15811062 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

愛犬問題 犬の身になって考えてみよう

2013.02.13
XML
カテゴリ:避妊去勢
 ニュージャージー州立ラトガース大学獣医学部が犬の避妊・去勢手術の弊害について公表した学術論文をブログ「愛犬問題」で全文を翻訳して紹介した。その随想集が次にある。避妊去勢手術の健康上の弊害!万病の元凶! 米国獣医学論文の翻訳集

 その調査研究を主導した研究者が、大学としての立場を離れて、個人の考えとして、ネット上に犬の避妊・去勢手術の弊害について記述した文書がある。研究結果について研究者個人の思いがよく表れている。貴重な情報なので、一般愛犬家にも理解しやすいように意訳して紹介する。
 英文の学術論文を読解できる人は原文の熟読をお勧めする。



 原文 Health Risks and Benefits Associated with Spay/Neuter in Dogs
AUTHOR: Laura J. Sanborn, M.S.

犬の避妊・去勢手術による健康上のリスクとメリット

著者:ローラJ.サンボーン、M.S.(理学修士)

 アメリカの犬の飼主は、健康上の理由を挙げて、愛犬に避妊・去勢手術を頻繁に勧められている。獣医は、健康上のメリットをいろいろあげているが、その健康上のメリットに関する証拠は示してないのが一般的である。獣医は、避妊・去勢手術が犬の健康に与える影響を論じるときに多くの場合、健康上のリスクについては言及しない。
時折、わずかなリスクについて言及することはあるが、最も酷いリスクについては言及しないのが常である。

 この論文は、犬の避妊・去勢手術に関して長期の健康上の観点から、そのリスクとメリットをまとめたものである。
この論文では、犬の産児制限の問題と避妊去勢手術が犬の行動に与える影響については論じてない。
この論文でまとめた避妊・去勢手術の健康上のリスクとメリットのほぼすべてが、幾世代も溯った疫学的な調査研究結果に基づく所見である。つまり、この論文は、時を溯って潜在的な可能性を調査したものである。

  概要

 この論文の目的は、犬の避妊・去勢手術について長期的な観点から見た犬の健康上のリスクとメリットの複雑な状況を明らかにすることである。
 具体的な証拠を挙げて、犬の避妊・去勢手術が犬の健康に良い効果と悪い効果があることを示してある。と同時に、私たちが、この問題について実際はまだ十分には理解してないことも示唆している。

 この論文全体を見て、結論を先に書くと、雄犬には去勢手術を強要してはいけない。特に、幼い雄犬には将来の健康問題の発生を防ぐために去勢手術をしてはいけない。
ほとんどの事例で、去勢手術による健康問題のほうが、去勢手術によるメリットよりも上回っている可能性が高い。

 去勢手術のメリットとしては
精巣癌で死ぬわずかな(おそらく1%以下)リスクを除去できる。
癌性ではない前立腺障害になるリスクが低下する。
肛門周囲線腫瘍リスクが低下する。
糖尿病になるリスクを低下(データが十分でない)させるかもしれない。

 一方、去勢手術のデメリットとしては、
去勢した犬は、特に成犬になる前に去勢した犬は、骨の癌である骨肉腫になるリスクが3,8倍になる。骨肉腫は治療効果の低い癌であり、中型や大型犬に一般的に発生している癌である。
心臓の血管肉腫になるリスクが1,6倍になる。
この心臓の血管肉腫は、犬に普通に発症する癌であり、犬種によっては死亡の主因になっている。
甲状腺機能低下症になるリスクが3倍になる。
加齢性の認知症になるリスクが上昇する。
肥満になるリスクが3倍になる。
前立腺癌になるわずか0,6%以下のリスクが4倍に上昇する。
尿路癌になる1%以下のリスクを2倍にする。
肢体障害のリスクが上昇する。
ワクチンの予防接種に対する副作用のリスクが増加する。


 雌犬の避妊手術の場合は状況はかなり複雑である。
雌犬の避妊の場合は、若干の(全てでない)症例を見ると、避妊手術による健康上の問題よりも、健康上のメリットのほうがまさることがありうる。
結局のところ、避妊手術が犬の健康全体を良くする確率が大きくなるか、小さくなるかは、雌犬の年齢に依存している。また、異なる犬種間で発症しているいろんな病気との相対的なリスクに依存している。

 卵巣切除のメリットとしては
生後2歳半以前に避妊手術をすると、乳腺腫瘍になるリスクが大きく低下する。その乳腺腫瘍は雌犬に最も多く発症する悪性の腫瘍である。
子宮留膿腫になるリスクをほとんどなくする。
雌犬の約1%は、子宮留膿腫で死亡している。
肛門周囲瘻孔になるリスクを低減する。
子宮、頸部および卵巣の腫瘍になる極めて少ないリスク(0,5%)を低減する。

 避妊手術した雌犬のデメリット
成犬になる前に避妊手術をすると、骨肉腫になるリスクが3.1倍に増加する。その骨肉腫は大型犬で一般的に発症するものであり、治療しにくい癌である。
脾臓の血管肉腫になるリスクが2.2倍になる。
心臓の血管肉腫になるリスクが5倍以上になる。血管肉腫は一般的な癌であり、犬種によっては死亡の主因である。
甲状腺機能低下症になるリスクが3倍になる。
肥満になるリスクが1.6~2.0倍になる。
犬の肥満は、いろんな多くの健康問題に関係している一般的な健康問題である。
避妊手術による尿失禁問題が4~20%の雌犬で発生している。
尿路感染症のリスクが3~4倍になる。尿路感染症は一度感染すると、しつこく再発しやすい病気である。
外陰部の皮膚炎や膣炎のリスクが増加する。特に思春期以前に卵巣を除去された雌犬はリスクが大きくなる。
尿路腫瘍になる1%以下のわずかなリスクが2倍になる。
肢体障害のリスクが増加する。
ワクチンの予防接種に対する副作用のリスクが増加する。

 
 明白なことが一つある。
それは、一般愛犬家が入手できる避妊・去勢手術に関する情報の多くは、いい加減なものであり、誇張されたものであり、証拠によって裏付けられたものではないということである。
 犬の避妊・去勢手術の健康上のリスクとメリットに関するそれらの情報の多くは、愛犬家の啓蒙に資するというよりも、むしろ、社会全体に誤解を与えることに大きく関与している。


 生後6ヵ月で避妊・去勢手術をするという伝統的な考えも、幼犬の時に避妊・去勢手術をするという現代の診療も、犬を健康上のリスクに追い込んでいる素因を作っている。
犬が肉体的に成犬になるのを待たないで、避妊・去勢手術をしている。
あるいは、医学的な必要性は全くないのに先走って避妊・去勢手術を強要している。
特に、多くの雄犬の場合は、そのような無理強いが行われていると見ている。
長期的な観点から見た避妊・去勢手術の健康上のリスクとメリットのバランスは、個々の犬によって変わってくる。
獣医学の文献に報告されている沢山の調査研究結果が、すべての犬に一様に適用でき、推奨できるというものではない。

 
翻訳者 ブログ「愛犬問題」開設者 : Paroowner




 日本の獣医界は獣医大学や学部も含めて隠蔽体質だ。「臭いものには蓋をする」のが当たり前になっている。つまり、国民に避妊・去勢手術の弊害の真実を知らせてない。詐欺商法が常道化している。
個々の開業獣医は避妊・去勢手術のメリットだけを強調して、手術を勧誘している。悪魔の詐欺商法だ。
日本の獣医界には、飼い主に正しい説明をして同意を得るというインフォームド・コンセントの意識がない。獣医が儲けるためだけの理由で犬の健康に有害無用な治療をしている。詳細は獣医は飼い主に説明責任を果たしてない! インフォームド・コンセント違反の犯罪!にある。

 獣医大学や学部も含めて、日本の獣医界は白衣を着たカネの亡者の詐欺集団だ。犬の天敵集団だ。
教授連も物事を科学的に正しく考えることを放棄した低俗愚劣な集団だ。その連中は、獣医の社会的な地位を上げるには、国民をだましてでも、獣医が儲けることが大切だと思い込んでいる。つまり、獣医大学は詐欺師の養成学校だ。詳細は獣医大学や学部は詐欺師の養成学校だ! 非科学的なウソの講義で学生を洗脳!にある。

 日本の愛犬家は犬に関する知識武装をすることが肝要だ。獣医任せの犬の診療では「泥棒に鍵を預ける」ようなものだ。獣医に無用な出費を強いられるだけでなく、愛犬が健康被害を受けたり、早死にすることになる。つまり、白衣を着た妖怪の金儲けの犠牲になり、飼い主もその愛犬も心身ともに苦汁を強いられる。

 言い換えると、愛犬の健康と幸せを守れるのは、飼い主のあなただけだ。機会があるごとに、犬に関する勉強をして知識武装をすることが大切だ。
ブログ「愛犬問題」はそのお手伝いをしているだけだ。引用・転載などすべて無料だ。ブログ開設者の許可了解は一切不要。その理由は、いかに多くの訪問者に無断使用されてもブログ「愛犬問題」の内容は全く減らないからだ。ハイ。

 
 この「つづき」は去勢すると前立腺癌のリスクが4倍になる! 米国獣医大学の研究報告を翻訳紹介 その2にある。 



 上記本文記載以外の関連随想集

  
避妊去勢有害無用論の随想集


 ← トップページへ  ボクの頭をコンコンしてワン!



      
写真のつづきは→ ノーリードのパピヨンの写真集








Last updated  2016.01.22 10:22:43
コメント(4) | コメントを書く

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Freepage List

★手作り食事とドッグフード


鶏の骨が大好き!


手作り食事


塩分は犬にも大切だ


ドッグフード偽装表示


サプリメントは不要


チョコレートが好きだ


タマネギも有益


味噌汁もよい


牛乳を飲ますには


療法食はいかさま商品


おやつも人用を


スルメやイカが大好き


チーズも人用を


ケーキも人用が良い


ビタミンC無くて良い


野菜果物無くて良い


魚の残飯もよい


豚の骨


煮干し いりこ


ジャーキーは危険!


香辛料 スパイス


エトキシキン・防腐剤


キシリトール有益無害


ココナッツオイルは詐欺商品


食薬同源 食が主で薬は従


★公園犬禁止は法律違反


ノーリード禁止は違法


愛犬はノーリード


狂犬病注射有害無用!副作用で健康被害死亡


混合ワクチン注射有害無用!副作用で死亡も


狂犬病ハガキ・戸別訪問


ワクチン症候群は怖い病気


獣医界の五大詐欺商法


獣医大学は詐欺師の養成学校


昔書いた 狂犬病ワクチン有害無用論 No1~No50


ワクチン接種による皮膚病


★ノミ蚊ダニ駆除


ひば油 殺菌殺虫剤


ひば油エタノール液


猫にもひば油は有効


ネクスガードは有毒


★フィラリア予防薬と治療薬


フィラリア予防薬は無用!


フィラリア薬の偽装欺瞞


★アレルギ-


ワクチンでアレルギ-


逆くしゃみ症候群


アナフィラキシーの怖さ


アトピー性皮膚病


自己免疫性皮膚炎


薬剤アレルギー


免疫抑制剤は悪魔の薬剤


★しつけと訓練


社会性の豊かな愛犬に


ケージやサークルは信頼を損なう


糞尿は風呂場が最適


糞尿のいろんな問題


ワクチンよりしつけ大切


マウンティグ


マーキング


幼犬のしつけと飼い方


階段 訓練 マット


食糞・糞食を鶏の骨で治す


権勢症候群


誤飲→自分で吐出す


吠え防止首輪は虐待器具


草を食べる問題


噛み癖を直す


臆病や喧嘩癖を治す


初めて犬を飼う人へ


育犬ノイローゼ防止策


爪切りは不要


分離不安症はかわいがって治す


散歩は必須ではない 小型犬


★「愛犬問題」に出会えて幸せ!


愛犬の正しい飼い方


シャンプーは人用を!


マイクロチップは有害欠陥商品


トイレシーツは不要


乳歯抜歯は不要


犬とキスして共に幸せ!


歯石取りの歯磨きは鶏の骨で


犬用ガムは危険!


涙やけを手羽先で治す


犬と人の年齢換算式


目薬ホウ酸水の作り方


トリミングで混合ワクチン強要


服、浴衣、靴は無用


電車賃は無料


家庭用医薬品を愛犬に


生理中の出会い


体臭や口臭を無くする方法


犬猫忌避剤は効かない


犬用薬剤は獣医の薬剤も市販品も危険!


歯磨きジェル 不良


ペット保険は無益無用


リーバー3は詐欺商品


ブータンの犬は幸せだ


バイオチャレンジはインチキ商品


アイエンヴィーはインチキ商品


ジューイシャンはぼったくり商品


薬用シャンプーは無効


グリニーズは欠陥商品


アトピカ・免疫抑制剤は悪魔の薬剤


ノルバサンシャンプーは不良


アピナック錠は偽装商品


ミミピュアは副作用強い


動物用医薬品は不良


ロイヤルカナンは偽装商品


ノルバサンオチック ひば油が良い


乳酸菌サプリは偽装商品


サニタリオは偽装商品


マキロンsは良い薬


マインドコントロール


パンフェノンは詐欺商品


マスマリンローションは不良商品


下痢に小粒赤玉はら薬


リマダイル・鎮痛剤で急死


祈りのポーズは健康的行動


液体歯磨きリデンタは詐欺商品


Dr.YUJIROデンタルパウダーは詐欺商品


救命胴衣は不要


ホリスティックレセピーはゴミの塊


健康診断=泥棒に鍵を預ける


★避妊去勢有害無用論


獣医の不正過誤診療


歯石取りで麻酔死


悪徳獣医を見抜く方法


甲状腺機能低下症


乳腺腫瘍


子宮蓄膿症


椎間板ヘルニア


ぎっくり腰


結石症


パスツレラ病


白内障


熱中症は怖い!30分で急死


麻酔死


てんかん・鶏の骨で治す


ひば油で皮膚病が治る


耳ダニ


停留睾丸


カプノサイト症


膿皮症、脂漏症を治す


肥満細胞腫


ステロイド剤は怖い!


前立腺肥大症


そけいヘルニア


後ろ足麻痺


肛門腺絞り


関節炎


ワクチンで皮膚病


クッシング皮膚病


延命治療は過剰診療


腺維肉腫(癌)


骨肉腫(癌)


血管肉腫(癌)


除草剤で嘔吐下痢


真菌性外耳炎ひば水で治った


真菌性皮膚病ひば水で治った


耳が臭い ひば水で治る


血尿・血便 騒ぎすぎ!


肛門周囲腺腫は良性


心臓病


大腸炎


歯周炎


悪徳獣医から示談金80万円


脂漏症 ひば油で治す 


口周りが赤くなる病気


角膜びらん


睾丸肥大手術


下痢・便秘騒ぎすぎ!


アカラス症は獣医が原因


犬はよく嘔吐する!


血管炎・虚血性皮膚病


虫歯の対処法


咳・気管拡張剤は不要


マラセチア皮膚病


犬の飼い方ワースト10


皮膚病は獣医治せない


膝蓋骨脱臼=パテラ


靭帯断裂=捻挫


外耳炎 ひば油で治す


尻尾追尾症=常同障害


ステロイド性糖尿病


避妊去勢で脱毛症に!


毛が生える!鶏の骨で!


僧帽弁閉鎖不全症


気管虚脱


★裁判・獣医への判決


断尾断耳


獣医のブログ荒らし


インフォームド・コンセント


保健所・里親・殺処分


動物愛護団体は偽善


動物愛護法を改悪


テレビ新聞は報道せず


幸福度ランキング日本58位


★ 犬恐怖症を治す


★ パピヨンの良さ


初代パロの写真集


★★★★★ 亡き愛犬の追憶


★ ウサギのラピー


Yahoo!知恵袋はウソだらけ


原発神話は崩壊!


沖縄の辺野古湾埋め立て反対


Recent Posts

 玉ねぎは犬にも有益な食べ物💛なのに獣医はでっち上げの有害説を流布👹犬には人と同じ食べ物は食べさせないでドッグフードを売って儲けるための捏造嘘説👿
 食糞が鶏の骨の食事で治った💗食糞はたんぱく質不足の栄養失調が根本原因💛飢餓防止本能が誘因💚
 遺伝性疾患のある犬がワクチン接種で重篤なてんかんを多発👿獣医は3種類の抗てんかん剤を投与👹セロイドリポフスチン症(CL症)🐕鶏の骨は百薬の長🌸
 獣医は犬の皮膚病を完治できない🐶いろんな薬剤を売りつけて儲けているだけ👿獣医が治せない皮膚病もヒバエタ(ひば油エタノール液)で完治する🐕愛犬家に成りすました獣医のブログ荒らし👹
 てんかんは鶏の骨で治る💗抗てんかん剤を直ぐにやめる💛てんかんはワクチン接種が原因👹獣医はゾニサミドを止めると重積発作になると脅しているが👿
 幸福度ランキング日本最悪58位の原因💔公園管理役人のノーリード禁止は条例違反🐶警察は取り締まってない🐕狂犬病注射制度は世界に類のない日本だけの悪政👹善良賢明な飼い主は接種しない💗
 皮膚病で獣医に6年間もいろんな薬を売りつけられた👹ひば油エタノール液ですぐに治った🐕飼い主が自作する神秘の特効薬🐶
 獣医は儲けるために他人の犬には避妊去勢やワクチン、フィラリア薬、フロントライン等を強要する👹獣医自身の犬にはしない👿獣医の孫が告白投稿🐕

Comments

 札幌ノーリード推進派@ Re[6]:大阪にはノーリード天国が広がりつつある!札幌では消極的ですね。(03/04) Paroownerさんへ 返信ありがとうございま…
 札幌リード推進派@ Re[4]:大阪にはノーリード天国が広がりつつある!札幌では消極的ですね。(03/04) Paroownerさんへ 返信ありがとうございま…

Archives


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.