ症候群


アナフィラキシーの怖さ


アトピー性皮膚病


自己免疫性皮膚炎


薬剤アレルギー


免疫抑制剤は悪魔の薬剤


★しつけと訓練


社会性の豊かな愛犬に


ケージやサークルは信頼を損なう


糞尿は風呂場が最適


糞尿のいろんな問題


ワクチンよりしつけ大切


マウンティグ


マーキング


幼犬のしつけと飼い方


階段 訓練 マット


食糞・糞食を鶏の骨で治す


権勢症候群


誤飲→自分で吐出す


吠え防止首輪は虐待器具


草を食べる問題


噛み癖を直す


臆病や喧嘩癖を治す


初めて犬を飼う人へ


育犬ノイローゼ防止策


爪切りは必須ではない


分離不安症はかわいがって治す


散歩は必須ではない 小型犬


★「愛犬問題」に出会えて幸せ!


愛犬の正しい飼い方


シャンプーは人用を!


マイクロチップは有害欠陥商品


トイレシーツは不要


乳歯抜歯は不要


犬とキスして共に幸せ!


歯石取りの歯磨きは鶏の骨で


犬用ガムは危険!


涙やけを手羽先で治す


犬と人の年齢換算式


目薬ホウ酸水の作り方


トリミングで混合ワクチン強要


服、浴衣、靴は無用


電車賃は無料


家庭用医薬品を愛犬に


生理中の出会い


体臭や口臭を無くする方法


犬猫忌避剤は効かない


犬用薬剤は獣医の薬剤も市販品も危険!


歯磨きジェル 不良


ペット保険は無益無用


リーバー3は詐欺商品


ブータンの犬は幸せだ


バイオチャレンジはインチキ商品


アイエンヴィーはインチキ商品


ジューイシャンはぼったくり商品


薬用シャンプーでは治らない


グリニーズは欠陥商品


アトピカ・免疫抑制剤は悪魔の薬剤


ノルバサンシャンプーは不良


アピナック錠は怖い薬剤


ミミピュアは怖い薬剤


動物用医薬品は不良品が多い


ロイヤルカナンは偽装商品


ノルバサンオチック ひば油が良い


乳酸菌サプリは偽装商品


サニタリオは偽装商品


マキロンsは良い薬


マインドコントロール


パンフェノンは詐欺商品


マスマリンローションは不良商品


下痢に小粒赤玉はら薬


リマダイル・鎮痛剤で急死


祈りのポーズは健康的行動


液体歯磨きリデンタは詐欺商品


Dr.YUJIROデンタルパウダーは詐欺商品


救命胴衣は不要


ホリスティックレセピーはゴミの塊


健康診断=泥棒に鍵を預ける


★避妊去勢有害無用論


獣医の不正過誤診療


歯石取りで麻酔死


悪徳獣医を見抜く方法


甲状腺機能低下症


乳腺腫瘍


子宮蓄膿症


椎間板ヘルニア 脅し商売


ぎっくり腰


結石症


パスツレラ病 愚劣番組が放映


白内障


熱中症は怖い!30分で急死


麻酔死


てんかん・鶏の骨で治す


ひば油で皮膚病が治る


耳ダニ


停留睾丸


カプノサイト症 愚劣番組が放映


膿皮症、脂漏症を治す


肥満細胞腫


ステロイド剤は怖い!


前立腺肥大症


そけいヘルニア


後ろ足麻痺


肛門腺絞り


関節炎 鶏の骨で治す!


ワクチンで皮膚病


クッシング皮膚病


延命治療は過剰診療


腺維肉腫(癌)


骨肉腫(癌)


血管肉腫(癌)


除草剤で嘔吐下痢


真菌性外耳炎ひば水で治った


真菌性皮膚病ひば水で治った


耳が臭い ひば水で治る


血尿・血便 騒ぎすぎ!


肛門周囲腺腫は良性


心臓病


大腸炎


歯周炎


悪徳獣医から示談金80万円


脂漏症 ひば油で治す 


口周りが赤くなる病気


角膜びらん


睾丸肥大手術


下痢・便秘騒ぎすぎ!


アカラス症は獣医が原因


犬はよく嘔吐する!


血管炎・虚血性皮膚病


虫歯の対処法


咳・気管拡張剤は不要


マラセチア皮膚病


犬の飼い方ワースト10


皮膚病は獣医治せない


膝蓋骨脱臼 いい加減な診断


靭帯断裂=捻挫


外耳炎 ひば油で治す


尻尾追尾症=常同障害


ステロイド性糖尿病


避妊去勢で脱毛症に!


毛が生える!鶏の骨で!


僧帽弁閉鎖不全症


気管虚脱


★裁判・獣医への判決


断尾断耳


獣医のブログ荒らし


インフォームド・コンセント


保健所・里親・殺処分


動物愛護団体は偽善


動物愛護法を改悪


テレビ新聞は報道せず


幸福度ランキング日本58位


★ 犬恐怖症を治す


★ パピヨンの良さ


初代パロの写真集


★★★★★ 亡き愛犬の追憶


★ ウサギのラピー


Yahoo!知恵袋はウソだらけ


原発神話は崩壊!


沖縄15才少女が天皇即位式に参列


沖縄の辺野古湾埋め立て反対


Recent Posts

 人や犬の脂漏性皮膚病がヒバエタ(ひば油エタノール液)で完治するぞ🐕マラセチア菌は抗生物質やステロイド剤では殺菌できない🐶医者や獣医は脂漏症を何カ月も何年も治せない💔
 犬の飼い方は猫の飼い方よりも虚偽情報が充満横溢🐕全国の犬の総数は激減中🐶その原因は獣医のやりたい放題の詐欺商売👹猫の総数は横ばい🐈
 愛犬の歯磨きには加熱した鶏の骨が最適だ🐕グリニーズ等の歯磨き用品は歯磨き効果が曖昧なうえに高価だね🐶
 首里城は沖縄の精神・文化の象徴💗再建寄付が爆発的に増大🌸再建は国ではなく県が主体的に🌼所有権も国から県へ移転返還🌷元来首里城は琉球の文化遺産🌻
 玉ねぎが大好物のワンちゃんの話💛玉ねぎは血流を良くし、スタミナを増進💗獣医の玉ねぎ有害説は悪質な虚説👹犬にはドッグフードだけを食べさせようとでっち上げた卑劣な愚説👿
 重症の膝蓋骨脱臼(パテラ)を手羽先の先だけで治した🐕普通は1カ月で治るのに11カ月もかかった🐶動物病院に行くのを途中でやめて💔
 沖縄県の相良倫子さん15才が即位礼正殿の儀に参列🌸平和の詩「生きる」の作者🌺沖縄全戦没者追悼式で朗読🌷上皇上皇后作詞作曲の琉歌「歌声の響」の誕生秘話🌻人も犬も「生きる」ことが最も大切🐕
 玉ねぎは犬にも有益な食べ物💛なのに獣医はでっち上げの有害説を流布👹犬には人と同じ食べ物は食べさせないでドッグフードを売って儲けるための捏造嘘説👿

Comments

Archives


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.