13191283 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

愛犬問題 犬の身になって考えてみよう

2013.05.11
XML
カテゴリ:狂犬病
 狂犬病ワクチンの注射で犬猫は癌の一種である腺維肉腫になることは欧米の獣医界では周知だ。
詳細は狂犬病ワクチン注射でできる腺維肉腫(癌)に関する随想集にある。
 しかし、日本の獣医界はそのことを国民に隠している。獣医界が、日本の犬には有害無用でしかない狂犬病ワクチンをだまし売りつけて儲けるためだ。白衣を着た悪魔の詐欺商法だ。

 獣医は、犬猫をワクチン接種で癌の腺維肉腫にして、その治療薬のごとくにサプリメントをだまし売りして二重に儲けている。悪質すぎる。
サプリメントのセンダンαにあたかも癌の治療効果があるかのような言い方をして飼い主をだましている。獣医は詐欺師だ。犬の天敵だ。

 センダンαは、亜熱帯植物の葉から抽出したというだけの物であり、有効成分が明らかにされてない。単なる健康補助食品だ。医薬品としては認可されてない。サプリメントに薬効があるかのような宣伝広告をすると、薬事法違反で逮捕されるのは常識だ。なのに、獣医は、薬効があるかのような発言をして、センダンαを売りつけて儲けている。愛犬や愛猫たちにとっては母さん助けて詐欺師よりもタチの悪い詐欺師だ。

 愛猫を狂犬病ワクチンで癌にさせられた上に、センダンαを売りつけられた愛猫家から、唖然とするような投稿があった。詳細なやり取りは次の随想のコメント欄にある。その主要部をできるだけ原文を使い、要約して採用掲載した。
動物病院には行くな!避妊去勢は有害無用! ワクチン、フィラリア薬、ノミ・ダニ駆除剤も



 腺維肉腫とセンダンαについて    投稿者 : クリステルさん

初めまして。我が家では猫二匹と犬一匹を飼っております。
最初のころはワクチンもきちんとした方がいいと思い、毎年のように打ち続けていました。
ところが、昨年の10月に14歳になるの背中にしこりができ、ワクチン性の肉腫だという事がわかりました。
一度は手術で取りましたが、4ヶ月後に再発し少しづつ大きくなっています。
今は元気ですが、先生は二度目の手術や抗がん剤治療は勧めませんでした。
私もその方がいいと思い、特別な治療はせず免疫をあげるサプリメント等を飲ませています。今はほんとに普段と変わらないのですが、いつかくるであろうその時を考えるととても辛いです。
ワクチン性の腺維肉腫ってやはりどうしようもないんでしょうか?
出来る事があれば何でもしてあげたいので、何かよいアドバイスをご教授頂けると幸いです。

この事があってからは、ワクチンは一切しないと決めました。ほんとに後悔しています。



 返事1    投稿者 : Paroowner

愛犬の皮膚に腺維肉腫ができましたか。ワクチンの副作用が原因の癌です。
サプリメントは飼い主の自己満足の気休め商品です。愛猫には何の効果もありません。
サプリメントよりも愛猫が喜ぶ魚などを食べさせたほうが良いです。栄養満点なので、免疫力も向上しますよ。
ペットフードにはエトキシキンという猛毒の防腐剤が沢山入れてありますから、愛猫には食べさせないほうが良いですね。詳細はペットフードの酸化防止剤量は人の何十倍も エトキシキンはアレルギーや癌などを誘発!にあります。

 日本の獣医はワクチンの弊害を国民に隠して教えません。獣医界全体が詐欺集団です。白衣を着た犬猫の天敵集団です。
愛猫にワクチン注射をした獣医に、この文書をコピーして手渡したり、郵送してもいいですよ。



返事2   投稿者 : クリステルさん

サプリは獣医が勧めてくれたセンダンαというもので、臨床データでは7割から8割の確率で腫瘍の縮小が確認されたというものです。
癌ですから、サプリで消えてなくなるわけではありませんが、少しでも進行を食い止める事ができればと思って飲ませています。
気休めかもしれませんが、今は何でも試してみたいという思いです。
この世に絶対はありませんから、このサプリが絶対効かないとか絶対効くとかは誰にも分からないのかもしれませんね。
猫の手作り食も考えてみたいと思います。



 返事3    投稿者 :  Paroowner

 猫の腺維肉腫については、上記随想集のNo3に詳述してあります。アメリカの論文を翻訳したものです。一言でいうと、ワクチンの副作用でできる病気は犬も猫も同じですよ。

 なお、「センダンα」はあくまでもサプリメントですよ。
獣医が「臨床データでは7割から8割の確率で腫瘍の縮小が確認された」言ったとのことですが、それは根拠がありません
 そのように、サプリメントに薬効があるかのようなことを宣伝広告すると、薬事法違反で逮捕されます。
 ネット上にも、「センダンα」の宣伝広告が沢山ありますが、獣医が言ったようなことはメーカーの宣伝文にはありません。薬効があるかのように誤解するおそれのある宣伝広告は薬事法で禁止しています。
 医薬品とサプリメントの違いです。サプリメントは健康補助食品に過ぎないのです。つまり、サプリメントは、人も動物も健康な状態の時に摂取するものであり、病気の時に投与するものではありません。一言でいうと、サプリメントには病気を治す効果はないということですよ。

 人も犬も究極な状態での望みや喜びは美味しいものを腹一杯食べることです。
サプリは止めて、食べる元気があるうちに、できるだけ美味しいものを食べさせることが良いですね。美味しい食べ物は栄養満点の物がほとんどです。免疫力も向上します。
ただし、慣れない食べ物を急に沢山食べさせると下痢や便秘になるから要注意ですね。
なお、猫も犬と同じように野菜や果物は無理に食べさせる必要はありません。元来、肉食動物はビタミンCは自分の体内で合成しますから。詳細は犬猫に野菜や果物は食べさせなくても良い! 犬猫はビタミンCを自分の肝臓で合成できる!にあります。



返事4  投稿者 : クリステルさん

サプリについては言われる通りだと思います。
でも、センダンαを獣医が堂々と勧めて何のお咎めもないのでしょうか。
データーも根拠がないというのであれば、獣医は嘘を言って、飼い主にセンダンαを売りつけている事になりますよね。

近々、定期健診があって確認の為にレントゲンを撮りますと言われました。
断ろうかと思ったり、自分としても病状がどの程度なのか知りたいという気持ちもあったり、、、複雑です。
Paroownerさんだったらどうされますか?

 

 返事5   投稿者 : Paroowner

 獣医は詐欺師です。平気でウソを言うということです。獣医大学自体が詐欺師の養成学校ですよ。何年も前から、ブログ「愛犬問題」の本文にそう書きづづけています。白衣を着た詐欺師です。犬猫の天敵の悪魔です。

獣医がサプリメントのウソをでっち上げて愛犬家や愛猫家をだますのは序の口ですよ。口頭でウソを言っても、裁判の証拠にはならないと高をくくっているのでしょう。実際に獣医の悪徳業務を提訴する飼い主は極めて少ないです。
しかし、飼い主にウソを言ってだますのは明らかに犯罪です。詐欺行為です。

換言すると、愛犬家や愛猫家が知識武装して獣医のウソから愛犬や愛猫を守る以外に良い方法はないのですよ。

 なお、あなたの愛猫にレントゲンは過剰診療です。詐欺診療です。ハイ。



返事6    投稿者 : クリステルさん

レントゲンは止める事にします。
ただ、このまま弱って行くのを黙って見ているだけというのも心苦しいのは事実なんです。
まだ何かできる事はないのか、とか他に少しでも良くなる方法はないのかとか、、、。
やはりこのまま好きな物を食べさせて、見守るしかないんでしょうか。
そうだとしたら後悔が残りそうではがゆいばかりです。



 返事7    投稿者 : Paroowner

 あなたの愛猫を癌にしたのは誰ですか。
愛猫に有害無用なワクチンを注射したのは獣医です。猫ちゃんのためにもあなたは、その悪徳獣医を裁判所に訴えるのが筋ですね。愛猫のために、今することがあるのは提訴だけです。
 残念ながら、犬猫殺しの悪徳獣医を訴える人はめったにいません。悪魔の獣医は野放し状態です。ハイ。

 なお、次の随想もご参考になるでしょう。
延命治療は苦悶苦痛の押し売り!過剰診療! 人も犬も安らかな自然死が天の恩恵だ!
 その一部を転載します。



 人も犬も含めてすべての生き物は、いづれ「千の風になって」天空に消え行く定めだ。自然の摂理だ。それぞれに天寿がある。無常の宿命だ。
 地球上のすべての生き物が享受する平等の掟だ。死を免れる例外はない。「地獄の沙汰も金次第」というが、それは死んだ後の話だ。いくら札束を積んでもこの世では死を逃れることは許されない。

 
 犬猫の高度医療センターなるものが開設されている。犬猫を長生きさせるための動物病院ではなく、経営者や獣医が儲けるためだけにある高度な詐欺施設だと思っている。
人の場合、治療費が上記の「月に一千数百万円かかるという」考え方と同じ利益最優先の考えで開設している動物病院だと思っている。愛犬たちにとっては有害無用でありがた迷惑な伏魔殿だ。

 その高度医療センターに愛犬を連れて行った飼い主が「治療費は60万円だった」と言った。愛犬の病気は治ったのかとの問いには返事がなかった。愛犬が過剰治療や過剰な薬剤投与の弊害で苦悶したことは念頭にないようだった。延命治療の苦痛後に愛犬が死んだのなら、かわいそうだ。

 愛犬のパロは、いかなることが起こっても、白衣を着た妖怪が大勢陣取って過剰診療を強要している伏魔殿には連れて行く気はない。カネの問題ではない。無用な苦痛を与えないためだ。延命治療をせずに自然の安らかな死期を迎えさせる。自然の摂理に従って死ぬべき時期に安らかに死なせるのも飼い主の深い愛情だ。


 ← トップページへ  ボクの頭をコンコンしてワン!



      
写真のつづきは→ ノーリードのパピヨンの写真集








Last updated  2016.11.05 00:16:12
コメント(7) | コメントを書く

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Freepage List

★手作り食事とドッグフード


鶏の骨が大好き!


手作り食事


塩分は犬にも大切だ


ドッグフード偽装表示


サプリメントは不要


チョコレートが好きだ


タマネギも有益


味噌汁もよい


牛乳を飲ますには


療法食はいかさま商品


おやつも人用を


スルメやイカが大好き


チーズも人用を


ケーキも人用が良い


ビタミンC無くて良い


野菜果物無くて良い


魚の残飯もよい


豚の骨


煮干し いりこ


ジャーキーは危険!


香辛料 スパイス


防腐剤エトキシキン


キシリトール有益無害


ココナッツオイルは詐欺商品


食薬同源 食が主で薬は従


★公園犬禁止は法律違反


ノーリード禁止は違法


愛犬はノーリード


狂犬病注射有害無用!副作用で健康被害死亡


混合ワクチン注射有害無用!副作用で死亡も


狂犬病ハガキ・戸別訪問


ワクチン症候群は怖い病気


獣医界の五大詐欺商法


獣医大学は詐欺師の養成学校


昔書いた 狂犬病ワクチン有害無用論 No1~No50


ワクチン接種による皮膚病


★ノミ蚊ダニ駆除


ひば油 殺菌殺虫剤


ひば油エタノール溶液


猫にもひば油は有効


ネクスガードは有毒


★フィラリア予防薬と治療薬


フィラリア予防薬は無用!


フィラリア薬の偽装欺瞞


★アレルギ-


ワクチンでアレルギ-


逆くしゃみ症候群


アナフィラキシーの怖さ


アトピー性皮膚病


自己免疫性皮膚炎


★しつけと訓練


社会性の豊かな愛犬に


ケージは心身の健康に有害


糞尿は風呂場が最適


糞尿のいろんな問題


ワクチンよりしつけ大切


マウンティグ


マーキング


幼犬のしつけと飼い方


階段 訓練 マット


食糞・糞食


権勢症候群


誤飲→自分で吐出す


吠え防止首輪は虐待器具


草を食べる問題


噛み癖を直す


臆病や喧嘩癖を治す


初めて犬を飼う人へ


育犬ノイローゼ防止策


爪切りは不要


★「愛犬問題」に出会えて幸せ!


愛犬の正しい飼い方


シャンプーは人用を!


マイクロチップは有害欠陥商品


トイレシーツは不要


乳歯抜歯は不要


救命胴衣は不要


歯磨きは鶏の骨で


犬用ガムは危険!


涙やけを手羽先で治す


犬と人の年齢換算式


目薬ホウ酸水の作り方


トリミングで混合ワクチン強要


服、浴衣、靴は無用


電車賃は無料


家庭用医薬品を愛犬に


熱中症はこわいぞ!


生理中の出会い


食品売り場


犬猫忌避剤は効かない


犬用薬剤は獣医の薬剤も市販品も危険!


歯磨きジェル 不良


ペット保険は無益無用


リーバー3は詐欺商品


犬用市販薬剤は危険!


ブータンの犬は幸せだ


バイオチャレンジはインチキ商品


アイエンヴィーはインチキ商品


ジューイシャンはぼったくり商品


薬用シャンプーは無効


グリニーズは欠陥商品


アトピカ・免疫抑制剤は悪魔の薬剤


ノルバサンシャンプーは不良


アピナック錠は偽装商品


ミミピュアは副作用強い


動物用医薬品は不良


ロイヤルカナンは詐欺商品


ノルバサンオチック ひば油が良い


乳酸菌サプリは偽装商品


サニタリオは偽装商品


マキロンsは良い薬


家庭用医薬品を犬にも


マインドコントロール


アガペットゴールド


パンフェノンは詐欺商品


大理石ボードで夏を涼しく


マスマリンローションは不良商品


下痢に小粒赤玉はら薬


リマダイル・鎮痛剤で急死


★避妊去勢有害無用論


獣医の不正過誤診療


歯石取りで麻酔死


悪徳獣医を見抜く方法


甲状腺機能低下症


乳腺腫瘍


子宮蓄膿症


椎間板ヘルニア


ぎっくり腰


結石症


パスツレラ病


白内障


自然治癒力と免疫力


麻酔死


てんかん・鶏の骨で治す


ひば油で皮膚病が治る


耳ダニ


停留睾丸


カプノサイト症


膿皮症、脂漏症を治す


肥満細胞腫


ステロイド剤は怖い!


分離不安症と留守番


前立腺肥大症


そけいヘルニア


後ろ足麻痺


肛門腺絞り


関節炎


ワクチンで皮膚病


クッシング皮膚病


延命治療は過剰診療


腺維肉腫(癌)


骨肉腫(癌)


血管肉腫(癌)


除草剤で嘔吐下痢


真菌性外耳炎ひば水で治った


真菌性皮膚病ひば水で治った


耳が臭い ひば水で治る


血尿・血便 騒ぎすぎ!


肛門周囲腺腫は良性


心臓病


大腸炎


歯周炎


悪徳獣医から示談金80万円


脂漏症 ひば油で治す 


口周りが赤くなる病気


角膜びらん


睾丸肥大手術


下痢・便秘騒ぎすぎ!


アカラス症は獣医が原因


メタカム・鎮痛剤で嘔吐


血管炎・虚血性皮膚病


虫歯の対処法


咳・気管拡張剤は不要


マラセチア皮膚病


犬の飼い方ワースト10


皮膚病は獣医治せない


膝蓋骨脱臼


靭帯断裂=捻挫


外耳炎 ひば油で治す


尻尾追尾症=常同障害


ステロイド性糖尿病


避妊去勢で脱毛症に!


★裁判・獣医への判決


断尾断耳


獣医のブログ荒らし


インフォームド・コンセント


保健所・里親・殺処分


動物愛護団体は偽善


動物愛護法を改悪


テレビ新聞は報道せず


加計学園獣医学部新設に反対


★ 犬恐怖症を治す


★ パピヨンの良さ


★★★★★ 亡き愛犬の追憶


★ ウサギのラピー


ペット課税と獣医師会


Yahoo!知恵袋


ブログ荒らし対策 警視庁


原発神話は崩壊!


加計学園獣医学部新設に反対


Recent Posts

Comments

 マラミュート@ Re:鳥の骨は加熱したものが愛犬に最良の食材! 偽装だらけの犬の世界9(01/09) New! 初めまして。アラスカンマラミュートとア…

Archives


Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.