11843708 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

愛犬問題 犬の身になって考えてみよう

2014.06.22
XML
カテゴリ:犬の歯磨き
 犬は、人には絶対にできないことを平気でする能力がある。
犬の臭覚は人の何万倍もあるということよりも、もっとすごいことだ。
愛犬のパピヨンのパロは、加熱調理した鶏の骨ガリガリ噛み砕いて、その先が鋭くとがっている破片を、チーズでも食べるように如何にも美味しそうに呑み込んでしまう。
飼い主には絶対にできないことをパロはできるのだ。自然の摂理で授かった極めて特殊な能力だ。今更のように犬の能力に驚嘆している。
人と犬との何万年の共生の歴史の中で、犬は人の食べ残しの鶏の骨を安全に食べる方法を習得してきたのだ。犬の習性として遺伝子のDNAに組み込まれた能力だ。

 人は、鶏の手羽元の骨を噛み砕くことさえできないだろう。仮に、歯が丈夫な人が噛み砕くことができても、その噛み砕いて先の鋭くとがった破片を飲み込むことは不可能だ。喉に刺さってしまう。
仮に、喉をうまく通過しても、その尖った破片が胃壁に刺さり、酷い出血をするだろう。病院に駆け込むのがオチだ。

 だから、犬の習性に無知な獣医は、自分にできないことは犬には到底できないと思い込んでいる。獣医は、その愚昧な思い込みを愛犬家に押し付けている。
鶏の骨は割れると先が尖るので、喉や胃に刺さって危険だから、鶏の骨は絶対に犬には食べさせてはいけないとネット上にも沢山の記述がある。

 獣医大学では畜産動物の牛豚などに関する教育が主体なので、獣医は犬については無知蒙昧な輩が多い。鶏の骨は犬の喉や胃に刺さると盲信している。オカルト宗教の盲信と同じだ。正しい知識が欠落している。愛犬家にとっても愛犬たちにとっても迷惑千万なことだ。
そのような愚昧な思い込みによる獣医の過誤診療の事例を紹介する。無知の罪だ。
鶏の骨は危険とだまし開腹手術する悪徳獣医 骨は胃液で直に溶解消化!

 犬の歯石を取ったり、歯周病の予防の歯磨きには鶏の骨が最適だ。愛犬のパロには鶏の骨つき肉の手羽先の先を主食として食べさせている。詳細な記述は 犬の手作り食材鶏の骨手羽先の先が好評!にある。骨をガリガリ噛み砕くことで歯磨きができる。何代も愛犬を飼い続けていて、鶏の骨が喉や胃に刺さるようなことは一度を起こったことがない。

 その手羽先の先はブログ「愛犬問題」で紹介したので、最近では、多くの愛犬家が愛犬用に購入しているらしく、入手が困難になっている。スーパーでは午前中に売り切れる。
ネットで紹介しなければ、栄養満点の良い食材が安く入手し続けられたのにとケチなことは思ってない。鶏の骨が犬の大好物の食材であることを理解し始めた愛犬家が増えたのだと喜んでいる。

 その入手困難になってきた手羽先の先の代わりに、最近は鶏のガラや手羽元の骨を食べさせている。パロは、手羽元の骨の両端を噛み砕いて食べて中央部は残すことがあるが、骨の量が少ない時は全部を噛み砕いて飲み込む。鶏の骨を食べさせる以外には歯磨きをしたことはない。パロは満7歳を過ぎたが、歯石はほとんどない。綺麗な歯だ。

 ブログ「愛犬問題」の随想を読んで、愛犬に鶏の骨を食べさせ始めた愛犬家のご投稿によると、鶏の骨を食べさせても歯石が取れないと思っていたら、2,3か月後に愛犬の歯を覗いてみたら、歯石が取れて歯がきれいになっていたとのこと。
 鶏の骨を1,2週間くらい食べさせても、歯に堅固にこびりついている歯石は簡単には取れない。人の歯石でさえ、歯科医が研磨機みたいな歯石取り器でかなりの時間をかけて除去している。
根気よく、毎日鶏の骨を食べさせると、歯石は間違いなく取れる。
なお、歯石は歯垢が固まって石みたいなものになって歯にこびりついているものだ。普通の歯磨きでは除去できない。

 鶏の骨は歯磨き効果があるだけでなく、栄養満点の上にカルシウムも豊富だ。
元来肉食動物である犬の胃液は強い酸性であり、骨は数十分で溶けてカルシウムの補給源になる。

 そんなことよりも、鶏の骨は犬の大好物だ。最も美味しい食べ物だ。
愛犬に鶏の骨を食べさせると次のような思いがけない効果がある。

「骨付き肉を食べた後の家の子は口元がニッコリして、とても、ご満悦そうです。
表情まで優しくなって、まるで、美味しかった!と言っているようです。
食が細く病弱だった幼犬に骨付き肉をあげだしてから、今日で13日目ですが、驚くほど、毛も艶やかでフサフサになり、骨格もしっかりして、今では、元気(おやんちゃ?)すぎて、嬉しい限りです。」との投稿があった。

 人も犬も「衣食足りて礼節を知る」ということだ。愛犬に鶏の骨を食べさせるようになってから、愛犬の性格が穏やかになり、聞き分けの良い子になったとの投稿も多い。毛並みや毛の艶が良くなるだけではなく、体臭が無くなったとのお礼の投稿もある。

 愛犬のパロは、風呂を好まず、特にドライヤーの音を嫌がるので、寒い時期には半年以上も風呂に入れないが(本音は飼い主の怠慢!)、毛並みや色艶が良いと褒められる。それだけではない。体臭が臭くない
同じように、鶏の骨を食べさせるようになってから体臭が臭くなくなったとのお礼の投稿も多い。

 また、夏には近隣のワンちゃんたちにはノミがいるとのことだが、パロにはダニだけでなく、ノミも一度も付いたことがない。体臭がないからだろうと思っているが、それだけの理由だろうかとも思っている。
健康で免疫力の高い生き物にはノミさえも追い払う力があるのではないかと思う。同様な投稿をしてきた愛犬家もいる。 

 犬は有史以前から人の残飯を食べて共生共栄してきた。何千年、何万年も加熱調理した鶏の骨も食べてきた。喉に刺さるような事故の史実はない。あるはずがない。詳細な記述は加熱した鶏の骨は愛犬の食餌に最適!にある。

 生の鶏の骨は犬に食べさせても良いが、加熱した鶏の骨は喉に刺さるので、犬には食べさせてはいけないという間違った風説風評が流布している。科学的な根拠は示してない。加熱した鶏の骨は割れると先がとがるから、危険だと思いこんでいる。獣医界が流布している間違った風説風評に毒されている。
獣医界はドッグフードを売って儲けるために、故意に間違った情報を垂れ流している面もある。

 ドッグフードが売り出されたのは第二次世界大戦後だ。畜産廃棄物や病死した家畜などの有効利用としてアメリカで最初に発売された。その後、日本にも輸入され、日本国内でも製造されるようになった。

 そのドッグフードを売り込み、拡販するために、犬には人の残飯を食べさせないようにと、いろんなウソの情報が流された。法律的にいえば、風説の流布が行われた。その風評被害が広く浸透している。きるだけドッグフードを多く売るために、残飯に味噌汁の食餌も犬に良くないと言っている。犬の食の歴史を無視した非科学的な捏造話だ。

 ドッグフードを売って儲けたい獣医は「犬塩分有害論」も唱えている。生理学的な学識教養がなさ過ぎる。塩分は犬にも必須不可欠なミネラルだ。過剰な塩分は腎臓で排出する。また、人も犬も心臓は塩分で自律運動をしている。詳細は犬塩分不要論のお粗末な誤り!にある。
 鶏の骨が犬の喉や胃に刺さるという風説の流布もドッグフード販売の虚偽表示の一環だ。つまり、残飯を犬には食べさせないで、ドッグフードをできるだけ多く売るために、ウソの迷信を広めた。詐欺商法だ。

 
 補足

 麻酔してまで、歯石をとった方がよいという獣医が近隣にいたら、お付き合いしない方が無難だ。
悪徳診療!歯石取りで愛犬が麻酔死! 偽装だらけの犬の世界7 に具体的な悲惨な不正診療の事例がある。他の面でも愛犬家を騙して、有害無用な治療をしている可能性が高い。獣医界には悪徳獣医が多すぎる。平然とウソをいう。カネの亡者で恥を知らない。儲け第一主義だ。

 日本の犬の世界は魑魅魍魎(ちみもうりょう)の妖怪が住んでいる世界だ。背広や白衣を着た妖怪だ。愛犬の健康と長寿のためには妖怪にだまされないことが大切だ。

 なお、犬の歯磨きのためのデンタルケアおやつやおもちゃなどが販売されている。その必要性を感じたことがないので興味はない。高価だと思っているだけだ。鶏の骨のほうがはるかに安くて歯磨き効果がある。そのうえに、愛犬たちが間違いなく喜んで食べる。

 また、犬用歯磨き商品には健康上問題を引き起こすものや、何の効果もない詐欺商品も堂々と販売されている。だまされないように注意することが肝要だ。その2例を上げる。
1 犬用歯磨きジェルやゼリーで嘔吐、痙攣! 犬用よりも人用歯磨きが愛犬にも安全だ!

2 リーバスリー液体歯磨きはカナダ製詐欺商品 アルコールと香料では歯磨き効果はない!

 関連随想集

1 愛犬の歯磨きは鶏の骨で! その随想集

2 愛犬の主食鶏の骨に関する随想集

3 歯石取りで麻酔死! その随想集



 ← トップページへ  ボクの頭をなでてワン!


       ガクアジサイ(額紫陽花)

      
写真のつづきは→ ノーリードのパピヨンの写真集


 転載引用は無料だワン! ただし、リンク付けてワン!   






Last updated  2015.08.02 18:10:21
コメント(26) | コメントを書く

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Freepage List

★手作り食事とドッグフード


鶏の骨が大好き!


手作り食事


塩分は犬にも大切だ


ドッグフード偽装表示


サプリメントは不要


チョコレートが好きだ


タマネギも有益


味噌汁もよい


牛乳を飲ますには


療法食はいかさま商品


おやつも人用を


スルメやイカが大好き


チーズも人用を


ケーキも人用が良い


ビタミンC無くて良い


野菜果物無くて良い


魚の残飯もよい


豚の骨


煮干し いりこ


ジャーキーは危険!


香辛料 スパイス


防腐剤エトキシキン


キシリトール有益無害


ココナッツオイルは詐欺商品


食薬同源 食が主で薬は従


★公園犬禁止は法律違反


ノーリード禁止は違法


愛犬はノーリード


狂犬病注射有害無用!副作用で健康被害死亡


混合ワクチン注射有害無用!副作用で死亡も


狂犬病ハガキ・戸別訪問


ワクチン症候群は怖い病気


獣医界の五大詐欺商法


獣医大学は詐欺師の養成学校


昔書いた 狂犬病ワクチン有害無用論 No1~No50


ワクチン接種による皮膚病


★ノミ蚊ダニ駆除


ひば油 殺菌殺虫剤


ひば油エタノール溶液


猫にもひば油は有効


ネクスガードは有毒


★フィラリア予防薬と治療薬


フィラリア予防薬は無用!


フィラリア薬の偽装欺瞞


★アレルギ-


ワクチンでアレルギ-


逆くしゃみ症候群


アナフィラキシーの怖さ


アトピー性皮膚病


自己免疫性皮膚炎


★しつけと訓練


社会性の豊かな愛犬に


ケージは心身に有害


糞尿は風呂場が最適


糞尿のいろんな問題


ワクチンよりしつけ大切


マウンティグ


マーキング


幼犬のしつけと飼い方


階段 訓練 マット


食糞・糞食


権勢症候群


誤飲→自分で吐出す


吠え防止首輪は虐待器具


草を食べる問題


噛み癖を直す


臆病や喧嘩癖を治す


初めて犬を飼う人へ


育犬ノイローゼ防止策


★「愛犬問題」に出会えて幸せ!


愛犬の正しい飼い方


シャンプーは人用を!


マイクロチップは有害で無用


トイレシーツは不要


乳歯抜歯は不要


救命胴衣は不要


歯磨きは鶏の骨で


犬用ガムは危険!


涙やけを手羽先で治す


犬と人の年齢換算式


目薬ホウ酸水の作り方


トリミングで混合ワクチン強要


服、浴衣、靴は無用


電車賃は無料


家庭用医薬品を愛犬に


熱中症はこわいぞ!


生理中の出会い


食品売り場


犬猫忌避剤は効かない


犬用薬剤は獣医の薬剤も市販品も危険!


歯磨きジェル 不良


ペット保険は無益無用


リーバー3は詐欺商品


犬用市販薬剤は危険!


ブータンの犬は幸せだ


バイオチャレンジはインチキ商品


アイエンヴィーはインチキ商品


ジューイシャンはぼったくり商品


薬用シャンプーは無効


グリニーズは欠陥商品


アトピカ・免疫抑制剤は悪魔の薬剤


ノルバサンシャンプーは不良


アピナック錠は偽装商品


ミミピュアは副作用強い


動物用医薬品は不良


ロイヤルカナンは詐欺商品


ノルバサンオチック ひば油が良い


乳酸菌サプリは偽装商品


サニタリオは偽装商品


マキロンsは良い薬


家庭用医薬品を犬にも


マインドコントロール


アガペットゴールド


パンフェノンは詐欺商品


大理石ボードで夏を涼しく


マスマリンローションは不良商品


下痢に小粒赤玉はら薬


狼爪


★避妊去勢有害無用論


獣医の不正過誤診療


歯石取りで麻酔死


悪徳獣医を見抜く方法


甲状腺機能低下症


乳腺腫瘍


子宮蓄膿症


椎間板ヘルニア


ぎっくり腰


結石症


パスツレラ病


白内障


自然治癒力と免疫力


麻酔死


てんかん・鶏の骨で治す


ひば油で皮膚病が治る


耳ダニ


停留睾丸


カプノサイト症


膿皮症、脂漏症を治す


肥満細胞腫


ステロイド剤は怖い!


分離不安症と留守番


前立腺肥大症


そけいヘルニア


後ろ足麻痺


肛門腺絞り


関節炎


リマダイルの薬害


ワクチンで皮膚病


クッシング皮膚病


延命治療は過剰診療


腺維肉腫(癌)


骨肉腫(癌)


血管肉腫(癌)


除草剤で嘔吐下痢


真菌性外耳炎ひば水で治った


真菌性皮膚病ひば水で治った


耳が臭い ひば水で治る


血尿・血便 騒ぎすぎ!


肛門周囲腺腫は良性


心臓病


大腸炎


歯周炎


悪徳獣医から示談金80万円


脂漏症 ひば油で治す 


口周りが赤くなる病気


角膜びらん


睾丸肥大手術


下痢・便秘騒ぎすぎ!


アカラス症は獣医が原因


メタカム・鎮痛剤で嘔吐


血管炎・虚血性皮膚病


虫歯の対処法


咳・気管拡張剤は不要


マラセチア皮膚病


犬の飼い方ワースト10


皮膚病は獣医治せない


膝蓋骨脱臼


靭帯断裂=捻挫


外耳炎 ひば油で治す


尻尾追尾症=常同障害


ステロイド性糖尿病


避妊去勢に脱毛症


★裁判・獣医への判決


断尾断耳


獣医のブログ荒らし


インフォームド・コンセント


保健所・里親・殺処分


動物愛護団体は偽善


動物愛護法を改悪


テレビ新聞は報道せず


加計学園獣医学部新設に反対


★ 犬恐怖症を治す


★ パピヨンの良さ


★★★★★ 亡き愛犬の追憶


★ ウサギのラピー


ペット課税と獣医師会


Yahoo!知恵袋


ブログ荒らし対策 警視庁


原発神話は崩壊!


加計学園獣医学部新設に反対


Recent Posts

Comments

 Paroowner@ 補足です New! 肛門線絞りが必要がないのは次の新しい随…
 Paroowner@ チョコさんへ追申 New! チョコさん、こん〇〇は。 Q(^ェ^)Q …
 チョコ@ Re[33]:愛犬の爪切りは必要がないよ! 狼爪も自然のままで良い!(06/14) Paroownerさんへ お返事ありがとうござい…
 Paroowner@ Re:巻き爪で皮膚に爪が食い込んでしまいました。(06/14) チョコさん、こん〇〇は。 Q(^ェ^)Q …
 チョコ@ 巻き爪で皮膚に爪が食い込んでしまいました。 はじめまして。いつも拝見して勉強させて…
 Paroowner@ 気楽に書き込んでください 犬の好きな方の投稿を歓迎します…
 Paroowner@ 愛犬の病気に関して質問する愛犬家へ ブログ「愛犬問題」に愛犬の病気に関して…

Archives


Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.