000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

愛犬問題 犬の身になって考えてみよう

2014.05.15
XML
カテゴリ:しつけ
 愛犬の粗暴な振る舞いを飼い主が愛犬にマウンティングして直したとの投稿が次の随想のコメント欄にあった。投稿内容が下記の投稿内容よりも詳細であり、貴重な情報なので採用掲載することにした。
マウンティング!飼い主がやんちゃな愛犬に しつけ直し成功!子供にも従順になった!

 獣医はマウンティングや権勢症候群は避妊・去勢手術をすると直るという。白衣を着た詐欺師の真っ赤なウソだ。だまされないことが肝要だ。
避妊・去勢手術は犬の健康と長寿に有害無益だ。下欄に詳述してある。

 マウンティングの本質的な意味は他の犬に対して自分の権勢の優位を誇示する行動だ。
そのマウンティングが人にも向けられることがある。そのような犬は権勢症候群という粗暴な病的状態になっている。その詳細を記述した英文記事がネット上にある。翻訳紹介する。



原文 犬の権勢症候群による攻撃

家庭で飼われている犬はオオカミを祖先とする子孫である。
家庭犬と現在のオオカミには身体や行動に多くの類似点がある。
狼の群れは、個々のオオカミが互いに協力するように巧みに組織化された集団である。食べ物をハンティグしたり、縄張りを守ったり、子供を育てたりするために互いに協力しあっている社会である。
オオカミの群れの中の個々のメンバーは、その群れの中の相対的な社会的序列を決めるために互いに競い合っている。
その集団の中の権勢の序列は、個々のメンバーが相対的な力関係を示す地位を目指して互いに競い合うことによって決まる。
この社会秩序は、個々のメンバーが自分の目的や動機を特定の瞬間に、または、特定の状況下で、はっきりと主張することによって決まる。
集団のメンバーは、互いに他のメンバーの能力を試し、その優劣を決めている。その競争は同腹の子供の間の遊びの形で始まり、極めて若い時からお互いの能力の差異を決めている。
権勢は相対的なものである。つまり、上位にいるメンバーは、自分に服従している他のメンバーよりも自分のほうが優位にあるということである。

他のメンバーよりも権勢が優位であることは好都合なことではあるが、しかし、リスクがあることも確かである。
例えば、権勢の最上位にあるリーダーは、集団全体を統制して狩りをする時には、他のメンバーよりも多くの責任とリスクがある。

オオカミの群れの中では常に上位の権勢を狙って抗争が続けられている
力の強いメンバー同士の抗争は重傷をもたらすこともある。

犬は、おそらく、人間の家族を祖先伝来の集団と同等であると認めているだろう。
犬がそのように考えていることは貴重なことである。例えば、犬は、集団における忠誠心や縄張り意識を私たちの家族や家を守るために使っているからだ。

しかしながら、飼い犬が、飼い主の家族の中でリーダーシップを取れない不当な地位に置かれていると思い込んでいるといろいろと厄介な問題を引き起こす。
自分は偉いと思い込んでいる犬は、その家族の中の最高の地位に付こうとして、飼い主やその家族に挑戦して攻撃的になることがある。権勢症候群という心の病気である。

 私たちは犬が大好きであると思っているのと同じ程度に、飼い犬も犬であり、人間ではないことを肝に銘じることが大切である。
あなたの家族と犬との集団の中で、あなたが犬に対して優しく寛容であることは、リーダーになろういう野心を持っている犬にとっては、あなたは、弱い者と思われているのである。
言い換えると、あなたが弱いことは、愛犬にとっては、あなたの家族の集団の中で犬自身の権勢の序列を上げるチャンスだと思われてしまう。

ただし、あなたが犬に対して冷たく、厳しく接すべきだという意味ではない。
むしろ、あなたと愛犬がお互いに良い関係を持つには、愛犬に如何に接したほうが良いかを考えることが大切である。
あなたの行動は、愛犬の態度に影響を与える。つまり、愛犬が取った好ましくないふるまいに対するあなたの対応の仕方が、その後も愛犬の振舞いが繰り返されるかどうかを決める。

犬が、自分が優位であると誇示する方法の一つがマウンティングである。その方法は犬が自分よりも劣っていると思っている弱者に身体的に乗りかかって、自分が優位な位置にあると示すことである。
犬には、生まれながらに最上位の犬になろうとする習性がある。マウンティングは明らかに優位の位置にあることを示す行動パターンの中で最も多くの犬が行っている行動である。
前足を他の犬などの背中を掴むように乗せて、自分の背中をアーチ形にまげて、腰を強く、弱く、リズミカルに上下に動かす。
飼い主によってはユーモラスだと見る。

その行動を飼い主が大目に見ると、愛犬のマウンティング行動は助長される。

犬は、自分のマウンティング行動によって自分が優位な地位にあると確信するようになる。

 多くの飼い主はマウンティングを性的な行動と誤解している。
社会的優位性によって動機づけられているマウンティングと生殖行動で動機づけられているマウンティングを区別する最善の方法は、そのマウンティングが行われている状況を考慮することである。

成犬の雄犬か、雌犬か、幼犬であるか。
犬がマウンティングをしている相手が人間であるか、他の犬であるか。
他の犬の場合、その犬は発情している雌犬であるか。
マウンティングの相手が発情している雌犬でないときは、そのマウンティングは優位性を誇示する行動と見たほうが良い。

 犬は、他の犬と社会的なかかわりを持っているのと同じように、人間とも社会的なかかわりを持っているので、マウンティングが人間に向けられることもあり、その時のマウンティングは社会的優位性を誇示する行動と理解したほうが良い。
犬のマウンティングの対象が他の物体、例えば、枕であるときは、犬の性的な動機が他の物体に向けられた行動といえるだろう。
        
( 翻訳者: ブログ「愛犬問題」開設者 Paroowner )

 

 この英文記事は犬のマウンティングの本質は権勢の優位を誇示する行動であるとわかりやすく記述してある。だから、翻訳してご紹介した。
しかし、この原文には、犬の心の病気である権勢症候群(アルフア・シンドローム)をしつけ直すことについてはありきたりのことしか記述してない。
しつけ直しができるまでは、たとえば、犬とのアイコンタクトを意図的に避けて、犬を無視するとか、犬は飼い主のベットに一緒には寝かせない方法などが記述されている。

 この原文は、残念ながら、竜頭蛇尾の感がある。頭は立派だが、尻尾は貧弱だ。言い換えると、画竜点睛を欠く。素晴らしい竜の絵なのに、目が描かれてないようなものだ。
つまり、この英文はマウンティングについて正しいことを記述してあるが、そのマウンティングや権勢症候群を治す方法についてはありきたりのことしか書いてない。だから、その記事の後半は翻訳はしてない。

 今回のブログ「愛犬問題」の随想には、愛犬の権勢症候群を、飼い主が愛犬にマウンティングすることによって直したことを記述する。ブログ「愛犬問題」の愛読者がご自身で試してみて成功した犬のしつけ方法だ。発想を転換した奇想天外な犬のしつけ方だ。実に面白い。

 

 マウンティングでしつけました!         投稿者:しっぽ大好き さん


愛犬の雄の「わんこ」は9年近く前に病院の駐車場で保護した犬です。まだ乳歯でした。

警察署と動物指導センターに届けを出し、町に貼り紙もしました。すぐに飼い主が見つかると思っていたので、その犬は「飼い主に返す犬」として過ごさせてしまいました。

3か月経って、警察から「お宅の犬にしてもいいです」と言われた時には、無駄吠えが多いだけでなく、人に噛みつくこともありました。とんでもないやんちゃ犬になってしまっていました。

このままではいけない。家族に危害を加えないようにしなくてはと考えた時に試してみたのがマウンティングでした。

私が体重をかけずに毎日愛犬にマウンティングをしました。
愛犬は最初は嫌がって逃げようとしましたが、腹部を両腕で抱えるようにして犬の体を固定してマウンティングを続けました。1週間ほど経つと、あきらめたらしく、びっくりするぐらいおとなしく従順になりました。

今はマウンティングはしてませんが、おしりを自分に向けて座らせて、後ろからかかえるようにブラッシングしています。

マウンティング後の効果としては

# 噛みつかなくなった。
# 散歩中に他の犬を威嚇しなくなった。
# 家具や家電をかじらなくなった。
# ソファや布団をかじって中身をまき散らすのをやめた。
# 家族が帰って来ると玄関まで迎えに出るようになった
# 家の中でのマーキングは一度もしなくなった。
# 口が届く所にあっても人間の食べ物を勝手に食べなくなった。
# 仰向けで体中触らせるようになった。

しつけのきちんとしているワンちゃんなら当たり前だと言われそうですが、我が家では本当にビックリ仰天の変化でした。

 


 返事 投稿者:Paroowner

 そうですか。飼い主がやんちゃな愛犬にマウンティングして、おとなしい愛犬にしつけ直しましたか。
貴重な情報です。
多くの愛犬家のご参考になります。

 なお、愛犬家のために再度言います。
避妊・去勢手術をすると、マウンティングをしなくなるとか、粗暴な犬がおとなしくなるというのは白衣を着た詐欺師のでっち上げの虚言です。避妊・去勢手術で儲けるための詐欺商法ですよ。
次の随想をご参考にしてください。

1 犬は避妊・去勢手術で性格が変わるだろうか? 無気力になったり、凶暴になったり!

2 避妊去勢手術でホルモン欠落症で無気力な犬に! 甲状腺機能低下症で肥満にも!

3 避妊や去勢で犬の性格がおとなしくなるか? 無気力になっただけ! 



関連随想集

1 マウンティングに関する随想集

2 避妊・去勢手術有害無用論の随想集


 ← トップページへ  ボクの頭をなでてワン!


      ブーゲンビリアとまだつぼみのアマリリス

      
写真のつづきは→ ノーリードのパピヨンの写真集







Last updated  2015.06.30 18:09:34
コメント(10) | コメントを書く

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Freepage List

★手作り食事とドッグフード


鶏の骨が大好き!


手作り食事


塩分は犬にも大切だ


ドッグフード偽装表示


サプリメントは不要


チョコレートが好きだ


タマネギも有益


味噌汁もよい


牛乳を飲ますには


療法食はいかさま商品


おやつも人用を


スルメやイカが大好き


チーズも人用を


ケーキも人用が良い


ビタミンC無くて良い


野菜果物無くて良い


魚の残飯もよい


豚の骨


煮干し いりこ


ジャーキーは危険!


香辛料 スパイス


防腐剤エトキシキン


キシリトール有益無害


ココナッツオイルは詐欺商品


食薬同源 食が主で薬は従


★公園犬禁止は法律違反


ノーリード禁止は違法


愛犬はノーリード


狂犬病注射有害無用!副作用で健康被害死亡


混合ワクチン注射有害無用!副作用で死亡も


狂犬病ハガキ・戸別訪問


ワクチン症候群は怖い病気


獣医界の五大詐欺商法


獣医大学は詐欺師の養成学校


狂犬病ワクチン有害無用論のつづき


★ノミ蚊ダニ駆除


ひば油 殺菌殺虫剤


ひば油エタノール溶液


猫にもひば油は有効


ネクスガードは有毒


★フィラリア予防薬と治療薬


フィラリア予防薬は無用!


フィラリア薬の偽装欺瞞


★アレルギ-


ワクチンでアレルギ-


逆くしゃみ症候群


アナフィラキシーの怖さ


アトピー性皮膚病


自己免疫性皮膚炎


★しつけと訓練


社会性の豊かな愛犬に


臆病犬喧嘩犬を直す


糞尿は風呂場が最適


糞尿のいろんな問題


ワクチンよりしつけ大切


マウンティグ


マーキング


幼犬のしつけと飼い方


階段 訓練 マット


食糞・糞食


権勢症候群


誤飲→自分で吐出す


吠え防止首輪は虐待器具


草を食べる問題


噛み癖を直す


★「愛犬問題」に出会えて幸せ!


愛犬の正しい飼い方


シャンプーは人用を!


マイクロチップは有害で無用


トイレシーツは不要


乳歯抜歯は不要


救命胴衣は不要


歯磨きは鶏の骨で


犬用ガムは危険!


涙やけを治す


犬と人の年齢換算式


目薬ホウ酸水の作り方


トリミングで混合ワクチン強要


服、浴衣、靴は無用


電車賃は無料


家庭用医薬品愛犬に


熱中症はこわいぞ!


生理中の出会い


食品売り場


犬猫忌避剤は効かない


犬用薬剤は獣医の薬剤も市販品も危険!


歯磨きジェル 不良


ペット保険は無益無用


リーバー3は詐欺商品


犬用市販薬剤は危険!


ブータンの犬は幸せだ


バイオチャレンジはインチキ商品


アイエンヴィーはインチキ商品


ジューイシャンはぼったくり商品


薬用シャンプーは無効


グリニーズは欠陥商品


アトピカ・免疫抑制剤は悪魔の薬剤


ノルバサンシャンプーは不良


アピナック錠は偽装商品


ミミピュアは副作用強い


動物用医薬品は不良


ロイヤルカナンは詐欺商品


ノルバサンオチック ひば油が良い


乳酸菌サプリは偽装商品


サニタリオは偽装商品


マキロンsは良い薬


家庭用医薬品を犬にも


マインドコントロール


アガペットゴールド


パンフェノンは詐欺商品


大理石ボードで夏を涼しく


★避妊去勢有害無用論


獣医の不正過誤診療


歯石取りで麻酔死


悪徳獣医を見抜く方法


甲状腺機能低下症


乳腺腫瘍


子宮蓄膿症


椎間板ヘルニア


ぎっくり腰


結石症


パスツレラ病


白内障


狼爪


麻酔死


てんかん・鶏の骨で治す


ひば油で皮膚病が治る


耳ダニ


停留睾丸


カプノサイト症


膿皮症、脂漏症を治す


肥満細胞腫


ステロイド剤は怖い!


分離不安症と留守番


前立腺肥大症


そけいヘルニア


後ろ足麻痺


肛門腺絞り


関節炎


リマダイルの薬害


ワクチンで皮膚病


クッシング皮膚病


延命治療は過剰診療


腺維肉腫(癌)


骨肉腫(癌)


血管肉腫(癌)


除草剤で嘔吐下痢


真菌性外耳炎ひば水で治った


真菌性皮膚病ひば水で治った


耳が臭い ひば水で治る


血尿・血便 騒ぎすぎ!


肛門周囲腺腫は良性


心臓病


大腸炎


歯周炎


悪徳獣医から示談金80万円


脂漏症 ひば油で治す 


口周りが赤くなる病気


角膜びらん


睾丸肥大手術


下痢・便秘騒ぎすぎ!


アカラス症は獣医が原因


メタカム・鎮痛剤で嘔吐


血管炎・虚血性皮膚病


虫歯の対処法


咳・気管拡張剤は不要


マラセチア皮膚病


犬の飼い方ワースト10


皮膚病は獣医治せない


★裁判・獣医への判決


断尾断耳


獣医のブログ荒らし


インフォームド・コンセント


保健所・里親・殺処分


動物愛護団体は偽善


動物愛護法を改悪


テレビ新聞は報道せず


★ 犬恐怖症を治す


★ パピヨンの良さ


★★★★★ 亡き愛犬の追憶


★ ウサギのラピー


ペット課税と獣医師会


Yahoo!知恵袋


ブログ荒らし対策 警視庁


原発神話は崩壊!


Recent Posts

Comments

 Paroowner@ ジャックのママ さんへお礼 ジャックのママ さん、こん〇〇は。 Q(…
 Paroowner@ coromam さんへお礼 coromam さん、こん〇〇は。 Q(^ェ^)…
 Paroowner@ 気楽に書き込んでください 犬の好きな方の投稿を歓迎します。 ただ…
 Paroowner@ 愛犬の病気に関して質問する愛犬家へ  ブログ「愛犬問題」に愛犬の病気に関して…

Archives


Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.